ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201202<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
countdown
bjリーグ2011-2012 vs高松ファイブアローズ@長野(1)
今週末はパルセイロの試合はお休みだが、その代わり東和田の長野運動公園総合体育館でbjリーグの試合がある。

長野市での数少ないbj開催日が半期に一度しか無いJFLの休息日と重なるとは何というラッキーな巡り合わせ。
おかげで土・日の2試合とも他所を気にせずウォリアーズのブーストに集中できる。

そのウォリアーズだが、チームのポイントゲッターであり大黒柱の#5デレク・ライヴィオが前々節の秋田戦、前節の仙台戦とアウェイ4試合を故障で連続欠場し、その影響をモロに受けて4連敗と非常に厳しい状況。

ウォリアーズは若い選手が多いので勢いが付けば素晴らしい力を発揮するが、こういった苦境に立たされた時にチームを引っ張り事態を打開できるようなベテランがおらず、信毎の記事や選手・コーチのブログを読んでも、何とかしようと色々と工夫し頑張って相手に食らい付いてはいるものの、最後は秋田や仙台という実力あるチームに振り切られ、結果が伴わずもがき苦しんでいる様が手に取るように感じられ、読んでいても痛々しく感じられる。

ただ、今節はそのデレクが故障が癒えて戦列に復帰してきたし、久々のホームゲームで大勢のブースターの声援を受けて戦える。
それに今節の相手は、強豪揃いのウエスタンカンファレンスにあって未だ2勝しかできずダントツ最下位の高松ファイブアローズという事で、向こう様には大変失礼ながら連敗脱出の大きなチャンスだ。

果たして長く苦しいトンネルを抜け出る事はできたのか、その結果は以下の通り。

信州ブレイブウォリアーズ 94(18-20・16-20・27-22・33-24)86 高松ファイブアローズ
s-RIMG0143.jpg

前半1~2Qは高松が優位に試合を進める。
高松はこれまで見てきた他のチームのように爆発力のある目立った選手はいないものの、インからもアウトからも確実に得点を重ねていく。

その一方でウォリアーズは、インから斬れ込んでいくでもなく、アウトから果敢に3Pを狙うでもなく、何か中途半端で攻め方を迷っているような感じがしたし、またウチがダンクを決めればすぐに相手にダンクをやり返され、ウチが3Pで追い上げればすかさず3Pをお返しされるなど、掴みかけた流れをすぐに相手に持っていかれ、じわじわと点差を離されていく。

とにかく追えども追えども点差が縮まらず、また焦ってフィールドゴールの成功率が悪かったりターンオーバーなどのミスも目立ち、見ているコチラも何とももどかしい気持ちのままハーフタイムとなったが、内容の割には点差もそれほど離されていないし、選手達の気持ちも切れていないので、流れさえ掴めば何とかなる・・・と祈りながら後半戦へ。

そして3Q、序盤は相変わらず高松の流れだったが、この頃から勝利を願うブースターの声援がグンと大きくなり、守備時の「ディーフェンス!」コールや攻撃時の「ウォリアーズ!」コールの声が揃い出して選手を後押しする。

そしてその声につられるように、前半はあまり目立たなかった#5デレクが、試合勘が戻ってきたかこのクォーターからインにアウトにボールを操り存在感を現し出し、それに翻弄されたか高松の足が徐々に止まりだして、#1呉屋や#24リー・ロバーツのシュートでグングンと追い上げていき、3Q終了間際の呉屋のロングシュートで遂に61-62と1点差まで追い上げる。

この呉屋のブザービーターで流れは完全にウォリアーズに傾き、4Qは取りつ取られつのシーソーゲームが続いたものの、6分の#32エドワード・モリスのド派手なダンクで遂に逆転!
その後はリーやエドの得点でリードを広げていき、残り1分少々からは高松のファールゲームで得たフリースローをデレクが確実に沈め、終わってみれば今季チーム最多得点となる94点を取っての勝利!!

この試合、勝因としては大黒柱・デレクの復帰やゲームMVPを獲ったベテラン・呉屋の活躍などが挙げられるが、一番はスタンドのブースターの熱い声援だろう。
この1ヶ月間ホームでの試合が無く、またチームも4連敗と苦しんでいた中、ウォリアーズの勝利を渇望していたブースターの一体となった応援が、確実に選手を強く強く後押ししたと思う。

そして選手達も、そんなブースターに無様な試合は見せられないと、なかなか点差を縮められない中でも決して集中力を切らさず、最後まで走り抜き執念で勝利をモノにした。

試合内容としては少々不器用で不恰好な勝ち方だったが、こうしてチームとスタンドが一体となって劣勢を挽回して勝利を掴み取り、長いトンネルを抜け出せた事に大きな価値がある。
明日もこの調子で連勝し、ブースターと勝利の喜びを分かち合える事を願っている。

【 追記 】
冒頭に載せた、青木HCを中心にした選手達の集合写真は、abnで木曜日18:55からのウォリアーズ応援番組『Go!Go!ウォリアーズ』のオープニングカット撮影の場面です。
オープニングセレモニーの前に、大勢の観客が見守る中で公開撮影がありました。
おそらく今週の放送から、この写真とほとんど同じ画がオープニングで使われるハズです。
SBCの『週刊パルセイロ』と放送時間が完全に被ってしまうけど、コチラは是非とも録画でもしてチェックしてみてください。
スポンサーサイト
JFL2012第3節 vsソニー仙台 FC
霧降での激闘から一夜が明け、バックスの記事が堂々一面に載っている地元紙・下野新聞を買って朝7時発の新幹線で快晴の宇都宮を発ち、大宮~上田~篠ノ井と乗り継いで、数年前の運行開始以来初めて利用するシャトルバスの始発に揺られて今シーズン初めての南長野へ無事帰還。

