ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
プレナスなでしこリーグ2部2015第8節 vsJAPANサッカーカレッジレディース(+トップ試合雑感)
今日はトップ・レディース共にアウェイゲームで、そのうちレディースはお隣の新潟県でJAPANサッカーカレッジレディースとの対戦。
自分はこのカードのアウェイ戦はJSCLがチャレンジリーグに昇格した2012年から毎年欠かさず訪れているが、今年はこれまで最も遠かった新発田市より更に離れた胎内市での開催という事でちょっと躊躇したものの、とにかく今年のレディースの試合はちょっと無理してでも是非とも見に行きたい!!・・・と思わせるほど魅力的なコンテンツという訳で、やってまいりました、新潟県は胎内市総合グラウンド陸上競技場。
ここは“テツ”的な表現を使えば新潟(正式には新津)と秋田を結ぶ羽越本線沿線という事で、同じ新潟県でも上越や長岡や新潟など信越本線沿線の街に慣れ親しんでいる者とすれば、もう東北のエリアに入ったと言ってもいいくらい遠方に来た感がある。
s-P5100044.jpg

さて、JSCLとパルセイロ・レディースの過去3年間の対戦成績は2勝1分2敗と全くの互角であり、また去年こそ2連勝したもののいずれもスコアの割には苦戦した記憶があって、トップチームが北信越時代にしのぎを削ったライバルチームという事も相まって、性別は違えども決して侮ってはいけない“曲者”チームという印象を持っている。
さすがにウチの戦力が大幅アップした今年はこれらのデータは参考にならないかもしれないけど、それならそれで相手を圧倒する試合内容が求められ、いずれにしても現在8位と低迷しているとはいえ全力で臨まなければならない相手だと思う。

連休中の初夏の陽気から一転し、海の方から冷たい風が吹き少し肌寒ささえ感じる中で行われた一戦、その結果は以下の通り。

JAPANサッカーカレッジレディース 0(0-3・0-3)6 AC長野パルセイロ・レディース
s-P5100058.jpg

前半は風下側に立ったレディースは、強い風に苦労しながらも中3日の疲れを感じさせないほど選手が良く動き上手くパスを繋いで攻め込むが、JSCLはディフェンスラインを思い切って高く上げてラインコントロールもしっかりしていたため、裏を突くスルーパスをことごとくオフサイドに取られてなかなか決定的なチャンスを作れず、思いのほか苦戦を強いられる。

しかし、「ボールを裏に通せないのならば自ら敵陣深くまで運んでいけばオフサイドにはならないでしょう」とばかり、前半22分に#22牧井毬音がサイドを駆け上がってゴールライン近くからグラウンダー気味のクロスを上げると、逆サイドに#10横山久美がフリーで詰めてきたのを見て相手DFが「アレに渡したらエラい事になる」と焦ったのか慌てて延ばした足にボールがジャストミートしてゴールに入り、オウンゴールで先取点をゲット!
これは結果的に自殺点となったが、ラッキーというより牧井と横山の2人で勝ち取った“してやったり”のゴールと言えるだろう。
【後日加筆】その後の公式記録で、このゴールは横山選手の得点に訂正されました。 自分もあれは完全にオウンゴールだと思っていたけど、『35得点で得点女王』を公言している横山選手にとっては目標達成に向けてありがたい訂正だったでしょう。

そして1点取ってしまえばこちらのペース。
前半29分には#10横山久美のコーナーキックを#3矢島由希がドンピシャ頭で合わせて2点目をゲットし、更に前半41分には#14泊志穂のクロスを逆サイドに詰めていた#10横山久美が合わせて3点目。
1点目のオウンゴールも含めて、いずれも攻撃のリズムが良くパスの出し手と受け手の呼吸がバッチリ合ったファインゴールの連発で、見ているこちらも実に気持ちがいい。
s-P5100053.jpg

このペースは後半になっても変わらず、4分には再び#10横山久美のコーナーキックから#3矢島由希のヘディングシュートで4点目。
そして何度オフサイドを取られても粘り強く裏への突破を試み、何回目(いや十何回目?)かのトライとなった#22牧井毬音のパスがようやく裏に出た#10横山久美に繋がってフリーで中央に持ち込み貫録のゴールで5点目。
更に28分には高い位置でボールを奪った#19齊藤あかねがすかさずフリーで駆け込んできた後半途中出場の#23野口美也に渡し、それを野口が落ち着いて決めて6点目と怒涛のゴールラッシュ。
守っても時折スピードに乗って攻め込んでくるJSCLの攻撃陣を初先発のGK#21林崎萌維(めい)を中心にDF陣が落ち着いて対応し無失点に抑え、最後にちょっと押し込まれて危ない場面はあったものの全体的には終始ウチのペースで試合を進める快勝と相成った。
s-P5100065.jpg

