ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
明治安田生命J3リーグ2016第27節 vsグルージャ盛岡(+レディース試合雑感)
本日南長野で行われたトップチームの試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 0(0-0・0-0)0 グルージャ盛岡
s-DSC_5680.jpg

今日もまた順位が下のチームに対して煮え切らない戦いで点を奪えず勝ち点を落としてしまったという事で、きっと南長野に足を運んだ多くのパルサポさんは失望や落胆の気持ちを抱えて帰路に就いたんじゃないだろうか。
しかし、自分も一応はオレンジ色のユニホームを身に着けていたが(でも今年のモデルは着る気になれないのでJFL時代のヤツで・・・)、既に今年のトップチームには見切りをつけており、今日は自軍の勝利には全く期待せずにニュートラルな気持ちで、なんなら「グルージャ頑張れ!」の思いの方が少し大きい感じでサッカーそのものを楽しもうと会場入りしたので、試合が終わってもショックなど受けず、むしろ「ほ~ら、やっぱり予想通りスコアレスドローだったでしょ~」なんてtotoでも的中させたような満足感を持ってスタジアムを後にした。(←見事なまでの現実逃避。。。)

グルージャ盛岡というチームは現在16チーム中15位と下位にあえいでいるが、J3を知る多くの人が「ナゼあんなに低い順位に居るのか分からない」と言うくらい内容的にはとても良いサッカーをしているし、自分もJ3が創設された3年前の初対戦の時から、そのケレン味の無い積極果敢なプレースタイルに好感を持っており、今年の天皇杯でベガルタ仙台を破ったのも決してフロックでは無いと高く評価している。

そして、今日実際に盛岡のプレーを見てみると、以前は少々粗削りだったところがかなり洗練されて、少し前のどこかのチームのようにテンポよくパスを回してゴールに迫る魅力的なチームに成長していた。
元々が前への意識が高いところにもってきて、これだけ連携の精度が高まっているのだから、ウチが苦戦するのも当然の事。
特に前半は相手の小気味よいパス回しでウチが受け身になる場面が多々あり、何度もヒヤッとする場面があった。
s-DSC_5673.jpg

後半になるとウチもようやく動きが良くなって押し込む場面も多くなってきたが、盛岡も全く臆する事無くひとたびボールを奪えば果敢に前へと向かう姿勢を見せ、ニュートラルな目線で戦況を見守っていた自分は「おー、いいぞいいぞ、どっちもガンバレ!!」と高みの見物を決め込んで試合そのものを大いに楽しんだ。
s-DSC_5686.jpg

結局は両者共に決定力が足りず、またお互いの守備陣の踏ん張りもあって最後までどちらのゴールネットが揺れる事も無くタイムアップ。
試合終了の笛が鳴った瞬間、スタンドからはブーイングはおろか溜め息さえも聞こえず、ただただ無反応で水を打ったようにシーンとなっていたが、自分は想像以上に進化し大いに楽しませてくれた盛岡のサッカーに敬意を表して、最後まで戦い抜いた相手選手達に心からの拍手を贈った。
今シーズンの盛岡はなかなか勝利に恵まれず、またシーズン中に起こった不幸な事件の影響もあってか来季のJ3ライセンス交付も継続審議となるなど苦難の道が続いているが、数は少ないながら熱心なサポーターにも支えられて、年々確実に成長し面白いサッカーを展開しているし、来年もまた南長野で盛岡の躍動する姿を見たいので、雨ニモマケズ風ニモマケズにこの難局を乗り越えて頑張ってほしい。
s-DSC_5706.jpg

あ、それから対戦相手の方ですが、論評する価値も無いのでバッサリとカットさせていただきます。
敢えて一つ言うとしたら、最終盤のPKを巡る微妙な判定の場面、レフリーに文句言うヒマがあったら自力でゴール奪いやがれ!!!

そんな訳で今シーズンのJ3リーグも残すところあと3試合。
そしてこれからアウェイが2試合続き、ホームゲームは3週間後の最終節を残すのみとなった。
今日の試合を見ると、今よりグッと寒くなる最終節に無理して足を運んで心まで寒くなることもないかな・・・なんて観戦を躊躇されている方もいるかと思いますが、ちょっと待ってください。
新規参入初年度にして、名だたる先輩クラブを差し置き、1年でのJ2復帰を目指す“降格組”の栃木と大分に次いで3位につけている鹿児島ユナイテッドFCが、一体どんなチームなのか興味がありませんか?
来シーズンのJ3リーグを楽しむためにも敵チームの素性を知るのはとても大事だし、来る11月20日の今シーズン最終戦は、最後の最後まで不甲斐なかったウチではなくて鹿児島の戦いぶりを一番のお目当てに、是非とも南長野に足を運んで、今年最後となるであろう“生サッカー”を大いに楽しもうじゃありませんか!!(←あー、なんか書いててメッチャ虚しくなってくる。。。)