このような“綱渡り”は体力的にもフトコロ的にも少々キツいが、精神的には非常に充実しており、パルセイロとバックスという最高に素晴らしい2つのクラブと出会い応援を続けられる自分は、我ながら本当に幸せ者だと実感する。

長野に帰る道中は、早春の陽光の中、昨日の事を思い出しながらポーッと車窓を眺めていたが、篠ノ井駅に降りた時の信州らしいキリッと引き締まった冷気に、気持ちは完全にリセットされた。

さて、今節パルセイロが迎え撃つは、去年の震災から立ち直り南長野初見参となるソニー仙台FC。
長年“東北の雄”としてJFL上位に君臨してきた“ソニ仙”も、震災の影響で後期から参戦した去年は練習もままならず最下位に終わり、今年もここまで2連敗と苦しいスタートだが、元々自力のあるチームだけに油断は禁物。
シャトルバスの行き先表示に書いてあった通り、ホーム・南長野で『3連勝ダぁ!』で「首位固めダぁ!!」といきたいところだったが、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(0-1・1-0)1 ソニー仙台FC
s-写真00006

前半風上に立ったソニー仙台は、堅実な守備と鋭いカウンターでリズムを掴み、ウチが劣勢に立たされる場面もしばしば見られる。
ここまで結果は伴っていないが、さすがは“門番”と謳われた強豪企業チームだけあり、派手さは無いものの堅実なプレーだし、攻撃時のスピードもなかなか速い。

一方のウチも攻め込む場面は見られたが、パスがうまく繋がらなかったりターンオーバーされたりでどうもピリッとせず、あまりチャンスが作れない。

そんなこんなで今日の気温のように少々お寒い内容のまま試合は進み、前半41分、ウチのクリアーミスからピンチを迎え守備がバタバタし出し、ルーズボールを何とかクリアーしようとしたところバウンドが悪く手に当り、ハンドを取られていい位置で相手に与えたフリーキックを直接決められ先制を許す。

そしてホームでの敗戦だけは何とか避けたい後半、開始時から前節の勝利の立役者#20野澤を投入すると、ようやく人もボールも回りだし、後半11分、前半のソニーの得点と同じような位置で貰ったフリーキックからゴール前で混戦となり、最後は#22小川が押し込んで同点に。
s-写真00045

これで勢いに乗り逆転といきたかったが、いいところまでは行くものの最後の詰めがうまくいかず、後半30分には#17松尾に替えてスピードのある#8田中恵太を入れ打開を図るもソニーの堅い守備に阻まれ、結局そのままタイムアップ。
開幕3連勝とはならず、順位も4位に落とした。

この試合を見ての自分の率直な感想は、「まぁ、こんなモンじゃないかな?」といったところ。

確かにホームで勝てなかったのは悔しいが、元々ウチはこのような堅実なサッカーをする企業チームを苦手としているし、今日に限っては相手のシュートの精度の悪さに助けられた部分もあり、むしろ「負けなくてよかった・・・」という思いの方が強い。

また攻守共に連携がイマイチでもどかしい部分もあったが、まだまだシーズンも始まったばかりだし、新加入選手が多い中でウチの持ち味であるパスサッカーを完成させていくにはもう少し時間がかかるだろう。
それに守備でも、前節でも書いたが最終ラインを統率する#2籾谷や#3大島を欠いている状態では、去年の中盤以降に見せたような安定した守備力を発揮するのは難しいと思う。

考えてみれば、去年は震災の影響で開幕が1ヶ月以上遅れたので、その間の練習でチームとしてある程度固まった状態でリーグ戦に入る事ができたが、今年はその“準備期間”がなくなった訳だし、これだけモタつくのも無理はないだろう。

3試合連続スタメンで活躍を期待されている守備の#4川邊や攻撃の#17松尾も、時折戸惑ったような動きを見せるなどまだチームに完全にフィットしていないところもあるが、それもあともう少しで改善されるものと期待している。
特に松尾は、今日は前節にも増して得点を予感させるようなプレーが多く、途中交代させるのがもったいないくらいだった。
s-写真00061

個人的には、今日のような結果は想定の範囲内。
これからも、相手はウチの戦術を徹底的に研究して、去年のようにウチの思い通りにはさせてくれないだろう。
今日の試合に関しては、そんな苦しい中でフリーキックというワンチャンスを確実にモノにして同点に追いついたところに、去年からの成長を感じて「今年も何とか上位でやっていけるんじゃないか」という手応えを感じた。

ウチは来週は試合が無いが、再来週は今日のソニーと同じく堅実なサッカーをしてくる横河武蔵野FCをホームに迎えての一戦となる。
去年のホームでの試合は負けているだけに、今日の試合で出てきた課題や問題をしっかりと修正し、去年のリベンジも兼ねてスカッと快勝して、日々の成長の証を地元・長野のサポにしっかりと見せてほしい。
s-写真00085
アイスホッケーアジアリーグ2011-2012 プレーオフファイナル第4戦
アイスホッケーアジアリーグのプレーオフファイナル・・・
このシリーズは、万年6位の日光アイスバックスを応援している自分にはおよそ縁の無いものと思っていた。
毎年この時期、東伏見や苫小牧や釧路やアニャンで行なわれた試合結果を見て、「おー、今季は○○が優勝したか」と淡々と確認するだけのものだった。

