ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
countdown
横山久美選手とレディースのこれからに幸あれ!(+トップ試合雑感)
感動の横山久美選手壮行試合から一夜明け、今日は長野市内で『長野から世界へ!横山久美トークショー』が行われた。
ご本人の他、横山選手を長野に呼び寄せ稀代のストライカーとして大成させた大恩人・本田美登里監督と、横山選手入団当時はトップチームの監督として、そして今はクラブのゼネラルマネージャーとしてその活躍を見守ってきた美濃部直彦GMというバイタリティあふれるご両人に加え、ゲストとして、自身も小学生の頃に読売メニーナ(ベレーザの下部組織)のセレクションを受けたほどのサッカー経験者にして、現在は精力的になでしこリーグの試合会場に足を運び、非常に分かりやすく的確なコラムを執筆しているタレント兼スポーツジャーナリストの松原渓さんを迎え、更に飛び入りやサプライズも飛び出しての1時間半にわたるトークショーは、あんな事やこんな事、えっ、そ、そんな事まで!?・・・と色々な話が聞けてあっという間に時間が過ぎ、もっともっと話を聞きたいと思えるほどメッチャ面白かった。
s-P6250013.jpg
s-P6250015.jpg
s-P6250024.jpg

が、その詳しい内容は行った人だけのお楽しみという事でここでは割愛させていただき(←単に記事にできるほど正確に覚えていない、3歩進むと忘れてしまう“鳥アタマ”なだけだったりする・・・)、今日は横山選手やこれからのレディースチームに対する自分の思いを書いてみたいと思う。

本田美登里監督が就任してから2年後の2014年、かつて本田監督が指揮していた岡山湯郷Belleから横山選手が入団してくるというニュースが入ってきて、サッカー通の間ではちょっとした話題になっていたようたが、こんなエラそうにブログであーでもないこーでもないと書いている割にはパルセイロ以外のサッカー事情に疎い自分は、「リーグ戦ではあまり目立った実績を残していないけど、そんなにスゴい選手なのか?」・・・と思って検索をかけてみたら、2010年のU-17ワールドカップで北朝鮮を相手に5人抜きのスーパーゴールをやってのけ、その年の『FIFA年間最優秀ゴール賞』にノミネートされたほどだったと知って、一気に関心が高くなった。

そのシーズン開幕戦(当時はチャレンジリーグ)では、アウェイで静岡産業大学ボニータを相手に早くも2得点を奪って初勝利に導くと、迎えた佐久市陸上競技場でのホーム開幕戦の前半25分、中盤で横山選手がボールを持つとグイグイとドリブルを仕掛け、相手DFが2~3人がかりで止めに行くところを強引にこじ開けて目の覚めるようなスーパーゴールを決めた。
まさに『ド肝を抜かれる』という表現がピッタリのシーン。
相手を“ブチ抜く”でも“すり抜ける”でもなく、おいすがるDFを後ろに“引きずり”ながら突破していくという表現がピッタリくるような、今まで見た事もないような光景で、当時の昇格最有力候補でこれまでウチが全く歯が立たなかったスフィーダ世田谷が相手だったという事も相まって、あの名刺代わりの一発は今でも鮮烈に覚えている。

その後の活躍は皆さんご存知の通り。
この年は年間30ゴールという驚異的な数字を叩き出してダントツの得点女王になると共にチームが前年度11位から4位へジャンプアップする原動力となり、翌2015年は、シーズン前に「35得点して1部に昇格する」と宣言し、「相手に研究されマークも厳しくなるし、そんな天文学的な数字はいくらなんでも無理でしょう・・・」と呆れ半分で聞いていたのが、蓋を開けてみればあれよあれよとゴールを積み重ね、チームの優勝と昇格がかかったホーム最終戦の大舞台で一挙4得点を決めて2つの目標を達成させる離れ業を演じ、開幕前とは別の意味で自分を呆れさせた。

そして去年、ずっとレディースを応援してきた者としては『夢の舞台』ともいえる1部昇格初年度も、シーズン最終盤に日テレ・ベレーザの田中美南選手に大逆転されるまで得点ランクトップを走る活躍でチームを3位まで押し上げ、また代表戦でも出た試合のほとんどでゴールを決めて、高倉麻子監督率いる次世代なでしこJAPANの中で確固たる地位を掴み取った。

その一方、入団当初はチームが勝っても自分がゴールできなかった事にハラが立って、試合後のラインダンスに加わらず一人サッサとベンチに引き上げたり、2部優勝を決めた試合では、ピッチ内での最後の挨拶の前にユニホームを脱いで下に着ていた『35ゴール達成!』と手書きされたTシャツをアピールしてイエローカードをもらい、次節のシーズン最終戦出場停止となってしまったりと、なかなかのヤンチャぶりも見られたが、人一倍の努力(ご本人は「練習は嫌い」って仰ってたけど・・・)を重ねてスタミナ不足などの欠点を克服し、大黒柱として有言実行でチームを引っ張り、フル代表の経験も重ねてきた今年は、自らのゴールを追い求めるだけでなく他の選手の動きを生かしてゴールのお膳立てをするアシスト役も精力的にこなすなど、精神的にも立派に成長した。

自分もこのブログの中で何回も書いているけど、横山選手は人から応援されればされるほど、注目されればされるほど、大事な試合になればなるほど、その力をフルに発揮して確実に結果を出していく、日本一の、そして世界でも有数のファンタジスタだ。
Uスタでの試合が地上波テレビ中継された時は、大竹七未氏や澤穂希氏といった錚々たる解説者が、横山選手のゴールシーンを見ると一様に、仕事を忘れた“素”の口調で思わず「スゴいなぁ~・・・」とつぶやいており、まさにレジェンドをも言葉を失うような想像の遥かに上をいくプレーの数々と、そんな稀代のストライカーの成長ぶりの一部始終を目の当たりに見る事ができた我々パルサポは、本当に幸せ者だと思う。
s-P6240047.jpg

さぁ、ここからは横山選手にとって未知の領域となる、世界トップクラスのドイツ・ブンデスリーガでのチャレンジが始まる。
まずはサッカー以前に、言葉や食べ物や風習など日本とは全く異なるドイツの風土に馴染めるのか?
そして、ドイツでも屈指の強豪チームの中で、1年という契約期間の中で試合に出してもらえるチャンスがどれくらいあるのか?
また、いざ出場したとしても、自分の得意とするポジションを与えられるのか?
更に、ゴール前でチームメイトからボールをパスしてもらえるだけの信頼感を得られるのか?
ご本人もインタビューの中で言っていたけど、本当に期待よりも不安の方が遥かに大きいと思う。
でも横山選手なら、持ち前の負けん気と根性、そして自分をしっかり分析する事ができるクレバーさや誰とでも仲良くなれるフレンドリーさで、必ずや困難を克服してくれるものと信じている。
s-P6240071.jpg

