ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201001<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201003
countdown
オリンピックも大詰めです!
♪ピンポンパンポ~ン
既にHFLもBCLも今年の日程が発表になっておりますが、筆者の個人的な都合により、当ブログはまだまだオリンピックモードでいかせていただきます。(←ぶぅぅ~~っ!!!)

・・・ってな訳で、

今日最大のニュースといえば、やっぱりスピードスケート女子パシュートの銀メダルでしょう!
強豪・ドイツに僅か0.02秒差で敗れはしたものの、最後の最後まで日本がリードしていて本当に興奮した。

ゴールラインを切った瞬間は絶対に日本が勝ったと思ったけど、個人種目ではブレードの先端が入っていればよかったのに、パシュートでは3人目のブレードが全部入っていなければダメという事で、スローモーションで見ると日本の3人目が足を後ろに上げていた分だけ遅くなり、ミリ差の銀メダルという本当に惜しい結果になった。

まぁ、相手のドイツも準決勝でエースのフリージンガーがゴール直前に転倒し、氷上を必死にもがいてゴールラインを通過して決勝進出を果たした訳で、その恐るべき執念に免じて今回は相手に花を持たせてやりましょうか。

日本がここまで来られたのは、この種目を勝ち進む上で最も重要な“バランスの取れたチーム構成”が大きな要因でしょう。

今大会も3000mと5000mで入賞を果たした長距離の穂積雅子、全ての距離を滑れるオールラウンダーでトリノでもこの種目を経験したベテランの田畑真紀に加えて、短距離専門だった小平奈緒が1500mで5位入賞を果たすなど中距離の力を付け、中盤に他の2人をスピードで引っ張っていけたのが大きかった。

特に田畑はリレハンメル五輪の頃からずっと日本の中・長距離界を引っ張ってきた功労者だけに、たとえ銀とはいえオリンピックでメダルが獲れて本当に良かったと思うし、今回はエントリーしたもののレースに出られなかったスーパー中学生の高木美帆も、レースのサポートを通じてお姉さん達から色々な事を学んだと思うので、この経験は4年後のソチに大いに生かされるはずだ。(だからサッカーに専念せずにスケートも続けてね!)

そして、このニュースの影に隠れてしまいがちだが、クロスカントリー女子30kmで石田正子が日本の個人種目で初の入賞となるの5位に入ったのも大快挙である。

レース後のインタビューで「あー、でもメダルを獲らないと注目されないんですよねー・・・・ お願いですから大きく取り上げてくださいね」という率直な感想が出て、日本におけるマイナースポーツの環境の厳しさを垣間見てしまったが、これまでは欧米勢に全く歯が立たなかったこの種目でも少しずつではあるが着実に力を付けているので、クロスカントリーの選手達はこれからも周囲の無関心に負けず、ソチに向かって頑張ってほしいと思う。

更に個人的に注目していたアルペン男子回転は、佐々木明が2本目に進んだものの、2本目は悪天候で緩い雪質に手こずって彼らしいファンキーな攻めの滑りができず18位に終わったが、これまでの佐々木のコンディションからすれば2本目に残れるだけでも大したものだと思う。

また、上村愛子のダンナこと皆川健太郎は1本目の序盤で片足通過反則となり、残念ながら途中棄権。
でも、この種目は『雪上の格闘技』と言われるほど、ポールとケンカしながらギリギリのラインを攻める滑りをしなければ上には行けない訳で、レースではよくある事。
皆川もヨメの前でカッコイイ姿は見せられなかったけど、あの“片反”もフルアタックの証であり、胸を張って帰ってきてほしいと思う。

そして最後は、アイスホッケー男子3位決定戦のフィンランドvsスロバキア。

昨日の準決勝でフィンランドは1-6と無様な負け方をしたし、長野五輪の主力選手だったティム・セラニやサク・コイブがいまだに主力セットを張っている“ロートルチーム”では、ロシアやスウェーデンを破り、準決勝でもカナダを最後まで追い詰めて勢いのあるスロバキアには勝てないと踏んでいたが、昨日崩壊した守備を建て直し、攻撃陣も頑張って5-3で大熱戦を制し銅メダルを獲得。

試合はメダルを賭けたゲームにふさわしい、最後まで手に汗握る面白い展開だったし、敗れたとはいえバンクーバーに旋風を巻き起こしたスロバキアの活躍は本当に素晴らしかったと思う。

この夢舞台に日本が立てるのは、果たしていつになるのやら・・・・

さぁ、いよいよこのオリンピックも明日の最終日を残すのみ。

今大会は、ジャンプやアルペンのオーストリア、スピードスケートのオランダやノルウェー、クロスカントリーやノルディック複合のノルウェー、ボブスレーのドイツ、アイスダンスのロシアなど、各種目でメダル獲得の常連だった国が大苦戦し、ウィンタースポーツの勢力地図が大きく塗り替えられたという印象が強かったが、オリンピックならではの素晴らしいシーンがいくつも見られて、とても楽しく充実した時を過ごせた。

残すは明日早朝からのアイスホッケー男子決勝、カナダvsアメリカ。
しっかり早起きして始めから生で見たいので、今日は早く寝る事にしましょうか。
スポンサーサイト
やっと見られたアイスホッケー中継
今日は南長野でパルセイロのTMが行われるという事で、今季初の観戦に行きたかったが、新聞のテレビ欄にオリンピックのアイスホッケー準決勝2試合を放送するという事で、南長野行きをサボってしまった。

何しろアイスホッケー中継は未明や夕方の放送が多く、自分も今までまともに試合を見られないでいたので、この誘惑にはなかなか勝てませんです。

本当に救いようのないホッケーバカでどーもスミマセン。。。。

さて、今日も今日とて朝からテレビにかじり付き、カーリング女子決勝でのスウェーデンとカナダの手に汗握る熱戦を見た後は、いよいよアイスホッケー男子準決勝、カナダvsスロバキアのライブ中継。

何しろアイスホッケーはカナダの国技で、スタンドに『HOCKY IS CANADA'S GAME』というプラカードを誇らしげに掲げる客がいたり、ホッケー以外の会場でもカナダのホッケージャージを着た人がウヨウヨいたりと、とにかくカナダ人は3度のメシよりホッケー好きで、責任ある社会人から妙齢のオバさんまでオトナ気なく熱狂しながら応援するので、この試合も大いに盛り上がった。

試合はカナダが1Pに技ありゴールを2本決め、2Pにも得点して突き放すかと思ったが、今大会は予選でロシアを、準々決勝で前回優勝のスウェーデンを粘りに粘って破ったスロバキアがここでも粘り腰を見せ、3Pに立て続けに2点を取り、試合の流れは完全にスロバキアへ。