それが今季は、レギュラーリーグ3位でプレーオフ進出を果たしたバックスがセミファイナルでアニャンハルラとの激闘の末にファイナル進出を果たしたばかりか、そのファイナルの苫小牧ラウンドで1勝2敗とし、聖地・日光霧降アイスアリーナで史上初のファイナルラウンドが開催されようとは・・・

そして今日、セミファイナルから2週間後、自身今季4度目の日光遠征。
ここまでかれこれ15年も日光通いを続けており、東照宮にも宇都宮餃子にもレモン牛乳にも全く反応しなくなったし、霧降アリーナも南長野ばりにお馴染みの光景となっているが、バックスと王子のエンブレムをあしらった『PLAYOFF FINAL』の横断幕がかかるアリーナ内はなんだかいつもと違う晴れがましさがあり、場内が暗転しオープニングセレモニーの映像が流れた時は「遂にここまでたどり着いたか・・・」と感慨深く、思わず涙がにじんできた。

しかし、そう感慨に浸ってばかりもいられない。
なにしろここまで1勝2敗で王子が優勝に王手をかけている状態であり、バックスとしてはここで負けてしまえばシーズンが終わってしまう。
悲願の初優勝に望みをつなぐためにも絶対に負けられない試合の結果は以下の通り。

栃木日光アイスバックス 3(0-1・0-1・3-0・OT0-1)4 王子イーグルス

試合は王子が1P開始早々1分に先制し、2P10分、3P6分と小刻みに追加点をあげていく。
一方のバックスは、いきなりのビハインドに何とか早い時間に追いつこうとするも、王子の組織的で堅い守備に手こずり、気ばかり焦ってパスがなかなか繋がらず、ゴールどころかシュートもほとんど打てない有様。

しかし、失点はいずれも相手を褒めるしかない完璧なゴールで、その他の時間帯もほぼ一方的に攻められてはいたものの、GK#38小野航平を中心に全選手が高い集中力をキープして守っており、つまらないミスや余計なペナルティは出していないので、「ここはホームの霧降だし、とにかく1点取れば何とかなる・・・」と祈るように戦況を見つめていた。

そして3P8分、その祈りが通じて遂に王子の固いゴールマウスをこじ開けると、その30秒後にもパワープレーゴールをあげて1点差とし、2000人を悠に超える超満員のスタンドから嵐のような声援と拍手が巻き起こる。

こうなってくると完全に形勢逆転で、2Pまでの拙攻がウソのようにバックスが猛攻を仕掛け、3P15分に満身創痍のキャプテン#18鈴木貴人が同点弾を叩き込み、スタンドの興奮はピークに達する。

その後は何とか3Pまでに決着をつけようとする王子の攻撃をしのぎ切り、勝負はサドンビクトリー方式のオーバータイムにもつれ込む。

アイスホッケーのオーバータイムは、レギュラーリーグではフィールドプレーヤーが1人少ない4人対4人の状態(この方がスペースが広くなり得点機会が増える)で5分間の延長戦を戦い、それで決着がつかなければゲームウイニングショット合戦(サッカーのPK戦に相当)となるが、プレーオフではフィールドプレーヤーも正規の5人対5人で、時間も正規の20分間を決着がつくまで何回も行うレギュレーションで、バックスも6位までが進出できた4年前のプレーオフでは、今日と同じ王子相手にアウェイで“第5ピリオド”まで戦い、見事勝利した実績がある。

今日も霧降の大声援の後押しを受け、是非ともあの時の再現を・・・と長丁場を覚悟していた矢先の6分過ぎ、王子の若きエースストライカー#21久慈がゴールを決め、この瞬間、王子イーグルスの優勝が決定した。

ゴールを示す赤いランプが点った瞬間、アリーナは一瞬静まり返り、王子の選手達の歓喜の雄叫びが響き渡ると深いため息に包まれたが、すぐにバックスの選手達を労う温かい拍手が沸き起こり、「アイスバックス!!」のコールと手拍子が何度も何度も繰り返された。

今までは、点差が離れていくごとに選手達から集中力が消え、つまらないミスやくだらないペナルティで墓穴を掘って負け続けていたのが、今日は追加点をあげられても決して気持ちが切れる事無く戦い続け、3Pに3点差を追いつく意地を見せてくれた。

確かに地元・日光での優勝の大チャンスを逃してしまったのは本当に悔しいが、今シーズンを戦い抜いた成長の証を大勢のファンの目の前で見事に披露してくれた事で、自分は優勝に勝るとも劣らない喜びと充実感を得られた。

バックスにとって、今シーズンは本当に色々と貴重な経験を得られた充実したシーズンだった。
レギュラーシーズン序盤の怒涛の6連勝に始まる快進撃やその後の失速、そしてプレーオフ出場権をかけた終盤の厳しい戦い。
こうして苦労して進出したプレーオフセミファイナルでの2連敗の後の3連勝の奇跡と、大きな実力差がある王子相手の最後まで諦めない粘り強さ・・・
これらの様々な経験は、必ずや来シーズンに生かされるだろう。

今日、ホーム・霧降で王子の胴上げシーンを見せ付けられた悔しさをしっかりと胸の奥に刻み、そしてこの激闘を堂々と戦い抜いた事を大きな自信にして、来シーズンこそは悲願の優勝を掴んでほしい。

我が愛すべき栃木日光アイスバックスの選手・スタッフの皆さん。
今までにない最高に楽しかったシーズンを過ごさせてくれて、本当に本当にありがとう。
来年のこの時期も、また霧降で試合ができるよう、そして今度は我々がアジアの頂点に立てるよう、切に願っています。

・・・という訳で、自分の今年の“ウインターシーズン”もこれで完全に終了。
まだbjリーグはレギュラーリーグが4月末まで残っているものの、とりあえず明日からはパルセイロ中心の生活にモードチェンジだ。

バックスの選手達からもらった勇気とパワー、そして霧降アリーナの持つ素晴らしい“熱”を持って、明朝の新幹線でマイホームスタジアム・南長野へ直行し、愛するパルセイロの開幕3連勝に向けて全力で応援いたします!