とりあえずチームとの契約期間は1年間だが、「ぜひ来年も我がチームに残ってくれ」とクラブに懇願されるくらい活躍し、少しでも長く海外で経験を積み、まだまだ停滞気味の日本女子サッカーに勇気と希望を与えてほしい。
そして、1年後になるのか、それとも数年先になるか分からないけど、一回りも二回りも大きく成長して必ず長野に戻ってきてもらい、自らの貴重な体験をレディースの選手達に、そして日本女子サッカー界に還元してほしいと願っている。

とにかく怪我や病気だけには気を付けて、元気で行ってらっしゃい!!
s-P5070002.jpg

次にレディースチームについて。
普通、チームの中に突出した実力の選手がいると、ともすればその選手は浮いた存在になりチームの和も乱れてしまいがちだが、横山選手については、そんな事は全く起こらなかった。
それはもちろん、第一には誰にでも好かれる横山選手の人格によるものではあるが、周りの選手達も、素直に横山選手の実力を認め、リスペクトしていたからこそ、どんなに横山選手ばかりに注目が集まっても決して嫉妬せず、練習や試合でどんなに厳しい言葉で注意されても決して反発せず、あれだけ素晴らしいチームを作れていたのだろう。

彼女達は、本当にサッカーが好きで好きでたまらない、少しでもサッカーがうまくなりたい、強くなりたいと心の底から思っていて、横山選手の一挙手一投足、言動の全てを自分のものにしてやろうと頑張っていたのだろうし、そんなチームメイトを持ったからこそ、横山選手も自分の思う通りノビノビとプレーし成長する事ができたんじゃないかと思う。
まさに、横山選手あってのパルセイロ・レディースであると共に、パルセイロ・レディースあっての横山久美だと言えるし、その意味でも、横山選手だけでなくその他の選手達にも、いちサポーターとして心から感謝したいと思う。
s-P6240032.jpg

そんな素晴らしいチームではあるが、やはり偉大過ぎるエースがいなくなって大きな穴が開いた次節からは、これまでのように上手くいかない試合が多くなってくるだろうという不安がある。
でも、これだけサッカーに関して純粋に、貪欲に取り組んでいる彼女達なら、必ず壁を乗り越えてくれるものと信じている。
泊志穂選手のスピード、斎藤あかね選手のパワーとスタミナ、山崎円美選手の視野の広さ、児玉桂子選手のサイドアタックと的確なクロス、内山智代選手の泥臭いプレー、國澤志乃選手の独特なサッカーセンス・・・、そしてその他の選手も自分のストロングポイントをフルに発揮して、また今までなかなか出場機会に恵まれなかった選手も自分を売り込む絶好のチャンスと捉え、チーム全員の力でこの穴を埋めていってほしい。
そして横山選手がチームに戻ってきたあかつきには、「あ、久美さんはそのヘンに立っててもらえば私たちでお膳立てしとくから、後はゴールだけよろしく。 そうそう、オフサイドだけ気を付けといてネ!」なんて親指立てながらニッコリ余裕の笑みを浮かべるくらいチームのレベルを上げて、帰ってきた横山選手をビックリさせてあげようじゃありませんか!

最後に、僭越ながらパルサポの皆様へ。
これまでは横山選手のおかげで多くのゴールシーンがあるエキサイティングな試合が見られたけど、今後はなかなか思うようにいかない厳しい試合が多くなってくると思う。
でも、だからといって試合を見に行くのを止めて観客動員が激減してしまっては、去年ダントツの観客動員で本田監督に「サポーターに対する賞も作ってほしい」と言わしめた実績を自らおとしめるようなものだし、日本女子サッカーでは破格ともいえる多くの観客の前でプレーできた事を感謝していた横山選手も悲しむ事だろう。

壮行セレモニー冒頭の映像の中で、「だからみんなで彼女を支えよう」とサポーターに呼びかけるくだりがあったが、これは彼の地での横山選手のプレーに思いを馳せネットなどで直接的に応援するという事ももちろんながら、レディースの試合に引き続き多くの観客が足を運び、今年も来年もリーグトップの動員数を維持して、横山選手にチームの心配をさせずドイツでのプレーに集中してもらうのも、“彼女を支える”事の一つになると思う。
s-P6240051.jpg

監督も選手達も、明るい笑顔で気持ちよく送り出しては見たものの、やはり今後に向けて大きな不安を抱いている事は想像に難くないが、そんな時こそ我々サポの出番だ。
選手だけでは埋めきれない“穴”の残りをサポの後押しで補って、更にこんもり小山を作ってやるくらいの気概を持って、今までと同様の・・・、いや、今まで以上の熱を持った声援と拍手で、パルセイロ・レディースという魅力的なチームを盛り上げていきましょう!
s-P6240006.jpg

そして・・・
明治安田生命J3リーグ2017第14節@福岡県・ミクニワールドスタジアム北九州
ギラヴァンツ北九州 1(1-0・0-2)2 AC長野パルセイロ

先週水曜日の天皇杯でFC東京をPK戦の末に撃破した余勢をかって北九州に乗り込んだトップチーム。
相手のギラヴァンツ北九州は順位こそウチより1つ下(前節時点で)ではあるものの、お互いJ2ライセンスを持つ昇格を目指す上での直接のライバルであり、またUスタに負けず劣らぬ素晴らしい新スタジアムでのホームゲームはここまで5勝1分の負け無しという“内弁慶”的強さを見せているだけに、戦前に浅野監督が語っていたように、この試合が今シーズンのターニングポイントとなるであろう重要な一戦だったが、前半に1点先制されたものの後半36分(#25有永一生)と38分(#35天野貴史)の連続ゴールで逆転するという劇的な展開で勝てたのはメッチャ嬉しい。
ここ数年のトップチームは、何度かあった上昇機運をことごとく掴み損ねていたが、この天皇杯から続いた意義ある2連勝の追い風に乗って、今度こそ連勝街道を突っ走り一気に浮上していきたい。

トップチームの次節は、現在11位の藤枝MYFCとのホーム戦。
藤枝といえば、毎年のように肝心なところで手痛い負けを喰らっており、また今年も栃木や富山といったJ2ライセンスホルダーの上位チームと引き分けて相手の勝ち点を奪うなど、現在の順位に関係なく、ボディーブローのようにしぶとく上位陣を苦しめる非常に厄介な相手だが、前回のホーム戦と同様の、また去年までの藤枝戦と同様の過ちを繰り返す事なく、気持ちの入った試合で絶対に勝って勢いに乗っていきたいところだ。
スポンサーサイト
プレナスなでしこリーグカップ2017予選リーグ第5節 vsアルビレックス新潟レディース(横山久美選手壮行試合)
5月20日以来1ヶ月ぶりのご無沙汰となったレディースのホームゲームは、ドイツ女子ブンデスリーガの1.FFCフランクフルトに移籍する#10横山久美選手の国内ラストゲーム。
今朝の信毎朝刊にもドーンと2面見開きで全面広告が載っており、朝っぱらから気持ちが高揚させられる。
s-P6240001.jpg

2014年に長野に移籍して以来、今まで我々が見た事もないような数々のシビれるゴールを決めてきたスーパーエースの最後の雄姿を見届けようと、また、対戦相手のアルビレックス新潟レディースも、トップの試合はアウェイ(鹿島)で日曜開催という事もあってか、隣県・新潟からも多くのサポーターに足を運んでいただき、長野Uスタジアムには今シーズン最多の5,645人という多くの観客が駆け付け、ホーム側もアウェイ側も文字通りスタンドをオレンジ色に染め上げた。