しかし、最後はカナダがスロバキアの猛攻を凌ぎ切り、見事決勝へ駒を進めた。

本当に両者のいいところが出て見応え十分の試合の後、こちらも熱戦を期待したアメリカvsフィンランドは、1Pの立ち上がりにフィンランドのGKがゴール前で相手FWに絶妙なパスをプレゼントし、ガラ空きのゴールに難なく押し込まれてしまう『GKがいるのにエンプティーネット』を決められると、1Pだけで6失点のグダグダ状態。
しかし、2P以降は点が入らず、逆に3Pにフィンランドに1失点するというなんとも締まらない試合で、結局アメリカが決勝に進出。

この結果、注目の決勝はカナダvsアメリカの“北米決戦”となった。

今大会、予選ラウンドでの直接対決は5-3でアメリカが勝っているが、カナダも決勝ともなればホッケーの母国の名誉にかけても地元で無様な試合は見せられないだろうし、スタンドの観客の熱気とあいまってスゴい試合が見られそうだ。

決勝のフェイスオフは、日本時間で月曜日の早朝5時過ぎから。

さすがに会社を休む訳にはいかないけど、この日だけは少し早起きして、試合開始から家を出るギリギリまで熱戦を楽しみたいと思う。

ちなみに自分は、金メダルを獲ったソルトレイク五輪モデルのチームカナダユニを着て、現地人のようにオトナ気なく「ごー!きゃなだ、ごぉぉ~~!!」とがっつりカナダを応援したいと思う。
s-RIMG1092.jpg
浅田の笑顔を奪った責任者、出てこいっ!!
遂にやってきたバンクーバーオリンピック最大のハイライト、フィギアスケート女子フリー。
どーせ生では見られない自分は、ライブ中継をしっかり録画予約し、「結果が分かってから見るのはつまらない」と会社では一切の情報をシャットアウトし、帰りの車でもラジオをつけずに家路を急ぐ。
しかし、途中で寄ったコンビニで、新聞ラックにささっていた夕刊にこれ見よがしに踊っていた文字が不覚にも目に入ってしまった。

『浅田、銀メダル』

・・・・嗚呼、今までの努力が水のアワ。。。。

と、今見たものは無かった事にして急いで自宅に帰り、ついさっきまで最高の舞台をタップリと堪能させてもらったのだが・・・

さて、ここからはいちフィギアファンとして、超・辛口で吼えまくりたいと思う。

今日のフリーの結果、金メダルは完璧な演技で歴代最高得点を塗り替えたキム・ヨナ。
そして、トリプルアクセルを2回とも見事に成功させた浅田真央が銀メダルで、大会直前に最愛の母親を亡くしてしまった地元・カナダのジョアニー・ロシェットが深い悲しみを乗り越えての銅メダル。

これはショートプログラムが終わった段階での予想通りであり、結果自体は十分に納得している。

しかし、浅田がキス&クライでそれまで見せた事がないような無表情となり、直後のインタビューで悔し涙を堪え切れなかった姿が示すように、なんとも後味の悪い印象となってしまった。

これは、別に浅田が悪い訳ではなく、浅田にあんな難解で窮屈なプログラムを押し付けたコーチや連盟の責任である。

多くの人は忘れているかもしれないが、浅田はまだハタチ前の女子大生。
もっとキャピキャピ(←完全死語!)したいお年頃である。

そしてまた、多くの人は忘れているかもしれないが、浅田はオリンピックは初出場なんである。
4年に一度のオリンピックは、グランプリファイナルや世界選手権とは比べ物にならないくらいの重圧が小さな肩にのしかかるという事は、実際にオリンピックに出た事がない自分にも容易に見当がつく。

それならば、わずか数ヶ月の差でトリノの出場権を得られず4年間待ちに待った今大会は、彼女の最大の武器である若さと可愛らしさを全面に押し出して、本人の思うように気持ちよくノビノビ滑らせてやるのが“親心”というものだろう。

それが、「今までの殻を破るため」という大義名分の下で浅田らしさを引き出す事をせず、そればかりか、それまで難なく跳べていたトリプルアクセルを始めとするジャンプの精度が、難解なプログラムを押し付ける事で少しずつ狂っていってしまった。

このあたり、昨日のエントリーでも書いたけど、“長所を徹底的に伸ばす”という作戦で五輪の大舞台でも持てる力を全て出し切ったキム・ヨナとは正反対で、まさに『策士、策に溺れる』という言葉がピッタリ当てはまる。

でも、それでも浅田は頑張った。
今までは全く曲に付いていけなかったのが、今日は序盤でトリプルアクセルを2度決め、中盤でもそれまで見せた事もないような鬼気迫る表情で、何とかして『鐘』という曲の重々しい世界を表現しようと必死だった。
まるで何かにとり付かれたような浅田の形相を見て、自分も思わず息を呑むほどの気迫を感じた。

しかし、あの曲は観客の歓声も拍手も、浅田自身の物凄い気迫をも全て吸い取ってしまうように無表情に同じ旋律を繰り返し、そして遂に重圧に耐え切れなくなり、普通に滑っていれば絶対にありえないようなミスを犯してしまった。

この悲劇は、4年前の安藤美姫と全く同じである。

当時の安藤も、今の浅田のように飛ぶ鳥を落とす勢いで輝きを放っていたのに、無理をして大人の演技を強要されて自分を見失ってしまい、トリノでは惨敗を喫してしまった。

日本スケート連盟は、安藤・浅田という本当に素晴らしい選手から、“オトナの事情”でオリンピックでの最高の笑顔を奪ってしまうという、決してやってはならない過ちを2度も犯してしまったのだ。

断っておくが、これは決して結果論で物を言っているのではない。
自分が今季の浅田のフリーを初めて見た時に即座に予感した悪いシナリオが、図らずも全て当たってしまった形となった。

「新しい事にチャレンジする」というのはアスリートとしては当然の事であるが、フィギアスケートという繊細な競技では、そんなチャレンジはオリンピックとは関係のないシーズンにやってもらいたい。
今季の浅田のフリープログラムは、明らかに“果敢なチャレンジ”ではなく“無謀な自殺行為”である。

もっとも、他のプログラムにしたとしても、キム・ヨナの上に立つ事は叶わなかったかもしれない。
でも、メダルの色なんてあくまでも結果であり、銀だろうが銅だろが、あるいは4位以下になろうが、自分はなんとも思わない。

でも、たとえどんな結果になろうとも最後は笑って競技を終えてほしかったし、それができなかった浅田が本当にかわいそうでならない。

くどいようだが、日本フィギアスケート界の至宝である浅田真央から笑顔を奪った日本スケート連盟とコーチ陣は、その罪を誠意を持って償ってほしいと思う。
頑張った!カーリング&頑張れ!フィギア
ちょっと遅くなってしまったけど、昨日のバンクーバーオリンピックで印象的な事が2つあったので、今更ながら触れてみたいと思う。

まずは女子カーリング。
結局日本は決勝ラウンドへ進む事ができず、最終的にトリノの成績を下回る8位で終わった。

今回のオリンピックでは、前半戦は各選手のショットが安定し、アメリカやイギリスを劇的に破るなどの大活躍で日本中が盛り上がったが、22日のダブルヘッダーあたりからズルズルと調子を落とし、そのまま回復できずに終わってしまったようで、選手達も本当に悔しかっただろう。

