ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
明治安田生命J3リーグ2015最終節 vsFC町田ゼルビア
長かった今年のJ3リーグも遂に最終節。
今年は既に前節で昇格への道が閉ざされたのでちょっと気持ちも重くなりがちだったが、そんな思いを吹き飛ばすかのように、このタイミングで満を持してパルセイロのマスコットが発表された。
今朝の新聞にドーンと全面広告で発表された、その名も『ライオー』!
必要以上に細かいキャラ設定がチャームポイントです。
s-DSC_0214.jpg

そして試合前の『パルセイロTV』で三次元の着ぐる・・・あ、いやいや、ご本人様も登場したが、首元のリンゴの花のペンダントがオシャレな、なかなかのイケメン君じゃあーりませんか。(系統的には、シュッとした顔立ちや切れ長の目元あたりが、今日の対戦相手・町田さんちのゼルビー君と通じる雰囲気ですな。)
今日はデビュー日という事で動きも少々ぎこちなく、選手入場後の写真撮影の時もどこか所在無げな感じだったけど、これから中のひ・・・あ、いやいや、ご本人様もこの雰囲気に早く慣れて、群雄割拠のJリーグマスコット陣の中でも存在感を放てるよう頑張ってほしいものだ。
s-DSC_0206.jpg

さて、本題の方に目を向けると、本当だったらお互い優勝と昇格を賭けた天王山になるハズだったこのカードだったが、ウチが不甲斐なかったばかりに開幕前のアテが大きく外れてしまった。
ただ、新生・南長野総合球技場の記念すべき初年度の最後を飾るホームゲームに相応しく、ここは何が何でも気持ちを見せて優勝を狙う町田に抵抗したいところ。
今季初めてアウェイ側ゴール裏がぎっしり埋まり、両チームのサポの声がぶつかり合う最高の雰囲気の中で行われた最終戦、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(0-0・1-1)1 FC町田ゼルビア
s-DSC_0239_201511232042317b3.jpg
s-DSC_0236.jpg

実力伯仲な宿敵どうしのガチンコ勝負という事で、試合は序盤からお互い激しく体をぶつけてボールを奪い合う緊迫した内容だったが、町田が勢いよく攻め込んでくるのに対して、ウチもそれなりに応戦するものの、全体的にはそんな相手のボールを跳ね返すのに精一杯で、攻撃も低い位置からロングボールを放り込むだけで効果的に前線に繋がらないケースが目立ち、やはり優勝を狙っているチームと目標を失ったチームの差が出たのか・・・と思ってしまう。
s-DSC_0291.jpg

それでもウチも徐々に動きが良くなってきて相手ゴールに迫る場面も出てきたが、お互い決め手に欠けたまま前半終了。
やはりこのカードはいつ見ても緊迫感があり、今日も息詰まるような攻防で時間の経過がものすごく早く感じられた。
そしてふと気になり携帯速報をのぞくと、町田と勝ち点で並ぶ首位の山口が鳥取に1点リードされている。
前半を見た限りではウチも引き分けに持ち込むのが関の山かな~という感じだったし、これはいよいよ町田がここで優勝を決めるのか!?
s-DSC_0253.jpg

そして迎えた後半は、ウチも課題がうまく修正されたのか前半に比べて連携もよくなり、良い形で攻め込む場面も多くなってくると、後半19分、#28パク・ゴンの絶妙なスルーパスに上手く抜け出した#7佐藤悠希がフリーで打ったシュートが決まってパルセイロが先制!
本当に「ココしかない!」というような見事な連携で町田の壁を打ち破り、青く染まった向こう正面のスタンドを黙らせた。
と、同時に携帯速報の更新ボタンを押すと、ほぼ同じタイミングで山口が得点して同点に追いついているではないか!
この時点で優勝は再び山口に傾いた。 まったくどーなってるんだ、今年のJ3は・・・(←もはやウチの事より優勝の行方に関心が移っている、パルサポの風上にも置けないバカヤロウ約1名。。。)
s-DSC_0389.jpg

正直なところ試合前は、いや、ウチにゴールの匂いが感じられなかった前半終了までは、自分も心の隅に「町田さんに花を持たせてもいいかな」なんて考えがあったが、こうして先制したら話は別。こうなったら何とかこの1点を死守して逃げ切ってほしいと願っていたが、世の中そんなに甘くない。
優勝のためには絶対に負けられない町田が意地を見せ、後半29分に相手のエース・#9鈴木孝司に見事なヘディングシュートを決められて試合は振出しに戻された。
それにしてもさすがはエース。 敵ながら鈴木選手のここ一番での決定力にはいつも唸らされる。

