ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
明治安田生命J3リーグ2015第4節 vsFC琉球(+レディース試合雑感)
信州信濃の善光寺はいよいよ今日から7年に一度の御開帳。
(「ごっかいちょう!ごっかいちょう!」by琉球サポ@ナイスな合の手ありがとう!)
そしてそれに合わせるように桜の花も一気に開花し、あとは我等がパルセイロの新生・南長野総合球技場初勝利を待つばかり。
そんな大事な今日の試合の対戦相手は、言わずと知れた薩川監督・小湊コーチの元パルセイロ首脳陣が率い、選手もパルセイロOBが7人も在籍しているFC琉球という事で、記念すべき勝利がかかった試合としてはこれ以上ないようなマッチアップといえるんじゃないだろうか。

自分は過去2年の琉球戦は全て仕事が重なって観戦できずにいたので、琉球のチームジャージを着たサツさん・コミさんを生で見るのは今日が初めて。
また琉球のベンチ入りメンバーの約半数が“知ったカオ”なので、試合前のピッチ内練習で琉球側を見ているとそこだけ旧南長野にタイムスリップしたみたいで何だか不思議な気持ちになってくる。

ただ、そんな懐かしさあふれる今日の試合だがいつまでも郷愁に浸ってばかりもいられない。
ここまで非常に厳しいチーム状態の中でも前節に今季初勝利をあげて徐々に良い流れになってきているだけに、ここでJFLからの対戦成績が未だ無敗と相性が良い琉球を叩いて更に勢いに乗っていきたいところだ。
新生・南長野初勝利をかけた因縁の対決、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(1-0・1-1)1 FC琉球
s-DSC_4402.jpg

古くからの琉球サポには『FC琉球パルセイロ』と揶揄されるくらい元パルセイロ選手が多くて内心複雑な方も多いかもしれないが、3年ぶりに見る琉球はパルセイロOBの中でも特に運動量が多く積極性のあった選手を招き入れたせいか、以前のようにビッグネームがいるもののどこか“もっさり”した印象だったチームとは見違えるほど動きが良く、本当にウチのコピーを見ているような・・・いや、むしろ今現在のウチよりも軽快でテンポよくボールを回してきており、同じような戦術ゆえにほぼ互角の戦況ながら時々ヒヤッとするような場面も見られた。
s-DSC_4499.jpg

しかし、そんな五分五分ながら僅かに琉球が優勢の中、先制したのはパルセイロ。
前半15分、#14金久保彩がサイドを駆け上がりゴール前のいいところにクロスを上げるも、そこに走り込む味方はおらず相手にクリアされる・・・と思いきや、クロスボールに勢いがあったためかノートラップで処理しようとした(琉球の)#4浦島貴大がボールをこすりあげる形になってしまい、逆回転で高く上がったボールがそのままゴールに吸い込まれるオウンゴールで、ウチとしては本当にラッキーな形での先取点となった。
s-DSC_4457.jpg

このゴールで選手達の気持ちも楽になったか、その後は幾分ウチの動きも良くなって一進一退の攻防を繰り広げたまま前半終了。
そして、何とか早いうちに追加点が欲しい・・・と思っていた後半11分に得たコーナーキックのチャンス、ファーサイドに伸びたボールをゴールラインを割るギリギリのところで#15西口諒がヘッドで折り返し、ゴール前に上がったボールに猛然と走り込んできた#7佐藤悠希がヘッドで合わせて待望の2点目をゲット!
s-DSC_4544.jpg

これで見ているこちらもかなり勝利を確信できた感じだったが、終盤には相手に攻め込まれる時間が長くなり、アイディショナルタイムに入ろうかというところで自陣ゴール前の混戦から(琉球の)#3川邊裕紀に押し込まれて失点を喫し、何とか記念すべき新生・南長野での初勝利をあげたものの、何となく“画竜点睛を欠く”といった感じの少々締まりのない終わり方になってしまった。