そして・・・

10/23 プレナスなでしこリーグ2016最終節@南長野運動公園総合球技場
AC長野パルセイロ・レディース 2(1-0・1-1)1 ベガルタ仙台レディース

10/29 第38回皇后杯2回戦@佐久総合運動公園陸上競技場
AC長野パルセイロ・レディース 5(2-1・3-0)1 ASハリマアルビオン

仕事絡みで泣く泣く観戦をキャンセルしたレディースの試合、まずリーグ最終戦は、3位を争うベガルタ仙台レディースとの直接対決に見事勝利!
自分は他に誰もいない会社の事務所で仕事の傍らHPをチェックして戦況を追っていたが、後半36分に#14泊志穂選手のゴールの文字が出た時は思わず絶叫してしまいました。
そして試合結果と同じくらい注目していた観客数も、今シーズン3番目に多い4,370人!
この数字と試合後の本田監督のコメントを見たら、感動の涙が止まりませんでしたよ。
昇格初年度に、2部よりはるかにレベルの高い1部リーグでも最後まで自分達のサッカーを貫き通して堂々3位の座を掴み取った選手達と、そんな魅力的なチームを作り上げたスタッフ陣は本当に素晴らしい!
そして、男女の区別無く我が街のチームを熱心に応援し、他の人気クラブを圧倒的に引き離して今季の観客動員最多チームに導いたパルサポも本当に素晴らしい!!

そんなリーグ戦の余韻も冷めやらぬ中、久々に佐久陸で行われた皇后杯は、日本代表の千葉園子選手を擁するASハリマを相手に1部チームとしての実力を見せつけられるかが注目だったが、5-1と順当な結果となって何より。
しかも、U-20日本代表にも選出された期待の若手・#24神田若帆選手が初ゴールを決めるという大きな収穫もあり嬉しい限りだ。
皇后杯の次の試合は今度の土曜日に藤枝で、なでしこリーグ2部の日体大FIELDS横浜と戦う。
今シーズンの日体大はリーグ戦6位と予想外に低い順位だったが、本来は十分に1部昇格争いに絡めるだけの力があるし、何よりウチは去年2部のアウェイ戦で0-7と大敗しているだけに、攻撃がハマれば1部チーム並みに怖い存在となりうる、決してナメてかかってはいけないチームだ。
ウチとしては、あの試合のリベンジも含め、1部で1年間揉まれて成長したところを見せつけ、しっかり勝ち切ってほしいと願っている。
「リーグ戦が3位だったから皇后杯もベスト4を目指して」と高い目標を掲げるのは大いに結構だが、負ければ終わりのカップ戦ではあまり先の方ばかりを見ず、目の前の試合に集中して“一戦必勝”でいきましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/30(日) 23:28:21 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/31(月) 00:57:43 | | #[ 編集]
ビッグネーム
まあ、トップに関しては思う所は本当に色々あります。
ただ、おっさんだけどミーハーな自分としては、名古屋・大分・ガンバ大阪U23に勝った事を糧に、来期の希望とさせて頂きます。
正直、鹿児島さんには大変失礼ですが、その前の2試合さえ勝てれば、昇格を逃したシーズンのせめてもの救いかと……。
サッカーの質や内容よりも、格上や有名どころに「勝つ」って、言葉じゃ言い表せないくらいテンション上がります。
実際に今季、レディースの試合でそれこそ何回も経験させて頂きました。
特にゴール裏では自分も含めて、脳から変な汁が出てる人が続出していたと思われます(笑)
やはり単純に、パルサポにとってはパルセイロの勝利こそが一番。
更に、上位リーグでの1試合の「勝った・負けた」がこんなにもスペクタクルだとは。
本当に、実際に経験してみない事には分らない事ってあるんですね。
改めて、夢みたいなリーグ戦を魅せてくれたレディースには感謝感謝です。
そしてトップは、信じて応援してくれる人達の為にも、一日も早くその喜びをもたらして欲しいです。
いや本当に、Jリーグ直撃世代の田舎もんにとって、リーグ戦であの「ヴェルディ」や「ジェフ」に勝ったら(ヴェルディさん・ジェフさんごめんね)、「おっさん、これであと10年は戦える」ってやつですよ(笑)
2016/11/01(火) 19:58:37 | URL | 長野のおっさん #-[ 編集]
長野のおっさん様
前回分のお返事できなくて申し訳ありませんでした。
ちょっと色々と多忙で、自宅のパソコンを開く時間も無かったもので・・・
ところで、確かにこんな無様なトップチームだけど、この前の大分や天皇杯の名古屋に勝利できたのは本当に嬉しかったし、特にホーム・大分戦は選手達から勝ちたいという気持ちが強く伝わってきて、自分の中では今季ベストゲームにしたいくらいでした。
ただ、そうやって“格上”相手だと必死に頑張るクセに、下位チームにはどこか気を抜いたプレーが目立って相手の気迫に押し負けてしまうのがどうしても許せないんです。
レディースは、今年は昇格初年度で全てのチームが“格上”だった事もあるけど、去年から・・・いや、その前からずっと、どんな相手と戦う時も自分達のベストを尽くして最後まで気持ちを見せて戦ってきた。
トップもレディースのように毎試合全力で戦って、それでも結果が出なければ仕方ないと納得もできるし、どんなに結果が出なくても最後まで必死に応援できるけど、残念ながら今年のトップはそういった気持ちにさせてくれるようなチームではありませんでした。
それでもパルセイロを愛する気持ちは少しも変わらないので、今年は今年と割り切って、来シーズンは再興したチームが見られるよう、自分も気持ちを切り替えて頑張って応援したいと思っています。
2016/11/04(金) 20:04:14 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.