ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
countdown
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝
色々あった2017年も間もなく暮れようとしておりますが、ここで皆様にご報告があります。
弊ブログ『ぼちぼちいこか』は、本日の更新をもって終了とさせていただきます。

終了の理由として、トップチームが何度もJ2昇格を逃して、いい加減このクラブに愛想が尽きたから・・・ではもちろんありませんよ、神に誓っても!!
来年のサポーターズクラブもインターネット申し込み解禁日にサッサと更新手続き済ませたし・・・(汗)

と、おふざけはこのくらいにして話を戻すと、その理由として、記事のアップが自分にとって結構な負担となってきた事があります。

以前は観戦記を書くのに夢中になって、真夜中になっても2~3時間くらい軽くイケていたし、試合日以外にも次節のプレビューやらパルセイロ以外の話題やら色々と書き散らしていたんですが、やはりアラフィフにもなると体力が落ち頭の回転も鈍くなってきて、ひとつ記事を書くのにもかなりシンドくなってきました。
折しも新スタジアム建設が本決まりになってJ2ライセンス取得が現実を帯びてきた頃で、「ならば昇格を果たし長年の悲願が達成されたら、このブログもスパッと終わりにしよう。」と決意して気持ちを奮い立たせ頑張ってきましたが、チームはあと一歩のところで昇格を逃すシーズンが続き、自分もそのうち誰に頼まれた訳でもないのに「早く楽にさせろ!」なんてイライラを募らせてきて(←世間一般では、これを『逆ギレ』または『責任転嫁』と言う)、純粋に試合を楽しめなくなっている事に気付きました。

そんな訳で、このへんで勝手に乗せていた肩の荷を降ろして原点に立ち返り、もう一度まっさらな気持ちで愛する地元・長野のクラブを応援していこうという思いから、今年でブログ更新を終わらせていただく決断をいたしました。
たまに「更新を楽しみにしています。」なんて誠に有難いコメントを頂くことがあり、そんな方々には大変身勝手ではありますが、どうかご了承ください。

できる事ならJ2昇格という長年の夢の実現を果たした記事を書いて、「もうパルセイロを地元の方々に知ってもらうというオレの使命は終わった。」とか何とか自己満足しながら大団円・・・なんてカッコいい終わり方をしたかったんですが、まぁ自分はことごとく間が悪くて『持ってない』オトコなので、案外ブログ更新を止めた来年あたりサクッと昇格を果たしちゃうかもしれませんね。(苦笑)

思えば自分がこのクラブの存在を知ったのは2002年の初冬、信毎朝刊スポーツ面の隅っこに載っていた『長野エルザ、JFL昇格ならず』という小さな見出しでした。
記事の内容は、その年に北信越リーグ(HFL)初優勝を果たして臨んだ地域リーグ決勝大会1stラウンドで敗退し、JFLへの昇格を逃したという事実だけを伝えた短いものだったと記憶しています。
当時の自分は、HFLの存在もJ1を頂点とするピラミッド型の昇格システムも知らなかったけど、J2の下にJFLというアマチュアリーグがある事は何となく知っていたので、「へー、長野にも全国リーグを狙えるようなサッカーチームがあるんだ・・・」と目に留めたのを覚えています。

その翌年はそんな小さな記事の事は忘れていたけど、2004年の春先にふと思い出しネットでHFLの日程を検索して、東和田の陸上競技場で行われたシーズン開幕戦に足を運んだのが運の尽き・・・(←コラコラ!)
当日はガッツリ雨が降っていて、しかもメインスタンドが補修工事中という事で立ち入りできず、バックの芝生席で傘を差しながらの立ち見を余儀なくされたけど、「どうせ草サッカーに毛の生えたくらいだろう」とタカをくくっていたら、蛍光オレンジに中世ヨーロッパのエンブレムのような獅子のマーク(現在のエンブレムの中のライオンと同じもの)を付けたシンプルなユニホームに身を包んだ名もなき選手達は、雨のピッチを縦横無尽に走り回り、それに合わせてボールもクルクルと小気味よく動いて見事にゴールを決めるシーンを目の当たりにして、「こりゃレベルの差こそあれ日本代表の試合より面白いゾ!」と一発で魅了されてしまいました。