カーリングの大会でダブルヘッダーはよくある事だし、氷の状態の変化に対応し切れないなどの課題も浮かび上がり、オリンピックのベスト4に食い込むにはまだまだ力不足だったかな?と思ったが、前半戦の大健闘で世界に日本の存在を知らしめる事ができたし、カーリングという競技が彼女達のおかげでまた一歩メジャーな競技に近づいたのは、ファンとして嬉しい事だ。

氷の上にもかかわらず選手達が半袖でプレーしているのを見ても分かるように、カーリングは見た目以上にハードな競技ではあるが、海外の強豪国を見るとオバさん選手(失礼!)を多く見かけるように、他の種目より競技年齢は高く、また経験が大きく物を言う競技でもある。

彼女達も今後は仕事や結婚などで競技を続けるのが難しくなってくるかもしれないが、第一線からの引退で今回の経験を次に生かさず終わらせてしまうのはあまりにももったいない事だし、今後も頑張って競技を続けてレベルアップし、4年後のソチもできれば今回と同じメンバーで、是非ともリベンジを果たしてほしいものだ。

そして、いよいよ始まった女子フィギアスケート。
浅田真央がショートプログラムで五輪初となるトリプルアクセルを成功させれば、キム・ヨナも直後の滑走でショート歴代最高得点を叩き出すという、女王2人が他を大きく引き離してのハイレベルなツバ競り合いとなった。

自分としては、浅田は毎回ショートプログラムでコケていたのでハラハラしながら見ていたが、ノーミスで会心の演技ができホッとした。

しかし、さすがは『ミス・パーフェクト』のキム・ヨナ。 ・・・・あ、“ミス”っていっても「失敗」って意味じゃないよ。(←分かっとるわ!!)
ジャンプなどもソツなく決め、浅田と同い年とは思えないほど妖艶にボンドガールを演じ切り、演技後の表情を見ても「できて当たり前」というような涼しい顔をしているあたりが憎らしくも素晴らしい。

ただ、フィギアといえば『伊藤みどり世代』の自分としては、トリプルアクセルの評価があまりにも低いのがどうにも納得できない。

テレビでは軽々しく「3回転半がどーのこーの」とほざいているが、そもそも女子にとってトリプルアクセルとは、“跳んで立つ”という事自体が奇跡なんであり、五輪以外の歴代の大会を見ても、伊藤みどりやジュニア時代の中野友加里など、成功した選手は片手に余るほどだし、その成功率も限りなく低い、まさに「ノるかソるか」の大技なのだ。

それに、キム・ヨナの得意技である3回転-3回転のコンビネーションジャンプは、ハッキリ言って彼女以外にもできる選手は結構いるが、浅田のトリプルアクセルは、今では彼女以外にはチャレンジしようとする選手すらいない。

そんな女子にとって“難度∞”のトリプルアクセルが基礎点で3回転×2より低く、しかも浅田がなまじっか跳べてしまうばっかりに、やれ回転不足だナンだと余計なケチが付いてしまい、なんだか浅田が貧乏クジを引いてしまっているようで不憫でならない。

この大会では“技の評価”という点では男子でも色々と問題となったが、しかし、そんな採点競技に付きまとう様々な矛盾があったとしても、やっぱり2人の争いは見ていて面白く興味は尽きない。

正直なところ、浅田がフリーで使う『鐘』という曲があまりにも難解で重々しくキャラとかけ離れ過ぎているため、それが彼女にとって重石となってショートも含めて演技全体のキレを悪くしているように思い、逆に“良いところを徹底的に伸ばす”という作戦が見事にハマって死角のないキム・ヨナがよほどのミスをしない限り、浅田の金メダル獲得は非常に厳しいものがあると思う。

でも、メダルの色なんか関係なく、フリーでもお互いノーミスで持てる力をフルに出して、最高のパフォーマンスで歴史に残る名勝負を見せてほしい。

そして、2人の影に隠れてしまいがちだが、演目のクレオパトラを意識して顔を浅黒く焼いて臨む安藤美姫の、トリノのリベンジとなる演技にも期待したいし、個人的には鈴木明子のフリーのプログラムである『ウエストサイドストーリー』が大好きなので、いつものようなノビノビとした演技で会場を大いに沸かしてほしいと願っている。
パル戦士リレーブログ始まる!
佳境を迎えるバンクーバー五輪の影に隠れて、パルセイロの選手達がなにやら始めよったゾ!

パルセイロ選手日記!!
 南長野を満員に みんなでJリーグに行こうproject
 長野県長野市発Jリーグ行き夢切符絶賛発売中


・・・って、サブタイトル長すぎぃぃ~~っ!!

というツッコミはどーでもいいとして、遂に選手の皆さんが『リレーブログ』を立ち上げました!

実際にブログを見てみると、2月19日に大橋選手が、以前やっていた個人ブログの書き出しで必ず使っていた「お疲れ様です。」という懐かしいフレーズでスタートし、土橋→籾谷→野澤ときて、次は塚本選手が書く予定だとか。

これまでも、モミやんとかノザとか個人でブログをやっている人はいたけど、このブログはパルセイロの選手全員が書き手になるだけに、これまでブログをやっていなかった選手の素顔が覗けそうで楽しみだ。
特に塚本選手、試合では職人肌のボランチで淡々と仕事をこなす印象だけど、ブログでは果たしてどういった文章を書くのやら?
(意外とカワイイ絵文字とか入れまくりだったりして・・・)

とにかく、自分は以前からこういう企画をやってほしいと思っていたので、これはメッチャ嬉しいッス!

中にはブログとかパソコンとかには全く縁がなさそうな選手もいそうだけど(別に誰とは言わないけど・・・)、是非とも全選手に積極的に参加してもらい、時には監督やスタッフなんかも巻き込んじゃったりして、試合だけでなくネットの世界からもパルセイロを盛り上げていってほしいと願っている。

そして我々も、そんな選手に負けないようにクラブを盛り上げ南長野を満員にして、みんなで『夢切符』を掴み取りましょう!!
カーリング史上に残る大熱戦!
今日は午前中に野暮用があったので、パルセイロのTMは見られなかったが、その代わりバンクーバー五輪で歴史に残るような素晴らしいゲームを見る事ができた。

カーリング女子予選ラウンド、日本vsイギリス。
とにかくカーリングの面白さ、奥深さがギュッと詰まった最高の試合を見せてもらった。

この試合、まずはランニングスコアを載せてみましょうか。

GBR : 00102 0010X = 4
JPN : 10030 1105X = 11

s-写真00058
 
上の写真は、3年前の軽井沢国際カーリング大会での目黒萌絵と本橋麻里。
この時は目黒がスキップになって初年度だったが、何となく弱気のリードや勝負どころでのミスショットが目立ち、「スキップは本橋がやった方がいいんじゃないか?」と思ったものだが、あれからたくさんの経験を積み、今大会では冷静なリードと正確なショットで名実共にチームを引っ張るなど、本当に立派なスキップに成長したものだと感心する。

