ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
countdown
CLE2010第12節 vs常盤木学園高校(+トップ試合雑感)
まず、今日の記事のタイトルを見て「えっ?」と思った方もいるかもしれないが、自分は今日、長野県№1と天皇杯出場権を賭けた県選手権決勝“信州ダービー”ではなく、レディースの応援に宮城まで行って来た。

当然、自分もアルウィンに行きたい気持ちはあったが、この試合はNHKの中継があるので後から録画で見られるし、トップの応援は松本には遠く及ばないにしても人数は多いので、自分一人くらい抜けたところで大勢に影響は無い。

しかしレディースの場合は、こうしてトップの試合と重なった時は、誰かが行かなければ声出しサポの数がゼロになってしまう訳で、これだけはなんとしても避けなければならない。

トップもレディースも同じ『パルセイロ』を名乗る長野のチームとして、その存在価値は全くのイーブン。
しかも、去年からガラッと環境が変わった中で、キツい仕事をこなしながら頑張っている選手達を思うと、公式戦に応援ゼロという事態は仮にもコアサポを気取る者としては恥ずべき事だし、選手達に対して申し訳ない。

もっとも当の選手達にしてみれば、ゴール裏の他の主要メンバーのようなイイ男ではなく、自分のようなオタク風情の冴えない中年オヤジのヨレヨレな応援はかえって迷惑かもしれないが、この際そういう自分に都合の悪い事は棚の上に放っといて、ここは一番、オレが行かずに誰が行く!!!
(と書くとカッコいいが、前日の移動時に本当に久し振りに堪能した本格的な鈍行乗り継ぎ旅や、仙台名物牛タンの魅力が大きかったという事はナイショにしておこう。。。)

・・・と、言い訳のような前置きが長くなり過ぎてしまったが、自分は前節(7/4)のac福島戦は仕事で見に行けなかったので、前々節(6/6)の清水第八戦以来、実に2ヵ月半ぶりのレディース観戦となった今日の試合結果は以下の通り。

常盤木学園高校 2(1-0・1-0)0 AC長野パルセイロ
s-写真00020

試合は前半27分、自陣ゴール前でクリアしようとしたボールが味方に当たり、ルーズになったところをさらわれての悔いの残る失点。
また後半8分には、相手のミドルシュートがゴール逆サイドに吸い込まれて2失点目を喫したが、この失点シーンは他の試合でも度々見られるもので、足が止まり集中力が途切れた一瞬の隙を突かれ、一見なんでもないようなミドルが入ってしまうというウチの悪いクセが出てしまった。

しかし、これらの失点シーン以外は、やはり全体的に攻め込まれるケースが多かったものの、#1松本あずみの好セーブや#4三間睦美の体を張った守りなど、DF陣の頑張りでその後の追加点を許さなかったし、攻撃に関しては、今日は#10橋浦さつきや#14渡辺彩香といった攻撃の核となる選手が欠場だった(このへん記憶が曖昧。間違ってたらゴメン)のでボールがなかなかうまく繋がらなかったものの、#9濱垣香菜や#11浦崎優香を中心に最後まで前へ行こうという気持ちは見せてくれたと思う。

自分は春先のホームでの試合(第2節)は所用で欠席したため、実際に常盤木を見るのはこれが初めてだったが、かなり強いチームだと聞いていたので、正直、今日はわざわざアルウィンに背を向けて単身宮城くんだりまで行って、じょしこーせーにメッタメタに弄ばれるという、“M”にとってはタマラナイ展開になるんだろ~な~、デヘヘ・・・・なんて不謹慎な事を覚悟していたが(←途中、不適切な表現があった事をお詫びいたします。。。)、なんのなんの、並み居るお姉さま達を向こうに回して現在CLEの首位を独走する常盤木学園相手に、負けたとはいえこれだけのロースコアーに抑える事ができたのは、過去の対戦結果(1-4、3-6)と照らし合わせれば十分に“善戦”と評価してもいいんじゃないかと思う。(もっとも、ミスが元で負けた訳だから“合格点”はあげられないけどね・・・)

さて、次の土曜日はホーム・南長野での日体大戦。

早いもので“学校系”3強との試合は今季ラストゲームとなるが、今日はノルディーア北海道が日体大に1-0、清水第八がac福島に5-4(!)と、共にクラブチームが学校チームを下しており、ウチも一応は『クラブチーム首位』の身として遅れをとる訳にはいかないので、ホームの声援をバックに、何とか最後に3強の一角に風穴を開けてほしいものだ。

そしてサポの皆さんも、この日はトップの試合も無い事だし、そんな頑張っている彼女達の背中を押してやるべく、南長野に是非とも足を運んでくださいませ!!


