ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
明治安田生命J3リーグ2016第11節 vsFC東京U-23(+レディース試合雑感)
本日南長野で行われたトップチームの試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 0(0-1・0-0)1 FC東京U-23
s-DSC_3617.jpg

今日の試合に関しては、全く語る価値ナシ!
これは現在最下位のチームに負けたからという訳ではない。
勝った負けたの結果自体は、相手もある事だしそれだけで非難すべきではないが、今日に限らず今年のトップチームからは、たとえ負けても「次も頑張って応援しよう」と思えるだけの必死さや執念や何とかしようという工夫のようなものがほとんど感じられず、特に今日の試合はそれらの悪いところが際立っていた。

自分は今年のトップチームの試合記事では、たとえ勝った時でも一貫して「攻撃に対する選手間の意図が見えてこない」と苦言を呈してきたが、今日も全く改善された様子は見られず、全てのプレーの中で明確に意図を感じたのはバックパスだけ。
オマケに今日は、今年のウチの貴重な得点源であるセットプレーとロングスローの使い手(#6と#2)が揃って不出場と、ベンチの意図まで見えてこない。
後はただ単にボールをポーンと前線に蹴り出して、その行方はボールに聞いてくれ・・・と言わんばかりの無意味なプレーを90分間延々と見せつけられ、試合終了の笛が鳴った時は思わず「カネ返せ!!」と怒鳴りそうになった。

今から13年前、自分が雨の東和田で初めて試合を見て一発で魅了された長野エルザの小気味よいパスサッカーは、その後クラブ名が変わり、監督や選手が変わっても連綿と受け継がれ、ちょっと勝負弱いところはあっても他所様に誇れる強くて面白いサッカーを展開していたが、そんな代々続いた魅力的なサッカーも遂に木っ端みじんに砕け散って、きれいさっぱり無くなってしまった。
クラブ名をパルセイロと改名しての初代監督としてチーム作りに尽力してきたこの方も、せっかく久し振りに南長野のピッチに戻ってきたのに、顔は笑っていても心の中では泣いておられるぞ。
なぁ、バドゥさんよ・・・
s-DSC_3572.jpg

とにかく今日は怒りと虚しさで頭の中がいっぱいになって、グチや不満も際限なく溢れ出てくるが、いい加減に止めておかないと本当にシャレにならない事を書いてしまいそうなので、このへんで自粛させていただきます。
ただ最後に、先ほども書いたように勝ち負けだけをとやかく言うつもりは毛頭ないが、少なくともプロのサッカー選手として、スタジアムに足を運んでくれた観客の胸に訴えるような、気持ちのこもったプレーを見せてほしい。
そしてそれ以前に、単なる『球蹴り』ではなく、ちゃんとしたプロの『サッカー』を見せてほしい。

と、サッカーなどできもしないド素人がこんなエラそうな事を言って本当に恐縮ではあるが、観客100人そこそこだった頃からずっとこのクラブを追いかけ、このクラブに大きな夢を託してこのクラブを中心に生活を回しているいちサポーターとして、このクラブの将来のためにかなりキツい事を書かせてもらった。
もちろん、こんな酷い試合を見せつけられても地元・長野が誇るスポーツクラブとして今まで通り熱い気持ちで応援し続ける気持ちに変わりはないし、それは今日南長野に足を運んだほとんどのサポも同じ気持ちだろう。
だからこそ、そうやってこのクラブに夢を託した全てのサポーターやスポンサーのためにも、もう一度気合を入れてチームを立て直してほしいと切に願っている。
まずは我々の心を揺さぶるような魂のこもった全力プレーで90分間走り通すことができれば、きっと今の停滞した状況を打開できると信じている。
s-DSC_3586.jpg


ささっ、気を取り直して・・・

プレナスなでしこリーグ1部2016第11節@浦和駒場スタジアム
浦和レッドダイヤモンズレディース 0(0-1・0-0)1 AC長野パルセイロ・レディース

先週のリーグ後期開幕戦でコノミヤ・スペランツァ大阪高槻を相手に記念すべきアウェイ初勝利&初の完封勝利(1-0)をおさめて臨んだ昨日の試合も、最下位に低迷しているとはいえ実力のある浦和レッズレディースに1-0で勝利!
前期は取られたら取り返すノーガードの殴り合い(うら若きレディ達には少々失礼な表現ではあるが・・・)のような試合ばかりだったが、後半戦に入ってガラッと真逆を行く2試合連続の『ウノゼロ』勝利で、しかも今節はINACと仙台が敗れたため2位に浮上という事で、開幕からここまで次々とやって来る予想をはるかに越える結果の数々に、オジさんは付いていくのが精一杯といったところだ。
本当に、レディースはどこまで我々を驚かせ続ければ気が済むのやら・・・
それにひきかえトッ・・・おっと、これ以上引きずるのは止めておきましょうかね。。。

