ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201102
countdown
軽井沢国際カーリング選手権2011
1月怒涛の3週連続スポーツ観戦のトリを務めるは、毎年恒例の軽井沢国際カーリング選手権大会。

長野オリンピック翌年の1999年から始まったこの大会も、早いもので今年で13回目。
オリンピック基金も終了して長野で行われるウインタースポーツの大きな大会が激減している中、今でも脈々と受け継がれている貴重な国際大会は、他の競技会が軒並み観客動員数を落としている中、会場のスカップ軽井沢の小さな観客席は立見客までギッシリの大入り満員で、軽井沢の地にカーリングが文化としてしっかり根付いた事を実感すると共に、去年のバンクーバー五輪でがっつりテレビ中継されてカーリングの面白さに目覚めたファンも多く来場していると思われ、長野五輪のプレ大会でこの競技を初めて見て以来ドップリと魅力にハマっている自分としても、この盛況ぶりは嬉しい限りだ。

さて、男女各6ヶ国に日本の招待枠と長野県選抜を含めた計8チームで争うこの大会は、水曜日から土曜日まで総当りの予選リーグを行い、最終日の今日は午前中に1位vs4位・2位vs3位の組み合わせでの準決勝、その結果を受けて午後に決勝と3位決定戦を戦った。

そして気になる日本代表だが、まず女子は、地元・軽井沢に本拠を置き、昨年の全日本選手権では3位に入った新興勢力・中部電力チームが予選3位で決勝トーナメントに出場。
s-写真00041

午前の準決勝はアメリカと対戦し、延長戦までもつれ込んだものの、有利な後攻での11エンドをしっかりモノにして見事決勝に進出!
そして決勝戦では、強豪のカナダ相手に奮闘したものの、最終10エンド途中ギブアップの4-8で残念ながら敗れ、それでも堂々の準優勝に輝いた。

今回、女子は世界選手権3位のカナダとバンクーバー五輪3位の中国の実力派チーム同士が準決勝で顔を合わせ、一方の日本は国際大会の経験がほとんど無いアメリカのチームと戦うという、対戦相手に恵まれた面もあったが、それでもこの成績は立派である。
また、準決勝では前半は防戦一方だったものの第8エンドに3点取って逆転し、続く第9エンドには不利な先攻から得点する『ブレイク』を決めるなど、粘り強くしたたかな面も見えたし、決勝戦では明らかに格上のチームに対して、劣勢でも確実に1点を取りに行かず2点以上を狙う攻めの姿勢で最後まで全力で戦い、見ていてとても清々しい気持ちにさせてくれた。

北海道北見市出身で単身軽井沢で暮らしているスキップの藤澤五月選手は、まだ高校を卒業したばかりの19歳だし、軽井沢出身の他のメンバーも20~21歳と非常に若く、これまで日本を引っ張ってきたチーム青森の最強メンバーが解散・再編されて“本命不在”となった日本女子の中にあって、中部電力チームもこれから多くの経験を積んで実力を上げていけば、3年後のソチ五輪の日本代表だって決して夢ではないだろう。

皆さんも、まだあどけない彼女達のこの顔、覚えておいてソンは無いですよ。
2年後の五輪予選の時には、必ずやテレビのニュースを賑わせてくれると思います。
s-写真00118

そして男子は、去年のパシフィック選手権にも出場した日本有数の強豪チーム、昨年の日本選手権2位のSC軽井沢クラブが参戦。
s-写真00048

予選リーグこそ4位だったが、準決勝では予選1位の韓国相手に終始主導権を握る落ち着いた展開。
5・6エンド連続ブレイクで相手を突き放し、3点差で迎えた第9エンドに相手に1点取らせるところを2点取られて1点差まで追い上げられてしまう“計算ミス”はあったものの、有利な後攻の最終エンドは余裕のオープンエンド(両者無得点)で難なく逃げ切り決勝進出。
そして迎えた決勝戦でも、アメリカ相手に3エンドと6エンドに3点ずつ取って試合を優位に進め、8エンドにトドメの2点を入れて相手がギブアップし、8-3と大差を付けて見事に優勝!!

