ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201306<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201308
countdown
PCL2013第15節 vs清水第八プレアデス(南長野最終試合)
今日が本当に本当の南長野総合球技場ラストゲーム。
嬉しかった事、楽しかった事、悔しかった事、様々な思い出がいっぱい詰まったこの現行のスタジアムとも永久の別れとなる。

今日は“メインイベント”のPCLの前にOB戦などのイベントがあったため、15時キックオフのところ11時という早い時間の開場だったが、それより15分ほど早く到着すると、レディースの試合の時の入口である北側ゲートはまだ閉じられており、しばらく外で待つ事に。
そこでふと思ったのだが、地域リーグ時代は今とは逆に北側がホームだったので、こうして北側ゲートの前で開門を待つのはあの当時以来久し振りで、更にその当時から出店している小林食品さんもあの時と同じ場所に店を構えており、最後の最後にきて何だかタイムスリップしたような不思議な気分になった。
s-写真00001

さて、試合前の各種イベントも最高に楽しく満喫したが、その様子はまた別の機会に書くとして、いよいよ現行南長野総合球技場最後の公式戦となるこの試合。
選手入場の時には、「もうこのスタンドであの“出囃子”を聞くのも最後なんだ・・・」と思うと胸が熱くなって涙がにじんでしまったが、最後の90分間を戦い抜くまでは、そんなおセンチな気持ちは厳禁。
スタジアムとの別れを惜しむサポで、711人というレディース史上最多の観客が訪れたメモリアルゲームを勝利で締めくくる事ができたか、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 2(0-0・2-0)0 清水第八プレアデス
s-写真00032
s-写真00038

試合は概ねウチがボールを持つ時間が多いものの、相手のプレスに手こずってボールを持ってから次のプレーに行くまでの時間が長く、パスもうまく繋がらずにボールをさらわれるケースが多く、あまりピリッとしない展開。
また、守備面でも数は少なかったものの清水のカウンターに対応が遅れる場面も見られ、前半終了間際には相手のループシュートがGK#1松本あずみの頭上を越えて失点を覚悟した場面もあったが、そのボールがゴールラインを越えるギリギリのところで#18田中菜実がヘッドでクリアーして九死に一生を得る。

このキャプテンの大ファインプレーで前半をスコアレスで折り返すと、後半は始めから積極的に攻撃を仕掛けていき、右サイドを中心にした波状攻撃に清水はタッチラインにボールを出すのが精一杯となり、敵陣深い位置でのスローインを繰り返してイケイケドンドンな状況の中、後半11分にゴール前混戦から最後は#24内山朋香が押し込んで遂にパルセイロが先取点!
更に後半20分には#25篠原志穂子からのクロスを受けた#24内山朋香が冷静に相手GKをかわして2点目を押し込み勝利を確信した。

その後もウチのペースで試合は流れ、第四審が掲示したロスタイムは2分。
もっともっと南長野で試合が見たい自分の「15分くらいロスタイムを取ってほしいな~・・・」というアホな願望は聞き入れられずハズもなく最後の時は流れ、レディースの5連勝と南長野の終わりを告げるレフリーの長い笛が鳴った。

まずは、南長野最後の大事な試合を見事勝利で飾ってくれたレディースの選手達に心から感謝と祝福を贈りたい。
昨日のトップのメモリアルゲームを見て、「私達も絶対に勝たなくちゃ」と大きなプレッシャーを感じていたと思うが、それを跳ね除けて結果を出したのは本当に素晴らしい。
これで順位も7位に上がり、レディース史上初の“貯金”もできるなど、去年の今頃を思うと信じられないような躍進ぶりだ。

もっとも、今日も決して最高の出来だった訳ではなくまだまだ課題も多いし、次節からは上位陣との戦いが続くので春先のような厳しい戦いになると思うが、5連勝(引き分けを挟むと6連勝)という結果を自信にして、佐久の地で上位陣相手に思いっ切りぶつかっていってほしい。
s-写真00231

そして、しつこいようだが本当に南長野での最後の試合が終わってしまった。
昨日と今日の自分の感情は、1998年の長野オリンピックとパラりピックの時に抱いた感情に似ている。

自分はオリンピックもパラリンピックも開会式・閉会式の両方に行く事ができ、試合も沢山見てきたのだが、オリンピックの閉会式の時はオリスタ上空に打ち上がる無数の花火を見て閉会の感慨に浸りながらも、「まだパラリンピックがある」という気持ちから笑顔でオリンピック旗を見送る事ができたのだが、パラリンピックの閉会式の時は「本当にこれで夢のような時間が終わってしまうんだ・・・」と思うと言い様の無い寂しさが突き上げ、パラリンピック旗返還の時には涙が溢れて止まらなかった。