これでリーグ戦も9月まで中断となり、来週からはなでしこリーグカップが開幕する。
元々は、日本女子代表がリオデジャネイロ・オリンピックに出る事を見越して、Jリーグのナビスコカップのように、代表選手がチームを離れる期間に若手選手の出場機会を増やす目的で計画されたこの大会も、残念ながら五輪出場権を逃してしまい思惑通りとはいかなくなってしまったが、来月に行われるアメリカとの親善試合に向けて高倉麻子監督率いる新生・なでしこJAPANも招集されるし、100%ではないもののカップ戦開催の趣旨は生きている。
ウチのレディースも、U-20日本代表に選ばれパプアニューギニア遠征でアメリカU-20を相手に1ゴールを決めた#24神田若帆選手を筆頭に、なかなか試合に出られないながら是非ともプレーを見てみたい選手が沢山いるし、リーグ戦とは違ってたとえ負けが込んでも降格に影響しないこの大会では、思い切って若手選手を起用して貴重な経験をたくさん積ませ、チーム全体の底上げを図ってほしい。
またチームとしては、欲を言えば予選リーグを突破できれば最高なのだが、まずは目の前の試合を大事に、そしてチャレンジャーとして思い切って戦い、リーグ戦と同様にパルセイロ・レディースらしい果敢な攻撃とひたむきな姿勢が随所で見られるナイスゲームを展開してくれる事を大いに期待している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いやー 久しぶりにつまらない試合みました。
この前の福島戦なんかいわゆる生え抜きゼロでしたからね、
継続性もなにもあったもんじゃないです。
宇野沢選手とか西口選手とか出番なくてこんな試合していたら控えの選手もやりきれないでしょう。
2016/05/29(日) 22:18:48 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
自分も雨の東和田、メインスタンドが工事中でスタンドに入れず、軒下で見てました。ぼーさんの気持ちわかります。
今日の試合前のシュート練習見てて嫌な予感がしました。フリーで打ってるんだからせめてワクに飛ばさないと・・
普段の練習に問題あるのでしょうか?
2016/05/29(日) 23:28:50 | URL | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/30(月) 09:59:40 | | #[ 編集]
本当にあれで点が取れると思ってサッカーしてるんでしょうか?

センタリング上げてもいるのはFWの二人だけ、2列目、3列目の押し上げが全くない・・
これで流れの中で点を取ろうなんて・・
偶然合えばラッキー!みたいなサッカー観たくないな・・

試合後周りの人が皆、レディースの方が良いよな、面白くて・・って言ってました。俺もそう思います(笑)