そんな中で行われた今日の試合、チームとしてはジェフ千葉レディースと日テレ・ベレーザに敗れて2連敗中なだけに、何としてもホームで勝ってメモリアルゲームに花を添えると共に、カップ戦予選突破の足掛かりを築きたいところだが、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 5(4-0・1-2)2 アルビレックス新潟レディース
s-P6240005.jpg
s-P6240078.jpg
s-P6240013.jpg

やはり『絶対に勝って終わらせたい特別な試合』という意識が強すぎたのだろうか、立ち上がりからしばらくは選手達の動きも何となく硬くて、新潟の猛攻に受け身となる時間帯が続いたが、自陣のゴールネットが揺れ「失点か・・・」と肝を冷やしたシュートが辛うじてオフサイド判定で命拾いすると、これで目が覚めたように選手の動きも良くなって形勢逆転。

そして前半20分、左サイドから#6國澤志乃が出したパスを#10横山久美が受けて中央の#14泊志穂へ、更に右側の#11齊藤あかねへと繋いで、最後は右サイドをフリーで走り込んできた#13児玉桂子がワンタッチでゴールに突き刺し、パルセイロが先制!
左サイドから右へ右へと前線の選手が流れるようなワンタッチパスを繋いでゴールまで持って行ったこのプレーは、まるでラグビーでエンドゾーン前に横一列となってパスを繋ぎトライまで持っていくシーンを連想させる、美しい、実に美しいゴールだった。
s-P6240022.jpg

この先取点で勢いに乗ると、前半28分、右サイドの#13児玉の絶妙なクロスを本日の主役・#10横山がドンピシャ頭で合わせて、自身の門出を祝う2点目をゲット!!
このシーンも、「久美ちゃん、お願いっ!」、「あいよ、桂子ちゃん。任せときっ!!」という2人のボールを通した“無言の会話”が聞こえてくるような、最高に気持ちいいゴールだった。

更に後半42分には#10横山のコーナーキックを“盟友”#11齊藤が受けて豪快に蹴り込み3点目をあげると、その2分後には、相手CBが頭でクリアしようとしたのか、それとも後ろに擦らしてGKへパスしようとしたのか分からないが、中途半端に裏へこぼれたボールを虎視眈々と狙っていた#10横山がかっさらってフリーで突き刺す“ごっつぁん”ゴールが飛び出して4点目!!!!
このゴールについては、まるで新潟の選手にまで海外移籍の“餞別”をいただいたようで、喜びと同時に何とも恐縮した気持ちになってしまった。
s-P6240027.jpg

こうなると後は横山選手のハットトリックに大きな期待が寄せられたが、前半で“攻め疲れ”でもしてしまったのか、後半になると少しずつウチの連携がズレ出してボールの失い方も悪くなり、新潟の攻め込む時間が長くなってくると、後半16分に守備のバタバタから失点を許し、28分に途中出場の#9山崎円美が古巣への“恩返しゴール”を決めて突き放すも、その4分後には守備のミスから2失点目を喫して、少々雲行きが怪しくなってくる。

それでも、、楽勝のはずが図らずも緊迫した展開となった選手達の背中を押すようにゴール裏のチャントに合わせてスタンド全体から大きな手拍子が沸き起こる中、その後は体勢を立て直して更なる失点を許さず、「できればあと15分くらい追加してほしい」という無茶な願いとは裏腹に2分という少々短めのアディショナルタイムもあっという間に消化して、遂に横山選手との“しばしの別れ”を告げるタイムアップの笛が鳴った。
普通、勝っている時は「早く長い笛が鳴ってくれ」と祈るような気持ちでいるものだが、待ち望んでいたはずの勝利の笛をこんなに複雑な気持ちで聞いたのは初めてだ・・・

ところで、今年のレディースは『骨太サッカーへの脱皮』を掲げて意識的にサイドから崩していく攻めを心掛けていたが、今日は横山選手にUスタのピッチで気持ちよくプレーさせてやりたいという狙いがあったのか、それとも無意識のうちにそうなったのか、去年までのように中央突破を中心に絶えず前へと向かう超・攻撃的サッカーが戻ってきたようだった。
また自分も、今日はメモリアルゲームという事で、今シーズンのモデルではなく一昨年に2部で優勝を果たした時の思い出のユニを着て観戦していたので、余計にあの時のレディースの躍動がシンクロして見えた。
まぁ、その“イケイケ・サッカー”復活の代償として、後半に当時と同じようなミスから2失点を喫してしまったが、気持ちよく勝てたんだし、これもご愛嬌という事でひとつ・・・(苦笑)
s-P6240035.jpg

そんな訳で、めちゃくちゃ楽しかった夢のような時間が過ぎ、いよいよドイツへと旅立つ横山選手の壮行セレモニー。
レディースの全選手が整列した中、大型ビジョンには3年前に入団してからの横山選手の活躍とチームの躍進が映し出され、その後の挨拶では、ちょっとヤンチャだけど実直で前向きな横山選手らしいコメントが聞けて、自分も色々な思いが頭を駆け巡り、思わずグッとくるものがあった。
s-P6240039.jpg
s-P6240059.jpg

これから大いなるチャレンジを始める横山選手や、スーパーエースが抜けてしまった中で今後のシーズンを戦っていかねばならないチームに対しては、自分も伝えたい事が沢山あるけど、それはまた後日改めて書くとして、とりあえず現実の話として、次節はノジマステラ神奈川相模原とのアウェイ戦という事で、エースが抜けた中で新進気鋭のノジマとの戦いはかなりの苦戦が予想されるが、残った選手全員が「私たちでやるしかない!」と気合を入れ直し、チーム全員の力で是非とも勝利を掴み取ってほしい。

そして横山選手。
長野に来てから今日までの3年間、我々の想像をはるかに超えるような喜びや感動や驚きを数えきれないほど与えてもらい、また、コアサポやスポンサー等の関係者以外にはほとんど関心を示してもらえなかった弱っちいレディースチームを、当時は夢にも思わなかった華やかな1部の舞台に引き上げてもらい、発足当時から我が娘のようにレディースを応援してきた者として感謝に絶えません。
本当に本当にありがとうございました。
ドイツでも、その持ち前の負けん気で、大いに暴れてきてください!!!
s-P6240052.jpg
明治安田生命J3リーグ2017第13節 vsセレッソ大阪U-23(+レディース試合雑感)
トップ・レディース共に、先々週はよりによってリーグ戦やカップ戦の『1回休み』がバッティングし、先週はよりによって両方ともアウェイ戦という事で、Uスタでのパルセイロ観戦は実に3週間ぶりのご無沙汰となった。
いや~、随分と間が空いたから、てっきりシーズンオフになったかと思ったわ。(←そんな大げさな・・・)
そんな訳で、久々にホームで行われるトップチームの試合は、現在15位のセレッソ大阪U-23との対戦。
去年から参戦したU-23チームは、上位カテゴリーという事でセカンドチームといえども選手個々の実力が高いのに加え、メンバーが固定されず、また若さゆえの思い切りのよいプレーでぶつかってこられるせいもあり、“生真面目”なチームカラーのウチとしては少々苦手にしているところもあるが、昇格という目標達成のためには下位チームからの取りこぼしは許されず、ここは何としても勝ち点3を積み上げていきたいところ。
前節にFC琉球を相手に痛恨のドローゲームを演じてしまった悔しさを晴らすようなスカッとした勝利を期待したいこの試合、結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(0-0・1-1)1 セレッソ大阪U-23
s-DSC_6732_20170618233806751.jpg

