ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2008第5節の結果
HFL第5節の結果は以下の通り。

   ・ AC長野パルセイロ 1-1 JAPANサッカーカレッジ
   ・ 松本山雅FC 0-3 ツエーゲン金沢
   ・ ヴァリエンテ富山 3-2 グランセナ新潟FC
   ・ フェルヴォローザ石川・白山FC 0-3 サウルコス福井

順位表(勝-分-敗・勝ち点・得失点差)
  1位 (→) ツエーゲン金沢 (5勝0分0敗・勝ち点15・+23)
  2位 (→) AC長野パルセイロ (4勝1分0敗・勝ち点13・+15)
  3位 (→) JAPANサッカーカレッジ (3勝1分1敗・勝ち点10・+9)
  4位 (→) 松本山雅FC (2勝2分1敗・勝ち点8・+2)
  5位 (↑) サウルコス福井 (1勝1分3敗・勝ち点4・-5)
  6位 (↓) グランセナ新潟FC (1勝1分3敗・勝ち点4・-6)
  7位 (→) ヴァリエンテ富山 (1勝0分4敗・勝ち点3・-10)
  8位 (→) フェルヴォローザ石川・白山FC (0勝0分5敗・勝ち点0・-28)

まず下位4チームを見てみると、ヴァリエンテ富山が1部先輩の意地を見せてグランセナ新潟相手に今季初勝利。
そしてサウルコス福井がアウェイで1部昇格後初勝利を果たし、フェルヴォローザ石川・白山を除く3チームが勝ち点1差の混戦模様となっている。
自分は今季の富山は見ていないが、これら3チームは去年よりも高い次元での実力伯仲と見ており、これらのチーム同士の今後の戦いぶりも非常に興味深い。

そして4強直接対決のもう一方、片や開幕から調子が上がらない松本山雅vsこなた逆に開幕から絶好調のツエーゲン金沢は、両者の今の状態を反映するように、金沢の良い面と松本の悪い面が如実に現れた試合だったようだ。
この試合に敗れた松本は、この時点で早くも自力優勝の可能性が消滅。
まぁ、こんなものは単なる数字遊びで、先の事を判断するのはまだ早過ぎるものの、昨日の敗戦で松本が相当苦しくなった事は確かだろう。

シーズンの1/3を過ぎた時点での展開は、シーズン前に自分が予想した通り金沢が頭半分ほど抜けた状態で、それを我等がパルセイロが追う展開。
また、早い時期に痛い1敗を喫したとはいえ、JSCも当然ながら十分に射程圏内におり、その一方で松本は崖っぷちに追い込まれた感じか。

そして次節、パルセイロは絶好調・金沢のホームに乗り込んでの前期の天王山となる。
波に乗れそうでなかなか乗れないウチにとって、今の金沢に勝つのは大変な事ではあるが、逆に敵地での首位叩きが成功すれば、チームとして一気にブレイクするような予感もある。

アウェイバスツアーも昨日の南長野での呼び込みでめでたく3試合連続催行決定となったが、まだ募集しているようだし、週間予報では天気も良さそうなので、行こうかどうしようか迷っている方も、行くつもりが無い方も、この大一番に是非とも敵地に乗り込んでスタンドでのオレンジの陣地を広げ、みんなの声援で愛するチームを勝たせようじゃありませんか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.