ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
明治安田生命J3リーグ2016第1節 vs大分トリニータ on Public Viewing
待ちに待ったJ3リーグ2016年シーズンが遂に開幕!
改めて皆さま、新シーズン明けましておめでとうございます!!

・・・と、今年はそんな“サポーターあるある”的な常套句で浮かれている場合ではない。
J2ライセンス初取得の一昨年から2位~3位と順位を落としてJ2昇格を逃してきた屈辱を晴らすため、今年こそは石にかじりついてでも結果を出し続けて悲願を達成させなければという危機感を持って臨まなければならない。

そんな勝負の年の大事な開幕戦の対戦カードは、よりによってJ1経験も豊富で当然の如く1年でのJ2復帰を目論んでいる優勝候補筆頭の大分トリニータという事で、あまりにも早く前半戦のヤマ場が来てしまった感じだ。
これは単なる“1/30”ではなく、この試合の結果が今年のリーグ戦の動向に大きく影響すると言っても過言ではない、非常に大事な試合だ。

だからこそ、自分も現地に駆け付けて見守りたい気持ちはヤマヤマだったが、いかんせん大分は遠すぎるし、薄給の身としてはスカパーでJ3の中継が見られる契約もしておらず、残念だけどここは携帯速報で我慢するしかないか・・・と諦めかけていたら、南長野でパブリックビューイングを行うという嬉しい知らせ。
このような有難い企画をしてくれたクラブの皆様、本当にありがとうございます!
せっかくだから、今年はスカパーで生中継があるアウェイ戦でレディースのホームゲームと被らない試合は全部南長野でPVやりましょうよ!(←さすがにそれはムリかな?)

そんな訳で、ドキドキとワクワクが激しく交錯する中で始まった大注目の2016年シーズン開幕戦、その結果は以下の通り。

大分トリニータ 1(0-0・1-0)0 AC長野パルセイロ
s-DSC_2736.jpg

気になるスタメンは、ウチは#10宇野沢祐二・#13勝又慶典・#1田中謙吾といった去年の主力が出ておらず、半分以上の6人が新加入選手という思い切った布陣。
実況によると、開幕から地元メディアの話題を独占し自分も終盤の攻撃の切り札になり得ると期待していた#9塩沢勝吾選手は怪我でベンチ外との事。
また大分も、広島から移籍してきた注目の山岸智選手が前日練習での“違和感”でベンチ外となった。
s-DSC_2740.jpg

そんな試合はやはり最初から大分のペースで、特に前半は相手の気迫やスピードに圧倒されて防戦一方・・・とまではいかなくとも、かなり押し込まれる時間が多く、何度かサイド攻撃やカウンターから決定機を作られた。
また、相手のコーナーキックではフリーの選手にボールを合わされてしまう場面が目立ち、何度ヒヤヒヤさせられたか分からないほどだったが、いずれも相手が枠を外してくれたり、ウチの守備陣が最後のところで体を張ってしのいだりと、ギリギリのところで失点を免れてどうにかこうにか前半終了。

それでも後半は、FWの#32近藤祐介に代えて#23東浩史を投入してから流れがよくなって何度か相手ゴールに迫るチャンスがあったが、大分になかなかシュートコースを開けてもらえずシュートまで至らないケースが目立ち、そうやって攻めあぐねているうちにまた徐々に相手に流れが傾くと、遂に後半37分、ピンポイントの高速クロスをバックヘッドで合わされたボールがゴールに吸い込まれて痛恨の失点を許し、それが決勝点となって悔しい黒星を喫してしまった。
s-DSC_2750.jpg

それにしても、やはり大分は強かった。
シュート数5-16・コーナーキック3-11というスタッツが示す通り、内容的にも大分の方が1枚も2枚も上手で、J2はおろかJ1でやっていてもおかしくないチームと、なかなかJ3の壁を打ち破れないチームとの“格”の違いを見せつけられた感じだった。
今日の戦いぶりを見る限り、今年のJ3の優勝争いは間違いなく大分が先頭に立って引っ張っていくような展開となるだろう。

一方、ウチの方もそれなりに良いプレーは見られたものの、敵陣の高い位置に入った途端に相手の堅い守りに躊躇して急にスピードダウンしボールをこねくり回す悪いクセは去年と変わらず、また前線の選手の連携もイマイチで“得点のニオイ”があまり感じられなかった。
試合中に解説者が指摘した通り前線でタメが作れず淡白な攻撃が多かった印象で、今日の布陣が本当に現時点でのベストメンバーといえるのか、また前線の選手の組み合わせやゴールするための戦略・連携は大丈夫か等、今日の戦いぶりをじっくりと分析して問題点を修正し、万全な状態で来週のホーム開幕戦に臨んでほしい。

今日は、選手の「絶対に1年でJ2に戻ってやる」という気迫や、1つ上のカテゴリーだった去年の開幕戦より1,000人近く多かったという観客動員など、大分の選手やサポの“本気度”が画面からもひしひしと伝わってきた試合だったが、来週のホーム開幕戦ではウチの“本気度”を見せる番。
対戦相手は今日と同じくJ2から降格してきて1年での再昇格を狙う栃木SCという事で、また厳しい展開が予想されるし、比較的近場のチームなのでサポも大挙してやってくると思われるが、そんな相手の気迫に負けないよう、大勢の方々に南長野に足を運んでもらい、大きな声援で選手を後押しして、絶対に今季初白星を勝ち取りましょう!!
s-DSC_2751.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.