そして・・・・

長野県サッカー選手権大会決勝
松本山雅FC 1(1-0・0-0)0 AC長野パルセイロ

うーん、また今年も松本の緑の壁を突き崩す事はできなかったか・・・

この試合は信毎の携帯速報でフォローされていなかったので、試合の経過や結果がなかなか分からず、宮城からの帰路もヤキモキしていたが、結果を知って一気に力が抜けてしまった。

ただ、こんな事を書くと実際に現地で応援した皆さんに激しく怒られるのは必至だが、個人的には、今年は相手が“格上”になったという事もあって「負けてもともと」という気持ちだったので、去年に比べたら悔しさも“30%OFF(当社比)”というのが正直なところ。

それよりも、来るべき地域決勝に向けて、負けたなりに何か一つでも得るものがあったなら、今日の敗戦も決して無駄ではなかったと思うが、これについては、録画したテレビ中継を後日しっかり見届けて検証したい。

ともあれ、敵地・アルウィンで力の限り戦ってきたサポの皆さん、本当に、本当にお疲れ様でした。

さっきはあんな事書いたけど、宿敵の松本に負けたのはやっぱり悔しいですよね。

だから、変にヤセ我慢なんかしないで、今日は思いっ切りヘコみましょうよ。

そして、また明日からは、我々にとって一番重要な“悲願”達成に向けて、気持ちを切り替え前を向いて頑張っていきましょう!!!
スポンサーサイト
全社北信越大会準決勝 vsJAPANサッカーカレッジ
リーグ戦、県選手権と並ぶもう一つのタイトル・全社全国大会のチケットをゲットすべく、やってきました、石川県能美市は物見山陸上競技場!

自分が会場に着いた時は第1試合のテイヘンズFCvsサウルコス福井の後半終盤頃だったが、その試合は1-1のまま延長戦でも決着が付かず、PK戦で福井の最初のキッカーを止めてテイヘンズが勝利した。
福井としては、全国大会進出2枠の中で、松本と金沢が抜け、ウチとJSCが準決勝で潰し合うという千載一遇の大チャンスを逃してしまった訳で、選手はもちろんサポもショックが大きかったと思うが、これで心折れる事無く、愛するクラブをこれからも変わらずに応援し続けてほしいと祈るばかりである。

・・・と、ウチの試合前にちょっとセンチメンタルな気分になってしまったが、他所の事より自分の事。

ウチはリーグ戦優勝と地域決勝行きの権利を九分九厘手中にしてはいるが、今年は今まで実力伯仲のチームとのしびれるような戦いの経験が少ないだけに、全国の猛者とのガチンコ勝負を経験してチームの底上げを図る意味でも、是が非でもここで勝って全国大会行きを決めたいところだが、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 3(2-0・1-0)0 JAPANサッカーカレッジ

第1試合の時に断続的に降っていた強い雨は止んで、気温は30℃を下回る涼しさだったものの、猛烈な湿気で不快指数は高かったこの試合。
ウチは心配していた立ち上がりを珍しく(!)無難にやり過ごすと、前半12分、アーリークロスをゴール前に詰めていた#11要田が頭で後ろに擦らし、そのボールがゴールネットに吸い込まれて待望の先取点をゲット!
今日は相手が相手だけに苦戦が予想されたが、予想外に早い得点にゴール裏のテンションも上がってくる。

そして前半35分には、#5大橋がエリアすぐ外のお得意の位置から“らしい”ミドルを鮮やかに決めて2-0で前半終了。

ここまで順調な得点経過だが、去年のこの試合も2-0から松本にまさかの大逆転負けを喫しているだけに、サポも気合を入れなおしていたし、薩川監督も「もっと点を取っていくゾ!!」と選手にハッパをかけ、ウチのサイドに気の緩みは見られない。

すると後半5分、今期絶好調で“何も恐れず前を向”いているプリンス#16栗原が、難しい角度からループ気味のミドルを決める芸術的シュートが飛び出し、これで早々に“安全圏”に突入。

その後も一進一退の息詰まる攻防だったが、全体的には難敵・JSC相手に終始危なげない試合運びで、欲を言えば最後にビシッとゴールして締めてほしかったとはいうものの、実力が拮抗したチーム相手に王者の風格を見せつけたという意味では、今年ここまでで一番のナイスゲームだったんじゃないかと思う。

見事な戦いぶりで勝利を飾った選手の皆さん、そして雨の中応援に駆けつけた現地組サポの皆さん、今日はお疲れ様でした!