今回の男子は、カナダやアメリカら“強豪国”と呼ばれる国の代表にあまり実績の無いチームが来ており、全体的にレベルが低かった印象だったが、それを差し引いたとしても日本の戦いぶりは貫禄に満ちており、また終始冷静沈着だったスキップの両角友佑選手を中心に随所にナイスショットを見せて会場を沸かせ、本当に“文句ナシ!!”の優勝だった。

この大会での日本の優勝は、第2回大会で長野五輪でスキップを務めた敦賀信人氏率いるチームが獲って以来11年ぶり2回目だが、自分にとっては日本の優勝を目の当たりにしたのは初めて。
表彰式では、昨日のカタールに引き続き軽井沢でも『君が代』が流たが、この大会観戦のため早起きしなければならなかったのでアジアカップのテレビ観戦をスルーしてしまった身としては、この君が代はカタールでかかったものと同じくらいの価値で心に染み渡った。

また、この表彰式では地元のチビッ子カーラーが優勝チームに花束を渡すセレモニーがあったが、プレゼンターの小学生達は普段SC軽井沢クラブの面々からカーリングを教わっており、子供達の目には普段教えてもらっているお兄ちゃん達の晴れ姿がまぶしく見えた事だろうし、こういった経験で軽井沢のカーリング文化が更に成熟していくのだろう。
s-写真00171

大いなる可能性を感じさせてくれる女子の中部電力チームといい、国内屈指の強豪チームであるSC軽井沢クラブといい、来るべきソチ五輪の代表に選ばれるよう、これからますます頑張ってほしいし、長野五輪に端を発しじわじわと広がっている軽井沢のカーリング熱も、アジア唯一の定期的国際大会であるこの大会と共に、ここに写っている子供達に受け継がれていつまでも続いてほしいと願っている。
スポンサーサイト
アイスホッケーアジアリーグ10-11 日韓集結シリーズ
先週に引き続いてのアイスホッケーアジアリーグ観戦は、東京・東伏見のダイドードリンコ・アイスアリーナで行われた、日本の日光アイスバックスと東北フリーブレイズ、韓国のアニャン・ハルラとHgih―1の4チームが集い、日韓対決2試合を行う、題して『日韓・東京集結シリーズ』。
国際リーグであるアジアリーグならではのカードが見られる、とても興味深いシリーズだ。

まずは2日間の試合結果から。
【土曜日】
 東北 2-5 Hgih-1
 日光 1-3 ハルラ
【日曜日】
 東北 4-5 ハルラ
 日光 2-4 Hgih-1

今日のブログは事情により携帯からのアップで、あまり長い文章が書けないので、細かい試合内容のレポは思い切ってバサッと省略し、今回の遠征で日光アイスバックスの試合と同じくらい楽しみにしていた、長野出身のアジアリーガー2選手に絞って書いてみたい。

まずはHgih-1のFW#18上野拓紀選手。

上野選手は長野カップで代表チームでのプレーは見ているが、アジアリーグで所属チームの中でのプレーを見るのは今回が初めてだったので、その活躍ぶりを見るのを楽しみにしていた。

で、実際どうだったかというと、いや~、本当にスゴかった!!

スピード、状況判断、思い切りの良さと、どれを取っても長野カップで見た時の印象そのまま・・・いや、代表に比べてレベルの低い選手もいるリーグの中では、その時以上に圧倒的な存在感を持って輝いており、特に土曜日の試合では2ゴール3アシストと全ての得点に絡む“大爆発”!!

また日曜日も1ゴール1アシストで、オマケにペナルティも何度もやらかす“八面六臂”の活躍(?)ぶり。

日曜日には上野選手が氷に乗る度にバックスサポからヤジの集中砲火を受けたが、これも敵サポから一流選手と認められた何よりの証しである。

王子や日本製紙などの最近の選手の状況についてはあまり詳しくないし、自分の贔屓目も多分にあるが、上野選手は今や日本の若手FWの中では1・2を争う実力を持つ選手に成長しているといっても過言ではないと思う。

あ~あ、こんな若くて生きのいい選手が日光にいてくれたらな~・・・

そして、もう一人の長野市出身である東北のGK#33酒井大輔選手も、土曜日はベンチでドアマン(選手交代時にフェンスのドアを開け閉めする係)に徹していたが、日曜日は橋本三千雄選手という“絶対的守護神”を差し置いて嬉しい先発出場!