久々のホームゲームだけにUスタの大声援を追い風にガンガン攻めていきたいところだったが、前半は選手間の動きもどこかチグハグで、何度かチャンスも作れたものの全体的にはセレッソのペースで試合が流れていった
しかし、後半になると一転して最初からパルセイロが攻勢を仕掛ける。
前半はあまり噛み合っていなかった連携もうまくいき出して、中央からサイドから果敢に前へと向かう積極果敢なプレーが目立つようになってきた。
s-DSC_6752.jpg

ゴールエリア内に人数をかけて攻撃するシーンも数多くあり、トップチームとしては久々に引き込まれるような試合展開。
そして後半11分、#14東浩史のミドルシュートが相手DFに当たったこぼれ球を#25有永一生が受け、GKが出てくるところをジャンプしながらアウトサイドで流し込む技ありゴールが決まって、遂にパルセイロが先制!
これは決めた有永のテクニックもさることながら、その前にミドルを撃った東の積極性、更にはチームとして貪欲に前へと向かう“圧力”が産んだファインゴールで、自分もこれまでの心の中のモヤモヤが一気に晴れたような感じだった。
s-DSC_6768.jpg

しかし、ここからがいけない。
このゴールの僅か1分後、左サイドからフリーで上げたクロスをゴール前の選手にドンピシャ頭で合されてあっという間に同点に追いつかれ、まだ歓喜の余韻が冷めやらないスタンドの空気が一気に冷めてしまう。
それでも、選手達は何とか勝ち越し点を取ろうとこれまで以上にギアを上げて攻め立てたが、その後はゴールネットが一度も揺れる事無く無情のタイムアップで、またしても勝ち点2を失う結果となってしまった。

それにしても、前節もゴール直後に失点をゆるしてしまったが、選手は決定力不足が叫ばれている中で得られた貴重な(苦笑)ゴールに嬉しくなりすぎて直後のプレーに集中できていなかったのだろうか? それとも、ここまで1試合平均0.36失点という堅守ぶりに自信過剰となって既に試合に勝てた気になってしまったのだろうか?
いずれにしても、2試合続けて同じ過ちを犯してしまった事については、選手達には猛省を促したい。

とはいえ、全体的な内容は決して悪いものでは無く、むしろ攻撃に躍動感があって、久しく感じられなかった“得点のニオイ”がプンプン感じられた試合だった。
それでも、積極的に打ちに行ったシュートは相手DFに当たったり、GKの正面だったり、最終盤に#3大島嵩弘が放った決定的なミドルシュートはクロスバーに阻まれたりと、どうしてもゴールラインを越えてくれない。
去年までなら、選手の積極性の無さや監督の采配の拙さをやり玉に挙げて批判したり嘆いたりもできたが、今日は本当に選手達は気持ちを見せて頑張っていたのに結果が伴わず、それだけに余計にやるせない気持ちになってしまう。

周りからは昇格の有力候補と呼ばれ、当事者としても当然のように“ソノ気”になっているけど、ひょっとしたらウチって、実力としては『万年3位』くらいが精一杯のものなのかしら?
今節もライバルチームが概ね順当に勝ち点を伸ばしている中で、順位こそ5位のままだけど昇格圏からはジワジワと勝ち点差を離されており、今年も昇格は諦めなければならないのかしら?

・・・と、この煮え切らない結果にどうしても気弱になってしまうが、しかし、諦めたらその時点でゲームオーバー。
今のチームの方向性としては決して間違ってはいないし、シーズン序盤から比べると選手の動きもゴールへと向かう闘志も上がっていると思うので、チームとしては後はひたすら練習あるのみ。
そして我々サポとしては、最後まで選手を信じチームを信じて応援するのみ!
s-DSC_6713.jpg

トップの次の試合は、中2日で味の素スタジアムに乗り込んでJ1の強豪・FC東京と天皇杯2回戦を戦い、更にそこから中3日で去年までJ2だったギラヴァンツ北九州とのアウェイ戦という、試合間隔としても試合場所としても対戦相手としても非常にハードな日程になっているが、天皇杯はアップセットを狙って勝ちに行くのは当然ながら、負けてもともとなんだから錚々たるメンツが揃うFC東京トップチームとのリーグ戦とは違うガチンコ勝負を思う存分楽しみ、気分転換して北九州に乗り込んでいくくらいの気持ち的な“厚かましさ”を持った方が、この閉塞状況を打破するにはちょうどいいかもしれない。

とにかく、今はなかなか勝ち切れず苦しい状態が続いているが、こんな時こそ今年のスローガンである『一体感』を体現して、最後まで勇気と希望を捨てずにひたすら前を向いてこの壁を乗り越えていきましょう!!
s-DSC_6707.jpg


そして・・・
プレナスなでしこリーグカップ2017予選リーグ第4節@東京都・味の素スタジアム西競技場
日テレ・ベレーザ 3(1-2・2-0)2 AC長野パルセイロ・レディース

昨日行われたレディースのカップ戦は、代表から戻ってきた#10横山久美が前半に2ゴールをあげて先行するも、2点目を取った直後に失点し、後半43分に同点弾を、更にアディショナルタイムに勝ち越しの直接フリーキックを決められての敗戦となってしまった。
今年は守備力の向上が目覚ましかっただけに、得点経過だけを見ると点を取られた時間帯が悪く、本当に悔しい終わり方ではあったが、後半だけで11本ものシュートを打たれながら追加時間となるまで1失点で踏ん張れたのは評価できると思うし、これも女王・ベレーザの底力で、また一つ貴重な勉強をさせてもらったと捉え、1ヶ月ぶりのUスタ開催となる次節に向けて気持ちを切り替えて前向きになっていきましょう。

その次節は、いよいよドイツへ移籍する横山久美選手のパルセイロでのラストゲームとなる。
地元・長野のクラブから世界に羽ばたいていく姿を見送る事ができる高揚感と誇らしさがある反面、チームの大黒柱が去っていく不安と、あの素晴らしいプレーが見られなくなる寂しさが交錯して、今から何とも複雑な心境ではあるが、とにもかくにも我等がスーパーエースの晴れの門出となる試合だけに、ここはできる限り多くの人にUスタに足を運んでいただき、更には対戦相手もアルビレックス新潟レディースという事で、是非ともアウェイサポにも沢山来てもらってスタンドを360度オレンジ色に染め上げて、とびきり大きな声援と拍手で彼女の背中を押してやろうじゃありませんか!
明治安田生命J3リーグ2017第10節 vsカターレ富山(+レディース試合雑感)
前節はアウェイでブラウブリッツ秋田と対戦し、またしてもスコアレスドローに終わったパルセイロ。
これで早くも今季9戦中5回目の無得点で、相変わらずの得点力不足が悩ましいところだが、首位の秋田を相手に無失点で終えられたのは良かったし、ダイジェスト映像からも選手や監督のコメントからも、去年と違ってプレーの意図やゴールへ向かう意志、そして「勝ち点を1つ取れたのでヨシ」ではなく「勝ち点を2つ失って悔しい」という闘志も見えているので、我々も気持ちを落とさず粘り強く応援していきたいところだ。