そういえば、トリノでリードを務めていた頃の目黒は本当に幼い顔をしていたし、写真の軽井沢では国民的スターとなった本橋の影に隠れて何となく頼りなげに見えたものだが、今は表情も態度もキリリと凛々しく大人っぽく見え、人は自信を得ると見た目もここまで変わるものかと実感する。

この試合について、日本のメディアは『日本がイギリスに大勝!』と報道しているが、きちんと試合の流れを見ていれば、間違ってもそんな表現は使わないハズだ。
スコアの上では結果的に大差が付いたけど、両者共に針の穴に糸を通すような正確なショットを次々と決める、ハイレベルで手に汗握るクロスゲームだった。

そんな神経が磨り減るような厳しい試合を見事にモノにした日本の実力は本物と見ていいだろう。
目黒や本橋だけでなく、常に正確なショットを繰り出すリードの石崎琴美に、本橋をセカンドに追いやるほどの実力を備えたサードの近江谷杏菜と、チームとしてのポテンシャルが格段に向上しており、今後の戦いも大いに期待できる。

逆にこれから日本と対戦する国にとっては、「日本に食われたチームが脱落する」という意識でこれまで以上に日本をマークしてくるだろうが、彼女達には、これまで通りのチャレンジ精神で、恐れずに立ち向かっていき、悲願の予選通過を果たしてほしいものだ。

【 おまけ 】
違う時間にアルペンスキーの女子滑降を見ていたら、ブレーキングトラックの立見エリアの目立つところに、大きなゲーフラが出ていた。
s-RIMG0092.jpg

MORE COWBELL (もっとカウベルを!)

う~ん、カナダにもこういうおバカなゲーフラ出すヤツがいるんですね~~
しかもご丁寧にカナダの象徴であるメイプルリーフまであしらったりなんかして。

こういうセンス、ハッキリ言って自分は大好きです。

ご~! きゃなだぁ、ごぉ~~!!
天晴れ!日本が誇る氷上のエンターテーナー達
バンクーバーオリンピック、日本人3個目のメダルは、高橋大輔がフィギア男子で日本人初となる快挙の銅メダル!

フィギア男子といえば、長野五輪の時に本田武史の台頭でようやく世界と戦えるようになってきたが、長野でのメダリストである、三銃士ダルタニアンを演じたフランスの伊達男、フィリップ・キャンデローロや、アメリカの硬派な男の雰囲気をプンプン匂わせていたエルビス・ストイコ(カナダ)の圧倒的な存在感を見せられて、「あー、日本人にはああいう“男の色気”を出せるような選手は今後も出てこないだろうな~」なんて思っていた。

しかし、高橋大輔はそんな“男の色気”を見事に兼ね備え、観客に“魅せる”という意味では世界屈指のスケーターとなった。

そんな彼が、大怪我で1シーズンをまるまる棒に振った後の復帰シーズンとなる今年のフリープログラムでは、敢えてクラウン(道化師)を演じる事になったのだが、そういった苦労を体験している分、全体的に肩肘張らない演技構成ながら彼の思いが全身から溢れ出し、演技の雰囲気にピッタリな音楽と相まって、時間を追うごとに彼の世界にグイグイ引き込まれた。

特に後半のストレートラインステップでは、本当に一つの物語のクライマックスを見ているようで、涙が溢れて止まらないほど感動した。

確かに金メダルのライサチェックや銀のプルシェンコは、メダルに値するような素晴らしい演技だったが、『観客を魅了する』というフィギアスケートが持つ力を最大限に表現したという意味では、紛れもなく高橋が他の誰より最高のパフォーマンスだったと思う。

そして、8位入賞選手のリストを見てみると、これまで男子では圧倒的な力を示してきたロシアや、フィギア大国のアメリカを差し置いて、日本人が最も多い3人も入っている事は特筆に価するだろう。

自分は今日は用事で帰宅が遅かったので、残念ながらハイライト番組でも織田信成と小塚崇彦の演技を見られなかったが、織田は途中で靴紐が切れるというアクシデントにもめげず最期まで滑りきったようだったし、また小塚もまだまだ若いのに確実性もあり、観客を魅了するだけの雰囲気を兼ね備えており、4年後のソチが楽しみな選手にまで成長した。

とにかく、前記のように「日本の男子は世界で通用するようなフィギアの選手は出てこないだろう」という自分の予想を見事に裏切り、世界を魅了するエンターテーナーとなった3人の日本男児に、心から拍手を送りたいと思う。

【 おまけ 】
ところで、5位に入ったアメリカのジョニー・ウィアーって選手、顔立ちや佇まいや演技での手足の動きを見ていると、どうしても“オ○マちゃん”入ってるようにみてちゃうんだけど・・・
特に今日は、演技の後に座る“キス&クライ”の席で薔薇の王冠や花束を身に着けているのを見て、「あー、やっぱり!」と妙に納得してしまった。。。
祝、バンクーバー五輪日本勢初メダル!&今後の展望
祝!長島圭一郎&加藤条治選手、バンクーバーオリンピック日本勢初メダル!!

先日のモーグル・上村愛子選手が、北米勢の異次元の滑りに割って入れず4位に終わった時は、「またトリノみたいに4位の呪縛から逃れられないか・・・」と心配していたが、日本のお家芸であるスピードスケート短距離の男子のエース2人が見事にその壁をブチ破ってくれた。

スピードスケートといえば、スーパー中学生・高木美帆選手の出現で、低能・単細胞な日本のマスコミが彼女にばかり群がって偏重報道を繰り返し辟易していたが、2人とも逆にそれで気持ちが楽になったのかな?

以前、長野五輪の時も、CM出演を機に一躍国民的アイドルとなりチヤホヤ持ち上げられた上村愛子の影で、当時の女子の第一人者である里谷多英が持ち前の勝負強さを爆発させて金メダルを獲った時にも、自分は「ホラ見ろ、里谷を忘れるんじゃないよ!!」と痛快に感じたものだが、今回もそれに似たような感情がある。

とにかく、以前から2人を見てきている自分としては、見かけによらず苦労人の長島選手と、前回のトリノで屈辱を味わった加藤選手が見事に結果を出してくれたのが本当に嬉しいし、また日本選手団全体としても、前回のトリノの『4位禍』の呪縛から開放されたようで、自分も関係者でもないのに何だかホッとしている。

しかし、それ以上に「スゴい」と驚いたのが、韓国勢の大躍進だ。
長野でのワールドカップ開催がしばらくご無沙汰なので、自分も最近のスピードスケート界の勢力地図についてはあまり詳しくないが、以前は韓国といえば出場選手全員が下から数えた方が早いくらいのレベルだったのに、いつの間にか何人もの選手が上位に名を連ねるようになった。

さすがにオリンピックの大舞台に場慣れしていない選手が多かったので、今回は実力を発揮できない選手が多かったが、4年後のソチでは確実に韓国が短距離界をリードするようになるだろう。
日本も今回の結果に浮かれずに、次の世代の底上げを図らなければならないゾ!

