ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
明治安田生命J3リーグ2016年シーズンプレビュー
いよいよ今週末に明治安田生命J3リーグの2016年シーズンが開幕する。
先週まではアイスホッケーやバスケなど冬のスポーツ観戦に勤しんでいたが、今朝の信毎朝刊にJ3開幕特集が載り、サプライヤーも変わって印象を一新した今年のオーセンユニも届いて、自分も気持ちがグッと盛り上がってきた。

思えば去年は、キャンプ中のエース・宇野沢選手の大怪我から始まって、なかなか調子が上向かず3得点以上取った試合が僅か1試合のみだったり、途中で監督の交代があったり、何度かあった選手補強もほとんど実を結ばなかったり・・・と最後までチームがうまく噛み合わないまま昇格圏外の3位で終えてしまうという辛く苦しいシーズンで、自分も気持ちのモヤモヤが心の隅にいつまでも引っかかったままオフシーズンを過ごしていただけに、J2ライセンス取得3年目の今年こそは、“3度目の正直”として去年の悔しさを何倍にもして晴らしたいという思いが強い。

さて、三浦文丈監督を迎えて臨む新チームについてここまでのテレビや新聞等での報道を見てみると、各ポジションでJ1やJ2で実績のある選手を万遍なく補強して、佐賀~宮崎と続いたキャンプでは、目立った怪我人もおらず新戦力と既存選手とのポジション争いも激しく、トレーニングマッチでもJ1の鳥栖や新潟に勝利する等、非常に順調に仕上がっているようだ。
何よりも、時折テレビのニュースで流れてくる画像やツイッター等から選手達が生き生きと練習に取り組んでいる様子がにじみ出ており、開幕に向けてチームがとても良い雰囲気である事がうかがわれるが、これも三浦監督の実直でガッツの塊だった現役時代を彷彿とさせる人柄や、監督初体験ながら現役引退以来ずっと現場の第一線で指導に携わっていた実績の賜物だろう。
果たして開幕戦をどんな布陣で臨みどんなサッカーを見せてくれるのか、今からとてもワクワクしてくる。
s-P3090003.jpg

そんな明るい話題が多かったプレシーズンではあったが、リーグ全体を見てみると今年も一筋縄ではいかない厳しいシーズンになりそうだ。

レノファ山口と町田ゼルビアが昇格した代わりに、J1での経験も長くナビスコカップ優勝の実績もある大分トリニータと、J1昇格争いを演じた事もある栃木SCという実力派チームが降格して、この2チームを軸に優勝争いが回っていくのは確実だろうし、JFLから昇格してきた鹿児島ユナイテッドも、代表選手を数多く輩出したサッカーどころの土地柄で周囲からの前評判も高い。

また、リーグの肝いりで発足しながら全く結果を出せないまま敢え無く消滅したJリーグ・アンダー22選抜チームの代わりに、若手育成枠としてFC東京・ガンバ大阪・セレッソ大阪の3チームからU-23のセカンドチームが参入。
これらは実力的には未知数とはいえ、単体チームなので戦術理解や連携面等で完全な“寄せ集め即席チーム”だったJ-22に比べれば遥かに手強い相手になると思われ、優勝争いのカギを握る存在となる事も大いにあり得る。

その他に既存のJ3各チームも確実に実力を上げてきており、ウチも一応は優勝候補の一角に挙げられてはいるが、楽に勝てる相手は一つもないというのは例年通り・・・いや、例年以上だろう。

次にレギュレーションを見てみると、J-22参入の弊害だった『ベンチ入り5人、交代枠5人』という特異なルールがノーマルなものに変わり、またチーム数増加で去年までの3回戦制から2回戦制となる等、J3特有だったものがJ1やJ2と同じ慣れ親しんだものになって戦いやすくなった面もあるが、試合数が去年の36から30へ一気に6試合も減ったため、1つの勝ち点の取りこぼしが優勝争いに大きく影響する“短期決戦”の様相となった。
これまでのウチは肝心なところで下位チームにあっさりと勝ち点を献上する勝負弱さがあったが、今年もそのキャラを引きずってコロッといくようでは、優勝や昇格など到底望めないだろう。
s-P3090002.jpg

と、そんな感じで不安要素を色々と並べてきたが、ウチは本来の力を出し切れば群雄割拠のJ3リーグを勝ち抜くだけの実力を十分に持ち合わせていると固く信じているし、新生・南長野オープン初年度に結果も内容も不甲斐ないシーズンを送ってしまった悔しさは、誰よりも選手達が一番感じているはずだ。

日程を見れば、最初の2節でいきなり降格組の大分・栃木との直接対決があり、また第3節の盛岡も、去年1勝1分1敗で内容的にも大苦戦を強いられた苦手チーム(オマケにエースの土井良太クンが出戻ってるし・・・)だけに、開幕早々に前半戦のヤマ場が来てしまった感じで少々気が重いが、逆にここを3連勝または2勝1分くらいで乗り切れればチームに勢いが付くし、間違いなくリーグ前半戦の主導権を握れるだけに、去年の悔しさをこの3連戦にぶつけて最初から全力全開で戦ってほしい。
三浦監督が目指す、90分間走り続け積極的に前へ前へと向かうサッカーを体現できれば、必ずや素晴らしいスタートダッシュが切れるはずだ。

思えば去年の大河ドラマの舞台は長州・山口県で、J3もレノファ山口が猛烈な勢いで優勝をさらっていった。
そして今年の大河の舞台は我等が地元・信州だけに、J3の主役も松代真田氏のお膝元に本拠を構える(更に旧真田町出身の塩沢勝吾選手も加入した)AC長野パルセイロで間違いは無いでしょう。
真田家の家紋である『六文銭』は“三途の川の渡り賃”と言われているが、今年はその銭をJ3とJ2を隔てる大きな川の渡り賃に使わせてもらいましょう。

豊後に下野、越中に因幡に相模、岩代・出羽・陸奥・駿河・薩摩に琉球・・・と並み居る大名(クラブ)を撃破して、今年こそ、今年こそは悲願が達成できるよう、1年間頑張っていきましょう!!!
s-P3090001.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.