そして、昨日のトップの最終戦も「まだ明日ここでサッカーが見られる」という思いから笑顔でスタジアムを後にする事ができたのだが、今日は選手達の挨拶が済み、申し合わせた訳ではないのに三々五々集まってきたかつてゴール裏で一緒に戦った仲間と握手を交わした時、感情が一気に溢れて図らずも人前で泣いてしまった。

収容能力が低くクラブのJ昇格の支障となっている、スタンドが低くて傾斜も緩く逆サイドのプレーが見づらい、ゴール裏は“席”ではなく“通路”と揶揄される、トイレが遠いし数が少ない、遮るものが一切無いので夏の厳しい陽射しやゲリラ豪雨が容赦なく襲ってくる、名物の強い北風に選手達も悩まされる・・・
傍から冷静に見れば欠点だらけの貧相なスタジアムだが、選手と観客の距離が近くて臨場感は最高だし、試合後は“出待ち”なんかしなくても選手と直に触れ合えるし、ピッチの芝は世界レベルだし、空が広くて山並みが美しく見渡せる“牧歌的”な雰囲気のこのスタジアムが、自分は本当に本当に大好きだ。

この思い出がいっぱい詰まった愛するスタジアムに、いま一度心を込めて惜別の言葉を贈ります。

ありがとう、そしてさようなら、我が愛する南長野球技場

1年半後、新しい姿に生まれ変わった時にまた会いましょう!!
s-写真00002
スポンサーサイト
JFL2013第22節 vs佐川印刷SC
とうとうこの日がやって来てしまった。
現行南長野総合球技場でのパルセイロトップチーム最後の試合。

今日はそんなメモリアルゲームという事で開場もいつもより1時間早く、古着市でグランドコートやらジャージやらエルザ時代に大好きだった選手の背番号が入ったユニやらを逆上的に買い漁ったり、懐かしい選手や場面が沢山の写真展に見入ったり、まだアウェイのサポさんが来ていない早い時間にはかつての自分の“主戦場”だった北側の現アウェイゴール裏席からこれで見納めとなる南長野の景色をしっかりと目に焼き付けたり・・・と、トップ最後の南長野を感傷に浸りながらじっくり楽しんでいたが、開場と同時にポツポツ降り出した雨が1時間後に雷鳴と共に急に激しさを増すと、落雷被害防止のために自分のクルマやオリスタなどの建物に行くよう“避難勧告”が出て会場のゲートを閉められる始末。

まったく今年は、こんな大切な日にまで容赦なく雨の攻撃を受けるが(特に今日の攻撃は重量級だ)、そういえば自分が初めてエルザの試合を見たのも雨の東和田だったし、県選手権だったか全社だったかで突然の夕立の中ズブ濡れで応援した時もあったし、今でも語り草の地域決勝“本城の悲劇”も大雨の中だったし、要所要所で雨の思い出も結構あるな・・・と回想しながら、今日もズブ濡れでの応援だな・・・と半ば諦めつつ覚悟を決めていたが、30分繰り下げられた開始時間の直前に選手入場で“FIFAアンセム”がかかった頃に恨めしい雨がスッと止んだ。

この奇跡のような天候回復と、選手入場時にバックスタンドに久し振りに出された、「ありがとう南長野2013.7.27」の文字が追加されたビッグフラック(ウチのゴール裏は物持ちがいいと激しく感心)の演出に自分の気持ちも俄然盛り上がった中で迎えた最後の90分。
この絶対に負けられない大事な試合をモノにする事はできたか、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(2-1・0-0)1 佐川印刷SC
s-写真00058
s-写真00064

今日の対戦相手・佐川印刷SCは、JFLのライバル全17チームの中でもウチが最も苦手にしているチームといってよく、ここまでの対戦成績は1勝2分2敗と負け越しており、唯一の勝ち試合も堅い守備に相当苦しんだ中で何とかもぎ取ったもので、とにかく印刷さんにはあまりいい思い出がない。

しかし、今日は選手達も“特別な日”という事で気持ちが入っていたのか、いつもなら堅い守備に腰が引けて後ろの方でゴチョゴチョとパスを回すシーンが多いが、今日は多少不恰好でもとにかく前へ向かおうという姿勢が見え、これまでの印刷戦のような“退屈さ”は感じられなかった。
s-写真00093

それでもやはり印刷の守備は堅く、なかなかシュートまで持っていけない時間が続いたが、前半31分に#10宇野沢がグラウンダー気味のクロスを上手く合わせてゴール左隅に流し込み、待望の先取点!

