ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
こけら落としの光景いろいろ
先日の試合はこけら落としの華やかさとは対照的な何とも残念な内容と結果だったが、それでもあの日は一生の思い出になりそうな特別な体験ができた。
そんな記念すべきホーム開幕戦で拾った光景をいくつかご紹介しましょう。

s-DSC_4093.jpg
開場前、ビクトリーロードで開門待ちの間にふと下に目を落とすと、バス乗り場付近の関係者入口ゲートの前で『関係者』の方々が名刺交換にいそしんでおられ、こんなところからも新しいシーズン、新しいスタジアム、新しいご縁が感じられるんである。

s-DSC_4121.jpg
今度は試合前のピッチにふと目を落とすと、スカバー!サッカー中継のピッチレポーターとしてもお馴染み、テレビ信州の美人アナ・稲葉陽子アナウンサーとマイク片手に喋っているのは、今年から育成スタッフとしてフロント入りした野澤健一U-18コーチじゃあーりませんか!
稲葉アナと一緒という事はスカパー!のレポーターとしての仕事かな?
明るいキャラで話もうまいノザだけに、こういった仕事はハマり役でしょう。
これからもパルセイロのイロモノ担当・・・じゃない、良き広告塔として選手時代と変わらぬ活躍を期待しております!

s-DSC_4126.jpg
選手のピッチ内練習終了後、グランドキーパーの方々が芝を隅々までチェックしながらくぼんでいる個所に丁寧に砂を入れている作業をしていた。
新スタジアムの芝生といえば、確か埼玉スタジアムが完成した当初は芝が全然根付かず試合のたびにボコボコになっていたのをテレビで見ていただけに、長野という寒冷地で、しかも工期に余裕がなくギリギリの条件の中で、芝が開幕に合わせて上手く根付いてくれるか心配していたところもあったが、初の実戦となったこの日の試合でも全く問題なく無傷で乗り切ったのを見て、長野が誇る“芝師”達の見事な仕事ぶりに感心した。
チーフキーパーの青木氏は地元マスコミにも度々採り上げられ、この日も氏がホーム側ゴール前で作業していたらゴール裏から「あ・お・き!あ・お・き!」とコールが上がるほどサポからも愛されている存在だが、そんな青木氏を始めとした“縁の下の力持ち”な皆様の頑張りを、我々サポは忘れてはならない。
旧南長野のピッチは、どんな大雨でも水が浮かず普通にボールが転がる日本屈指の質を誇る芝が大きな自慢だった。
そして新スタジアムも、彼らの力で日本一・・・いや、世界一の芝を作ってくれる事だろう。

さて、土橋アンバサダーのブログや御当人たちのツイッターでも取り上げられていたけど、この日はバックスタンドに現有選手のものと共にOB選手のダンマクが飾られていた。
思えばサッカー不毛の地である長野市にこれだけ立派な球技場ができるようになったのも、地域リーグ時代から長野エルザ~パルセイロでプレーしチームを支えてきた先達の努力の賜物であり、改めてここに掲載された選手を始め全てのOB選手に感謝申し上げると共に、こうやって先達の偉業に敬意を表し、ご当人は来られなくてもせめてダンマクだけでも新スタジアムを感じてもらおうと行動したサポーターの粋な計らいに拍手を贈りたい。

では1枚ずつじっくり味わいながら見ていきましょうか。
s-DSC_4113.jpg
ご存知“持ってる(持ち過ぎてる?)オトコ”・野澤健一
小さな体に大きな闘志の気迫あふれるスピードスター・田中恵太
そのハイセンスで数々の窮地を救ってきた『長野のプリンス』・栗原明洋
今度ウチとやる時はちょっとマーク緩めてね・川鍋良祐

s-DSC_4112.jpg
対人ディフェンスに絶対の信頼感があった好漢・川邊裕紀
皆に愛された心優しきストライカー・冨岡大吾
当日は敵チームの一員として感激の涙を流していたでしょう・寺田洋介
去年までは頼れるファンタジスタ、今や一番の脅威・畑田真輝