また、当時ゴール裏の声出しサポはたったの3人だけだったけど、代表でもJリーグでも聞かないオリジナルチャントを試合展開に合わせて使い分け熱く応援する姿がカッコよく、『オラが街のチーム』を応援できる喜びも相まって、結局そのシーズンは県内で行われた公式戦は全て足を運び、翌年は途中からゴール裏に混ぜてもらって県外アウェイにも遠征し、遂にはリーグ優勝して進出した地域リーグ決勝大会1stラウンドの応援で高知まで3日間フル参戦するくらい、ドップリとのめり込んでいきました。

そして2006年、あと一歩のところでHFL2連覇を逃したシーズン最終節の新潟・聖籠町からの帰り道に、この素晴らしいサッカーチームをもっと地元の人達に知ってほしい、そして、メジャーでなくとも地元にあるスポーツチームを応援する事の喜びや尊さを感じてほしい・・・という思いから、一念発起してブログ開設を決意。
(ちなみにデビューから現在のFC2ブログに引っ越す前までの1年半あまりの記事は、運営会社もろともサーバーが吹っ飛んでしまい、読み返す事ができなくなりました。。。)

そこから先は、クラブ名が長野エルザSCからAC長野パルセイロに変わり、松本山雅FC・ツエーゲン金沢・JAPANサッカーカレッジとの4強による全国のサッカーファンから『ムダに熱い』と揶揄された熾烈なリーグ戦をサポーターとして戦い抜き、『本城の悲劇』や『臨海の悪夢』を経てライバルチームに先を越される悔しさを味わいながらも、2010年に地域リーグ決勝大会を勝ち抜いて悲願のJFL昇格を果たし、3年後には遂に憧れだったJFLでの優勝を達成。
その翌年にJ3リーグに移管して、1年目のカマタマーレ讃岐とのシビれまくった入れ替え戦体験から現在に至る・・・と、そんじょそこらのJクラブのサポよりよっぽど濃厚な時間を過ごさせていただきました。

それだけでなく『妹分』であるレディースに関しても、声出しサポ皆無ながら一生懸命頑張る姿が印象的で気にかけていた女子サッカーの大原学園がパルセイロに移管されるというニュースを知った時は、「これでトップチームの日程と被る事無く思いっきり彼女たちを応援できる」と飛び上がって喜び、その後しばらくは鳴かず飛ばずの苦しいシーズンを過ごしたけど、恐れ多くも女子サッカー指導の第一人者・本田美登里監督を招聘して夢にも思わなかったなでしこリーグ1部昇格を果たし、大原時代から変わらぬ常に全力で戦い底抜けの明るさを持つチームは、今ではある意味トップよりも愛おしい存在となっています。
更にクラブ名の頭に冠された『AC(アスレチッククラブ)』の名前通り、アイスホッケーやバドミントンといったサッカー以外のチームも持って地元競技者の受け皿となり頑張っているし、自分が応援を始めた頃には想像できないくらい、パルセイロというクラブは長野の街に根を張り大きく発展していきました。

サッカー不毛地帯だった長野市に立派な球技専用スタジアムが建ち、そのゴール裏はいつも大勢のサポーターで埋まり、ブーイングの安売りではない敵も味方もリスペクトした素晴らしい応援を繰り広げ、アウェイにも大勢のサポが駆け付ける。
そして街を歩けばパルセイロのポスターがそこかしこに貼ってあり、ステッカーやリボンマグネットを付けたクルマも沢山見かけ、テレビやラジオの応援番組もある。
そんな「いつかはこうなるといいな・・・」と思い描いていたホームタウンの光景が現実のものとなって、観客100人そこそこの頃からのオールドファンとしては本当に嬉しく、また少し不思議な気持ちにもなります。

更に、プロ野球独立リーグBCLの信濃グランセローズ、プロバスケBリーグ(B2)の信州ブレイブウォリアーズ、バレーVリーグ(チャレンジⅡ)の長野ガロンズ、フットサルFチャレンジリーグに参戦のボアルース長野と、サッカー以外でも地元・北信エリアで活動するプロチームや全国を目指すチームが次々と誕生。
リーグのお荷物的存在だったセローズの優勝記事を最後に書けたのは感慨無量だったし、ウォリアーズも少々勝負弱いところがあってなかなか結果が出せず苦しんでいるけど、選手やスタッフのバスケに賭ける情熱が伝わってきて心から応援したくなると思わせるし、ガロンズやボアルースも全国デビューして日が浅い中でファン拡大に向けて一生懸命頑張っているし、どれも本当に魅力的なチームばかりで、スポーツ観戦マニアとしては長野に居ながらにしてオールシーズン様々なスポーツを生で楽しめる充実した環境になりました。