そして今日だが、対戦相手のカターレ富山とは、過去のJ3での戦いは1勝2分1敗と五分の星だが、持ち前の堅守にウチの攻撃陣がほとんど機能せず苦戦ばかりしているという印象が強く、現に二つの引き分けはいずれもスコアレスだし、また得点は4試合で1点しか取れていないし、逆に富山はウチから2点を取っており、とにかく自分の中では富山は大の苦手チームという位置づけで、まるで両県境に横たわっている北アルプスのように大きな壁となって立ちはだかっている。
そんなカターレに対し、上級登山者でない一般の人が長野から富山へ直接抜けられる唯一の道である立山黒部アルペンルートのような一筋の風穴を開ける事はできたか?
前半戦最大の山場(相手が北アルプスだけに・・・)ともいえる重要な試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(1-0・0-0)0 カターレ富山
s-DSC_6506_201705282227192dd.jpg

やはり相手は実力者だけあって、立ち上がりからしばらくは富山に押される時間帯が続いたものの、持ち前の守備力で決定的な場面はほとんど作らせず、そうこうしているうちに徐々にウチが攻め込む場面も多くなって、ゴール前いい位置での#7佐藤悠希のヘディングシュートや、#3大島嵩弘の強烈なロングシュートなど、非常に惜しいシュートが出てきてスタンドが盛り上がってくると、前半29分、右サイドで得たフリーキックのチャンスに、#14東浩史が蹴ったボールを走り込んできた#3大島嵩弘がドンピシャ頭で合わせてゴールに突き刺し、パルセイロが先制!
お互い堅守のチームなので、とにかく先に点を取って主導権を握りたいという思いは双方強かったと思うが、そのノドから手が出るほど欲しかった先取点をウチが取れたのは本当に大きかった。
s-DSC_6538.jpg

その後も、ゴールシーンとほぼ同じ位置で得たフリーキックで、ゴール前に蹴ると見せかけて横に待っていた#24新井純平にチョコンとボールを出してクロスバー直撃の強烈なミドルシュートを放つなどアイディアある攻撃を見せる。
確かに45分間を通してのポゼッションとしては富山の方が上回っていたが、ウチの安定した守備力のせいか“有効打”をほとんど打たせず、スコアリングチャンスはウチの方が多くて、浅野監督が掲げる『良い守備からの良い攻撃』を体現した、非常に手応えのあった前半だった。
s-DSC_6577_201705282227224ec.jpg

しかし、後半になると富山の攻め込む時間が長くなってくる。
これは相手の「勝ち点同数で競り合っているライバルに負けられない」という気迫もあるが、ウチも1試合平均0.3失点という守備に対する自信が逆の方に働いてしまったか、虎の子の1点を守って逃げ切るのか、追加点を狙って前掛かりにいくのかがハッキリせず、プレーが前半に比べて中途半端になってしまったようで、クリアボールも相手に拾われるケースが増えてくるなど、流れがかなり悪くなってきた。
また、途中交代で入った2選手があまり機能せず、そのうちの1人はアディショナルタイムに再び代えられてしまうなど、ベンチの采配もあまり冴えなかった。(ご本人の名誉のために名前は書かなかったけど、気持ちを切り替えて次回以降頑張りましょう!)

それでも、選手達は最後まで集中力を切らさず、この難局を凌ぎ切った。
Uスタ名物の強風の影響もあったのか、相手のシュート精度が低かった事に救われたところもあったとはいえ、本当に肝を冷やすようなピンチは後半45分の中で1回か2回だけで、ほぼ一方的に押されてはいたけど不思議と失点される予感は起こらなかった。
s-DSC_6522.jpg

今日は体調不良からなのか、守備の屋台骨であるセンターバックにしてロングスローで攻撃の起点にもなる#2松原優吉が欠場で、スタメン発表が終わった後は少し不安な面もあったが、代わりにスタメンとなった#26遠藤元一を始め、今日もDF陣は安定したプレーで相手の攻撃を断ち、また去年まで富山に在籍し青く染まったゴール裏から愛のあふれる(?)ブーイングをもらった#19三上陽輔を始めとした前線の選手も高い位置から体を張ってプレスを仕掛け、ウチの持ち味をフルに発揮して宿敵・富山に競り勝ったのは素直に嬉しい。
後半の戦い方は今後に向けての大きな課題として残ったが、試合を通して選手達からは「勝ちたい!」という気持ちがひしひしと伝わってきたし、百戦錬磨な#17明神智和キャプテンが試合後に見せた、この気合と喜びに満ちた表情からも、選手達のこの試合に賭ける思いの強さが感じられた。
s-DSC_6601.jpg

今年のJ3はチーム数が奇数という事で次節はお休みとなり、トップチームの次の試合は再来週に、FC琉球とのアウェイ戦となる。
今季ここまでの琉球はウチと勝ち点5差の9位と少々苦戦しており、失点数が13でワースト5位という成績に付け込む隙があるかもしれないが、これまで負け無しだった対戦成績も去年のアウェイ戦で相手に初勝利を献上し、向こうとしてもこれまでのような苦手意識は薄らいでいると思われるし、加えて爽やかな信州とは正反対な沖縄の蒸し暑い気候とも戦わなければならない厳しさがあるが、今日の勝利で得た良い雰囲気を2週間持続させ、アグレッシブな攻撃で是非とも勝ち点3を持ち帰ってきてほしい。
s-DSC_6585.jpg

そして・・・
プレナスなでしこリーグ2017第10節@宮城県・ユアテックスタジアム仙台
マイナビベガルタ仙台レディース 1(0-0・1-1)1 AC長野パルセイロ・レディース

昨日アウェイで行われたレディースの試合は、勝って4連勝・・・とはならなかったが、後半開始早々に失点するという嫌な流れながら、タレント揃いでフィジカルが強い仙台に対して追加点を許さず、アディショナルタイムに入って相手ゴール前の混戦から同点弾を押し込むという劇的な展開で勝ち点1をもぎ取れたのは非常に大きい。
去年はアウェイ戦に弱くて“内弁慶”と呼ばれていたが、守備力向上で安定した戦いができるようになって、選手達にも「敵地でも十分に戦える」という自信と勇気がが付いたのだろう。
ダイジェスト映像は見ていないが、公式記録の得点経過や今朝の信毎朝刊の記事を見ていると、最後の最後まで勝負を諦めず泥臭くゴールへと向かっていく選手達のプレーが見えてくるようだ。