ヨッシャ、これで堅守の印刷に対して試合の主導権を握れる・・・と喜んでいたが、その6分後、コーナーキックを頭でドンピシャ合わされて同点に追いつかれる。
決めたのは、よりによってパルセイロOBの#14浦島貴大。
このブログで再三書いているが、横河の富岡といい、MIOの鎗田といい、オマケにレディースのHOYOスカラブ英(はなぶさ)といい、何でウチのOB(OG)連中はこうも律儀に古巣に“ご恩返し”してくれるんですかね。。。(ま、浦島も大好きな選手だったから活躍自体は嬉しいけど・・・)

これで同点に追い付かれ、またしても印刷の堅守に攻めあぐねてヤキモキする時間が続くのかと思っていたが、痛恨の同点から僅か2分後、#7佐藤がシュートのこぼれ球をリバウンドで決め、あっという間に再勝ち越し!!
s-写真00101

あの苦手な印刷から僅か10分足らずの間に2点も上げるとは思っていもいなかったが、その後も前半終了間際の印刷のフリーキックがクロスバーに当ったりヒヤッとするようなピンチも相手がシュートを外してくれたりと運も味方につけ、このまま逃げ切って現行南長野最終戦を見事勝利で飾る事ができた。

今日のゴールは、特に1点目のウノのゴールは思わず「上手い!」と唸ってしまうようなものだったが、それよりも2ゴール共に形にこだわった流れるようなビューティフルゴールではなく「絶対に勝って終わるんだ」という強い“気持ち”から生まれた価値あるゴールだったと思う。
そしてゴールシーン以外でも、全選手が高い集中力で難敵相手にしっかりと戦い抜いてくれた事に大きな拍手を贈りたい。
s-写真00132

とにもかくにも、大苦手の佐川印刷を破って首位堅持で南長野での有終の美を飾る事ができ、嬉しさよりも心底ホッとしたというのが自分の率直な心境で、これで堂々と佐久市にチームを預ける事ができる。
佐久を中心とする東信の方々も、来月からは是非とも佐久市陸上競技場で長野の誇り・パルセイロを応援していただき、11月には佐久の地で優勝トロフィーを掲げるシーンに共に立ち会いましょう!

そんな訳で、明日もレディースの試合があるものの、トップチームの南長野での試合はこれで本当に終わってしまった。
気まぐれな天候に振り回されたりして何だか慌しく過ぎてしまった印象だったが、最後に記念撮影で普段は降りられないピッチに立ち、裸足で世界レベルの芝の感触を楽しみつつセンターサークルから照明灯に照らされたスタジアムを見回すと、ピッチとスタンドの距離が近くて開放感もあり、改めて本当に素晴らしいスタジアムだとしみじみ感じた。
s-写真00176
s-写真00173

もう次のホームゲームからこの雰囲気の中で試合を見る事ができないのは本当に残念でならないが、パルセイロの前途洋々な未来のために、最後は笑顔で、心を込めてこの言葉を贈りたいと思う。

ありがとう、ありがとう、ありがとう南長野総合球技場!!

次は1年半後、立派になったこのスタジアムにJ2の試合で戻ってこよう!!
PCL2013第21節 vsジュ ブリーレ鹿児島(+トップ試合雑感)
泣く子も黙る某大手企業の陰湿かつ横暴な“いじめ”のような無理難題の要求に振り回され、2週連続で土・日出勤を余儀なくされたため、今日が7月に入って初めてのパルセイロ観戦。
逆転勝ちで愛媛FCレディースとの“オレンジダービー”を制した先々週のPCLと、薩川監督率いるFC琉球を新加入選手の躍動で撃破した先週のJFL、見たかったぁぁぁ~~・・・(泣)

と心身共にお疲れ気味で向かった久々の南長野ではあるが、容赦ない夏の陽射しがモロに突き刺さるものの、低いスタンドと広い空、そしてすぐ目の前に広がる世界レベルの素晴らしい緑のピッチを目にすると清々しい気分になり、疲れがスーッと抜けていく感じ。
s-P7210155.jpg

やっぱりこのスタジアムは最高だ。
Jリーグ規格の新しいスタジアムも夢が広がる完成予想図に今からワクワクしているが、選手の息遣いを間近で感じる事が出来る今のスタジアムが今日を入れてあと3試合で無くなってしまうのは本当に寂しい限りだ。

そんな南長野に迎える今日の相手・ジュ ブリーレ鹿児島は、去年は12チーム中9位でウチより上位でフィニッシュしたし、ホームゲームでは2-3と敗れているため、自分の中では京都や愛媛と並んで『あと一歩追いつきそうで追いつけない直近のライバル』という認識ではあるが、今年は勝ち点がここまで僅か1と苦戦しており、京都も愛媛も撃破して現在絶好調のレディースとしては、ここも是非とも勝っておきたいところ。