JFL2012第2節 vsY.S.C.C.
恥ずかしながら、自分にとって他の皆さんより1週間遅れの開幕でゴザイマス!

アウェイとはいえ、やっぱり現場に来てスタンドに腰を下ろし、パルセイロのユニを着たお馴染みの選手達の練習を見ていると、「いよいよ始まるんだな」とワクワクしてくるし、同時にこれから11月までの長いシーズンに向けて気持ちも引き締まってくるようだ。

さて、開幕戦で昇格組の藤枝に4-0と快勝して、去年同様首位発進となったパルセイロの次なる相手は、同じ昇格組のNPO横浜スポーツ&カルチャークラブ、通称Y.S.C.C.。

このクラブとは2年前の地域決勝ファイナルラウンドで対戦し、ウチと同じように細かくパスを繋ぐ攻撃的な戦術で、しかもスタンドから見ていてもビシビシ伝わってくるような気持ちの強さがあり、あの時は普段ウチがやっていたような事を相手にやられ、非常に苦戦したのが強烈な印象として残っている。

それだけに、このクラブには是非とも早く昇格してもらい、JFLの舞台で攻撃的パスサッカーチーム同士のガチンコバトルをもう一度見てみたいと願っていたので、開幕から2戦目で、しかも自分が前から行ってみたいと思っていたニッパツ三ツ沢球技場で見られるという事で、日程が発表になった時からとても楽しみにしていた。

開幕ダッシュを更に勢い付けるためにも、またJFLの1年先輩としてのプライドにかけても、内容を伴っての勝利が要求されるこの試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(1-1・1-0)1 Y.S.C.C.
s-写真00102

最初は双方様子見のような静かな立ち上がりだったが、徐々にお互いのパス回しのスピードが上がってくると、前半5分、敵陣の高い位置での相手パスミスのボールを#10宇野沢がかっさらい、GKと1対1の状態から落ち着いてゴールに流し込み、思いがけず早い時間にラッキーな先取点。

しかし、この辺りから相手のエンジンも本格的にかかり出し、2年前の対戦と同じようにウチを凌駕するようなパスとスピードで攻め込まれる場面が多くなってくる。

そして前半26分、相手の勢いに圧され守備が少々バタバタする中、鮮やかな速攻から“敵ながらアッパレ”のビューティフルゴールを決められて同点に追い付かれ、その後は両者相譲らず前半終了。

そして後半も、似たようなキャラのチーム同士、激しく攻めたり攻め込まれたりの手に汗握る展開が続いたが、そんな中、寿命が2~3年縮まるんじゃないかというようなハプニング発生。

最終ラインで#6佐田が何気なく送ったバックパスに#1諏訪がナゼか全く反応せず、ボールは諏訪の横を過ぎてコロコロとファーサイドのゴールマウスめがけて転がっていく。
これに慌てた諏訪が、パルサポの悲鳴と相手サポの歓声が渦巻く中を必死でボールと競争してギリギリのところで辛うじてボールを掻き出し、その時のボールの位置はゴールラインを割っていたかどうか微妙だったがレフリーの判定もノーゴールで、どうにかこうにか命拾いした。
・・・と、このシーンで自分はボールの行方をカメラの望遠レンズで追ってたけど、アレは遠目には完全にゴールラインを割っていたように見えたんだけど・・・

ま、まぁナンだ、レフリーの判定は絶対って事で、ココは無かった事にしてひとつ・・・(←YSサポから猛抗議必至)

と、次の日曜日の朝にハリさんから「喝っ!!」を入れられそうな“珍プレー”も飛び出したが、話を試合に戻すと、ウチは後半20分に#17松尾から#8田中恵太、その2分後に#7佐藤から#20野澤と運動量の豊富な選手を相次いで投入すると、この2人が動き回ってピッチをかき回し、次第に相手の運動量も落ちてくる。

それでもY.S.C.C.は持ち前の気持ちの強さで食い下がってきたが、遂にアディショナルタイム突入直前、コーナーキックのボールを野澤が頭で擦らしてファーサイドのゴールネットを揺らす値千金の勝ち越し弾!!
s-写真00171

そして、4分という長いアディショナルタイムも何とか凌ぎ切り、嬉しい勝利をモノにした。

それにしてもこの試合、終わった瞬間に「いや~、本当に勝ててヨカッタ・・・」と心の底から安堵するような、でも最後までドキドキ・ワクワクさせる、サッカーの魅力がギュッと詰まった最高に面白い試合だった。
s-写真00164

Y.S.C.C.のプレーをじっくり見るのはこれが2回目だが、2年前に強烈な印象を受けた攻撃的な戦い振りと思い切りの良さは相変わらずで、ウチも相手のパス回しに翻弄されたり果敢なフォアチェックでターンオーバーを喰らう場面がしばしば見られた。

