ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
明治安田生命J3リーグ2016最終節 vs鹿児島ユナイテッドFC
長かった今年のJ3リーグも、ついに今日が最終戦。
今シーズンは、監督が途中交代するなど激動のシーズンとなった去年よりもはるかにフラストレーションが溜まる試合が多く、またチームのあまりの不甲斐なさに自分の気持ちが切れてしまったのも去年よりずっと早くて、チームに対する不満や怒りや失望が入り混じった、非常に辛い1年になってしまった。

ただ、なんだかんだ言ってもやっぱりパルセイロが大好きである事は1ミリたりとも動かない真実だし、今年最後となる今日の試合に関しては、せめて笑って終わらせたい。
もう昇格に関係ないとはいえ、勝って3位でフィニッシュするのと、負けて最悪の場合6位に沈んでしまうのとでは雲泥の差があるし、来シーズンに向けて少しでも希望が持てるオフシーズンを過ごせるために、何が何でも勝利という結果がほしい。

こんなに残念なシーズンだったにもかかわらず、実に5,110人という観客が『長野Uスタジアム』(この愛称を聞いてJR東日本が仕掛けて大コケした『E電』を思い浮かべてしまったのは自分だけ?)こと南長野に足を運んでくれた。
これは今節のJ3全試合の中でダントツのトップ動員で、本当にありがたい事だ。
そんな熱心なパルサポの思いに、しっかりと結果を出して答える事はできたか、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(0-0・1-0)0 鹿児島ユナイテッドFC
s-DSC_5738.jpg

まずは鹿児島ユナイテッドというチームに関して、最終節にして初めて生でプレーを見るので果たしてどんな感じなのかと大きな関心があったのだが、いや~、実にいいチームだ!
前へと向かう意識が高く、ボールへのプレスや選手間の連携もしっかりしていて、前半はウチのクリアボールをことごとく相手に拾われたし、小気味よくパスを繋いでゴールへ迫る様は、敵ながら見ていてワクワクするようだった。
これなら、新規参入ながら前節まで3位という高い位置に付けていたのも十分に納得できる。
s-DSC_5772.jpg

また、遥か九州の南のはずれという超・遠方にもかかわらず、ゴール裏だけでなくメインスタンドにも濃紺のシンプルでカッコいいユニを着たサポが予想外に多く陣取り、鹿児島の人達の桜島のように熱い思いも感じる事ができた。
自分はJ3のライバルの中でも、チームの戦いぶりやサポの姿勢などでお気に入りのクラブがいくつかあるが、鹿児島もその中の一つに加わりそうだ。
試合前には新スタジアム建設の署名も精力的に行っていたが(もちろん自分も書かせていただきました)、同じ問題を抱えていた“同士”として、その思いがなるべく早く現実となる事を祈りたいと思う。
s-DSC_5731.jpg

そして試合の方だが、前記の通りセカンドボールを拾われスピーディーにパスを回されて鹿児島に押し込まれる時間が長くて、ウチはかなりの苦戦を強いられる。
また、鹿児島は攻撃だけでなく守備もなかなか堅く、ウチもそれなりに攻め込みながらも、相手の球際の強さや俊足を生かした的確なカバーリングでかなりの数のスコアリングチャンスを潰されていたと思われ、前半はシュート数を僅か1本に抑えられてしまった。
s-DSC_5753.jpg

しかし、先制したのはパルセイロ。
後半はウチも立ち上がりから前半よりも積極的に前に向かう姿勢を見せてペースを握ると、後半9分、#2松原優吉の必殺ロングスローからゴール前に浮いたこぼれ球を#7佐藤悠希がオーバーヘッドキックで押し込む執念のゴール!
今年は昇格のために一層の得点力アップが期待されながら、なかなか思うようなプレーが出来ず自身の得点も伸び悩んで苦しいシーズンだったと思うが、こうして最終戦に悠希らしいプレーでゴールを決める事ができて本人もホッとしただろうし、自分も他の誰でもなく悠希が決めてくれた事が本当に嬉しい。
s-DSC_5794.jpg

このゴールで勢い付いたウチは、守りに入る事なく#17コンハードや#25有永一生を投入するなど次の1点を取りに行く攻めの姿勢を見せ、対する鹿児島も攻撃的な選手を次々に投入して何とか追い付こうと食い下がる。
前半は「ちょっと神経質にファールを取り過ぎないか?」と思っていたのが後半は笛の鳴る回数もグッと少なくなって、好守の入れ替えが早い見応えのある展開となった。
s-DSC_5841.jpg

結局、最後の鹿児島のパワープレーもウチの選手達が高い集中力で守り切り、今シーズン最後の試合を勝利で飾る事ができた。
内容的には、特に攻撃に関しては鹿児島の方が良いサッカーをしていたと思うが、ウチは“試合巧者”とまではいかないまでも、ワンチャンスを何とかモノにして逃げ切り、J3の先輩としての“格”とか“意地”を見せられたんじゃないかと思う。
今年は色々なゴタゴタがあったし、「終わり良ければ総て良し」なんて言葉は微塵も当てはまらないくらい今年のチームには厳しい評価をしなければいけないが、それでもこうして最後に勝ってシーズンを終える事ができて本当に良かった。
s-DSC_5850.jpg

さて、トップチームは来週のサポーター感謝イベントを経て、監督や強化部長の人事は?選手の動向は?・・・と例年以上にヤキモキするオフシーズンを過ごす事になる。
今年の内容からクラブや監督や選手達には言いたい事も山ほどあるとはいえ、我々シロウトがそういった物事に口を挟める訳ではないし、とにかくクラブを信じて待ち続けるのみ。
まぁ、ウチのクラブも他所様に比べて多少不器用だったり要領が悪かったりするところも無い事は無いけど、これまでも歩みは遅いながらも確実に成長を続けてきたし、今回も悪かった点をしっかり反省・分析して、来シーズンは必ずやチームを立て直してくれる事でしょう。(本当に、本っ当ぉぉ~~に、頼みますヨ!!)
s-DSC_5879.jpg

とにもかくにも、選手・スタッフ・フロント・ボランティア・サポーターと、この1年間もがき、悩み、苦しみながら共に戦ってきたパルセイロ・ファミリーの皆々様、本当にお疲れさまでした。
もう何度も使って言い飽きたし聞き飽きたところもあるけど、それでも気持ちを切り替えて、来年こそはよい年になるよう、鋭気を養ってまた頑張りましょう! ・・・・と、ライオー君も申しておりますデス(?)
s-DSC_5858.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.