それにしても、本田監督のコメントにもあったが今日は本当にウチの攻撃陣にオフサイドが多かった。
この中の何本かはラインズマンに「本当にオフサイドだった?」と問いかけたいようなシーンもあったが、それはともかく先ほども触れたように全体的に相手のラインコントロールが絶妙で、しかもどんなに点差を離されても最後までしっかり対応しており、敵ながらDFラインの統率力はお見事だった。
また全体的にコンパクトな陣形でプレスもなかなかだったのでウチとしても中盤で落ち着いてボールを回せなかったところもあったが、去年はそういった組織的な守備に苦戦してスコアの割に厳しい試合内容だったという記憶があったものの、今日の試合はそんな中でも焦らずしっかり攻撃を組み立て結果を出しており、これはもう文句ナシの“快勝”といっていいだろう。
本田監督が指摘した通り確かにちょっと引っかかり過ぎなところはあったものの、それよりいくら笛を吹かれても諦めないで何度でも根気よくトライした選手達の意欲に拍手を贈りたいところだ。

そんな訳で今回の新潟遠征は4年目にして初めてスッキリした勝ち方で終える事ができ、はるばる胎内まで足を延ばしてよかったと大満足だった。
このカードの残り2試合はいずれも佐久でのホーム戦となるので今年の新潟行は今日で終了。
JSCLのホームゲームは同校の学生スタッフが足を運んでくれた観客に少しでも楽しんでもらおうと頑張っている手作りの運営が好ましく、毎年来るのを楽しみにしていたのだが、来年の遠征はできれば新潟市陸かビッグスワンに行きたいな(という事は、・・・・ですよね~)と思いながら家路についた次第である。
トップチームが北信越リーグを卒業した後に誕生したJSCのマスコット、ジャッピー君とジャピナちゃんともこれでお別れ・・・かな?
s-P5100054.jpg


そして・・・・

明治安田生命J3リーグ2015第11節@岩手県・盛岡南公園球技場
グルージャ盛岡 0(0-1・0-1)2 AC長野パルセイロ

レディースの会場でピッチ内練習に出る選手を拍手で見送った後、「さて、トップの方はどうなってるかな」と携帯速報をチェックしたところ、前節に足を痛めた#13勝又慶典選手がベンチ入りしておらず怪我の状態が気になるところだったが、そんな中で前半13分に#7佐藤悠希のゴールで先制したとの事でまずは一安心。
しかし、その後は何度か更新ボタンを押しても点数が動かず、「トップはまたモタモタしてるな~」なんてヤキモキしていたが、ハーフタイムに再度チェックしたところ、後半37分に#11土井良太が得点したという待ち焦がれていた嬉しいニュースが飛び込んできて思わずガッツポーズを作ってしまった。
ウチの新たな得点源として期待されながらなかなかゴールという結果を出せてこなかった土井選手だが、「古巣との対戦になるこの試合で決めてくれたら最高なんだけど・・・」なんて思っていたら、本当にやってくれましたよ!
移籍後初ゴールが去年までの自分のホームだった盛岡の地で、古巣への“恩返し弾”という形で飛び出すとは何ともドラマチックじゃありませんか!!
しかも今日は、エース#10宇野沢祐次選手が後半21分から出場し大怪我からの復帰を果たしたというもう一つの嬉しい話題もあり、試合全体の出来がどうだったかは分からないけど、今日はそういった内容をとやかく言う事より今後に向けての良い流れを作るであろう2つの朗報を素直に喜びたい。
来週はホームにブラウブリッツ秋田を迎えての一戦となるが、果たして宇野沢選手のスタメンはあるのか? そして土井選手の2試合連続得点は? と俄然興味がわいてくる。
とはいえまずはチームの勝利が先決であり、秋田も今年は町田や相模原に勝利するなど着実に力を付けてきているので、ここは気持ちを引き締めて次の試合に臨んでほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/10(日) 23:41:37 | | #[ 編集]
勝利+α
ぼーさんはじめ、遠征された方々お疲れ様でした。
自分も来年はアウェイ観戦を増やしたいと思います。
勿論、ビックスワンはじめフクアリとかノエスタとか浦和駒場とか味フィとか(笑)
と、浮かれるのはここまでにして、本田監督もおっしゃってる通り、また明日からしっかり手綱を締めて、次に向けて切り替えていきましょう。
それにしても今回は、新たな選手がピッチに立っり、矢島・野口両選手が今季初ゴールを決めたり、スーパーエースが大爆発復活と、勝利の他にも収穫が多い試合でしたね。
前節は大逆点勝利を演じてみたりと、GWの連戦を経て更にチーム力が上がったんじゃないでしょうか。
このまま成長しながら突き進んで欲しいと思います。
トップは大エースの復帰と土井選手の初ゴールと、こちらも勝利の他にもめっちゃ明るいニュースがあって、本当にめでたいです。
パルセイロ万歳!!

2015/05/11(月) 20:26:16 | URL | レディースファン #-[ 編集]
レディースファン様
JSCLとの試合は、最終的なスコアはともかく内容的には毎回拮抗した試合だったけど、今回はしっかり自分達のペースで試合を進められた快勝だったので、この点からもチームの成長度合いが良くわかります。
本当に前節の逆転勝利でもう一皮むけたような感じです。
まだ第一クールも終わっていないので先の事は分かりませんが、この調子でガンガン行ってほしいですね。
そしてトップも厳しい内容の試合が続いている中で明るいニュースが2つも飛び込んできたので、これを機に調子を上げていってほしいものです。
2015/05/12(火) 22:09:55 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.