ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
明治安田生命J3リーグ2015第7節 vsレノファ山口FC
昨日に引き続き南長野は絶好のスポーツ日和、しかも今日は本当に雲一つない抜けるような青空が広がり、しかも自身3週間ぶりのトップチーム観戦という事で会場に向かいながらワクワクしている気持も確かにあったのだが、それ以上にこの試合前の自分の率直な気持ちは一言、「あ゛~、やりづれぇ~~!!」

なにせ今日の対戦相手のレノファ山口は今季J3初参戦の昇格チームながら、ここまで鳥取や富山といったJ2経験チームをも撃破、更に第2節のJ-22戦では8-0というアホみたいなスコアを叩き出すなど5戦負けなしで首位街道をひた走っており、5戦中4戦がホームゲームというアドバンテージはあったものの、間違いなく今現在のJ3の中で最も勢いのあるチームだといえる。
オマケにウチは春のキャンプで山口と対戦して1-3(45分×4本)で敗れており、山口さんサイドからすれば昇格組で“怖いものなし”のところにもってきて、ウチに勝った実績もあるから去年2位の“強豪チーム”(あ、一応ウチのことですが何か?)と対戦するというプレッシャーもあまり感じてないんじゃないかと思う。

その一方、ウチは1分1敗の後は3連勝と結果は上向いてはいるが、内容的にはまだまだ本調子には程遠いものがあるし、とにかく優勝&昇格が至上命題となっているウチとしてはこういった“イケイケドンドン”なチームとの対戦は一番厄介だ。

あ~ぁ、せめて前節で山口の連勝記録が止まっていてくれたら少しは気持ちも楽になったのに・・・
今日は地上波の中継もあるし、これで“新参チーム”に負けちゃったらとんだ赤っ恥になるぞ・・・
思えばウチがJFLに上がった年は、既存のJFL強豪チームの選手やサポはウチに対して今日の自分と同じような感情を抱いていたのかもしれないな・・・(遠い目)

などと、歳のせいかネガティブな方向にばかり気持ちが行ってしまうが、そうはいっても崇高な目標に向けて走り続けるウチとしてはこんなところでつまずいている場合じゃないし、仮にここで勝ち点を失ってしまえばこの先山口さんの尻尾を捕まえるのに相当苦労するだろうから、ここは是が非でも勝利をおさめ相手の勢いに待ったをかけなければならない。

ホームチームとして、昨季のJ3上位チームとして、そしてオレンジの先輩としての意地を見せて難敵を撃破する事はできたか、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(2-1・0-0)1 レノファ山口FC
s-DSC_4970.jpg

試合は開始直後にいきなり動いた。
キックオフから2~3プレー後、GK#31田中謙吾の長いフィードを#11土井良太が長身を生かして頭で前方にすらし、それを拾った#13勝又慶典がワンタッチで相手GKをかわして無人のゴールに流し込む、まさに電光石火の早業でパルセイロが先制!
自分も開始直後でまだ試合に気持ちが入り切る前の出来事だったのでビックリしたが、とにかくこれで試合前に抱いていた『やりづらい』という気持ちがかなり薄らいだ。
s-DSC_4808.jpg

しかしそこは勢いのある山口、ダテに5連勝している訳じゃない。
前半14分にスルーパスで裏を取られてゴールを許し同点にされてしまう。
この場面はウチのDFラインも一斉に手を上げてオフサイドをアピールしていたし、自分も「はい、オフサイド~・・・」と安心して見ていたが副審は旗を上げず主審も笛を吹かず、それゆえゴールが決まっても悔しいというより何だかキツネにつままれたような何とも腑に落ちない感じ。
ただ帰宅して録画しておいた中継の映像を見てみたら、確かにギリギリのところでオフサイドになっておらず、完全に相手に一本取られたような手痛い失点だった。

そしてこのゴールで勢い付いたか、その後は山口が攻勢を仕掛け、一方のウチは相手の勢いに押されて受け身になったり中途半端なパスをインターセプトされてしまったりとやや劣勢の時間が続いたが、前半21分に得たコーナーキックで#14金久保彩が蹴ったボールに猛然と走り込んできた#20都並優太がドンピシャ頭で合わせてゴール左隅に突き刺し、再びパルセイロが勝ち越し!!
自身Jリーグ初得点となる値千金のゴールを決めた都並は、そのまま沸き返るゴール裏に向けてジャンプしながら派手なガッツポーズを決め・・・たと思ったらゴールネットを張る支柱にぶつかってズッコケてしまった(下の連続写真参照・・・って、そこはスルーしてやれよ。。。)のはご愛嬌だが、すぐに立ち上がってスタンドに向かいサポと喜びを分かち合うあたり、去年まで20番をつけていた野澤選手をほうふつとさせるサポのハートを掴むナイスパフォーマンス。
こりゃノザが去った後の“お祭り男”後継者は優太で決まりかな?
s-DSC_4896.jpg
s-DSC_4898.jpg
s-DSC_4900.jpg
s-DSC_4904.jpg
s-DSC_4913.jpg

このゴールでスタンドも再び元気になって雰囲気が良くなると、選手達も活気を取り戻してボールがよく前に動くようになり、また山口もこれまでの勢いそのままにガンガン当たってきてボールを奪おうと応戦し、両者の強い気持ちが正面からぶつかり合う緊迫した展開が続いて見ているこちらの方も自然と力が入ってくる。
s-DSC_5060.jpg

それにしてもレノファ山口というチーム、前々からウチのようにパスを繋いでくるチームカラーだとは聞いていたが、本当に小気味よくボールを回してきてポゼッション的にもウチと互角かヘタしたらウチよりポゼッション率が高かったんじゃないかと思わせるほどだったし、守備でも“喰い気味”にプレスを仕掛けてきたり隙あらば積極的に裏へとスルーパスを送るなどウチが嫌がるようなプレーも随所に見せ、ここまで連勝してきたのも決してフロックではないと納得できるくらい良いチームだ。
s-DSC_5042.jpg