さぁ、明日からは女子の出番だ。

同じくすっかり高木美帆の影に隠れて、全国版の報道では全く名前の挙がらなくなってしまった吉井小百合と小平奈緒の茅野市出身二枚看板だが、ここは是非とも“おねーさん”の意地を見せ、メダルを獲ってアホなマスコミの鼻を明かせてほしいものだ。

そして、明日は男子のフィギアスケートも始まる。

自分は、今大会の日本選手団のうち、金メダルに最も近いのは、上村愛子でも浅田真央でもなく、高橋大輔だと予想していた。
しかし、トリノ金メダルのロシアのプルシェンコが復活してきたので、事態は予断を許さなくなってきた。

プルシェンコはトリノでアマチュア引退後もプロとしてやってきているので、復帰後の演技も付け入る隙が無いくらいパーフェクトなものだが、高橋ならそんなプルシェンコと張り合えるだけの実力はあると思うので、自分を信じて思いっきりチャレンジしてほしい。

また、個人的には織田信成のコミカルで人間味あふれる演技が大好きで、実際にも開会式でグルジアのリュージュ選手が事故死したのを受けての黙祷の時に、彼と吉井小百合だけはしっかりと目を閉じて黙祷を捧げていたので、そんな心優しい2人には、是非とも頑張って良い結果を出してほしいと願っている。

その他にも、明日からいよいよカーリングの予選が始まるし、夜のハイライトではなかなか採り上げてくれないアイスホッケーの中継も見たいし、アルペンやらジャンプやらショートトラックやら、普段は滅多に見られないソリ競技やバイアスロンやら・・・・あ~、仕事休んでテレビに噛り付いていたい!!

ウチの会社、明日から急に新型インフルエンザが大流行して2週間の自宅待機にでもならないかしら・・・(←なんとバチあたりな!)

とにかくウインタースポーツ大好きで、オリンピックも夏より冬の方が燃える自分としては、これから佳境を迎えるバンクーバーオリンピックを、できる限り楽しんでいきたいと思う。
昨日の“お仕事”活動報告~夢は力なり~
いよいよバンクーバーオリンピックが開幕したが、今日は昨日のブログで少し触れた長野カップでの“お仕事”について書きたいと思う。

その“お仕事”とは、自分がパルセイロと共に熱烈に応援している日光アイスバックスの募金活動。
s-RIMG0063_20100214170401.jpg

今シーズンのバックスは、解散したSEIBUプリンスラビッツから、長野カップでも代表キャプテンとして活躍した鈴木貴人選手を始めとする6選手を獲得して躍進を狙ったが、成績は新参チームの東北フリーブレイズにも抜かれ“定位置”の6位に終わり、また経営は相変わらず火の車で、選手への給料や遠征費の捻出もままならない状態。

そこで今年はサポ有志が立ち上がり、試合会場で募金活動を始め、ビッグハットでも最終日に募金を行なうとの事。
自分はこの活動の中心となっている方々には日光遠征の際は本当にお世話になっているから地元・長野でご恩返しがしたいし、今季は結局日光開幕シリーズしか応援に行かれなかったので、その“罪滅ぼし”の意味も込めて、この募金活動のお手伝いをさせていただいた。

それにしてもスゴいのは、この活動の中心となっている人物の類まれなる行動力である。
彼はクラブの窮状を知ると、誰に頼まれた訳でもないのに自発的に募金活動を企画して実行し、仲間の協力で専用の口座やHPを作って広く募金を呼び掛け、遠征先でも会場や地元ホッケー連盟に直談判して許可を取り付けて活動を行い、そうやって一昨日までに集まった金額は実に390万円超!

これぞまさしく、クラブを愛する“マンパワー”の賜物である。

そして昨日は、当初は隅の方でささやかに行なうつもりだったのが、長野県アイスホッケー連盟の方のご厚意でコンコースの一等地にスペースをいただき、更に机やイスも貸していただけるとの事で、急遽当日入りするサポにグッズやコレクションの私物を持ってきてもらい、即席とは思えないような素晴らしいブースが出来上がった。
s-RIMG0067.jpg
s-RIMG0066.jpg

そして更に感心したのは、実際の彼らの熱心さである。
自分が「せっかく遠くから来たんだから試合を見てきて」と言っても、逆に「ここは自分がいるからぼーさん見てきていいよ」と譲られてお言葉に甘えてしまったり、向こうで1人だけでやっているアイススレッジホッケーの募金ブースに立って「スレッジホッケー日本代表への募金をお願いします!」と呼び込みを買って出たり・・・
それより何より、ろくに試合も見ずに活動する事を全く苦にせず、みんな生き生きとした顔で取り組んでいる姿がとても印象的だった。

そして自分は、このような募金活動は初めての経験だったが、実際に募金箱を持ってみると、まだあまり中身の入っていないだだのアクリル製の箱なのに、募金してくれた方々の思いがギュッと詰まっているようでこころなしか重く感じるし、実際にお金を入れていただく瞬間は、それが100円でも10円でも、額に関係なく本当に心の底から「ありがたい」と思えてくる。
パルセイロの時も、ビラ配りで通行する人に受け取ってもらった時はありがたかったが、今回は“お金をいただく”という行為なので、ありがたさの重さが格段に違う。

そんなこんなで、12時に開場してから閉会式が終わった19時過ぎまでの7時間で集まった金額は、何と116,872円!
我々の「5万円くらい集まれば・・・」という当初の予想を大きく上回る結果に、一同大喜び!
そして集まった募金は、当日ちょうど視察に来ていた村井忠寛ヘッドコーチに無事手渡す事ができた。

また、これで募金総額も400万円を超えた訳だが、個人的には長野の地で大台を超えたのは光栄で、わざわざ遠くから来てもらった仲間が満足して帰ってくれた事が本当に嬉しいし、本当に貴重な体験をさせてもらった事に感謝している。

昨日ビッグハットで募金していただいた皆様、そして、快く場所を提供してくれた県連盟と実行委員会の皆様、ご協力本当にありがとうございました!!
責任者に成り代わり、熱く熱く御礼いたします。

なお、今回も含めてバックス緊急支援募金の報告は専用HPにアップしてあるので、こちらも是非一度覗いてみてください。

それから最後に、昨日ビッグハットに来てくれたパルセイロのサポ仲間の皆さん。
ただホッケーを見に来ただけなのに、思わぬ伏兵の“奇襲攻撃”で余計な出費をさせてしまい申し訳ないです。

ただ、とかく「夢だけではクラブは運営できない」という『正論』が幅を利かせる世知辛い世の中で、あっという間に消えて無くなっているはずの弱小クラブを、ほとんど夢と熱意だけで10年以上も生き長らえさせたバックスサポの活動を生で見てもらう事で何かを感じ、今後のパルセイロのサポート活動に役立ててもらえたら、それが一番嬉しいです。