今日は最後の失点に象徴されるように、一応勝つには勝ったけど先日のレディースの試合のように終わった後でスカッとした気分になれない、歓声よりもため息が先に出てくるような素直には喜べない内容だったというのが正直なところだ。
確かに琉球はパルセイロOBが多いし指揮官やコーチも元パルセイロなので手の内を知られているところもあるし、前記のようにウチにいた頃から前へ向かう意識の高かった選手ばかりなのでやりづらい面もあるかもしれないが、それにしても(琉球の)#7田中恵太や(琉球の)#17松尾昇悟らの気迫に対して受け身になってしまう場面もたびたび見られ、全体的に相手より消極的だった印象は否めないし、今日も余計なファールでイエローカードをもらう場面が見られ、開幕から守備陣を中心にカードの累積が多いのも気がかりだ。
s-DSC_4502.jpg

ただ得点シーンに関しては、1点目はラッキーなオウンゴールだったとはいえ金久保選手のセールスポイントである鋭く正確なクロスが見られたし、2点目はコーナーキックのボールを何とかして生かそうという西口選手と臆せずゴールめがけて飛び込んできた佐藤選手のゴールへの執念が生んだ価値ある得点であり、全体的な内容はまだまだ芳しくなくともそういった泥臭い得点で勝利という結果につなげられた点は高く評価してやりたいと思う。
また不安視されたディフェンス面も、2年目の#20都並優太が思い切ったチェックや親父さん張りの果敢なオーバーラップを見せるなど、まだまだ粗削りな部分はあるもののチームのために体を張って頑張っている様が見られたのは収穫だった。
s-DSC_4587.jpg

確かに怪我人も多い中で残った選手達のプレッシャーも大きく、また首脳陣の要求も去年より高度になっている中でまだまだ自分達の思うようなサッカーができずに苦しんでいるのが手に取るように分かるが、そんな中でも今日のようにしぶとく勝ちを拾っていくのが大事だろう。
とにもかくにも、今日は勝手知ったる難敵相手に勝利という最高の結果を収める事ができて本当によかった。

次節はアウェイでY.S.C.C.横浜との対戦。
このカードのプレビューで自分は毎回しつこく書いているが、相手はクラブの性格上基本的にアマチュア中心で選手層も他のクラブより薄いところがあるものの、それを補って余りあるくらいの強いメンタルを持ったチームであり、ウチはそんな相手の気迫に押し負けてしまうところがしばしば見受けられ、去年は1勝2分と勝ち点を大きく失い優勝を逃した大きな原因の1つとなった。
そんな非常に厄介な相手ではあるが、優勝&昇格が至上命題の今年のウチとしてはそんな好き嫌いなど言っていられない。
今年のYS横浜はここまで2勝2敗で6位タイとまずまずのスタートを切っているだけに、今度の対戦も厳しい内容となる事は避けられないと思うが、これもこのカードで口を酸っぱくして言っているように絶対に気持ちの面で相手に負ける事なく、去年のリベンジの意味も込めて「何が何でも勝って帰るんだ!」という強いメンタルで戦ってきてほしい。
s-DSC_4629.jpg