これでリーグ戦は8月中旬までお休みとなり、2週間後からはカップ戦に本格突入となるが、次回はレディースが未だ勝ち点を1つも取れていない唯一のチーム・ジェフ千葉レディースとのアウェイ戦となる。
この週はなでしこJAPANがオランダ・ベルギーに遠征して国際親善試合を行うという事で、代表メンバー発表は明日だが横山選手もおそらく選出されるだろうから、エースを欠いた状態で大の苦手チームに挑まなければならない(千葉も若手有望株の#28成宮唯選手あたり代表に選ばれてくれないかしら・・・)が、逆にここで結果を出せればチームとしても大きな自信になるだろうし、横山選手がドイツ移籍で長野を離れる7月以降を見据え、残ったメンバーが今季ここまでの戦いで得た自信と勇気を持って、千葉からの初の勝ち点ゲットに向けて果敢にチャレンジしてきてほしい。
プレナスなでしこリーグ2017第9節 vsちふれASエルフェン埼玉
強い日差しが降り注ぎ真夏日一歩手前の暑さとなった今日は、早くもリーグ戦の折り返し地点。
そして、#10横山久美選手のホームでの試合も今日を入れて残り2試合となり、土曜日開催で地上波テレビ中継が入るという動員には不利な要素が重なったにもかかわらず、2,525人という多くの観客がUスタに足を運んだ。
自分はシーズンシートを持っている事もあって、一般入場が始まって10分後くらいに余裕コイて会場入りしたが、本日発売の横山選手移籍メモリアルグッズのキーホルダーは瞬殺との事で、クールなデザインで購入必至だったペナルティ様謹製の応援Tシャツも自分が行った時点でXO以上のキングサイズ以外は完売という大盛況ぶりで、迂闊にも買いそびれてしまった・・・(クラブ及びペナルティ様、限定150とか200とか言わずに是非とも再販を!!)

そんな訳で、スタンドの雰囲気も横山選手への期待で膨れ上がる中で行われた、今年2年ぶりに1部再昇格を果たしたちふれASエルフェン埼玉との試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 6(2-0・4-0)0 ちふれASエルフェン埼玉
s-P5200003.jpg
s-P5200011.jpg

ここまで1勝1分7敗で最下位に沈んでいるエルフェンが相手だけに、ホームゲームで無類の強さを誇るウチのワンサードゲームになる事も予想されたが、さすがエルフェンも年々レベルアップしてきている2部を勝ち抜いてきただけの事はあり、ひとたびボールが渡れば、『エルフェンの代名詞』ともいえるなでしこジャパン経験者の#7薊理絵選手を中心になかなかのテンポで攻撃を仕掛けてくる。
それに負けじとウチの方も、今年の課題として取り組んでいたボールを横に展開してサイドからの崩しではなく、久々に縦方向にゴリゴリ押していくレディースらしい攻撃で応戦し、成長著しいウチの守備陣の安定したディフェンスやエルフェンGK#20高橋麻美選手のファインセーブ等で両者なかなか点は動かなかったものの、見ていて非常に面白い展開で、気が付けば時計の針が30分を越えていた。

そして、「このままスコアレスで前半を折り返すのもナンだし、そろそろ点が欲しいな~・・・」と思い始めた前半38分、敵陣エリア内で#13児玉桂子→#14泊志穂と繋いだ流れるようなワンツーを受けた#10横山久美が相手DFを振り切って豪快に決める、コンビネーションと個人技が見事に融合したファインゴールでパルセイロが先制!
更にその5分後には、エリア内で#10横山からパスを受けた#9山崎円美のシュートは相手に阻まれたものの、そのこぼれ球を#11齊藤あかねが押し込んで追加点を奪い、ここまで押し込みながらもなかなか波に乗れなかったチームに俄然勢いが出てきた。
s-P5200023.jpg

後半はUスタ名物のホーム側からアウェイ側に吹き抜ける風の風上側に陣取ると、まず13分にコーナーキックからの折り返しを相手がクリアしたボールを#5木下栞がヘッドで決めて3点目を取り、その3分後には、#6國澤志乃からの鮮やかなスルーパスを受けた#10横山久美が追いすがる相手DFを振り切って、最後はGKとニアサイドのポストの僅かな隙間を通す『これぞヨコヤマ!!』な真骨頂ゴールで4点目。
更に終盤の43分には、#10横山からのスルーパスを受けた#14泊志穂が横山ばりに相手DFを振り切ると、「後はワタシに任せて、久美さんは安心してドイツに行ってらっしゃい!」と言わんばかりに、角度の無いところからファーサイドネットに豪快に突き刺す5点目をあげ、仕上げはアディショナルタイム、#20内山智代からの縦パスを受けた#10横山久美が放ったループシュートがきれいなアーチを描いてゴールに吸い込まれて見事にハットトリックを達成し、MCの「よこやまぁ~・・・」に合わせてスタンドが「久美ぃ~~!!!」と大合唱したところで終了の笛が鳴る、これ以上ない最高のタイミングでタイムアップとなった。
s-P5200024.jpg

それにしても、試合後のインタビューで3点目について聞かれた時に「監督から“置くような感じでチップキックで”って言われてたんで」と答えていたが、最後の最後あの状況の中でそれを試して、しかも成功させてハットトリック決めるか?!
それに他の選手があげた3得点にも全て攻撃の起点として絡んできているし、以前書いた事の繰り返しになるけど、横山久美という選手は、周りから期待されればされるほど、注目が集まれば集まるほど、その実力をフルに発揮して結果を出す事ができる、我々が持つ普通のモノサシでは測り切れない類まれなスーパースターだ。
s-P5200040.jpg

ただ、確かに今日の主役は横山選手だったけど、決して彼女一人だけの試合ではなかった。
以前の横山選手は、アイスホッケーでいえば“ノーアシスト”と記録されそうな個人技オンリーで強引にゴールをこじ開けるような得点が目立っていたが、今日はいずれもフィニッシュは卓越した個人技ではあったものの、1点目は児玉選手と泊選手、2点目は國澤選手、3点目は内山選手と、3ゴールとも周囲とのコンビネーションから生まれており、他の選手の成長も見て取れる。
また華やかなゴールラッシュに隠れがちだが、守備面でも全員が最後までハードワークを貫いて相手に得点を許さなかったのは素晴らしい事で、この結果はまさしくチーム全体で掴み取った価値ある勝利だと思う。

あと、ちょっと余談になるけど、今日は少年サッカーのチームが観戦に訪れていたが、ボールを持った相手に複数人が素早くプレスをかけにいく場面だったり、ボールを奪ったら全員が前を向いてゴールに向かっていく場面だったり、少年・少女達のお手本となるようなプレーが沢山見られた。
チビッ子達も横山選手のゴールシーンだけ見てはしゃいでいないで、こういったハイレベルなプレーを生で見て何かを感じ取り、今後の練習や試合に役立て上達していってほしいものだ。