試合は、大接戦の末オーバータイムに決勝点を入れられ5失点で敗れてしまったが、この日の東北はペナルティが多く、3人対5人と2人少ない状態のキルプレーが3回もあったので、この結果も致し方ないところがある。

それよりも、体を張った気迫溢れるナイスセーブも何度もあって、パフォーマンス自体は決して悪くなかったし、既にベテランの域にある橋本選手が将来リタイアした暁には、きっと東北の新守護神として活躍してくれるだろうと大いに期待している。

そんな訳で、日光の勝ち試合は残念ながら見られなかったけど、個人的には今シーズン最後のアイスホッケー観戦を十分に堪能させてもらった。

地元・長野市出身のアジアリーガー第1号である上野・酒井両選手に関しては、個人的にこれからもずっと注目し応援していきたいし、長野から彼らに続く選手がどんどん出てきてほしいと願っている。
s-CA3G0017.jpg
s-写真00096

【追記】
今回と2月に行われる東伏見での集結シリーズは、第1試合開始が15時、第2試合開始が18時半と非常に遅い時間設定だったが、何か真っ当な理由でもあるのだろうか?
今回、自分は明日東京に出る用事があったので、それにかこつけてラッキーにも土・日“フル参戦”できたが、そうでなければ日曜の第2試合終了後その日のうちに長野まで帰れないので、遠征自体を断念しなければならないところだった。
また自分だけでなく、栃木や東北などの地元ファンや、集結戦を楽しみにしていた関東近辺のファンにとっても非常に帰りづらい時間だし、選手達にとっても本拠地に帰る時間が遅くなって負担が増えるし、誰にとっても何のメリットも無い、最低最悪の時間設定だと思う。
アジアリーグ事務局は何を考えてこんな日程にしたのか分からないが、ファンを無視したこのような日程作りは金輪際やめてほしいと、声を大にして言いたい。
アイスホッケーアジアリーグ10-11 HC日光アイスバックスvs東北フリーブレイズ
今年の“スポーツ観戦初め”は、アイスホッケーアジアリーグの日光遠征2連戦。

アジアリーグ自体の今シーズンは去年の9月から始まっており、自分も何度か日光遠征のタイミングを計っていたが、パルセイロが男女とも9月になってから県外遠征が続き、日程的にも経済的にもホッケーにまで手が回らず、レギュラーリーグも終盤のホーム最終シリーズになってようやく、自分にとっての“冬の聖地”巡礼が実現した。

ちなみに、1月は今回の日光遠征の他、来週末も東京・東伏見でのアジアリーグ観戦を計画しており、更に翌週末の30日には軽井沢で毎年恒例のカーリング国際大会があり、久々に3週連続のスポーツ観戦三昧となる予定♪
やっぱりスケジュールの土・日の欄にこういった予定があると、それだけで気持ちも充実してくるし、平日の仕事にも張り合いが出てきますな。
後は、風邪でもひいて計画がパーにならないように気をつけないと・・・

さて、自分にとっては昨シーズン(09-10シーズン)のホーム開幕戦以来、ほとんど2シーズン振りの日光だったのだが、まずは試合前のオープニングセレモニーにド肝を抜かれた。

バックスは今シーズンから、“あの”吉本興業がクラブ運営諸々のマネジメントを引き受けているのだが、インドア競技の特性を生かし、リンク隅に特設された大型プロジェクタースクリーンの映像やレーザー等の照明効果を駆使して、本場NHLも真っ青のド派手な演出でオールメンバーを紹介し選手入場を盛り上げた。
s-写真00008

聞くところによると、日光では今シーズンから毎試合このようなセレモニーを行っているそうだが、さすがは日本一のエンタメ企業である吉本興業と唸らされる素晴らしいショーアップに、思わず鳥肌が立つほどの感動と興奮があった。