もっとも、例えば地域決勝の遠征費のようなスポット的な募金ならともかく、クラブ運営の根幹に関わるような募金などやらないように持っていかなければならないのは当然で、今回の活動を“美談”で終わらせる気はさらさら無いけど、Jリーグでも清水や甲府が直面したように、いつ何時そのような状況に陥らないとも限らないし、募金に限らず今回のバックスサポのような情熱と行動力は大いに見習うところがあるでしょう。

あ、それと今回ビッグハットに来られなかったサポ仲間の皆さん。
バックス募金は随時受け付けていますので、遠慮なく申し出てくださいマセ!(笑)
(って、これで自分の周りに人が寄り付かなくなったらどーしよう。。。)
長野カップ2010 最終日
夢のようなホッケー浸りの日々も、遂に今日が最終日。
国際アイスホッケー大会長野カップ2010第3日目の第1試合は、カザフスタンvsスロベニア。
s-写真00108

これまでの戦いぶりを見ていると、実力的にカザフが他のチームより頭一つ抜き出ているような印象を受けていたが、この試合も1Pはカザフが圧倒的に攻め上がり、スロベニアはペナルティも頻発するなど防戦一方の展開。
しかし、カザフは相手が2人少ないツーマンアドバンテージのチャンスを2~3回得ながらも、スロベニアのGKの神懸り的なセーブにシュートをことごとく阻まれ、0-0で1P終了。
s-写真00105

すると2Pは、逆にスロベニアが3点も入れてしまう、1Pの展開がウソのような得点経過。
実は、今日は自分は観戦の他にちょっとした“お仕事”があったので(この“お仕事”の内容に関しては後日書きたいと思う)この2Pはまるまるスタンド外のコンコースにいて試合を見ていなかったが、中から漏れ聞こえるゴールの音楽に「あー、遂にカザフが得点したか。こりゃ今まで耐えていたスロベニアもガタガタっといくかな・・・」なんて思っていたら、全く逆の展開で頭の中が『???』マークでいっぱいに。
一体、両者に何が起きたのか!?
そして3P,カザフはようやく1点を返すが、最終盤の6人攻撃時にエンプティーネットゴールを喰らって万事休す。
結局、4-1と予想外の大差でスロベニアが連勝した。

続く第2試合。
前の試合でカザフがあのような点差で負けているので、勝点3差で追う日本は大差で勝てば優勝もあり得るか・・・と思っていたが、この大会のレギュレーションは勝点で並んだ場合は得失点差より直接対決の勝敗が優先されているとの事で、昨日カザフに負けた時点で日本の優勝の芽は無くなっていた。
しかし、地元開催の国際大会を最後は勝って終わりたい日本は、1Pは格上のデンマーク相手に互角の戦いを演じ、10分過ぎに相手ゴール前の混戦からこぼれたパックを#14河合卓真(東北フリーブレイズ)がゴールし、昨日に引き続き連続得点で日本先制!
s-写真00135

しかし、同じく“お仕事”でスタンド外にいた2Pに同点に追い付かれると、3Pは開始3分と7分に失点し2点差。
それでも15分に#6川島誠(王子イーグルス)のゴールで1点差に追い付き、「さぁ、これから」と盛り上がったその僅か36秒後にデンマークに冷や水を浴びせられるような失点。
結局、2-4で有終の美を飾る事はできなかった。

今日の日本は、連戦で疲れていたのかパスやトラップのミスも昨日より多くなり、肝心なところで余計なペナルティを犯すなど、全体的に精彩を欠いていた。

これで今年の長野カップは全日程を終了し、優勝はカザフスタン、2位スロベニア、3位デンマーク、そして大会4連覇を期待した日本は最下位に沈んでしまった。
今大会は、直前になって百目木政人や斎藤毅・哲也の兄弟(王子イーグルス)、小原大輔(日本製紙クレインズ)といった主力FWが怪我などで出場を辞退し、初日に素晴らしい動きを見せていた地元の星・上野拓紀(High-1)が負傷で2日目以降はベンチにも入れないなど、特に攻撃陣はベストメンバーが組めず苦戦したが、その分代表に初選出された若手にとってはいい経験になったんじゃないだろうか?
s-写真00137

もっとも、こうして久し振りにヨーロッパの国々のプレーを目の当たりにするにつけ、パスやトラップやハンドリングなど全ての技術で日本はまだまだ遅れをとっており、ソチオリンピック出場に向けて課題は山積みではあるが、今後も沢山の経験を積んでその課題を克服し、4年後には夢を実現できるように頑張ってほしい。

そして、選手にとってはそんな貴重な国際試合が海外遠征せずとも体験でき、国内のホッケーファンにとっても普段はなかなか見る事のできない国々のプレーが楽しめる、国内唯一の代表定期戦である長野カップが、来年以降も開催されることを強く強く願っている。
長野カップ2010 第2日目
今日は世間的には一応平日という事らしいが、自分は各方面への根回しで強引に半日有休をネジ込み、飽きもせずビッグハットでホッケー三昧。
こんな酔狂なヤツは自分だけだろうと開場時間直前に来てみると、既に似たような人種が列を作って待っていた。

コラッ! 仕事をしろっ、仕事を!!(←オマエにだけは言われたくない)

さて、今日の第1試合、スロベニアvsデンマークは、昨日負けた同士の対決という事で、ノッケから両者ガツガツと攻め上がり、ペナルティも多くて展開が目まぐるしく入れ替わるスリリングな内容。
s-写真00061

しかし、こんな激しい試合でも決して大味にならず、両者キレイにパスを通し、リンクを大きく使う見事なプレーを見せるあたりは、「さすがヨーロッパ」と唸らされる。
いや~、眼福、眼福・・・

試合は2Pに大きく動き、デンマークが立て続けに2点を奪うと、スロベニアも負けじとパワープレーのチャンスに1点返し反撃。
3Pも1点ずつ取り合い、デンマークが逃げ切るかと思われた残り3秒でスロベニアが6人攻撃を成功させ劇的同点!(下の写真はその劇的瞬間。ゴーリーマスクがフッ飛ぶくらい激しい攻防だったのがよくわかる。)
s-写真00065

そして試合を決める3人ずつのゲームウイニングショット合戦は1-0でスロベニアが取り、息詰まる熱戦を大どんでん返しで制した。
それにしても、これだけで入場料の元が十分取れてオツリが来るような本当に面白い試合だった。

続く日本vsカザフスタン戦は、体格やテクニックでは圧倒的に勝るカザフに対して、日本はスピードと積極的なチェックで対抗し、やはりカザフがパックを持つ時間が長いものの、日本はパックに集中し守備からリズムを作って喰らい付いていく。
s-写真00075

そして1P12分、アタッキングゾーンのブルーラインで相手のクリアーをカットした#14河合卓真(東北フリーブレイズ)がGKと1対1になり、これを確実にゴールして先制!
s-写真00045