さて、明日の決勝だが、自分は残念ながら現地での応援はいたしません。
実は今、富山のホテルでこの記事を書いているのだが、明日はもう一つの顔である“鉄”の欲求を満たすべく、富山県内の2つの私鉄(富山ライトレールと万葉線)を乗り歩く予定。
これは先のリーグ戦富山遠征や福井遠征の折にやろうと思っていたが、どちらも行かれず計画が未遂に終わってしまったので、やっと念願がかなって楽しみ~♪

え? そんな暇があったらパルセイロの応援に行けって?

・・・ま、まぁとにかく、今日の結果で山口県で行われる全社全国大会の出場権をゲットですよ皆さん!(←話をそらすな!)
場所が場所だけに自分は応援に行けるか分からないが、本大会では全国のライバルチームを相手に果敢に戦ってチームの実力をアップさせ、願わくば2年前の新潟大会に続く優勝を決めて、“本番”ともいえる地域決勝に弾みをつけてほしいものだ。
2010長野県選手権準決勝 vsFC上田ジェンシャン
昨日までの殺人的な暑さからすると、少々蒸してはいたものの曇り空で比較的過ごしやすかった今日の南長野。

既にリーグ戦は結果が見えているものの、もう一つ重要な長野県選手権のタイトルと天皇杯出場権を賭けて臨む今日の準決勝は、予想通りの難敵・上田ジェンシャンが相手。
とはいうものの、リーグ戦でも2戦とも快勝しているし、今日もスカッと一蹴して決勝に向けて勢いを付けたいところだが、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 5(1-1・4-0)1 FC上田ジェンシャン

#1諏訪・#7土橋・#11要田・#14高野といった面々は抜けたものの、その他は主力を揃えてガッツリ勝ちにきたスタメン。
しかし、先に点を取ったのは上田だった。

前半16分、コーナーキックからの混戦のこぼれ球を上田の選手(誰だったかは覚えてない)が胸で押し込んで痛恨の失点。
その後、ウチもボールを支配して攻めはするものの、どうにもチグハグな攻撃で決定的なチャンスを作れず、煮え切らない展開にこちらのイライラも募ってくるが、「このまま前半終了か」と思われた44分、サイドラインから#5大橋が蹴ったフリーキックを逆サイドのゴール前に駆け込んだ#2籾谷がお得意の頭で合わせてようやく同点に追い付き、ホッと胸をなでおろしてハーフタイムへ。

そして迎えた後半は、前半にほとんど目立っていなかった#8麻生に代えて#7土橋が入り、これでかなり連携が良くなったものの、引き気味ながら果敢にチェックにくる上田のディフェンスを攻めあぐね、あと一歩のところでなかなかゴールを割れない。

そんな中、やはり後半途中から入った#16栗原が後半17分に見事なミドルを突き刺し、待望の勝ち越し点をゲット!

それにしても、リーグ戦第4節・アウェイ富山戦での、敗戦の窮地を救った同点弾といい、第7節・アウェイJSC戦での、0-2の崖っぷちから勝利への布石を打った、チームやサポを大いに勇気付けた追撃ゴールといい、そして今回の勝ち越し弾といい、今年は何かとクリに助けられているような気がする。
毎年毎年、サポから大いに期待されながらもイマイチ波に乗り切れなかった“未完の大器”だが、今年は完全に殻を破って“ホンモノ”になったんじゃないかと感じる。

さて、この得点でようやく勢いの出たパルセイロは、その後#20野澤・#9大典・#10宇野沢と確実に得点を重ね、終わってみれば5-1と“それなり”の結果で決勝に駒を進めた。

・・・が、相変わらずのスロースターターぶりで、ゴール前で守備を固める相手の前でボールをコチョコチョ回す悪いクセがまたも露呈し、内容的には今後に向けて不満の残るものとなった。

試合後、薩川監督が選手達に何か話していたようで、ベンチの前で5分くらい円陣ができていたが、悪かったところはその場でしっかりと指摘して、早めの修正でチーム力を高めていって欲しいものだ。

さぁ、次は3週間後の決勝戦、スーパーシードでここまでの試合を免除された松本山雅FCが、彼らのホーム・アルウィンで手ぐすね引いて待っている。

今年初となる松本との公式戦でのガチンコ勝負。
毎年彼らには煮え湯を飲まされ続けていただけに、今度こそは緑の大きな壁を打ち破って天皇杯の出場権をゲットしたいものだ。

その松本は、我々より一足お先にJFLに昇格したものの、なかなか波に乗れず中程の順位で苦しんでいるようだが、そんな結果だけを見て「今年のウチなら大丈夫!」とタカをくくっている人はいないだろうか?

