ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201610
countdown
明治安田生命J3リーグ2016第23節 vsセレッソ大阪U-23
本日南長野で行われたJ3リーグの結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(1-1・0-2)3 セレッソ大阪U-23
s-DSC_5428.jpg

巷を席巻する“真田ブーム”に乗っかって、真田幸村の“赤備え”の甲冑にあやかり普段よりかなり赤みがかったオレンジ色に六文銭をあしらった、クラブ史上初となるカッコいい記念ユニホームを着用して臨んだまではよかったが、結果は御覧の通り惨憺たる有様。
ウチは地域リーグ時代から、地上波テレビ中継のある試合や当時の大入りの基準だった3,000人以上の観客が入った試合にことごとく負ける悪癖があったが、今年もゴールデンウィーク中で5,400人と多くの観客が入った鳥取戦や先の1万人チャレンジデー・富山戦での何とも煮え切らなかった結果に引き続き、今日の記念ユニ着用というイベント試合でも見事に負けて安定の“伝統芸”を見せつけられた。

いいところまで攻め込んでおきながら最後に決め切れないプレーが続き、逆に相手にはいともあっさりワンチャンスを決められてしまうという試合内容は、前節のアウェイ・福島戦や天皇杯3回戦の横浜FC戦と全く同じパターンで、まさに今シーズンのトップチームを象徴するような試合内容。
そりゃー今までできていなかった事が一朝一夕で治る訳ないのは重々承知だけど、それにしてもシーズンが開幕してから今の今まで少しの改善も進歩も見られず、シーズン終盤の大事なところで3試合連続(うち1試合は天皇杯だけど)で同じような負け方をするとは余りにも情けない。
s-DSC_5448.jpg

まぁ自分自身は、前節の敗戦で今年の昇格については完全に諦めが付いていたので、試合結果時体は「まーまーこんなモンでしょ・・・」とある程度冷静に受け止めていたが、この日のために気合を入れてこんなに素敵なユニを用意してくれたサプライヤーのPENALTY様の顔や、信州の誇りともいえる六文銭の家紋に泥を塗るような不甲斐ない内容の試合をやらかした事が実に腹立たしい。
s-DSC_5504.jpg

また、これまでどんなに無様な試合を見せつけられても決してブーイングを出さず、チームを信じて我慢強く粘り強く声援を送ってきたゴール裏も、遂に限界を超えて試合後に大ブーイングを選手達に叩き付けたが、至極真っ当な対応だろうし、むしろここまで耐えに耐えて本当によく頑張ってきたと思う。
ウチのゴール裏は地域リーグの頃から、自チームに対しても相手チームに対しても『ブーイングの安売り』をしない事を大きなコンセプトにしていると思うが、だからこそ満を持して発せられた今日のブーイングには、選手や首脳陣が思っているよりもはるかに重い重い意味を持つ。
だからこそ、当事者の方々は今日ゴール裏から浴びせられた罵声を「サポーター達がただ自分のフラストレーションを発散しているだけ」なんて軽く受け流す事なく、真正面から真摯になってその言葉を全て受け止め、猛烈に反省してほしい。
s-DSC_5528.jpg

この試合の結果、今シーズンのウチは昇格レースから完全に脱落したとみて間違いないだろう。
今日は上位陣も鹿児島以外は勝ち点を落としているので、数字の上ではまだ完全に望みが断たれた訳ではないと思うが、そんな皮算用はやるだけ虚しくなるだけだ。
「それでも可能性が少しでも残っている限り、昇格を信じて応援する!」というサポの方々には、その気持ちを折るような事を書いてしまい誠に申し訳ないし、公の場であるブログにこんな事を書いてしまうとはサポの風上にも置けないヤツだとお叱りを受けてしまうとは思うが、前々節にG大阪U-23に快勝した後に「残り全勝して昇格します!!」と高らかに宣言した舌の根も乾かぬうちに下位チームにあえなく2連敗するようでは、いくら最愛のクラブとはいえ、自分は何を言っても信じる事はできない。

