ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
パチモン万歳!
今日は先週の中国出張で仕入れたネタを一席。

向こうに滞在中のある日、買い物のため現地にあるスーパーマーケットに入った。
(ちなみに、中国でスーパーマーケットは『超市』と書きます。まさに“スーパー(超)”な“マーケット(市)”って、そのまんまやがな!)

店内をふらふらと物色していると、飲料が陳列してある棚の片隅に目が止まり、一瞬我が目を疑った。
s-DSC_8001.jpg

その棚にあったのは、日本で見慣れた楕円形の歯車マークに『D』の文字の茶色い小瓶。
ハングルのロゴが書いてあるとはいえ、それはまさに「ふぁいとぉーっ!」「いっぱぁーつ!!」でお馴染みのアノ栄養ドリンクじゃあーりませんか!!

この日は日本在住歴のある中国人通訳さんも同行していたのだが、その人もこのハゲしく怪しいラベルには大ウケ。
そして自分は、「よっしゃ、これでブログネタひとつゲットだぜ!」とばかりに即買いしたのは言うまでもない。

さて、改めてラベルを見てみると、メーカーは『東亜製薬』とあり、商品名は中国語表記で『保佳士D飲料』。
s-写真00001

例の楕円歯車の下に“Bacchus-D”と書いてあるので、正式名称は『バッカスDドリンク』とでもいうのだろうか。
中国語の内容表記もあるが、表のハングル文字で分かるように原産地は韓国という事で、さしずめパチモンの“韓・中共作”といったところか。
そして肝心の中味の方は、まぁ普通の栄養ドリンクの味なのだが、『本家』より少し薄いような気がした。

それにしても本当にソックリなマークで、試しに歯車の“歯”の数を数えてみたら、ごていねいに両者ともに22個と同数であった。(←ヒマだね、しかし)

さて、そんな怪しいヤツではあるが、こうしてせっかく日本にお越しいただいたので、ここに日本の『本家』との夢のツーショット写真を載せてみました。
s-DSC_8004.jpg

ご覧下さい! 遥か海を越えて、今まさに両者が感動の対面であります!!(涙)

・・・ん? こうして並べてみると、内容量は両方とも100mlと書いてあるのに、向こうの方がキャップ1つ分くらい背が低いぞ?
そう思って両方の内容量を測ってみたところ(←本当にヒマだね)、なぜか両方共にピッタリ100mlで表記に偽りの無い事が判明。
ビンの径もガラスの厚さも見たところではほぼ同じだし、日本側に上げ底なども見られないのに、何ともはや不思議なものである。

う~ん、やはりこのドリンク、知れば知るほど、どこまでも怪しいヤツなのであった。
やっぱり4000年の歴史を誇る中国は、実に奥が深い・・・・・(←あの~、生産地は韓国なんですけど)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうもです。
流石にパチモンの本場、中国ですなw
更に、韓国産ということが余計に怪しさを増加させてますね^^;
何かサッカー関係でのいい味出してるパチモンはありませんでしたか?
2008/05/28(水) 21:12:33 | URL | 橙☆ツナギ #-[ 編集]
橙☆ツナギ様、やっぱり食いついてきましたね!(笑)
中国では、この他に空港の免税店などに怪しいキャラの人形が売ってたりして、買う気はないけどムラムラと撮影意欲が涌いてきましたが、さすがにそこで写真を撮る勇気はありませんでした。。。

サッカー関係でも変なユニやパチモンキャラなど無いか探しましたが、今回は見つかりませんでした。
また行く機会があったら探してみますね。
2008/05/28(水) 21:57:00 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.