いやいや、そんな甘い気持ちで臨んだら、確実に彼らの返り討ちにあってしまうだろう。

今現在、松本が通っているイバラ道は、順調に行けば来年にはウチも間違いなく通らなくてはならない、JFLの厳しい道程である。
そんな厳しい戦場で苦しんでいる彼らを端から見て笑っているのは、天にツバする愚かな行為。
どんなに逆立ちしても、ウチは松本より下位のリーグにいるという事実は動かしようが無いんだから、ここは“格上”の松本に敬意を払い、相手の胸を借りるような謙虚な気持ちで試合に臨むべきであろう。

しかし逆に言えば、下位カテゴリーのウチには、去年までと違って守るべきものも失うものも何も無い。
選手もサポも気後れする事なく、「絶対に勝ちたい」という気持ちは相手より強く持って、『当たって砕けろ!!』の精神で思いっきり戦って、絶対にタイトルを奪還して欲しいと思う。
HFL2010第13節 vsグランセナ新潟FC
本日行われたHFL第13節の結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 9(6-0・3-0)0 グランセナ新潟FC

・・・・いや~、このパターンの書き出しでブログを始めるのは本当に久し振り。

パルセイロの試合観戦は6月20日の第9節・テイヘンズFC戦(ホーム)以来、ゴール裏参戦は5月30日の第7節・JSC戦(アウェイ)以来、そして南長野のゴール裏に至っては、実に4月24日の第3節・上田ジェンシャン戦以来となった。

久し振りに南長野に来てみると、ホームのゴール裏入口が別にできていて入場に戸惑ってしまったり、試合前恒例のミッキーズとレオパーズのチアリーディングの時はスタンドの観客と一緒になって掛け声をかけるアトラクションが加わっていたり・・・と変わっているところが色々あって、何だか初めて行くスタジアムのような変な気分だった。

また、長い間ゴール裏を離れていた事で不安になっていた事が的中し、試合前の声出しの時からノドが詰まってしまって全く声が出てこない。
オフシーズンが明けて開幕一発目の声出しの時の方が間隔は開いているはずなのだが、そういう時は結構スンナリ声が出せるのに、試合前からまるで終盤の時のようにノドが痛みゲホゲホと咳き込んでしまうという経験は初めての事で、そんな自分にちょっと驚いてしまった。

さて、そんな感じで始まった試合は、20分頃までは相手の堅い守りを崩せず攻めあぐねていたが、前半21分に#5大橋が先制ゴールをあげると、その3分後に#9大典、その2分後に#7土橋、その1分後に大橋の2点目、その4分後に#14高野、その2分後に#11要田と、まさに“確変大当たり!”な怒涛のゴールラッシュで、前半終了時点で6-0と余裕の展開。

後半も、始まって早々に要田が2点目をあげて盛り上がったが、そこからはゴール前でボールをこねくり回すウチの悪いクセが出てなかなか得点できず。
ゴール前絶好の位置でボールをもらった大橋がコントロールを少しだけミスしてシュートを打たずパスを出した時などは、ゴール裏から大ブーイングが起こった。

しかし、後半36分に途中から入った#13藤田がようやく8点目をあげると、40分にも藤田が2点目を決め、結局2ケタ得点まであと一歩の9点でお開きに。

そして、現在2位のJSCはサウルコス福井戦で6-0と勝利したものの、最終節を前にして勝ち点3差は変わらず、得失点差も更に3点の差をつけて、JSCの38に対してウチは64と、その差は26点まで開いた。

26点といえば、アメフトで例えれば3タッチダウン・2フィールドゴールしなければ逆転されない訳で、最終節でウチの陣地のゴールラインにサッカーのゴールではなくアメフトのエンドゾーンとゴールポストが置かれ、相手にペイトン・マニング級の名QBでも出現しない限り、たとえ負けても順位が入れ替わる心配はない。(←って、完全に競技変わってるし・・・)

そんな訳で、いささか勇み足ではあるけれど、もうここで叫んでしまってもバチは当たらないでしょう。

祝!AC長野パルセイロ

北信越フットボールリーグ優勝(事実上)決定!!!

まだ試合が残っているのでリーグの締めの記事を書くのは控えるが、とにもかくにも昇格に向けての“第一関門”を無事に突破できて何より。

あとは1ヵ月半後、ホームの南長野で、たくさんのサポの前で“負けて優勝決定”なんて事になったら末代までの恥となってしまうので、勝って優勝の喜びをサポと分かち合うべく気持ちを引き締めて全力で戦い抜き、おそらくパルセイロにとって最後のHFLの試合となるであろう最終節を『有終の美』で飾って欲しい。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.