そんな訳で今日は最高に楽しい時間を過ごさせていただいたが、悲しいかな今後はカップ戦も含めて3試合連続でアウェイ開催となり、今度Uスタに戻ってくるのは6月24日まで待たねばならない。
その1ヶ月後のホームゲームは横山選手の日本でのラストマッチとなり、その日を迎えるのが今から何とも複雑な心境ではあるが、そんな先の事より、まずは次節の仙台戦をどう戦うかが重要だ。
苦手なアウェイゲームで、しかも相手は順位を争う直接のライバルにしてタレント揃いの強敵・仙台だけに苦戦は必至だと思うが、前節で7試合ぶりのゴールをあげ今日はハットトリックと調子を戻してきた横山選手を筆頭に、全選手が今日の試合の冠スポンサー様のCMのような強い気持ちで挑んでいってほしい。
s-P5200027.jpg
明治安田生命J3リーグ2017第8節 vs鹿児島ユナイテッドFC(+レディース試合雑感)
今日は未明から雨が降り続くあいにくの天気だったが、ピッチ内練習の頃から徐々に空が明るくなり始め、キックオフ直前には止んでくれた。
トップチームは前々節・前節と2試合連続スコアレスドローで重苦しい雰囲気になっているが、我等が指揮官・浅野哲也監督が去年まで率いていた鹿児島ユナイテッドFCを迎えての特別な一戦に勝利して、この空模様のように得点力不足の悩みを吹き飛ばしたいところ。
上位戦線に踏み止まるためにも絶対に落とせない戦い、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(2-1・0-0)1 鹿児島ユナイテッドFC
s-DSC_6406.jpg

今日こそは何としてでも点を取って勝ち切りたい長野と、連敗を2で食い止めて上位に踏みとどまりたい鹿児島。
そんなお互い切羽詰まった状況ゆえか、両者の強い思いがぶつかり合って試合は序盤から激しくボールを奪い合い、厳しいチェックで選手が倒れ治療のためプレーが止まる場面がしばしば見受けられる緊迫した展開となった。

また、そんな両者の気迫に気圧されたのか、若いレフリーもファールの基準が厳しくなって神経質に笛を吹いているように感じられたが、それでも決して荒れた雰囲気にならなかったのは、お互いが勝利に向けて高い集中力を維持し、ジャッジの不安定さに気持ちが左右されなかったからだろう。
小気味よいテンポと程よい緊張感で、自分もグッと試合に引き込まれていった。
s-DSC_6399.jpg

前々節のFC東京U-23戦ではゴールに向かうチャレンジに乏しく、前節盛岡戦の結果と合わせてその戦いぶりを不安視していたトップチームだったが、今日はどの選手も前へと向かう姿勢や相手に対して厳しくプレスを仕掛ける積極性が強く感じられ、敵陣のゴールエリア内で人数をかけて攻め込むという、最近のウチにはあまり見られなかったシーンが度々出てきて、ゴールへの期待も高まってくる。

しかし、先制したのは鹿児島だった。
前半38分、ピッチ中央でボールをインターセプトした#10ナ・ソンスに一気のドリブル突破から強烈なシュートを決められる痛恨の失点。
これは得点したソンス選手がスゴかったのはもちろんだが、ウチが自陣から前線へボールを送る際、ノープレッシャーの状態から誰に向けてというのではなく“何となく”出したパスをカットされた形で、ちょっと厳しい見方をすると、ウチの選手の一瞬の気の緩みが生んだミスによる失点ともいえるんじゃないだろうか。
ともあれ、ここまでリーグ戦1試合平均0.28点しか取られていなかった守備陣が1点を失った事で、同じく1試合平均0.85点しか取れていない攻撃陣が2点を取らなくては勝てない展開となり、失点直後は「また今日も勝ち点を落としてしまうのか・・・」と心が折れかかってしまった。

しかし、その僅か3分後、左サイド深く斬り込んだ#7佐藤悠希からのパスを受けた#19三上陽輔が、相手GKの股を抜く見事なゴールを決めてすかさず同点に追いつき、更に、試合が止まる場面が多く前半としてはかなり長めの3分というアディショナルタイムに入って、#18荒田智之が左サイドからエリア内に持ち込み、シュートはGKに弾かれるが、リバウンドを詰めてきた#14東浩史が押し込んで逆転に成功!
s-DSC_6337.jpg
s-DSC_6363.jpg

あれだけ点を取るのに苦しんでいた攻撃陣が、失点から僅か10分弱の間に連続ゴールで試合をひっくり返すとは思いもしなかったが、これもアグレッシブにゴールへと向かう選手の気持ちが実を結んだものだろう。
エリア内で人数と圧力をかけて攻め込み積極的にシュートを打っていけば、自ずと結果は付いてくる。
この2つのゴールシーンは、それまで自分の中にあったトップチームに対するモヤモヤやイライラを一気に吹き飛ばすような最高に気持ちのいいものだった。

そして後半は、3連敗だけは避けたい鹿児島に押し込まれる場面が増えて何度か危ない場面もあったが、そこはリーグトップの堅守を誇るウチの守備陣が落ち着いて対応し、このまま逃げ切り勝ち。
試合終了の笛が鳴った瞬間、浅野監督が何度も何度も両手でガッツポーズを作り喜びを表していたのが印象的だった。
やはり監督も、点が取れず追い込まれた状況の中、去年までの“教え子”と対戦する今日の試合にかける思いは、並々ならぬものがあったのだろう。
s-DSC_6439.jpg

今日の試合は、とにかく選手達のゴールへと向かう強い気持ちがひしひしと感じられ、トップの試合としては久し振りに、見ていてワクワクするようなナイスゲームだった。
特に#7佐藤・#14東・#18荒田・#19三上と、前線の選手がエリア内で積極的に勝負を仕掛け、それが見事に結果となって表れた感じだ。
やはり攻撃陣がアグレッシブに攻め込めば、ゴールが生まれる確率もグッと上がる
欲を言えば、後半にもチャンスが何度かあっただけに3点目を取ってもっと楽に勝ちたかったが、まぁそれはそれとして、今日のようなプレーを続けていけば、長年ウチを悩ませ続けた得点力不足という課題も克服できるだろう。
s-DSC_6359_20170513223029453.jpg

そして次節は、開幕戦で北九州に引き分けてから5連勝と黒星無しの絶好調で、堂々暫定首位に立っているブラウブリッツ秋田とアウェイで対戦する。
JFLからJ3発足当時くらいまでの秋田は、なかなか結果が出せず伸び悩んでいたが、一貫したビジョンを持っての地道な強化が実を結び、今や首位に立っても何の違和感もないくらいの強豪チームに成長した。
それだけに、ウチとしても今までの比較的相性が良かった対戦成績は頭から外して、あくまでも上位に挑むチャレンジャーとして向かっていかなければならないが、今日のようなアグレッシブな攻撃と鉄壁の守備が噛み合えば、必ずや勝機はあるはずなので、今日の試合の好感触を秋田まで持っていき、是非とも首位を撃破して勢いを加速させてほしい。
s-DSC_6451.jpg

そして・・・
プレナスなでしこリーグ2017第8節@新潟県・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟レディース 0(0-1・0-1)2 AC長野パルセイロ・レディース