しかし1P15分、センタリングをゴール前に詰めていたカザフの選手がバックハンドでチョンっとパックの軌道を変える技ありのディフレクションが決まり追い付かれると、2Pにはゴール前1人対2人と相手の数的優位な状態から横パスでDFが振られ、それを受けた相手のシュートがゴールするという教科書通りのきれいな得点で逆転を許す。

これで気落ちしたか日本は細かなミスが目立ってきたが、3Pには今日も先発マスクの#1春名真仁(王子イーグルス)が、完全にヤラレタ・・・と思うようなシュートを神懸り的にセーブするビッグプレーが何度も飛び出し、味方の同点ゴールに望みを繋ぐ。

しかし、残り1分ちょっと前に勝負を賭けて6人攻撃を仕掛けるも、無情にもとどめのエンプティーネットゴールを決められ、結果1-3で惜しくも敗戦。

今日は、昨日活躍した#8上野拓紀(High-1)がベンチにも入っておらず、攻撃の面ではあまり機能せずいいところは少なかったが、守備に関しては最後まで何とか集中を切らさず、実質最少得点差で守り抜ける事ができた。
日本の失点はいずれも相手の卓越したスキルの賜物で、これは日本を責めるより相手のカザフを誉めるべき素晴らしいゴールであった。

この結果、カザフスタンが2連勝・勝点6で首位を走り、日本は1勝1敗・勝点3で2位。また、1GWS勝1敗のスロベニアが勝点2で3位、1敗1GWS敗のデンマークが勝点1で4位という順位。
日本が優勝を狙うには少々厳しい数字となったが、今日のカザフよりも明日のデンマークの方が日本にとってはやり易いんじゃないかと思う。

いずれにしても、泣いても笑っても明日は長野カップ最終日。
優勝云々より、最後はスカッと勝って笑って大会を終えられるよう、大いに頑張ってもらいたい。
長野カップ2010 第1日目
遂に開幕した国際アイスホッケー長野カップ2010。
待ちに待っていた大会の3シーズン振りの復活という事で、はやる気持ちを抑えきれず開場の1時間半前からビッグハットに並んでいたが、その待ち時間さえも心地よくなるくらい、本当に気持ちがウキウキしていた。

また、会場には日光や東伏見でいつもお世話になっている顔見知りの方々も関東各地から多数駆けつけ、まさにホッケー好き大集合で気持ちも更に盛り上がってくる。

え? もうすぐバンクーバーオリンピックが開幕するって?
へっ、そんなの古い古い! こちとら既に次回のソチ五輪を見据えた戦いをしているんでぃ!!
(よーするに、バンクーバーに出られなかった国々の“残念会”みたいなモンだけどね。。。)

さて、そんな長野カップの開幕戦第1試合、世界ランク21位の日本の初戦の相手は、同17位のスロベニア。
s-写真00014

日本では先週までアジアリーグのレギュラーリーグが行われていたので、チームとしての練習時間はほとんど無かったが、逆にシーズン終了直後という事で、選手達の動きは概ね良く、1Pは非常に締まった内容で0-0。
しかし2Pの終盤、日本はパワープレーのチャンスにパスカットからカウンター攻撃を喰らい、痛恨のショートハンドゴールで先制されてしまう。

そして勝負の3P、早い時間に追い付きたい日本は、開始57秒に#11西脇雅仁(日本製紙クレインズ)が自陣でパックを奪うとトップスピードで一気に相手ゴールに攻め込み、GKと1対1の状態から見事なゴール!
s-写真00050

・・・と思ったが、ゴール裏にいるゴールジャッジ席の上にある、得点を示す赤ランプが点灯しない。
ゴールを確信した西脇や日本のマーク・マホン監督が両手を広げてアピールするも試合は一旦はそのまま続行されかけたが、日本の抗議にレフリーが集まって協議した結果、判定が覆りゴールが認められた。
当然スロベニア側は納得いかない様子だったが、ここで上の写真のゴール左隅を拡大して見ましょう。
s-写真00050(1)

見よ、決定的瞬間!
パックはしっかりとクロスバーを越えており、この判定が間違いではなかった事が証明された。
どーだマイッタか、スロベニア!!(別にこの写真を見て判定した訳じゃないけどね・・・)

これで息を吹き返した日本は、同点ゴールの1分後に#30石岡敏(東北フリーブレイズ)が見事な連携で逆転ゴールを決めると、終盤の16分過ぎ、パワープレーのチャンスにキャプテン#18鈴木貴人(日光アイスバックス)がブルーライン付近から放ったロングシュートがゴールに吸い込まれ、決定的な3点目!!!

守っても、GK#1春名真仁(王子イーグルス)が好セーブを連発し、その他の選手達も最後まで集中力を切らさずプレーし、大事な初戦を見事3-1の快勝でモノにした。

今回の日本代表は、大会直前に代表常連選手が怪我などで参加を辞退し、新しい顔ぶれが多かったが、大学生として選ばれた4選手を含め、どの選手も非常にノビノビと思い切りよくプレーしており、とても好感が持てるチームに仕上がった感じだ。
特に、前出の#11西脇と#17飯村喜則(日本製紙クレインズ)に地元・長野出身の#8上野拓紀(High-1)が組んだ第1セットの若手FW陣は、見ていても何かやってくれそうな期待感があった。

続く第2試合は、世界ランク13位のデンマークvs同18位のカザフスタン。
s-写真00100

北欧と旧ソ連というテクニックに長けた国どうしの対決という事で、どちらも流れるようなパス回しの上質なホッケーを見せてくれたが、試合はカザフスタンが開始早々に2点を連取し、デンマークが堪らず1Pの10分も経たないうちにタイムアウトを取り、監督が選手に喝を入れる。
それで目が覚めたかどうかは分からないが、その後はデンマークも何とか持ち直し、2P終了までは両者得点を奪えず2-0のまま。
そして3P、デンマークは相手の連続ペナルティで2人多いツーマンアドバンテージのチャンスを得ると、そのうちの1人のペナルティがあけた直後に堅いカザフのゴールにパックをねじ込んで1点差。
ここまで試合を優位に進めてきたカザフも、さすがに3Pは少々バテ気味で運動量も落ちてきたが、最後のデンマークの6人攻撃も何とか凌ぎ、2-1で逃げ切った。

明日の日本の対戦相手となるカザフスタンは、身長180cmを越す長身選手が沢山いて、ハンパなチェックでは簡単には転ばない体の強さがあるし、さすが旧ソ連の国らしくパックハンドリングが滅法うまく、日本はかなりの苦戦が予想されるが、3Pのバテ具合を見ていると、日本も粘り強いディフェンスで流れを作り、最後まで走り負けずに喰らい付いていけば、勝機は見えてくるかもしれない。

日本の長野カップ3連覇に向けて、おそらく明日が大一番の戦いとなるだろう。
今日の勢いをそのままに、明日も勝利に向けて突っ走ってほしい。

なお、今大会の日本戦は、大会オフィシャルHPで期間限定でオンデマンド録画中継されるので、実際に試合を見られなかった方はコチラで迫力の試合をご覧くださいマセ。
今年のサポート会員内容が出たぞ!
オフィシャルから退団選手移籍先情報の第2弾が発表された。

土屋選手は今年HFL2部に昇格したアルティスタ東部、鎗田選手は元日本代表の望月重良氏が代表を務めるSC相模原、碇野選手はレノファ山口、大塚選手は奈良クラブと、それぞれこれからの発展が期待される地域リーグのクラブに入団となった訳だが、4選手とも生まれ故郷や卒業高校があった県など、本人に馴染みのある地域のクラブへの入団は、気合の入り方も違ってくるだろう。

4選手とも、パルセイロでの経験を大いに生かして、新天地ではバリバリ活躍してほしいと願っている。

そして、お待たせしました、今シーズンの個人サポート会員募集のお知らせがリリース!!