ウチとしては、最後の最後にゴールして勝利という“結果”を出せた事で、辛うじてJFLの“先輩”としての意地と去年1年間JFLを経験しての“成長の証”みたいなものを示せたと思うが、試合中は2年前のあの激闘が頭の中でオーバーラップしてきてハラハラし通しだったし、前記の“幻のゴール”も含めて1-3くらいで負けていてもおかしくない試合だった。

試合終了の笛が鳴った瞬間、Y.S.C.C.の選手達は2年前と同じように膝から崩れ落ちて悔しがっていたが、手前味噌ながら去年のJFL準優勝チーム相手に一歩も引けをとらぬ戦いを演じ、なおかつ負けてあれだけ悔しさを露にするだけの闘争心があれば、去年のウチのように今年のJFLの“台風の目”になれる可能性も大いにあるし、近い将来はSAGAWA SHIGAやHonda FCらと共に“JFLの門番”として君臨する力も秘めていると感じた。

ウチがJリーグに上がるまでの数年間、攻撃的パスサッカーを具現するチーム同士がガップリ四つに組んだガチンコバトルとなるこのカードは、きっとJFL屈指の名物カードとなるだろう。
ハッキリ言って、ヘタなJリーグの試合なんかより何倍も面白いカードになると断言できる。(“ヘタなJの試合”がどのカードかは、皆様のご想像にお任せします。。。)

この素晴らしいチームとのリターンマッチは11月のシーズン最終戦。
まだシーズンは始まったばかりなのに気の早い話だが、もしかするとこの試合は、ウチの優勝が掛かった大一番になるかもしれない。
その時、JFLの荒波に揉まれ成長したY.S.C.C.を相手に、初冬の南長野でどのような死闘を繰り広げるのか、今からとても楽しみなような、少し怖いような・・・

と、今日はここまで相手チームへの賛辞ばかり書いてしまったが、自身今シーズン初見となった我等がパルセイロの印象として、やはり#2籾谷、#3大島と主力CB2名を怪我で欠いているせいか守備の連携に多少の不安があったものの、久々に戦列復帰の#22小川も新加入の#4川邊も無難にプレーしていたし、試合数を重ねていけば連携面の問題も解消していくだろう。
それにゲームメイクという点で、ベテラン#6佐田の冷静なボールジャッジは見ていて安心感があり、若い選手が多いチームの中でいぶし銀のようにシブく輝いて見えた。

一方の攻撃面でも、#5大橋・#10宇野沢・#19向の“ベストイレブン・トリオ”を中心にした小気味良いパスサッカーは今年も健在で、新加入の#17松尾も、今日も結果こそ出せなかったがゴールを予感させる“雰囲気”のようなものが感じられたし、途中出場の#8田中恵太は、その小さい体でピッチを所狭しと駆け回る姿に、無尽蔵のパワーと大いなる可能性を感じた。

また今日の試合に関しては、後半の膠着状態の場面で「ここらで相手をかき回して流れを変える選手を出しててほしい・・・」と思っていたら、恵太・ノザと立て続けにダイナモを送り込む積極采配を見せ、それが功を奏して勝利を引き寄せるなど、ベンチワークも光っており、文字通り“チーム一丸”で掴み取った価値ある勝利だと思う。
s-写真00181

とりあえず、新加入組ながら高い実力を持った2チームに連勝し、最高の船出となった今年のパルセイロ。
これからは既存チームとの対戦という事で、相手は徹底的にウチの戦術を研究し、キーマンに仕事をさせじと厳しくマークしてくる事が予想され、去年のように順風満帆とはいかず苦しい試合が多くなってくるとは思うが、ウチは元々個人技頼みではなくチームとして戦ってきているし、今年のスローガン『Run All』の言葉の下、チーム全体の力でこれらの困難に立ち向かい、優勝という大きな目標に向けて突き進んでいってほしい。
アイスホッケーアジアリーグ2011-2012 プレーオフセミファイナル第5戦
昨日は信毎朝刊やサポーターの皆様のブログを拝読しつつパルセイロの開幕戦勝利を改めて祝うと共に、日光で撮った写真を整理して日曜日の感動と興奮の余韻に浸った。

何せ昨日は、仕事中も無意識のうちに口元が緩んでニヤニヤしてしまったり、かと思えば時折じんわりと涙が滲んできたりして、それらをごまかすのに苦労した。
昨日の自分の表情に気付いた職場の人は、「アイツも前から変なヤツだったけど、とうとうイッちゃったか?」と思った事だろう。

という訳で、気持ちも幾分落ち着いた今日は、改めて日曜日の激闘を振り返ってみたいと思う。
このブログの読者の大多数を占めるであろうパルサポの皆様には別にどーでもいい記事だと思うが、ご用とお急ぎでない方はしばしお付き合いください。

ではまず、試合のランニングスコアから。

栃木日光アイスバックス 4(2-0・2-1・0-2)3 アニャンハルラ
s-写真00075

試合は立ち上がりからハルラが積極的に仕掛け、一方のバックスは前日に比べると動きが重い感じだったが、ここでいきなりアクシデント発生。
フェイスオフから3分後、守護神#44福藤が激しくラッシュしてきた相手と交錯して腰を強打し、しばらくその場にうずくまってしまったのだ。
その後ようやく立ち上がってしばらくはプレーを続けたが状態が思わしくなく、チームメイトに説得されて止む無く交代する事に。

ベンチに下がり際、悔しさのあまりフェンスにスティックを叩きつける音が、静まり返ったアリーナに響き渡る。
普段は絶えず冷静な福藤が、あんなに悔しさを表に出すのは初めて見た。

しかし、この音でバックスの選手達の目が覚めたか、試合再開後から動きが俄然良くなり、また急遽登板のセカンドゴーリー#38小野航平も、まるで福藤が乗り移ったかのようにスーパーセーブを連発。
s-写真00191

そして迎えた12分、ハルラの連続ペナルティで得た5人対3人のパワープレーチャンスに待望の先取点をあげると、その2分後、今度はバックスのペナルティによる数的不利の状況で、そのペナルティが明ける直前にカウンターから追加点をゲット!