そして・・・

プレナスなでしこリーグ2部2015第2節@東京都・駒沢オリンピック公園陸上競技場
スフィーダ世田谷FC 0(0-1・0-1)2 AC長野パルセイロ・レディース

昨日行われたレディースの試合は、前半15分に訪れたPKのピンチを#1池ヶ谷夏美が止め、前半42分に#14泊志穂が先制し、後半6分に#10横山久美のフリーキックが相手のオウンゴールを誘って追加点を決め、今節から始まる第1クールの山場・世田谷~相模原~日体大と続く強豪チームとのアウェイ主体の3連戦第1ラウンドを獲る事ができた。
昨日はゴールした時間帯が前半終了間際と後半開始早々という相手をヘコませるには最高の展開だったし、開幕戦で豊富な運動量を見せ積極果敢な姿勢を強くアピールしていた泊選手の移籍後初ゴールに、スーパーエースの横山選手は自身のゴールこそ無かったものの全得点に絡む活躍で、守っても守護神・池ヶ谷選手のPKセーブを始め強敵・世田谷をシュート数6本の無失点に抑える事ができ、信毎朝刊の記事や公式記録のスタッツ等の文字情報を見た限りでは上々な結果だったんじゃないだろうか。
来週は2部優勝候補最右翼のノジマステラ神奈川相模原とのアウェイ戦という事で、まだまだ序盤戦とはいえ今後の優勝や昇格の行方を占う大一番となるが、あくまでもチャレンジャーとしての気持ちを忘れずに思い切ってぶつかっていき是非とも勝利を、そしてたとえ勝てなくても今後の対戦や優勝争いにプラスとなるような有意義な内容の試合になる事を期待している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
世田谷戦も応援に行きました。
かつて仰ぎ見るだけの存在だったスフィーダに良い内容で勝利出来ました。挨拶に来たノジマサポの人曰く牧井選手にびっくりしたそうです。
ノジマはサポの雰囲気もいいので怖いです。
来週ノジマ戦はなでしこ二部最大の注目試合となりますので、よろしければ久しぶりにぼーさんの顔を拝見出来たら嬉しく思います。
2015/04/06(月) 18:34:43 | URL | 二度寝 #-[ 編集]
祝・南長野初勝利
とにもかくにも、勝ってくれて本当に良かったです。
調子が良くなくても、粘り強く・泥臭く、どんな形でも勝ち点3を獲り続ける事が大事だと思います。
今季は、ただただパルセイロの勝利だけを願ってます。
だから自分としては、目の前で決まった佐藤選手のゴールを見れただけで大満足です。
レディースもしっかり勝ってくれたし、ファンにとっては最高の週末になりました。
おっしゃる通りノジマ戦は最大のヤマ場です。
自分も是非とも応援に行きたいと思ってます。
2015/04/06(月) 20:29:23 | URL | レディースファン #-[ 編集]
二度寝様
世田谷戦の応援お疲れ様でした。
本当にちょっと前までは、雲の上・・・とはいかないまでもかなり高い存在だった世田谷相手に快勝できるなんて嬉しい限りですね。
そして観戦に来られたノジマサポ、牧井選手に目を付けるとはさすがです。
自分も開幕戦での牧井選手の成長のスゴさには目を見張ったし、和田・市川選手も含めた『95年生まれ同級生トリオ』には大きな期待をかけています。
来週のノジマ戦は本当に大事な一戦だし、翌日は横浜でトップの試合もあるので泊りがけで遠征できたら最高なんですが、何せ今シーズンを始めるためのサポとしての“必要経費”がかさんだうえ、クルマ関係を中心にその他の出費も多くてフトコロに季節外れの寒風が吹いているので、残念ながら今回はお留守番の予定です。
シーズンも押し迫ったところでの勝負どころでは借金してでも馳せ参じる所存ですので、今回は自分の分まで応援よろしくお願いします!

レディースファン様
美濃部監督もこぼしていたように内容的には厳しい試合でしたが、おっしゃる通り今はどんな形でも勝ち点3を積み重ねていく事が大事ですよね。
西口~佐藤の執念のゴールに象徴されるように、これからも泥臭く貪欲にゴールを狙い結果を出していってほしいものです。
来週のノジマ戦、上記のように薄給の自分は泣く泣く欠席させていただきます。
本当のヤマ場はもっと先にあるハズなので、その日のために今はコツコツ貯金に励みますので、そんな哀れな自分に代わってアウェイの地で選手達を熱い声援で後押ししてやってください。
朗報を待っています!!
2015/04/06(月) 22:01:13 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.