そういえば、今日の大河ドラマでは主人公・真田信繁(幸村)の父である昌幸が最期を迎える話が放送されるそうだが(自分はこの記事執筆のため後日録画を見る予定なので、コメント欄にドラマの詳しい内容とか書いちゃダメよ!)、ウチも六文銭ユニを着た試合で事実上の“終戦”を迎えるとは、偶然とはいえ何とも皮肉な話である。
s-DSC_5441.jpg

ただし、そうは言っても今シーズンのリーグ戦はあと7試合残っているし、「もう昇格戦線から脱落したから、後の試合はどーでもいいや」なんて事は絶対にあり得ない。
これからの7試合にトップチームが課せられた事は、今日の試合で今まで後押ししてくれたサポからあれだけの罵声を浴びせられて地に堕ち泥にまみれた中から、いかにして這いつくばり立ち上がって、来シーズンに繋がるような希望が持てる戦いをするかの一点に尽きると思う。
これは具体的な目標が見いだせない分、昇格争いよりも精神的にキツいとは思うが、いやしくもJFL時代から常に上位をキープしリーグを引っ張ってきたパルセイロの誇りにかけても、そして今まで必死になって応援し続けてきたサポの恩に報いるためにも、選手達は気持ちを切らさず是非ともやり遂げてもらいたい。
そのためには、本当に本気の本気での発言ならともかく、気休めやリップサービスなら「それでも全勝して昇格を目指す」なんて無理して言わなくていいから、どうか態度と結果で我々を納得させてほしい。
s-DSC_5421.jpg

そして自分は、ホームゲーム残り3試合に以前から計画していたアウェイ遠征1試合も含め、行ける試合は全て予定通りスタジアムに足を運び、最後の最後まで選手達の苦闘を見守り、その結果を見届けるつもりだ。

とりあえず次節はアウェイでSC相模原との試合となるが、今日の悔しさを全てぶつけて全力で勝ちにいってほしい。
いくら大の苦手としているチームだからって、また今日みたいな試合やってたら承知しねーゾ!!!
s-DSC_5458.jpg
スポンサーサイト
明治安田生命J3リーグ2016第21節 vsガンバ大阪U-23
レディースと同様、トップも天皇杯ブレイクが明けて今日からJ3リーグが再開し、7月末の1万人チャンレンジデー以来2か月ぶりのホームでのリーグ戦となる。
この富山戦での相変わらずの煮え切らなさや、次節のアウェイ藤枝戦での敗戦もあって、正直なところ今シーズンのトップチームにかける自分の想いもほぼ消えかかっていたが、天皇杯1回戦の躍動や2回戦の劇的な結果を見て、「残りのリーグ戦もこれくらいの試合ができれば、ひょっとしたら再浮上もあるかも・・・」と、再び希望の光が見えてきた。

そんなトップチームにとって、今日の試合は今後の行く末を占う大事な一戦となるだろう。
ウチはU-23の3チームとは前半戦の対戦では2分1敗と一つも勝てておらず、これらセカンドチームから確実に勝ち点を奪っている上位チームと勝ち点差が開いている原因の一つとなっている。
そんな『鬼門』ともいえるU-23の中でも最も手強い相手とされるガンバ大阪に勝つ事ができれば、天皇杯でのアップセットも相まってチームに更なる勢いが出ると思うが、逆にホームで敗れてしまうようであれば、今度こそ本当に『今シーズン、しゅ~りょ~!!』なんて事態にもなりかねない。

残り10試合となったリーグ戦、首位・栃木とは10、2位・鹿児島とは4という勝ち点差を埋めて奇跡の悲願達成を成しえるためにも負けられない一戦、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 4(2-0・2-0)0 ガンバ大阪U-23
s-DSC_5195_201609112358235c8.jpg

正直、自分はかなりの不安を抱えて試合前の練習風景を見ていたのだが、いやはや、終わってみればそんなネガティブな気持ちでいたのがアホらしく思えるような、実に気持ちいい勝ち方だった。

キックオフから続いたジリジリするような膠着状態を一気に打開した、持ち前のスピードと思い切りの良さを如何なく発揮した前半29分の#13勝又慶典の先制ゴール。
s-DSC_5198.jpg