遠くのバルサ・マンUより近くのパルセイロ!
遠くのMLB・NBA・全日本より近くのセローズ・ウォリアーズ・ガロンズ!
海外リーグや代表戦といったメジャーどころのテレビ観戦ももちろん楽しいけど、やっぱりスポーツ観戦とビールはナマに限りますよねぇ~♪

話をパルセイロに戻すと、総括記事でも書いたように、来年はトップもレディースも更なる発展・成長に向けて正念場の年になると思いますが、ウチは少しばかり不器用で他のクラブより遠回りを余儀なくされてしまうところがあるけど、サッカー不毛の長野市でゼロからクラブを立ち上げて、常に高い目標を掲げて成長を続け、ここまでJFL昇格も全国制覇も新スタジアム建設もレディースの1部リーグ昇格も、構想当初は夢物語と一笑に付されていた事を確実に実現させている『奇跡のクラブ』だから、これから先もクラブを信じ選手・スタッフを信じて愚直に応援していけば、必ず道は開けると確信しています。
これで自分はブロガーから普通のオッサンに戻りますが、当然ながらサポーターは死ぬまで続けさせていただきますので、長野が誇る素晴らしいアスレチッククラブであるAC長野パルセイロを、これからも一緒に熱く熱く応援していきましょう!!

・・・と、パルセイロや信州スポーツに対する思いを長々と書き散らしてまいりましたが、そろそろお開きとさせていただきます。

今まで、こんな変人の独断と偏見に満ち満ちた弊ブログにお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。
小学生の頃から作文が大の苦手だった自分ですが、日々増えていく訪問者数カウンターや頂いた拍手、コメントに元気付けられ、10年余りの長きにわたって続けていく事ができました。

ブログタイトルの『ぼちぼちいこか』は、自分にとっての座右の銘・・・というのはオーバーですが、「こんな心持ちで人生を送れたらいいなぁ」というような、自分の好きな言葉です。
日本中、そして世界中に毎年のように閉塞感が増してきて、息苦しくキナ臭い世の中になってきているけど、そんな中で、勝ち負けやカテゴリーなど関係なくパルセイロを始めとする『オラが街のスポーツチーム』を純粋に真剣に応援できる喜びに感謝し、また観戦を通して『自分ちンとこファースト』ではなく相手をリスペクトする気持ちを大切に、これから先もあくまでも自分らしくマイペースで、肩肘張らず『ぼちぼち』と人生を歩きながら、スポーツ観戦を始め自分が大好きな事柄を大いに楽しんでいきたいと思います。

最後に一言。
私は今日限りでブログを引退しますが、我がパルセイロは永久に不滅です!!
( ↑ 最後の最後に丸パクリかいっ!!)
スポンサーサイト
あけまして、リニューアル!!
新年、明けましておめでとうございます!

このたび、FC2ブログに引っ越して、記念すべき初投稿でございます。
(前のブログでは文字を大きくしたり色を付けたりできなかったから、嬉しくなって初っ端から大文字&パルセイロカラーのオレンジで決めてみました。。。)

doblog版からご覧になっていた皆様、今年もよろしくお願いします。
そしてFC2を通して初めて訪問していただいた皆様、しょーもないブログですが以後お見知りおきを。

さて、自分にとって正月は毎年『寝正月』と決め込んでおりまして、二年参りにも初詣にも行かず、パジャマのまま家でゴロゴロとお笑い番組など見て怠惰に過ごしております。

そして、恒例の『観戦初め』であるサッカー天皇杯は、鹿島アントラーズがリーグ戦に続いてのタイトル獲得。
しかしこの試合、鹿島サポ以外には『ガマン大会』のような、何の盛り上がりも無い凡戦だったな・・・・と、正月早々毒づいております。

まぁ、そんな話は置いといて、今年もAC長野パルセイロから年賀状をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

s-DSC_0001.jpg

今年の絵柄は、チームに残った12人の愛すべき選手達とバドゥ。

今年は、これらの選手達に新戦力も多数加わり、去年より更にパワーアップしてHFL優勝&JFL昇格を果たしてくれる事でしょう。

とにかく、過去2年間ノンタイトルで苦汁をなめさせられているので、今年こそは最高の年となるよう、我々サポも知恵と力を結集して頑張ってまいりましょう!

そして、2年目を迎えチームも2つ増えたBCLの更なる発展と、信濃グランセローズの大躍進にも大いに期待しております。

そんな色々な期待を胸に抱きつつ、オリンピックイヤーの2008年、いよいよスタートです!!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。