今年はシルバー以上の会員に限定のオリジナルタオルマフラーが付く他、去年は“プラチナ”と呼ばれていた個人賛助サポーター3万円コースには、選手やスタッフが使っているものと同じ非売品のランドリーバッグも付いてくるし、このコース最大の魅力である南長野の駐車券も、去年のようにいちいち郵送されてくるものではなく、全試合共通のラミネートパスという事で、全体的に去年よりグレードの高い内容じゃないだろうか。

もっとも、毎年このブログで書いているように、このようなサポーター会員の最大の特典は、愛する我が街のチームを目に見える形でサポートできる事への“ステータス”であり、支払うお金はサポーターのクラブに対する“心意気”の表れで、特典云々は二の次だと思う。

受付開始は12日(金)から。
例年通りインターネットでの受付も可なので、自分も早速初日に応募したいと思う。
コースはもちろん、個人賛助会員! 狙え、ランドリーバッグ!!(←「特典は二の次」って言ったヤツはどこのどいつじゃ!!)

そんな訳で、皆さんもお早めに入会して、万全の準備で開幕を待ちましょう!!
未来のアジアリーガー超・青田買い
昨日のカーリング観戦の昼休み、会場であるスカップ軽井沢と同じ敷地内にある風越公園アイスアリーナに沢山の子供やアイスホッケーの道具があったので、気になって中を覗いてみたら、ちょうどジュニアクラブチームの大会をやっており、スケジュール表を見ると夕方からも試合があるという事で、カーリングが終わった後でこちらもハシゴして見た。

いやはや、我ながら呆れるほどのホッケーバカである。
昨日のブログでも書いたけど、外国の国歌の中ではカナダの国歌が一番好きだし、国旗もメイプルリーフをあしらったカナダ国旗が大好きだし、オマケにカナダの国技であるアイスホッケー狂とあって、きっと自分の前世はカナダ人だったに違いない・・・・ (ちなみに、昼休みには同じくホッケーの匂いを嗅ぎつけてきたカーリングのカナダ人スタッフが、目をランランと輝かせながら小学生の練習風景を眺めていた。 う~ん、やっぱり“本物”には適いませんな。。)

と、そんなバカ話はともかく、その夕方からの試合は3位決定戦で、東京の名門クラブである西武ホワイトベアーズと、我がホームタウン・長野市代表の長野イーグルスという興味深い対戦。
s-写真00075

西武ホワイトベアーズといえば、去年までSEIBUプリンスラビッツの本拠地だった東伏見のダイドードリンコアイスアリーナを練習拠点に、小学生から高校生まで幅広い年代が所属している歴史あるクラブで、長野五輪当時からのホッケーファンには懐かしい、コクドと合併する前の旧・西武鉄道チームと全く同じ白熊マークのジャージが目を引く。

一方の長野イーグルスは、東北フリーブレイズの酒井大輔選手が中学生まで所属していたクラブで、ビッグハットでホッケー観戦をした人なら、黒地に黄色い鷲のマークのジャージを着た子供達をスタンドで見かけた事もあるでしょう。

さて、自分は小学生の本格的なホッケーの試合を初めて見たのだが、いっちょまえに防具を付け、なかなかのスケーティングでプレーしている姿は結構カッコよく、リンクとスタンドとの距離が近いせいもあって、小学生とは思えないほどのスピードと迫力がある。

試合は、さすがに歴史も選手層も練習環境も相手を上回る西武ホワイトベアーズが12-4と長野イーグルスを圧倒するワンサイドゲームだったが、どんなに点差が離れても両チームの選手達が最後まで気を抜かずに一生懸命プレーしており、見ているこちらも全くダレる事なく試合に入り込めた。

そんな中、両チームに気になる選手を発見。

まずは西武ホワイトベアーズから、#6高橋○○君。(下の名前は聞き逃しており不明。)
ポジションはDFだったが、他の選手に比べて頭ひとつ背が高くて体格もよく、しかも華麗なスケーティングや素早いハンドリングなどスキルも図抜けていて、一度パックを持つと敵の甘いチェックをヒラヒラと軽くかわしてあっという間にアタッキングゾーンに攻め込むプレーは圧巻で、この試合も他の選手より滞氷時間も長く、2ゴール3アシストをあげる大活躍。
西武の白熊ジャージで“高橋”といえば、長野五輪で日本代表も務めた高橋拓選手を即座に連想し、あの長身とセンスの良さは拓選手の息子に違いないと思い込んで見ていたが、家に帰って昔の資料を引っ張り出して調べてみたら、どうやらそうではなかったようだ。

そして長野イーグルスからは、FWで#90青木こうしろう君。(下の名前の漢字は未確認。)
彼もまた長身選手で、やはりパックを持つと思い切りよく敵陣に切れ込んでいき、ちょっとしたチェックには全く動じず積極的にシュートを打つなど、長野の中ではピカ一の存在感だった。
特に1P、ブルーライン付近45度の角度から放った強烈なスラップショットがゴール左隅に決まる鮮やかなゴールシーンには感動した。
s-写真00072

上の写真はその2選手のバトルシーンだが、こうして写真に切り取ってみると、とてもジュニアとは思えない迫力があるでしょう。
実際、両者が1対1で対峙した時などは、見ているコッチも思わずワクワクしてしまうくらいの魅力があった。

10年後くらいには、お互いアジアリーグのチームのジャージを着て、同じようにマッチアップする姿が見られるかもしれない。
そうなったら、この写真も“ジュニア時代の両選手のお宝写真“として高く売れたりなんかして・・・(←ムリムリ!)

彼ら以外にも、西武では背番号16番や21番の選手、長野では7番のFWや2P後半から出てきたGKのコなどが目を引いたが、こうして将来のアジアリーガーに思いを馳せつつ観戦したジュニアの試合は、全く思いがけない偶然の巡り会わせだったにもかかわらず、ひょっとしてメインだったカーリングよりも楽しめたかな?・・・と思うくらいの満足感で会場を後にしたのであった。

いやはや、本当に救いようのないホッケーバカである。。。。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.