果たして今の勢いを持続して連勝記録を伸ばせるか、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 3(1-0・2-0)0 ジュ ブリーレ鹿児島
s-P7210154.jpg

試合は今の順位を象徴するようにウチがボールを持って攻め上がる時間が圧倒的に多い展開だったが、鹿児島も守備陣が果敢にボールに向かって詰めてくるプレースタイルで、その積極的なプレスでパスコースを消されてなかなか決定的なスコアリングチャンスを作れない時間が続く。

それでも、前半27分に#11橋浦さつきが斬れ込んでシュートしたボールがGKに当ってこぼれたところに詰めていた#24内山朋香が押し込んで待望の先取点をゲット!
「そろそろ点が欲しい・・・」と思っていた時間帯に首尾よくゴールして試合の主導権を握れたのは非常に大きかった。

これで勢い付いたレディースは、後半も立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛け、後半5分に#6吉田葵が敵陣中央のセンターサークルの縁あたりから放ったロングシュートが見事にゴール右隅に突き刺さり、反撃したい相手の出端を挫く追加点。
更に試合終盤の後半38分にはディフェンスリーダーの#18田中菜実がこれまた見事なミドルシュートを決めて3点目。

結局シュート数でも16-3と圧倒して先制~中押し~ダメ押しと効果的に点を取り、守っても#18田中菜実・#23小松美里・#25篠原志穂子のディフェンスラインを中心に鹿児島の攻撃をゼロに抑える快勝で、6月9日の福岡戦での“アップセット”から引き分けを挟んで5連勝という快進撃!
これで、試合数は他のチームより1~2つ多いながら勝ち点を22まで伸ばし、順位も“夢の一桁”である9位に浮上!

去年とはチーム数や試合数が異なるので単純に比較は出来ないが、去年とは先発メンバーの顔ぶれもあまり変わっていないにもかかわらず内容も結果も去年までとは格段に良くなり、改めて本田美登里監督の指導力に感心すると共に、去年まではずっと悔しい思いをし続けていた選手達の見違えるような自信に満ちた躍動と試合後の最高の笑顔が見られて、自分も本当に嬉しい限りだ。

そして次節、7月最後の試合である来週は、現行南長野総合球技場の最後を飾るメモリアルゲームだ。
その対戦相手・清水第八プレアデスは、大原時代からお互いしのぎを削ってきたライバルであり、記念すべき試合の相手としては最も相応しいチームだと思うし、そんな清水に是非とも勝利し、この愛すべき南長野の有終の美を飾って欲しい。
s-P7210159.jpg


そして・・・

JFL2013第21節@滋賀県東近江市布引グリーンスタジアム
MIOびわこ滋賀 1(0-2・1-3)5 AC長野パルセイロ

JFL昇格から今まで1分6敗と“鬼門”の関西での初勝利は、我等がエースストライカー#10宇野沢が4得点の大爆発で久々の大勝!
琉球戦では#27岡田・#28青木のレンタル移籍組が活躍して勝利したが、既存組が彼らの動きに触発されたのかウノのゴール量産に加えて#7佐藤も久々にゴールする事ができ、新加入の若武者のおかげでしばらく停滞していた流れが再び大きく動き出しそうな予感だ。

これでウノはゴールランキングも琉球の高橋選手を一気に抜いて首位に立ち、更に夜の試合でカマタマーレ讃岐が佐川印刷に敗れたため、チームも4月20日にアウェイでソニー仙台に敗れて首位を陥落して以来、実に3ヶ月ぶりに首位に再浮上!・・・と、今日は男女共に最高の結果となった。

トップの次節は、今日ウチの首位返り咲きの“援護射撃”で讃岐を撃破した佐川印刷SC。
首位のチームを破って波に乗る印刷はウチにとって大の苦手チームだし、特に最近のウチは藤枝や横河など守備の堅いチームを攻めあぐねてスコアレスドローに終わってしまう試合が続いているだけに今回も苦戦が予想されるが、トップチームとして現行南長野での最終戦でもあり、今日もレディースの試合後にサマーキャンプの宣伝アナウンスをして会場から大歓声を受けた“モミちゃん”こと籾谷真弘氏の引退セレモニーもあるため、ここは苦手だろうがなんだろうが、どんなに不恰好な形でもいいから、何が何でも勝たねばならぬ!

遂にやってくる現行南長野とのお別れには、敗戦という落胆やドローというモヤモヤではなく、堅い堅い印刷の守りを突破して“勝利+首位堅持”という最高の結果をピッチとスタンドに置いていきましょう!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.