ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
BCL2008 vs富山1回戦@県営上田野球場
なかなか波に乗れないセローズだが、今日は家を出る前から勝てるような予感があった。

(予感その1)
朝起きてたまたま見ていたテレビの星占いで、自分の星座(おひつじ座)の運勢が最高だった上に、ラッキーカラーが『赤』だった。
(予感その2)
菅平を越えて上田入りしたが、山越えの途中でホンモノのカモシカ(特別天然記念物)と遭遇した!(こちらはクルマを運転していたので証拠写真は撮れなかったが、決してウソじゃありませんヨ!!)
(予感その3)
試合会場が、去年チーム初勝利&それまでなかなか勝てなかった富山戦初勝利とゲンがいい上田県営球場。

そして結果は、これらの予感がズバリ的中し、今季初対戦となる富山に以下の通り快勝!

  富山TB : 000 010 000 = 1
  信濃GS : 100 020 01X = 4

今日の先発は、もはや『土曜日の男』となった感のある#32高田。
これまで4試合に登板し、そのうち2回完投、防御率1.08と申し分の無い成績ながら、毎回相手チームのエースとぶつかり、また味方の援護が全くもらえず0勝1敗と勝運に見放されているだけに、今日こそは何とか勝たせてあげたいところ。

その高田が初回に3者三振と上々の立ち上がりを見せると、その裏に味方打線も奮起し、2死から3番#1大村、4番#3渡辺、5番#44村上の連打で1点先制する最高の展開。

このまま波に乗りたかったが、今日の高田は彼にしては制球に苦しみ、球審の判定にも泣かされてリズムに乗れず、また打者も富山先発の#48小山内(おさない)独特のスローカーブをなかなか攻略できず、試合はこう着状態に。

そして5回、遂に連打で追いつかれ、「またしても勝てないのか・・・」というイヤな空気が流れる。

しかし、今日のセローズ打線は頼もしかった。
追いつかれたその裏に、「何とか高田に白星を」との思いが通じたのか、1番#4市川がレフト線上にポトリと落ちる執念のヒットで出塁すると、2番に座った頼れるキャプテン#13今井がレフトへ勝ち越しのツーランホームラン!!!
s-写真00027

この今季チーム初となるアーチで一気に盛り上がったセローズは、8回にも戦列に復帰したポイントゲッター#1大村のタイムリーで1点追加し、また高田も後半持ち直して見事完投し、今日の青空のようにスカッと気持ちよく勝つ事ができた。

今日のヒーローインタビューには、ホームランの今井と、大活躍だった大村・渡辺・村上のクリーンアップが呼ばれ、最後に高田がお立ち台に立って「やっと勝てました!」と感情を込めて言うと、横で聞いていた4選手が高田に深々と頭を下げて「申し訳なかった。」と謝る場面もあったが、とにもかくにもようやく高田に勝ち星が付いて本当に良かった。
s-写真00067

対戦相手の富山は、去年はリーグ髄一の重量打線で恐れられたが、その中核をなしていたクリーンアップのうち、プレーイングコーチだった宮地がNPBソフトバンクの育成担当となり退団、井野口は出身地である群馬へ移籍、また去年の本塁打王の野原も今年はまだホームランが出ておらず、去年のような怖さは感じなかった。

明日は同じ富山とアウェイで対戦するが、打の柱である大村と守の柱である#7泰楽がケガから復帰してメンバーも揃いつつあるし、今日の快勝で今度こそ波に乗って、是非とも連勝してもらいたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.