雨の新潟で行われたレディースの試合は、前半38分に#14泊志穂、後半33分に#10横山久美と、長野が誇るツートップの揃い踏みで快勝し、今季初のリーグ戦2連勝&今季初のリーグ戦アウェイ勝利という嬉しい結果となった。
また、守っても2試合連続無失点で、ここまでリーグ戦8試合で7失点と1試合平均1失点を下回る結果を出しており、こちらも嬉しい限りだ。
今節は明日の試合結果を待つ必要があるが、とりあえず今日の勝利で順位も暫定2位に浮上。
ただ、まだ順位を気にするような時期ではないし、今シーズンの目標やここまでの課題を見据えながら目の前の試合をしっかり戦い、一つずつ勝ち点を積み重ねていくのが大事だろう。
次節は現在暫定最下位のちふれASエルフェン埼玉との対戦という事で、成績的には比較的くみしやすい相手ではあるが、勝負事は何が起こるか分からないだけに油断は禁物。
とはいえ、得意なホーム・Uスタでの開催だし、地上波のテレビ中継も予定されているだけに、長野の皆様にレディースの魅力を更にアピールするような快勝を期待したい。
プレナスなでしこリーグ2017第7節 vs伊賀FCくノ一(+トップ試合雑感)
曜日の並びの良さもあって人によっては9連休となり、天候にも恵まれて楽しかった今年のゴールデンウィークも遂に最終日。(ちなみに自分は、休日出勤が続いて全然楽しくありませんでした。。。)
その大トリを飾る、堅守・伊賀FCくノ一を迎えて行われた今日の試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 2(1-0・1-0)0 伊賀FCくノ一
s-P5070003.jpg
s-P5070005.jpg

試合は前半24分、コーナーキックからのこぼれ球を#7坂本理保が角度の無いところからフワリと浮かせる技ありのループシュートを決めてパルセイロが先制。
その後もウチの攻め込む時間帯が多く、#10横山久美や#14泊志穂を中心に何度も決定機があったが決め切れず、ちょっとヤキモキする時間が続いたが、後半36分に、またしてもコーナーキックからのこぼれ球を最後は途中出場の#9山崎円美が押し込んで待望の追加点を奪い、その後も危なげ無い試合運びで見事に勝利を飾る事ができた。
s-P5070016.jpg

今日は横山・泊の両ポイントゲッターはシュートがことごとくゴールに嫌われてしまい、ウチらしい派手な得点シーンは無かったが、相手がボールを持てばすかさず2~3人で取り囲み、厳しいプレスからボールを奪うと一斉に前へと向かってパスも良く通り、相手に自陣深く攻め込まれても実に落ち着いた対応で決定機をほとんど作らせないなど、各選手が過密日程の疲れを全く感じさせないハードワークと、つまらないミスが皆無の高い集中力で90分間走り抜く、非常に引き締まったナイスゲームを見せてくれた。

また、今日のレディースの試合は、『高い位置で厳しいプレスを仕掛け、ボールを奪ったらスピーディーにゴールへと向かう』という、トップチームが目指すサッカーを見事に体現していたと思う。
という訳で、後述するトップの足踏みを見るにつけ、レディースの皆様にはお忙しいところ誠に恐縮ではございますが、トップの臨時コーチとしてサッカーのやり方をご伝授していただけないでしょうか?
あ、コーチ料はトップ選手の年棒からピンハネしておきますんで・・・(←わりとマジなお願い。。。)

・・・と、ちょっと話が脱線してしまったが、それにつけても今年のレディース記事では毎回同じことを書いて恐縮だが、ベレーザ・INACという2強との連戦を共に1-1のドローで乗り切った後、中3日で迎えたこの試合をこれだけしっかりした展開で勝ち切るとは、本田監督が目指す“骨太サッカー”の構築が早くも完成したかと思わせるような目覚ましい成長ぶりで、まだ5月初旬だというのにこれだけの成果が出ているのだから、今後どこまでチームが強くなるのかと考えると、本当にワクワクが止まらない。

とはいえ、そんなに浮かれてばかりもいられない。
次節はアルビレックス新潟レディースとのアウェイ戦となるが、ここまでリーグ戦でのアウェイゲームは1分2敗と未だ未勝利で、去年から続く敵地での苦手意識はまだ完全に克服できていない。
今年はカップ戦でアウェイの新潟戦を勝たせていただいた実績はあるが、同一カードとはいえリーグ戦ともなればカップ戦とは違う雰囲気になるだろうし、新潟としても同じ相手に自分の本拠地で立て続けに2度負けるのは何としても阻止しようと全力で向かって来るだろう。
それだけに次節は、今年ここまでのレディースの真価が問われ、また今後を占う大事な試合になると思うので、気合を入れて立ち向かい、リーグ戦アウェイ初勝利を掴み取ってほしい。

そして・・・

明治安田生命J3リーグ2017第7節@岩手県・いわぎんスタジアム
グルージャ盛岡 0(0-0・0-0)0 AC長野パルセイロ

今節こそ勝ち点3ゲットを期待していたこの試合だったが、結果は前節に引き続きスコアレスドローという残念な結果になってしまった。
自分はDAZNには加入していないんダゾ~ン・・・なもんで試合の内容は見ていないのだが、Jリーグ公式HPのレポを見る限り、押し込みながらも攻めきれないという相変わらずのパターンだったと予測する。
シュート数こそ7-4と相手を上回っていたが、そのうち枠内に飛んだ“有効打”は果たして何本あったことやら・・・

それにしても、県選手権決勝や天皇杯1回戦での格下相手のロースコアといい、リーグ戦での2試合連続スコアレスといい、ウチの選手達は点を取る方法を忘れてしまったんじゃないか・・・と心配になるくらいゴールが遠いが、それより心配なのが浅野監督だ。
点を取れない事や勝ち切れない事は全て自分の責任とコメントしており、まぁ監督としてはそれも仕方ない事かもしれないが、真面目な性格の浅野監督だけに、必要以上に自分で背負い込んで2年前の美濃部さんのように心身を病んでしまっては大変だ。

ちょっと乱暴な言い方かもしれないけど、これだけ点が取れないのは監督が悪いのではなく、リスクを恐れてゴールへと向かうチャレンジをしない選手達が悪い!
前記のレディース選手からのコーチングは冗談としても(←いや、自分としては半分本気のところもある・・・)、選手達は理屈とか形とかに捉われず、もっとガムシャラにゴールへと向かう姿勢を見せて、これ以上監督を、そして我々サポを悩ませないでほしい。

次節は浅野監督が去年まで率いていた鹿児島ユナイテッドFCとの試合となるが、相手は自分達をJ3に導いてくれた恩師に成長した姿を見せ、恩返しの勝利を奪ってやろうと相当な気合を入れてくるだろう。
そんな相手に対してこれまでのような煮え切らない戦いぶりで勝ち点を落とし、浅野監督に恥をかかせるような事は絶対にあってはならない。
順位的にも鹿児島の方が1つ上にいるし、立場としてはウチの方が“格下”なんだから、決して受け身にならず、チャレンジャーとして気迫を前面に押し出し、石にかじりついてでも勝利を掴み取ってほしい。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.