そして肝心の試合の方だが、今回のゲーム前の時点では、レギュラーリーグの残りが6試合で、5位の日光と4位の東北の勝ち点は15開いており、バックス4位浮上&プレーオフ進出のためには1つの負けも許されない状況の中での直接対決だったが、土曜日は4-5、日曜日は1-4とあえなく2連敗を喫し、残念ながら「今シーズンこそは」と期待していたプレーオフ進出の夢は脆くも潰えてしまった。

ただ、スピードと迫力満点のプレーはさすがはアジアのトップリーグだけの事はあり、アイスホッケー渇望性の自分としては、その醍醐味は十分に楽しむ事ができた。
s-写真00103

バックスは、昨季は廃部になった西武から日本代表キャプテンも務める鈴木貴人を始めとする6人の選手を補強し、更に今季は日本人初のNHLプレーヤーとなった福藤豊選手を獲得するなど、チーム強化のために積極的に動いているのだが、この2連戦でも守備のミスからのもったいない失点が多かったり、パワープレーの得点率も相変わらず低いままだし、これまでに染み付いた悪いクセがなかなか改善されないままである。

逆に東北の方は、同じく西武から移籍した選手や外国人選手を中心に、アグレッシブにゴールを狙う攻撃的スタイルで、レフリーの判定に対する抗議が多いなど今は亡き“ウサ公チーム”の悪いところを受け継いでしまったところが少々あるものの、その勝利に対する貪欲で積極的な姿勢は、リーグ参入2年目にしてプレーオフ進出を果たすまでの躍進も頷けるだけのものがあると感じた。
s-写真00185

でも、バックスも全くダメダメな訳ではなく、前回の観戦から長期間をおいている自分の目には、前回に比べれば少しずつではあるが確実にいい方向に向かっているように見えるし、何か一つのきっかけで状況がガラッと好転するような予感もある。

アイスホッケーは試合中短い周期で選手がグルグル入れ替わるだけに、いい選手が一人や二人加入しただけではチームがすぐに強くなるものではない。
バックスに関しても、今は“負け犬根性”が染み付いたチームが“闘う集団”として本当に強くなる過渡期にあるのだろう。
鈴木や福藤といった一流選手が元気でいる間に、生え抜きや若手など他の選手達が、彼らのスキルやトレーニング法や試合に臨む心構えを積極的に吸収して、本当に強いチームに生まれ変わってほしいと願っている。

それから今日の試合後に、旧西武鉄道からバックスに移籍してからの7シーズンの間、誰よりもチームを愛し、プレーだけでなくファンサービスから営業活動まであらゆる面からクラブを支え引っ張ってきた功労者、“ヒデジ”こと#16土田英二選手の現役引退セレモニーがあった。

“早稲田三羽ガラス”ともてはやされた大学時代から常に主力選手として活躍し、西武時代は日本代表にも度々選ばれるなど“ホッケーエリート”の道を歩んできた土田選手だったが、西武鉄道がコクドと合併し、押し出される形でバックスに移籍しても、前の所属先とは180度違う恵まれない環境にも決してクサる事なく、前記の通りまるで生え抜きのようにクラブを愛し、まさに骨身を削って頑張ってきてくれた。

セレモニーの挨拶の最後に、「これからは、ファンの皆さんと一緒にスタンドでバックスを応援しながら歳をとっていきたいと思います。」というヒデジらしい実直なコメントを聞いて、自分も思わずグッと込み上げてくるものがあり、試合は2連敗だったけど、最後に本当にいいものを見させてもらい、日光まで来て良かったとしみじみ思った。

土田選手の引退の理由は「自分が思うようなプレーが出来なくなったから」と言うが、昨日・今日のプレーを見ていると、まだまだ全然やれるように思え、引退なんてもったいないと感じたが、こればかりは本人にしか分からない事なのだろう。
ともかく今は、15シーズンに及ぶ長きに渡る選手生活、本当にお疲れ様でした・・・と心から言いたい。

