ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
ルートインBCL2015 vs福島・前期1回戦@長野(+パルセイロ・レディース試合雑感)
4月11日の開幕から1ヶ月が経過したBCLだが、グランセローズは先週火曜日に行われたNPBオリックス2軍との交流戦(BCLでは公式戦に組み込まれている)で逆転サヨナラ勝利を演じたり、昨日のアウェイ戦では石川に6-1と大勝したりと好調を維持しており、ここまで11勝5敗2分で2位の福井に1.5ゲーム差をつけ西地区首位を守っている。

そんなセローズの今日の対戦相手は、今シーズンからBCLに参入した新興球団、ヤクルト・楽天やMLBで活躍した岩村明憲プレイングマネージャー率いる福島ホープス。
震災からの早期復興を祈念して“希望”の名を冠したネーミングが印象的な福島は、やはり新潟や群馬といった実力派チームと同地区という事もあり現在6勝9敗1分で東地区3位と“一年生チーム”として苦労しているようだが、それだけにウチとしては、ここはしっかり勝って首位固めといきたいところだ。

昨夜半から朝方までしっかり降った雨も上がって爽やかな空気の中で行われた一戦、その結果は以下の通り。

 福島HP : 203 000 000 = 5
 信濃GS : 113 000 001x= 6
s-DSC_6264.jpg

今日のセローズの先発、#16有斗(あると)・#48リリアーノと共に“先発三本柱”の一角として期待がかかる#15門中は、先頭打者を三振に仕留めたものの続く2番・3番打者に連打を許し、2死2・3塁から5番に入った#1岩村プレイングマネージャーに痛打され2点を先制される。

それにつけても岩村選手、さすがは去年までNPBで現役を張っていただけあり、打席に入れば完全に投手を圧倒する存在感でしっかりタイムリーヒットを放つあたり、他の選手とは格が違う。
岩村は第4打席でも、自分と近くにいた観客が思わず「上手い!!」と同時に口に出してしまうくらいのバットコントロールで、外角いっぱいの球に合わせて痛烈な打球を放つ流し打ちを見せ、これはサード#1大平がジャンピングキャッチしてアウトになったが、今日はこの岩村の打席を見られただけでもお金を払って来ただけの価値はあると思わせるくらいだった。
あ~、眼福眼福・・・
s-DSC_6200.jpg

って、そんな悠長なことを言っている場合ではなく、これでいきなり立ち上がりから2点を追いかける展開となってしまったが、その裏に3番#1大平がライトスタンドへソロHRを放ちすかさず1点返すと、続く2回も先頭打者の6番#24柴田のヒットを7番#31中畑がきっちり送り8番#13西田のタイムリーとソツのない攻撃で早くも同点に追い付く。
とにかく今年のセローズは少しくらい点を取られてもすぐに追い付けるだけの打線のつながりがあり、見ていて安心感がある。

しかし、振り出しに戻った3回表には簡単に2死を取った後に4番打者がヒットで出ると、再び5番#1岩村にタイムリーを許し、続く6番#29広瀬にツーランHRを打たれてしまう。
このホームランは力のない球が真ん中に入ったおあつらえ向きのホームランボールで、岩村選手に二度もタイムリーを打たれて気落ちしたのか、門中投手の完全な失投だった。
s-DSC_6203.jpg

せっかく追い付いたのにすぐに突き離される悪い流れで、去年までのセローズならこのままズルズルいってしまうところだったが、どっこい今年は一味違います。
その裏に1死2塁から、こちらも再び3番#1大平が第1打席とほとんど同じ弾道を描いた2打席連続HRを放つと、続く4番#66レイエスが打ち急がず四球を選び、5番#55平田が一塁線を痛烈に破るタイムリー。
2回の下位打線による効率的な得点での同点劇に続き、この回はクリーンナップ3選手がしっかり仕事をしてあっという間に再度同点に追い付いた。
s-DSC_6212.jpg

と、ここまでは取って取られてのスリリングな展開だったが、4回以降は両チームの投手陣がそれなりにランナーは出すものの要所で踏ん張り無得点が続く。
セローズは#15門中が4回以降立ち直って6回を投げ切り、後を受けた元オリックスドラフト1位の#19甲斐が力のある投球で1回2/3をしっかり抑え、そこから福島打線に左打者が続くという事で起用されたサウスポーの#23中根もピンチは招いたものの何とか9回まで無失点で投げ切れば、一方の福島も8回に兼任コーチで元巨人ドラフト1位の#7真田が登板するなど必死の継投で対抗する。
s-DSC_6240.jpg
s-DSC_6258.jpg

そして、両チーム共にヒットの数が多いにもかかわらず思いのほか試合の進行が速くて3時間20分の制限時間にも十分余裕があり、延長戦も視野に入れ始めた9回裏、1番から始まる好打順となったセローズは、その1番#0渡嘉敷が出塁すると2番#7永冨がきっちりバンドで送り、押せ押せムードの中で今日2HRの3番#1大平がライト前に弾き返し劇的サヨナラ勝利!!
3安打2HR4打点とバカ当りだった大平選手は、打球が飛んだ瞬間に一斉に飛び出してきたチームメイトから揉みくちゃにされる手荒な祝福を受けていたが、今日の大平選手ならどんな事をされても笑って許してくれるだろう。
自分もセローズのサヨナラ勝ちを見たのは、記憶が確かならまだBCL発足2年目くらいに一度あっただけで本当にご無沙汰だったが、いや~、久々にコーフンしてしまいました!!!
s-DSC_6269.jpg