s-DSC_4109.jpg
この選手のチャント大好きでした。未完の大器・平石竜真
大ベテランのイブシ銀プレーに魅了されました・佐田聡太郎
今や選手以上に大活躍、緑と橙の両方を知り信州サッカーの隆盛を支えてきた男・土橋宏由樹
地域決勝でのPK用キーパーとしての活躍や全社県予選でのフリーキックでのゴールなど印象に残るシーンが多かったアクロバティックGK・海野剛
パルセイロ史上最も愛された伝説の“河内のあんちゃん”、よっさいこりゃぁぁ~☆・籾谷真弘

s-DSC_4108.jpg
在籍時は大怪我の影響で活躍できなかったが、現在は数々の経験を生かし佐川印刷SC改めSP京都FCで活躍中・麻生瞬
エルザ時代から地域リーグ時代を支えた“必殺仕事人”、現在は故郷の奈良クラブ(JFL)でJを目指す・塚本翔平
貴重な地元・長野県出身選手、現在は他のOBと共に中野エスペランサ(北信越リーグ)で頑張る・竹腰夏基
絶大な安定感と強いキャプテンシーで地域リーグ時代のチームを支えたディフェンスリーダー・鈴木祐輔

s-DSC_4106.jpg
入閣熱望!クール&クレバー・高野耕平
当時J1のジェフ千葉でサポから絶大な支持を受けていた重戦車ストライカー、長野でも存在感抜群だった我らのエース・要田勇一
クラブ初の“元Jリーガー”、その韋駄天ぶりとセンス抜群のプレーで長くチームの顔として君臨したレジェンド『オレ達の大典!』・佐藤大典
豪快なプレーと絶えず前向きな姿勢がパルサポのハートをワシ掴み・松尾昇悟

こういったOB選手の頑張りが魅力あるチームを作り、サポーターを惹きつけ、スポンサーを呼び、そして行政を動かして、こうして日本一と自負できる素晴らしいスタジアム完成に繋がりました。
繰り返しになりますが、改めて皆さんの長野での活躍に心から感謝すると共に、現在のステージでも長野での経験を生かして輝き続けていく事を祈念しております!
(ただしJ3のライバルチームに渡った選手については、ウチ以外の試合限定で頑張ってネ。。)

そして最後にこの試合でのゴール裏の光景。
s-DSC_4124.jpg
ご覧の通り下層階はほぼ満席で、今はおそらく飛び跳ね応援が禁止されているであろう上層階まで勢力が広がるのも時間の問題か?(オフィシャルの方、色々あると思うけど寛大な処置をよろしくお願いします!)
エルザ~パルセイロ初期の、全体的な動員もさることながらゴール裏の人数がなかなか増えず苦労していた頃を思うと、本当に隔世の感があって感慨もひとしおだが、これが“完成形”ではなく、これからもっともっと進化していくだろう。
熱心なサポーターだけでなく、まだあまりパルセイロの事を知らない方やこういった施設に対して理解をいただけていない方も含め、全ての長野市民の大事な大事な税金や、県外の方々からの寄付金を使って建てられた有難い施設だが、それを今後生かすも殺すも我々パルサポ次第といっても過言ではないだろう。
これからも厳しい試合が続くと思うし、思い通りにならない事も多々あると思うけど、多くの人達に「行ってみたい」と思われるような魅力的な雰囲気を作り出して、南長野をハード面でもソフト面でも“日本一”と誇れるスタジアムに育て上げていくよう、我々も頑張っていきましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レディース開幕
会心のノザ・スマイルといいOBコメといい、今回の更新は本当に良かったです。
この記事読んだら、ますますパルセイロを応援する気持が強くなりました。
そして、今週はいよいよレディースの開幕戦です。
あの素晴らしいスタジアムで世界レベルのプレーが観られるかと思うと、これまた数年前からは想像も出来なかった事で、興奮し過ぎてメタボおっさんの血圧まぢで心配(笑)
取り敢えず今度は、メインスタンドの方も堪能させて頂きます。
2015/03/26(木) 22:01:58 | URL | レディースファン #-[ 編集]
レディースファン様
お褒めの言葉、大変恐縮です。
本当にあの日は、何もかもが素晴らしすぎて一生の思い出になりそうなひと時でしたね。
ただし試合結果以外は・・・(苦笑)
こんな素敵なスタジアムレディースの試合も見られるんだから、本当に我々長野のサッカーファンは本当に幸せ者です。
あのピッチでレディースの選手達がどんなパフォーマンスをしてくれるか、今から本当に楽しみですね!
2015/03/28(土) 17:50:01 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.