地元だから応援するけど、また観に来よう、応援しに来ようって思わせる試合を見せて欲しいものです。
2016/05/30(月) 14:37:50 | URL | メインスタンドより・・ #-[ 編集]
敢えて
レディース信者から言わせて頂くと……。
今はたまたま好調でこの位置にいますが、レディースは常に崖っぷち・天国と地獄紙一重です。
本田監督が就任されてなお、初年度なんて、昨日のトップとは比較にもならない、目を覆いたくなるような酷い大敗を何度もしてました。
更に遡れば、ホームで一つも勝てず、地域リーグ降格の危機に瀕した事もありました。
昨年、大型補強や新スタジアム、強力なライバル不在といった幸運にも恵まれ、幸いにも優勝&昇格を果たす事が出来ましたが、もし昇格を逃していたら、監督もエースも居なくなり、もう夢を見る事すら出来なくなっていたでしょう。
それは今季についても同じで、降格したらこのチームは終了なんです。
昨年と今年は、再チャレンジの無い、伸るか反るかの一発勝負の2年です。
それを監督や選手はみんなよく理解してるから、応援してる側だって必死だし、当然観てる人にも伝わる。
だからスタジアムが、あんなに盛り上がるんでしょう。
確かにレディースには、本田監督と横山選手が居る。
Jリーグにベンゲル監督と全盛時のバッジョが居るようなものだし、降格圏にさえ居なければ、純粋に勝ち負けや試合自体を楽しめるリーグでありシーズンです。
しかしJ3は、内容以前に、昇格以外なんの価値も無い泥沼のようなリーグです。
自分も当初は、「3部とはいえ遂にJリーグか」と舞い上がったものですが、これが完全に落とし穴でした。
プロ・アマ混在のJFLでは、上を目指すクラブとそうじゃないクラブがあって、個性豊かなチームがぶつかり合い、お互いが切磋琢磨し、純粋にサッカーの試合が楽しめるリーグでした。
しかしJ3は、基本的に全クラブの目標が昇格になった為、本当に結果が全ての、ある意味J1・J2よりも過酷なリーグになってしまいました。
勝つ為には悪質なファールやシュミレーションが横行し、レベルの低いジャッジも相まって、更に汚いプレーを増加させてしまいました。
お互いぶつかって磨くのではなく、単なる潰し合いです。
なんかもう、力の限り出し尽くして勝敗を競うスポーツの醍醐味なんて全く無く、出世の為に足を引っ張り合う社会の縮図を見てるようです。
せっかくの素晴らしいスタジアムですが、これではとても子供達には見せられません。
トップの不甲斐無さは確かにありますが、自分はこのリーグの在り方が、試合をつまらなくしてる一番の原因と思ってます。
チームも選手もサポも、サッカー楽しめてません。
やってる方も観てる方も、サッカーを楽しむ為には上に行く以外道はありません。
いまこそ共超 がんばろうパルセイロ!!
2016/05/30(月) 22:20:44 | URL | レディースファン #-[ 編集]
コメントいただいた皆様

いや~、お互いツラいですな~・・・
ほんの数年前まではナンボなんでもここまで酷い試合は無かっただけに、最近のチームの凋落ぶりには本当に目を覆いたくなります。

選手起用に関しては自分も某コテさんと同意見で、宇野沢選手や西口選手、そしてその他にも使ってほしい既存選手が沢山いるのに、ただ「J1やJ2でやっていたから」という理由だけで新加入選手を優先的に使っているように見えてしまいます。
首脳陣にも色々と考えがあるとは思うけど、地域リーグ時代から絶えず所属カテゴリーで上位を張っていた実績をもう少し重視して、長年かけて築き上げてきたコンセプトの継続性を大切にしてほしいですよね。

そして試合前のシュート練習に関しては、まったくもって皆様ご指摘の通り!
この積極的な“宇宙開発”ぶりは数年前からちょくちょく見られていましたが、練習でできない事が試合でできる訳ないし、本当に選手達はもっと気を入れて取り組んでほしいものです。
野球ではホームランボールやスタンドに入ったファールボールを拾った観客に差し上げるサービスをしているけど、いっそのことウチの選手がシュート練習でスタンドに放り込んだボールもゴール裏のサポに差し上げるようにしましょうか。
もちろん、そのボールの代金は放り込んだ選手の自腹で!
そうすれば、さすがに少しは正確なシュートを打てるようになるんじゃないかと思います。

もちろん、選手達もこのクラブに入ったからには優勝や昇格を現実的な目標と意識して何とかしようと頑張っていると思うのですが、悲しいかな、その姿勢が形となって表れてこないし、それどころか年々退化しているように見えてしまいます。
本当にレディースの選手達の姿勢やチームとしての戦い方を見習って、チーム一丸となってガムシャラに勝利に向けて突っ走ってほしいものです。

ところで、こういうヘボ試合の後って、なんでこんなにコメント欄が賑やかになるんでしょう?(笑)
そして自分も、こんな試合の記事は勝ち試合よりはるかに速いスピードで書き上げてしまうのはナゼなんでしょう?(笑笑)

まぁ、そりゃそうですよね。
こんなにフラストレーションや危機感を痛感する事も、いくら周りの人達にグチってみたところで分かってもらえないし・・・
そんな訳で今後もこんなヘボ試合があった時は、皆様どうぞご遠慮なくこのコメ欄に自分の思いのたけをブチまけてスッキリさせてくださいませ。
そうして、また懲りずにこの世話の焼けるチームを応援していきましょう!
2016/05/31(火) 21:19:27 | URL | ぼー   #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/31(火) 22:03:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.