とはいえ、リーグ自体はあと4試合も残っているし、来月は地元・日光で全日本選手権も行われるので、土田選手には最後の最後まで全力プレーで完全燃焼してほしいし、リーグ戦は既に消化試合になってしまったけど、地元での全日本制覇を達成し土田選手への花道を飾るためにも、チームが一丸となって、『Hard Work,Everydy』という今年のスローガンに恥じないよう、最後の最後まで全力で走り抜けてほしいと願っている。
s-写真00204
s-写真00094
あけましてJFL!!
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

今年も自分の正月三が日は“寝正月”で、ほとんど外に出ずTV三昧。
その中でも、やっぱり正月と言えば箱根駅伝ですよね~。

特に復路のお楽しみ、7区二宮定点の『ど』と『で』の“どんでん返し”看板!
去年までは国道1号線“おにぎり”看板の『1』の字にかかるような青地に白抜き文字だったのが、林立する大学のノボリ旗に隠されてほどんど見えず惨敗だった対策を立て、今年は黄色と黒の“警告標識”風(スリップ注意とか落石注意とかのアレ)にモデルチェンジし、バッチリ目立って見事に去年のリベンジを果たした。
しかも、油断してたら8区遊行寺坂の定点にも出没し、その神出鬼没ぶりは間違いなく今年のMVPです!

・・・え、レースですか?
え~と・・・・優勝したのドコだったっけ???(←コラーッ!@都の西北)

と、そんなしょーもないネタ話はともかく、今日は今年の“出かけ初め”という事で、去年の厄払いでいただいたお札をお返しがてら、電車で上田の北向観音に初詣に行き、別所線の小さな旅など楽しんだ後、その足で善光寺前の八幡屋礒五郎本店へ向かい、待望の2011年限定イヤーモデル、オレンジ色の“AC長野パルセイロ缶”をゲット!!
s-写真00015

お世辞ではなく自分の長野土産イチオシ商品である、あの伝統と風格ある礒五郎の七味缶に、このようなパルセイロ・バージョンの缶がお目見えするとは感慨無量。
しかも、善光寺参道入口の超一等地に立つ店の前には、パルセイロ缶を宣伝するデカい看板がドーンと出ており、更に感激!!
s-写真00013

この店はガイドブックにも出ている老舗で、県内外の観光客が一度は立ち寄る有名店だけに、パルセイロの宣伝効果は絶大だ。

この八幡屋礒五郎さんは、エルザ時代からずっとクラブを支援していただいているし、それだけでなくアイスホッケーやスピードスケートなどのウインタースポーツも長年サポートしていただき、本当にありがたい限りです。

この記事を読んでいる県外の皆様、長野にお越しの際は是非ともお土産に八幡屋礒五郎の七味唐辛子をどうぞ。
本店に行けば、もしかしたら貴重なパルセイロ缶をゲットできるかもしれませんよ。(限定品だけに、購入はお早めに)

そして、長野駅から中央通りを歩いていると、駅前にパルセイロのフラッグを出しているカフェがあったり、店頭にユニホームを飾っている店がちらほら見られたりと、JFL昇格を機に、それまでの篠ノ井地区だけでなく中心市街地でもパルセイロを応援する機運が少しずつ高まってきたようだ。
s-CA3G0015_20110104175653.jpg

上の写真は、中央通りのコンビニ店頭に飾られたユニホーム。
その横には、「私達はパルセイロを応援します」と書かれたキリンビールのポスターもあり、これを見てしまうと、自分はビールはサッポロ派だったけど、キリンに乗り換えなくちゃダメかな・・・なんて思ってしまう。(サッポロさんもよろしくお願いします!)

まぁ、まだまだJリーグクラブのホームタウンのように目抜き通りにクラブのバナーが連なるような光景には程遠いが、シーズンが始まってパルセイロの魅力やサッカーの面白さが多くの人に知られるようになれば、自然と旗やポスターの数も増えていくだろうし、来年の今頃、中央通りがどんな風景になっているか、今から非常に楽しみだ。

そんな訳で、記念すべきJFL参入1stイヤーが遂に始まりました。
歴戦の強敵が揃う上位リーグだけに一筋縄ではいかないだろうけど、とりあえず今年は勝っても負けてもJFLの雰囲気とレベルの高いサッカーを思いっきり楽しみましょう!

今年も一年、どうぞよろしくお願いします。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.