人数が少ない中での“ショートハンドゴール”は、今まで喰らった場面は何度も見ているが、コッチが決めたのは初めて見た。

続く2Pも開始早々1分に得点すると、体調が回復した福藤が戦列に復帰し、大きな仕事をやってのけベンチに下がる小野にスタンドから割れんばかりの拍手が贈られる。

その後、7分に失点を許すも17分に取り返して再び3点差とし、最高のムードのまま最終第3Pへ。

しかしさすがはV2の王者ハルラ、簡単には勝たせてもらえない。
3Pの立ち上がりに鋭いラッシュから“秒殺”を喰らうと、11分にも決められて遂に1点差まで追い上げられる。

今までのバックスなら、ここでバタバタしてたちどころに同点→負け越しとなるところだが、今日はスタンドからの地鳴りのような応援の手拍子を背に受け、終始攻め込まれながらも必死になって守り抜き、遂にラスト10秒となったところでスタンド全体でのカウントダウン。

そしてそのコールが「ゼロ!!」となった瞬間、高々とスティックを突き上げる福藤の元に全選手が駆け寄って喜びを爆発させる。

万年6位の弱小クラブが、2連敗の後の3連勝というミラクルを起こし、バックスとしてはもちろん、前身の古河電工時代も含めて初のプレーオフファイナル進出を決めた。
s-写真00271

・・・それにしても、この記事を書いている今も、あの瞬間の事を思うと自然と涙が滲んでくる。

財政難からまともな戦力を揃えられず、自分が見に行くたびに王子や西武などの強豪にパンチドランカーの如くボコボコに叩きのめされた試合を見せつけられたり、2年前にビッグハットで行われた長野カップの時には、はるばる県外から来たサポ仲間達と共に、ロクに試合も見ずにクラブ運営資金の募金活動をしたりもした。

そんな辛い事、苦しい事を乗り越え、諦めず懲りもせず愚直に応援し続けてきたのが報われたようで、試合後は一緒に募金活動をやった面々と抱き合って喜びをわかちあった。

さぁ、次は夢にまで見た・・・とゆーか、正直夢にも思わなかった舞台、プレーオフファイナルラウンドだ。

その相手は、セミファイナルで日本製紙クレインズをスイープ(3連勝)して早々にファイナル進出を決めている王子イーグルスで、今度の土曜日から敵地・苫小牧の白鳥アリーナで5戦3勝方式のシリーズの幕を開ける。

実は今シーズンのバックスは、王子とのレギュラーリーグのアウェイ戦は3戦全勝という意外な好成績を残しているのだが、プレーオフファイナルともなれば話は別。
とにかく今シーズンの王子の強さには例年以上に高い安定感があり、一部の評論家の間では、「勝つか負けるか」ではなく「連続スイープはあるか」が話題になっているほど。

しかし、そんな王子だってカップ戦の全日本選手権では、ダントツ優勝候補だったにもかかわらず決勝でクレインズに逆転負けを喫したし、決して全く歯が立たない相手ではないと思う。

ウチにとってのモチベーションとして、もし苫小牧で1つでも勝つ事ができたら、また霧降に戻って熱烈な応援の中で戦う事ができる。
王子は過去何度も霧降アリーナで試合をしているので、スタンドの雰囲気にも慣れていると思うが、今回のプレーオフの応援の威力は通常の何倍も物凄く、きっと選手達も面食らう事だろう。

とにかくバックスの選手達は、「霧降に帰ろう!」を合言葉に、何が何でも敵地で勝って、もう一度我々本州のファンの前で試合をしてほしい。

あ、それと賢明な読者の方々は薄々感づいてると思いますが、もしファイナルが最終第5戦までもつれ込んだ場合、25日のホーム・ソニー仙台戦と重なるので、まさかの南長野2戦連続欠席となってしまいますがご了承くださいマセ。(もしそうなったら、このブログもパルサポの皆様から完全にソッポ向かれるだろうな。。。)

個人的な希望として、苫小牧を2勝1敗で日光に戻り、土曜日(23日)に勝って優勝を決めて日曜日に宇都宮から新幹線で南長野直行・・・というのが理想だが、泣いても笑ってもこのシリーズで今季が終わるし、もし霧降でのファイナル開催が決定したら、16年間待ち続けた夢の実現のため、日本アイスホッケー界の歴史が大きく動く瞬間に立ち会うため、弱小クラブが巻き起こす奇跡の物語のクライマックスを見届けるため、とことんまでバックスを追いかけていこうと思う。
s-写真00290
震災の事、開幕戦の事・・・雑感2題
今日は昨日の記事で宣言した通り、パルセイロの開幕戦ではなく、アイスホッケーアジアリーグのプレーオフセミファイナル第5戦でアイスバックスの応援のため、栃木県は日光に居残った。