前半最終盤の猛攻の中、アディショナルタイム突入直前のコーナーキックからルーズボールを頭で押し込んだ、試合の流れを決定付けた#11阪田章裕の2点目。
s-DSC_5236.jpg

後半に入って29分、混戦の中で思い切りよく振り抜いたミドルシュートが見事にゴールネットに吸い込まれた、#25有永一生の勝利を確信させる3点目。
s-DSC_5305.jpg

そしてシメの一発は、ロングボールを受けた途中出場の#17コンハードが、スピード感あふれるドリブルから角度のないシュートをしっかり決めた。
それにつけてもコンハード選手のポテンシャルの高さは想像以上だ。
今度は是非ともスタメンでそのプレーを見てみたい。
s-DSC_5378.jpg

今年ここまでは、スタッツの上ではそれなりにシュートを放っていてもほとんど得点に結びつかない深刻な決定力不足だったが、今日はシュート数12本で4得点という効率の良さで、しかも欲しい時間帯に、決めてほしい選手が、その選手の持ち味を生かした“4者4様”の実に見事なゴールを決めてくれて、長らくお腹の中にためていた“ブツ”が一気に出てきたような、最高にスッキリした気分だった。(ビロウな例えで申し訳ない・・・)

しかし今日の試合の真のMVPは、試合後にYou Tubeで放映された“世界一ユルい番組”こと『パルセイロTVアフター・ザ・ゲーム』の中で土橋アンバサダーが言っていた通り、#2松原優吉・#3大島嵩弘・#11阪田章裕のディフェンスラインにあげるべきだろう。

ガンバU-23はさすがJ1の強豪ビッグクラブだけあって、若手主体とはいえ全体的に体格もよくてフィジカルも強く、そして若手ならではの思い切りの良さもあり、特にこの年代の目玉選手との呼び声も高い#38堂安律選手は評判通りのプレーを見せる等かなり手強い印象を受けたが、そこへもってきて、かねてからの噂の通り一昨年の三冠達成の立役者ともいえる#29パトリック選手を先発に起用してきた。
そんな『反則級』にもホドがあるオーダーに加え、序盤からの膠着状態の中で激しい接触プレーや不可解なジャッジも多く、非常に神経をすり減らされるような展開だったが、そんな中でも決して集中力を切らさずキーマンのパトリックを自由にさせなかったし、後半は前線に残っているパトリックに徹底的にロングボールを合わせる戦法に変えてきて、何度かゴール前でヒヤリとする場面もあったけど、必ず誰かがケアをして十分な態勢にさせず、結果的に相手のシュート数を僅か2本に抑えての完封劇は「アッパレ!」の一言に尽きる。
s-DSC_5324.jpg

もちろん、ディフェンダーだけでなく攻撃側の選手も労を惜しまず守備にも回り、まさに選手全員で勝ち取った快勝と言っていいだろう。
今年は開幕から全くチームとして噛み合わないまま虚しく試合数だけが消化されていった感じだったが、シーズン途中の選手補強も見事にハマり、天皇杯での戦いを経て、ようやく今年のチームが出来上がった感じだ。
s-DSC_5335.jpg

既にリーグ戦は2/3を消化し、あと9試合しか残っていない中で今節もウチより上位のチームは揃って勝っているので優勝での悲願達成はまだ相当に厳しい状況だが、幸いにして富山以外の上位勢とは直接対決がまだ残っているし、敵同士の“潰し合い”で優勝ラインが下がる可能性もあり得るし、残り試合を全勝すれば、少なくとも入れ替え戦に出場できる2位の座には滑り込めるだろう。
まぁ、栃木にしろ大分にしろ鹿児島にしろ、強敵が揃っている中で残り全勝を達成するのは口で言うほど易しくないのは百も承知だが、今日の試合の内容と天皇杯からの勢いを思えば、消えかかっていた昇格の悲願達成も決して不可能な話ではないと思えるようになってきた。
とにかく我々サポとしては、ただひたすら選手を信じて力の限り応援するのみだ。
s-DSC_5141.jpg