その後は勝って優勝を決めたい町田とホームでの最終戦を白星で締めたいウチとの意地と意地のぶつかり合いで、火花が散るような白熱の攻防に時間が経つのも忘れて見入ってしまい、「今日の入場者数は7,317名でした」というアナウンスに「えっ、もうそんな時間?!」と驚いてしまうほどだったが、なかなか試合が動かずに4分間のアディショナルタイムもあっという間に過ぎ去り、引き分けのまま試合終了。

その少し前の携帯速報では再び鳥取がリードしており、終了の笛が鳴った直後からしばらくはあちらの最終結果が分からず場内が水を打ったようにシーンと静まり返っていたが、そのうち貴賓席の町田関係者が喜び出し、ベンチからも選手達が歓声を上げてピッチに入ってきた。
これは山口が負けて町田が劇的な大逆転優勝を決めたか? こりゃ素晴らしい。優勝オメデトーとホーム側の観客からも拍手が起こったが、そのうち選手達の喜びがトーンダウンし、ピッチにへたり込んでしまった。
あれっ?と思って携帯速報を更新すると、なんと6分間という異常に長いアディショナルタイムの終了間際に山口が再び追いついて引き分けという結果に。
その直後に場内でもあちらの結果を知らせるアナウンスがあって町田の2位が確定し、選手やサポの歓声もヌカ喜びに終わってしまった。 なんじゃそりゃ!!
それにしても今シーズンはウチも町田もレノファ山口というチームに最初から最後まで振り回されっぱなしだった。
本当にレノファってヤツはどれだけ“ジェットコースター”なチームなんだ・・・
s-DSC_0421.jpg

そんな訳で、これまで一度も経験した事のない、何とも言いようのないビミョーな空気の流れるシーズンの終わり方になってしまったが、とりあえず今日の試合に関しては高いモチベーションで向かってくる相手に屈する事なく堂々と戦い、“有終の美”とはいかなかったけど満足いく形で引き分けに持ち込めたのは高く評価したいと思う。
欲を言えば追加点を取って勝ちたかったし、更に言えばこれだけの気持ちの強さをもっと早い時期から見せてくれたら今頃は・・・とも思うが、もう過ぎてしまった事なのでこれ以上の言葉はグッと飲み込んでおこうと思う。
s-DSC_0404.jpg

待って待って待ち続けたJ1規格の、それも全国のサッカーファンに胸を張って自慢できるだけの素晴らしいホームスタジアムができた今シーズンは、周囲の期待とは裏腹に主力の相次ぐリタイアや監督交代など辛く苦しい場面だけが頭に残る形となってしまい、悲願のJ2昇格もまた来年以降にお預けとなってしまったが、今日の転々とした優勝の行方も含めて、勝負のアヤとかリーグ戦の厳しさ、一つの勝ち点や一つのプレーの大事さを嫌というほど教えられた、とても勉強になった1年だったと思う。
これまでは成績は満足していたのにスタジアムの不備で昇格できず、いざ環境が整ったら成績が及ばずにまたしても夢を取り逃がしてしまうとは何とも皮肉な結果だが、今年の悔しさを糧にしてオフの間にチーム体制を立て直し、また来年いい形で悲願に向けてチャレンジしてほしいと思う。
とにもかくにもトップの選手、スタッフの皆様、今年1年間の激闘、大変お疲れさまでした!
s-DSC_0431.jpg

それから町田ゼルビアの選手、スタッフ、サポーターの皆様。
来るべき大分トリニータとの入替戦は、必ず勝って是非ともJ2返り咲きを実現させてください!
今度対戦する時は、お互い袖口のリーグロゴに付いている盲腸みたいなヤツが取れた形でやりましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日の南長野の雰囲気はいつもと違って異様な感じでしたね。
管理人さんが言う通り、あっという間に時間が過ぎた気がします。
そして、最後貴賓席の誰かが喜びだしたのは私にも聞こえました。
あれは罪作りな出来事でしたね。
私も町田にはJ2に上がっていただいて、また再来年J2で再会すればいいかなって思います。
大銀ドームにも行ってみたいですしね。
2015/11/23(月) 22:19:03 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
某コテ様
相手はただでさえJ3の中では動員力があって声も大きな町田である上に、優勝がかかっているとなればなおさら気合が入ってきますよね。
あのサラウンド感は本当に最高の雰囲気でした。
あのヌカ喜びは、なんでもどこかの携帯サイトが鳥取リードのまま“試合終了”の表示を出す誤報があったみたいですね。
これぞまさに『人騒がせ』ってヤツですな。(苦笑)
町田は我々が北信越でウロウロしている時代には“地域リーグの雄”として憧れの存在だったけど、こうやって宿敵として何度も対戦できて光栄でした。
せっかくのチャンスだし、是非ともJ2に昇格してほしいものですね。
2015/11/24(火) 21:50:27 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.