で、その試合は激戦の末4-3で勝利し、クラブ史上初のファイナルに駒を進める事となった。

で、今日はこのブログを読んでくださっている中では大多数を占めるであろうパルセイロサポの皆様の白い目線を感じないフリして、この歴史的快挙となった試合のレポをガッツリ書いてやろうと思っていたのだが、なかなか記事がまとまらない。

自分はこのような県外遠征の時は、帰りの列車の中で携帯メールで記事を大体書き上げて自宅のPCに送り、帰宅してからその記事をPCで形にしてアップするのであるが、今日はバックスのファイナル進出に気持ちが昂ぶり過ぎて頭の中が真っ白になり、筆・・・というか指が全く進まない。

そんな訳で、今日の試合の模様は気持ちが落ち着いた明日か明後日にでもアップするとして、今日あった2つの大きな事、すなわち東日本大震災1周年とパルセイロの開幕戦について、雑感めいたものを書いてみたいと思う。

まずはやっぱり、今日は全ての日本国民が永久に忘れてはならない日、3.11という事で、東日本大震災から。

あれからちょうど1年。
改めて、この震災で亡くなられた方々に哀悼の意を表すと共に、未だ不自由な避難生活を送られている皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

この1年の間、政治家のくだらない足の引っ張り合いや一部の心無い“活動家”の瓦礫処理に対する過剰な反対運動などで被災地の復興は遅々として進まず、東北だけでなくこの国の行く末がとても心配になってしまうが、今後も常に震災の事を頭の隅に置いて決して風化させず、被災地の完全復興まで、いち個人として微力ながらできる限りの支援をしていきたいと思っている。

そして、アイスホッケー界にとっても、この日に日本国内でアジアリーグの試合ができるというのは、とても意義のある事なのだ。

1年前のあの日は金曜日で、翌日から始まる予定だった東北フリーブレイズとのプレーオフファイナルのために来日していたアニャンハルラの一行が、試合会場である福島県の郡山で被災してしまったのだ。

当然、その後の日程は全てキャンセルとなり、チャンピオンが決まらぬまま幕を閉じた昨季のアジアリーグ。
そして、“止まった時計”を再び進める記念すべき日に、こうして日本のリンクにハルラの選手達が立とうとは、何か強い因縁のようなものを感じる。

今日は霧降アリーナでも、試合前にバックスとハルラの全選手がリンク中央に集まり、『アイスホッケーを愛する全ての人たちへ Japan. Thank You. Ice Hocky. Thank You.』とメッセージが書かれた横断幕と共にホッケーができる喜びを伝えるセレモニーが試合前にあり、また1Pと2Pの間のインターミッション中、ちょうど地震が発生した2時45分には、選手達もドレッシングルームから出てきてベンチに整列し、会場全体で黙祷を捧げた。
s-写真00178

あの大震災を受けて、韓国からも沢山の支援があり、同じ日本国民として本当に感謝に絶えないが、何かの因縁に導かれて今日この日に霧降でセレモニーに立ち会ったハルラの選手やスタッフが何かを感じ、それを韓国に持ち帰って彼の地で伝えて再度隣国の痛みを分かち合ってほしいし、それが更なる日韓友好に発展してもらえば幸いに思う。

そして、パルセイロのJFL今シーズン開幕戦の事。

今まで仕事や体調不良などでパルセイロの試合を休んだ事はあったけど、別の試合の応援で南長野に行かなかったのは今回が初めて。
長いオフを経てようやく開幕を迎え、久し振りにマイクラブの試合が見られるという楽しみがフイになってしまったのは残念だが、でも自分は、たとえバックスが今日負けてしまっていたとしても、自分のとった行動を後悔はしていない。

でもやっぱり大事な開幕戦という事で、今日は持参してきたパルセイロのオーセンユニをジャンパーの下に着込んで霧降アリーナに乗り込んだ。
一番上にはバックスのジャージを身に付けていたけど、下にパルセイロのユニを着込んでいた事で、何だか逆に気持ちが楽になってバックスの試合に集中できたような気がした。

その注目の開幕戦は、4-0で昇格組の藤枝MYFCに快勝!
藤枝といえば元Jリーガーも多数在籍しているし、去年は群雄割拠の東海リーグを全勝で突破しただけあり、たとえ昇格組といえども油断はできないと警戒していたのだが、予想外の大差での勝利の報を目にした時は、喜びと共にホッと一安心の気持ちが強かった。

ところでその試合速報だが、自分が利用していた信毎のサイトは今年からリアルタイム速報をやらなくなり、また今季から会員登録したパルセイロモバイルでもなかなかスコアが更新されず、情報を得るのにとても苦労した。
バックスの試合が終わった後、早速信毎プレミアムを解約し、これまで315円の月額料をケチって登録してこなかったJFLオフィシャルサイトに乗り換えたのは言うまでも無い。

と、話が少しそれてしまったが、観戦した方々のブログを拝読してみると、特に後半は連携面などで課題は見られたものの、概ね動きもよかったようだし、何より大事な開幕戦を大量得点&無失点という最高の結果で滑り出す事ができて本当に良かった。

来週のアウェイ戦には、自分も横浜・三ツ沢球技場まで馳せ参じる予定。(既に行きの高速バスのチケットは確保済み。)

次節の相手Y.S.C.Cは、2年前の地域決勝ファイナルラウンド最終戦で対戦したが、ウチと同じようなパスサッカーで、ウチを圧倒するような勢いある攻撃力を持つ、とても魅力的かつ手強いチームという印象が強烈に残っている。