次節は福島ユナイテッドFCとの試合となるが、今日の福島はFC琉球をアウェイで破っており、また前半戦のホームゲームでも勝利したとはいえ最終盤の逆転劇で辛うじて“うっちゃった”感じだったので、比較的相性の良い相手とはいえ実力差は確実に縮まってきている。
それに、天皇杯とリーグ戦では性格が全く違うように、同じリーグ戦でも育成主体のU-23チームと単一クラブも単純には並べられないもので、要するに現状の順位差に関係なく油断は禁物。
ウチは伝統的に肝心なところで下位のチームにコロッと負けてしまう悪癖もあるし、まだ『一つ負けたら終わり』の背水の陣である事に変わりはないのだから、とにかく今日の大勝に浮かれる事なく更にチーム力を高め、先の事は考えず一戦必勝の強い気持ちで挑んで、この勢いを更に加速させるような快勝を大いに期待したい。
s-DSC_5399.jpg
プレナスなでしこリーグ1部2016第12節 vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース
5月末からの長期中断を経て、プレナスなでしこリーグもいよいよ再開。
そしてパルセイロ・レディースのホームゲームも7月9日のカップ戦以来2ヶ月ぶりのご無沙汰という事で、本当に待ちに待った南長野でのレディースの試合だ。
カップ戦は最終節で浦和と引き分け、得失点差で決勝リーグ進出を逃すという悔しい結果となってしまったが、大混戦だったBグループの中で最後まで堂々とした戦いを演じ、またそれまでのリーグ戦では出番の無かった選手にも出場機会が与えられ活躍してくれた等、チームとして収穫も多く、また一歩成長できたんじゃないかと思う。

そして、リーグ再開一発目の今日は、そんな成長の真価が問われる試合となった。
日本代表ストライカーにして去年まで2年連続得点女王の菅澤優衣香選手を擁するジェフ千葉レディースには、シーズン前の練習試合が1-5、リーグ前半のアウェイ戦が3-4と2試合とも大量失点で敗れており、初めてホームに迎えるこの試合は、シーズンの最後にウチが一つでも高い順位でフィニッシュするためにも非常に重要な試合になる。

トップチームを差し置いて南長野のゴール裏にビッグフラッグが初お目見えするなどサポの気合も高まる中、南長野で圧倒的な勝率を誇るウチが本領を発揮し、ジェフの強力攻撃陣を封じて初勝利を挙げる事はできるか?
リーグを代表するストライカー同士の対決という意味でも興味深い一戦、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 2(1-1・1-2)3 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
s-P9100002.jpg
s-P9090002.jpg
s-P9100022.jpg

この試合、序盤はジェフレディースがペースを握る。
1部になって初めて見るジェフは全体的に背が高くて体格のよい選手が多く、またトップチームのようにスピーディーにパスを繋ぐ攻撃スタイルで、かなり手強い第一印象を受けた。
さすがは、今年のなでしこリーグカップでファイナリストとなっただけの事はある。

と、そんな事を思っている中、早くも先取点を取られてしまう。
前半8分、「高いところから失礼します」でお馴染みの(←お馴染みか?)日本代表GK#17山根恵理奈のフィードが前線の#23佐藤瑞夏に直接渡り、スルッと裏を取られてGKと1対1から股下を冷静に抜かれての失点。
この間、本当にあっという間の出来事で敵ながら佐藤選手の流れるようなプレーを誉めるしかなかったが、それにしてもウチとしては少々アンラッキーな失点だった。

その後もジェフのペースが続いたが、ウチは気落ちする事無く相手の選手やボールにしつこく厳しいプレスを仕掛けていくと徐々に流れがウチに傾き攻撃の機会が増えてくると、前半38分、フリーキックからの混戦の中、#11齊藤あかねが思い切り足を伸ばして押し込んだボールがGKの脇を抜けてゴールに転がり込み、同点に追いつく。
後ろから相手選手も詰めてきていたが、齊藤選手の体と気持ちの強さが生んだ執念のゴールだった。
s-P9100030.jpg