そんな山口との試合は後半になっても流れはほとんど変わらず、攻守がめまぐるしく入れ替わり球際での攻防も激しい手に汗握る展開となったが、それぞれチャンスは掴むもあと一歩及ばずこう着状態のまま時間が進み、5分という長いアディショナルタイムをしのいでそのままタイムアップとなり、全勝だった首位・山口に待ったをかける嬉しい勝利を飾る事ができた。

今日の試合はスタメンの選手も途中出場した選手も「絶対に勝ってやる!」という強い気持ちがひしひしと伝わってくるようで、積極的に攻撃を仕掛けてくる山口に対して気持ちで負けておらず、戦前に自分が抱いていた「やりづらい・・・」という不安が全くの杞憂に終わったのが何より嬉しかった。
そしてそんな選手達の気迫に引き込まれて、今シーズンで初めて試合終了後に心から楽しかったと思えたナイスゲームだったし、自分の周りのお客さんもみなさんニコニコ笑顔を浮かべたり興奮気味に感想を話し合うなど本当に満足した様子で席を立っていた姿が印象的だった。

またチームとしても、足を痛めていた#2松原優吉が復帰して守備の安定感とロングスローによるチャンスメイクが戻ってきたし、今日のヒーロ#20都並優太は得点シーンだけでなく攻守にわたり大きな存在感を示す大活躍だったし、途中出場組では新加入の#8菅野哲也が得意のドリブルで人数をかけてプレスしてきた相手をかわしてボールキープする見せ場を作っていたし、その他の選手も自分の持ち味を出してそれぞれが随所で光るプレーを見せており、まだまだ細かいところを見れば課題も多いとは思うが、それでもここへきてチーム状態も徐々に上向いてきたようで、今後に向けて大いに期待が持てるんじゃないかと思う。
s-DSC_5135_2015042623091357a.jpg

リーグ戦は今日から5月10日までの2週間で5試合を戦うというゴールデンウィーク期間中の強行軍に突入し、次節は中2日で福島ユナイテッドFCとのアウェイ戦となる。
今日の福島はアウェイで鳥取に勝利するなど、開幕戦で敗れた後は3勝2分で黒星無しと好調なので、順位的にはウチより下位とはいえ決して楽な試合にはならないと思うが、ウチも今日の勝利で気持ち的にも乗っていけるんじゃないかと思うし、怪我人も復帰してきてチーム状態も更に上がってくるものと期待しているので、敵地でも今日のような強い気持ちで試合に挑み、是非とも勝利を掴んで勢いを加速させてほしい。
s-DSC_5195.jpg

【 追 記 】
今日は本州の西のはずれという遠い地にもかかわらず山口からも熱心なサポが数多く訪れ声援を送っていたが、ゴール裏にズラッと貼り出されたダンマクの中に懐かしい名前を発見した。
s-DSC_4757.jpg

碇野壱馬(いかりのかずま)選手は2008年から2年間パルセイロに在籍していた選手だ。
選手名鑑によると2010年にレノファ山口に移籍してから守備の要としてチームをJFLやJ3昇格に導く活躍をしていたようで、今回は残念ながらベンチ入りを果たせず長野に戻ってくる事はできなかったが、せめてダンマクだけでも生まれ変わった南長野を見せてやろうというレノファサポの心意気に感謝したい。
長野時代は新卒ルーキーでプレーもたたずまいも初々しかったのを覚えているが、山口では今やチーム最古参との事で時の流れをひしひしと感じると共に、あの当時の選手が未だにJ3という地域リーグから比べたらハイレベルなカテゴリーで現役として頑張っている事を嬉しく思った次第です。
レノファサポの皆様、懐かしい名前を思い出させてくれてありがとうございます。
山口に帰ったら長野のいちサポが喜んでいたとよろしくお伝えくださいませ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
試合は勝ったしカツとユータのゴールを目の前で見れたし、(ジャッジ以外)もう言う事ないです。
「レノファを止めるのはパルセイロ」と、ある古参サポさんが言ってましたが、まさにその通りでしたね。
よくやってくれました。
ところで、帰り際に父親と来てた小学生の男の子が「今日すごく楽しかった」って言ってたのを耳にしました。
いや、本当に良い歳したおっさんがこれだけ楽しかったんだから、そりゃお子様だってめっちゃ楽しい訳ですよね。
年齢・性別を問わず、これだけ多くの人が楽しめる地元のプロスポーツチームはやっぱり最高です。
GW連戦、本当に厳しいですが、ホームで2つやれる利を最大限に生かしてGW攻勢にして欲しいです。
頑張れパルセイロ!!
そして、ぼーさんブログにまた新たなベストショットが。
ユータ最高!!
ノザさんの後継者に激しく同意(笑)
2015/04/28(火) 20:26:10 | URL | レディース・ファン #-[ 編集]
レディース・ファン様
本当にタフな試合でしたが、選手達は最後まで高い集中力で走り抜き、山口の猛烈な勢いを跳ね返したナイスゲームでしたね。
今年のトップは勝っても何となくスッキリしない試合が多かったけど、この試合は美濃部監督のインタビューのコーフン度合いが示すように内容的にも最高でした。
ゴールデンウィークのタイトな日程もおっしゃる通り3日と6日の一番キツいところをホームでやれるのはかなり有利に働くと思うし、この連戦を是非とも全勝で乗り切って今後に弾みをつけてほしいですね。
2015/04/30(木) 07:52:54 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.