また、Y.S.C.Cからウチに来た#15寺田選手が、並み居る経験者を押しのけて実力でサイドバックのレギュラーの座を掴んだ事が象徴するように、選手個々の能力がとても高く、また気持ちもとても強く、ちょっと油断をすると足許をすくわれかねない要注意チームであり、このチームに内容を伴った勝利をあげる事ができれば、今年のウチもいいセンいけるんじゃないか・・・というくらい、自分はY.S.C.Cというチームを警戒している。

ともあれ、自分にとって1週間遅れの“開幕戦”であり、また会場も是非一度行ってみたかった“Jリーグスタジアム”の三ツ沢だし、今から来週末がとても楽しみだ。
アイスホッケーアジアリーグ2011-2012 プレーオフセミファイナル第4戦
まず始めに、JFL開幕前夜で盛り上がっているところ、全く場違いでKY(←もう死語かな?)な記事でゴメンなさい・・・

さて、アイスホッケーアジアリーグのプレーオフセミファイナルが先週から始まり、レギュラーリーグ3位の栃木日光アイスバックスはアウェイで韓国のアニャンハルラと対戦。
第1戦を2-6、第2戦を1-4と連敗したが、火曜日に行なわれた第3戦で3-2と勝利し、悲願の日光でのプレーオフ開催にこぎ着けた。

という訳で、以前の記事で公言した通り、自分ももちろん日光霧降アイスアリーナに出動。

ただ、今日負ければ3敗目でプレーオフ敗退となるので、明日のJFL開幕戦のためにカバンの中にはパルセイロの応援グッズ一式を忍ばせての日光入り。
今日勝てば、明日はバックスのファイナル進出のために日光に残るが、負けたら明朝の新幹線で南長野へ直行する予定。

パルセイロとアイスバックス、どちらも同じくらい強い思い入れがある自分としては、この勝負がどちらに転んでも、嬉しいような残念なような、そんな複雑な心境ではあるが、ともあれ明日の自分の身の振り方が決まる重要な試合・・・って、いやいや自分の事は二の次として、バックス史上初となるプレーオフファイナル進出に望みを繋ぐ大事な試合の結果は以下の通り。

栃木日光アイスバックス 3(2-0・0-0・1-0)0 アニャンハルラ

今日のバックスの選手達は、試合前の練習時から気合いの入り方がいつもと全く違っており、「こりゃ、ひょっとしたら勝っちゃうかも・・・」という予感があったが、本当にその通りになった。

立ち上がりから動きのいいバックスは、ノドから手が出るほど欲しかった先取点を早くも1Pの2分にゲットして流れを掴むと、15分にもパワープレーゴールでリードを広げる。

しかし、そこから先はハルラが攻め込む時間が多く、実際にシュート数も試合全体を通してバックス22本に対しハルラ39本と相手の方が上回っていたが、それでも今日は不思議と失点される気が全く起こらず、安心してプレーを見ていられたし、時計が進むのが本当に早く感じられた。

とにかく選手達の集中力が物凄く、積極的なボディーチェックや体を張ったシュートブロックや冷静なリバウンド処理で相手に決定的なチャンスをほとんど与えず、また絶対的守護神#44福藤も、まるでパックが止まって見えてるんじゃないかと思うほどスーパーセーブを連発していた。

また、霧降アリーナに詰めかけたファンの後押しも物凄く、インターバルの音楽や声出しサポのドラムに合わせての割れんばかりのメガホン叩きや手拍子は、確実にハルラの選手達の脅威となった事だろう。

そして迎えた3P、立ち上がりから何とか追い付こうとするハルラの猛攻に耐えたバックスは、8分に決定的な3点目を叩き込み、この勢いのままハルラの反撃を許さずタイムアップ。
地元・日光の熱烈な声援を追い風に、見事な完封勝利でファイナル進出に“逆王手”をかけた。

・・・えー、そんな訳でございまして、この記事を読んでいただいているパルサポの皆様には甚だ申し上げにくいですが、不肖ワタクシめ、明日は公言通り日光居残り決定でゴザイマス。。。

今年はホーム全試合3000人越えを目標にしているところ、来るハズの人間が来ずに動員数を1人分減らしてしまうのは心苦しいし、こうしてブログという公の場で欠席を表明してしまうのは開幕の盛り上がりに水を差してしまうようで、本当に申し訳なく思っています。

ただ冒頭でも書いたように、バックスはパルセイロと同じくらい、自分にとってかけがえのないクラブです。

自分が長野エルザと出会うずっと前、前身の古河電工時代から足掛け16年近くこの弱小クラブを応援し続け、その間に古河電工アイスホッケー部の廃部と、紆余曲折を経て翌年のチーム登録期限ギリギリになってのHC日光アイスバックス誕生に立ち会い、そしてその後、毎年のように襲ってくる財政難によるクラブ解散の危機に心を痛め、それらを乗り越えて苦しみながらもようやく掴んだファイナル進出のチャンスに、頑張っている選手達や、どんなに弱い時も必死にサポートし続けてきた応援仲間に背を向けて長野に戻るなんて、自分にはとてもできません。

明日、自分は南長野に思いを馳せつつ、そのキックオフから1時間遅れて始まる運命の試合には、もう一つの“マイクラブ”のファイナル進出のために、全身全霊で応援して参ります。

そして、こんな事を書くのは非常におこがましいですが、南長野に行かれる皆様には、ワタクシめの分まで、パルセイロの勝利のために力強い応援をよろしくお願いいたします。

遠く世界遺産の街・日光の地で、バックスと同じオレンジ色の愛するクラブの勝利の報が届くのを待っております。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.