今日の試合は何と言っても大平選手のバッティングに尽きるが、その他の選手も塁に出るべき選手がしっかり塁に出て、送るべき選手がしっかり送り、決して打ち急がず選ぶべき球は中途半端に手を出さず四球を選ぶなど、打線がしっかり“線”として機能していたし、守備でもファインプレーが飛び出すなど投手を盛り立て、それに応えて登板した3人の投手がどんなに攻め立てられても最後まで気持ちを切らさず自分の責任を果たしてくれ、とにかく今年のセローズは選手達が気持ちに余裕を持ち自信を持ってプレーしているように見える。
また岡本監督もさすが投手出身だけあって、ピンチになった時に絶妙のタイミングでマウンドに行き投手を激励していたし、守備走塁担当の松井コーチも要所でベンチから守備位置の指示を出すなど、投・攻・守+ベンチと全てがうまく噛み合ってチーム自体がとてもいい雰囲気で試合ができており、ここまでの好調ぶりも大いに納得ができる。
s-DSC_6261.jpg

今日は前期37試合中19試合目という事でちょうど折り返し地点を過ぎたところであり、また1.5ゲーム差で2位の福井はウチより消化試合が2つほど少ないので、前期優勝にはまだまだ予断を許さない状況ではあるが、今の良好なチーム状況をキープしてこのまま首位を突っ走っていってほしい。
s-DSC_6286.jpg


そして・・・

プレナスなでしこリーグ2部2015第9節@愛媛県・総合運動公園球技場
愛媛FCレディース 0(0-3・0-1)4 AC長野パルセイロ・レディース

レディースの今日の対戦相手・愛媛FCレディースは現在勝ち点13でASハリマと共に上位3強に続く“追走集団”を形成しており、遠方のアウェイ戦という事もあって果たしてどんな戦いぶりになるか・・・と少し気を揉んでいたが、スタッツを見た限りではシュート数で20-4と圧倒しての大勝という事でまずはよかった。
得点経過を見ても、#10横山久美が2試合連続ハットトリックで総得点12点と得点ランクでも早くも独走状態となり、また横山のコーナーキックから#19齊藤あかねが得点したという事で、去年のウチの得点パターンの“テッパン”だった横山選手のコーナーキックからのゴールも最近また増えてきて、いよいよ首位快走に加速が付き出したかな・・・という感もある。
まぁ、前半は18分・22分・39分と順調に得点を重ねていたのが後半は前半以上のシュートを打ちながら34分の1点だけというのが少し気になるが、相手だってホームでこれ以上点を取られまいと必死だっただろうし、これ以上望むとバチが当たるというものだろう。

これでレディースは第1クールの9試合を終え、8勝1分0敗・勝ち点25・得失点差+28で、2位のノジマステラに勝ち点で7ポイント、得失点差で13点の差をつけ堂々首位を快走。
途中、当時無失点だったウチが無得点で最下位だった福岡に点を取られ引き分けに終わるという誤算があったが、それを加味したとしても開幕前には予想だにしなかった最高の結果となった。
ただ、対戦が一回りしたという事は相手のスカウティングもそれだけ進んでいるし、ここから先は全てのチームから追われる立場となるだけに、そういった状況が初体験となるレディースにとっては相手の厳しいマークとメンタル面でのプレッシャーという新たな課題が出てくる事になるだろう。
また、スーパーエースの横山選手が2週間ほど代表合宿でチームを離れるという不安要素もある。
でも今のレディースにはそういった重圧をはねのけられるくらいの勢いがあるし、チームも去年ほどは横山選手に頼り切りではなくなってきたので、エース不在のハンデも必ずや克服できるだろう。
選手達はここからまたリーグが開幕すると思って初心に帰ってしっかり気持ちを引き締め直しつつも、ここまでの試合で得てきた自信を胸に引き続き快進撃を続け、次の一巡は優勝に向けての確かな足場を作るクールとしてほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
来週は女子サッカー祭り
第1クール、8勝1分・失点わずかに3。
本当に素晴らしいの一言です。
このまま最後まで走り続けられるよう、応援あるのみです。
昨日の試合に関しては、スタッツを見る限りでは、いよいよスーパーエースと司令塔のコンビネーションが機能し始めたようで、勝利以上の成果があったと思います。
これは、監督はじめ、本人達が最も望んでいた形でしょうから。
代表レベルの2人のスーパープレー、1部リーグが中断してる間、見られるのはパルセイロレディースだけです。
そんな訳で来週の南長野は、24日にレディース、26日になでしこJAPANと、まさに女子サッカー祭りでワッショイです(笑)
2015/05/18(月) 22:56:47 | URL | レディースファン #-[ 編集]
レディースファン様
シーズン開幕前には、誰がこの快進撃を予想したでしょう。(してなかったのはオレだけかな。。。苦笑)
負け無しという事はもちろんですが、それより失点が3つだけというのは特筆もので、ここまで素晴らしいチームを作り上げた本田監督の手腕と、それに応えて申し分ない内容でしっかり結果を出してきた選手達には脱帽です。
去年まではレディースの結果がニュースで取り上げられる事もなかったのに、今年は映像付きで流されるようになったし、長野にいながら女子サッカーのこんなに面白い試合が見られるなんて本当に幸せですね。
第2クールもこの成績に満足する事なくさらに上を目指して頑張ってほしいし、我々も選手達が気持ちよくプレーできるよう精一杯応援して盛り上げていきましょう!
2015/05/20(水) 13:49:39 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.