これでスタンドの雰囲気も俄然よくなると、後半に入ってもその流れをキープしてウチが攻め込む展開となり、後半17分、またもやフリーキックからの怒涛の攻撃からクロスバーに当たったリバウンドを#7坂本理保がヘッドで押し込んで遂に逆転!
序盤の劣勢がウソのようなイケイケな展開に、今日も余裕で2,000人オーバーとなった観客のボルテージも最高潮に達した。
s-P9100033.jpg

これで勢いに乗ったレディースはなおも追加点を入れようと攻め立てるが、惜しいシュートを決め切れずにいるとジェフもまた徐々に息を吹き返し、後半30分、相手のエース#9菅澤優衣香がウチの守備陣の一瞬の隙をついて裏に抜け出し、同点ゴールを決められてしまう。
それにしても、それまでウチの徹底マークにほとんど仕事をさせてもらえずにいた菅澤選手だが、ひとたび前線でボールを持てば確実に結果を出すあたり、さすがは去年・一昨年と2年連続リーグ得点女王に輝いただけの事はある。

そして、エースが決めればチームの士気もグッと高まる。
この同点ゴールから流れは再びジェフに傾き、ウチも守備に回る時間が多くなった中で必死に食い下がるが、このまま引き分けでも御の字か・・・という思いがよぎり出した後半43分、自陣で押し込まれた中で何とか奪ったボールを細かく繋ごうと無理して出した小さなパスを相手にカットされ、そこから速攻を決められて痛恨の逆転負けを喫してしまった。
あの場面は自陣に相手選手が数多く押し寄せている状況なので、セーフティーに大きく向こう側へ蹴り出すのがセオリーだと思うのだが、追い込まれた中で一瞬パニックになってしまったのだろうか?
いずれにしても、それまで本当によく頑張って相手に喰らい付いていただけに、最後の最後に中途半端なプレーから負けてしまい、レディースの試合にしては珍しく、後味の悪い終わり方となってしまったのは残念だ。
s-P9100035.jpg

ただ、このワンプレーを除けば選手達はよく頑張ったと思う。
ジェフの強力攻撃陣に対しても、各選手が労を惜しまず勇気を持って高い位置から積極的にプレスを仕掛けて挑んでいった。
また攻撃面でも、今日は#10横山久美がなかなかフリーでボールを持たせてもらえずノーゴールに終わってしまったけど、その代わり#11齊藤・#7坂本と2列目以降の選手にゴールが生まれたし、その他にも#14泊志穂や#20内山智代にも惜しいシュートがあり、横山選手が相手を引き付けて別の選手が点に絡むという狙いも実践できた。
そして何より、2ヶ月ぶりにレディースらしいドキドキ・ワクワクさせてくれる溌溂としたサッカーに再会できた事だけでも、今日は南長野に足を運んだ甲斐があったというものだ。
s-P9100031.jpg

確かに今日の敗戦は本当に悔しいしもったいないけど、これまで気持ち悪いくらい順風満帆に来ている中、「1部ではちょっとしたミスが命取りになる」という、ちょっとお高い授業料を払ったと思って気持ちを切り替え、次節のアウェイ・アルビレックス新潟レディース戦では、また一つ成長した姿を見せて勝利目指して突き進んでほしい。
冒頭でも書いたけど、シーズンの最後に一つでも高い順位でフィニッシュするためにも、こんなところで気落ちしている場合じゃないゾ!!!
s-P9100036.jpg

【 追記 】
今日は国際フェアプレーデーという事で、試合前に両チームのキャプテンがフェアプレー宣言を行う場面もあったが、それに関連する(かもしれない)話題を一つ。
今日はメインスタンドにも熱心なジェフのサポーターが多数入っていたが、その中の何人かが、試合後に席を立つ時、周囲の座席を見まわして残されていたペットボトルなどのゴミを自発的に回収している光景を目にした。
自分のホームスタジアムならともかく、アウェイまで来てこんな事をしてくれるとは、ホームのサポとして本当に嬉しいし、これぞサポーターのフェアプレーといえるだろう。
ゴミを拾ってくれたジェフサポ様、本当にありがとうございました!

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.