ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
パルセイロ2016年シーズン総括~トップチーム編~
年末恒例のシーズン総括、今日はレディースとの明暗のコントラストが去年以上に際立ってしまったトップチームです。

三浦文丈新監督を迎え、“三度目の正直”と意気込んで臨んだ今年のトップチームだったが、結果は去年と同じ3位に終わり、またしてもJ2昇格の悲願達成とはならなかった。
今年は試合終盤の猛攻で逆転勝ちをもぎ取るような勝負強さが出てきた半面、当時最下位のチームにあっけなく敗れてしまう試合が2回もあった(11節FC東京U-23戦、18節ガイナーレ鳥取戦)など下位チームに対する取りこぼしが例年以上に目立ち、とにかく最後までチームとしての戦い方のビジョンが見えてこないままシーズンが終わってしまったように感じた。
s-DSC_3617.jpg

リーグ2番目に少ない失点数となった高い守備力や、シーズン最終盤の上位陣との対戦を全勝して順位を上げた点を評価する声もあるが、自分としては、守備が固いのは去年までも同じだったし、終盤の連勝も夏場の“中だるみ”の帳尻合わせにしか思えず、何より同じ3位フィニッシュでも去年は36試合で21勝7分8敗だったのが、今年は30試合で15勝7分8敗と、試合数が6つ減ったのに引き分けと負けの数が去年と同じで、ご丁寧に勝ち星だけを減らしてしまったという事実が、今シーズンのこのチームの全てを物語っていると思う。

最終戦の後でゴール裏から『責任とるなら辞めるな!』のダンマクが出て、クラブもチーム作りの継続性の観点から監督続投の要請を出し、自分もクラブの考えと同様に方向性さえ間違っていなければ1年くらい結果が出なかっただけで簡単に監督の首を挿げ替えるのはよろしくないという強い持論があるが、こうして改めて振り返ってみると、残念ながら三浦監督退任は妥当な結果だったと言わざるを得ないだろう。
s-DSC_5881.jpg
s-DSC_3235_2016122622334311b.jpg

そんな訳で、トップチームの今シーズンを思い返せば愚痴や文句がどんどん出てくるが、もう過ぎてしまった事だし、監督も交代となったし、辛かったシーズンをこれ以上蒸し返すのはやめにして、ここからは来季に向けて明るい話をしていきましょう。

クラブは来季の新監督に、鹿児島ユナイテッドFCで2シーズン指揮を執った浅野哲也氏を招へいした。
自分は今季最終戦で鹿児島の戦い振りを目の当たりにし、その積極的でスピード感あふれるプレーに「ウチが目指すべきは鹿児島のようなサッカーだろう」と思ったし、そんな魅力的なチームを作り上げた浅野氏が契約満了で鹿児島を去ると聞いて、是非ともウチの監督になってほしいと念じ続けていただけに、その思いが叶って本当に嬉しい。
鹿児島市内にあった2つのクラブが合併してできた若いチームを就任1年目でJ3に昇格させ、今年は新規参入ながら最後まで上位をキープし続けウチに続く4位の座を勝ち取った手腕は、必ずや迷えるトップチームを良い方向に導いてくれると大いに期待している。

そしてもう一人、美濃部直彦氏がゼネラルマネジャー(GM)として長野に戻ってきてくれたのも、個人的には嬉しいニュースだ。
美濃部さんといえば、南長野の旧スタジアムや改修工事中の仮住まいだった佐久と東和田でもチームの指揮を執り、クラブやサポの夢の結晶である新スタジアムが更地の状態から徐々に建ち上がっていくのを“当事者”として実際に見てきており、更にJFLで優勝したのに諸条件が揃わず昇格できなかったやるせなさや、壮絶な入れ替え戦の末に去年までのライバルチームに敗れて昇格を逃した悔しさも身をもって知っており、いわば日本サッカー界の中でAC長野パルセイロというクラブの事情や背景を最も理解している人物と言っていいだろう。
この人選にはサポの間でも賛否両論あるようだが、あの途中退任の真相はご本人とクラブにしか分からない事だし、自分は美濃部さんとクラブの判断を信じている。
去年はあのような形でシーズン途中にチームを去らねばならず、ご本人も本当に不本意だったと思うが、その悔しかった思いをGM職にぶつけ、現場とコミュニケーションを密にしつつも適切な距離感を保ちながら、パルセイロというクラブをもっともっと魅力的に成長させてほしい。

それから肝心の選手については、#10宇野沢祐二・#9塩沢勝吾のチームの“顔”ともいえる2選手の契約更新が早々に発表されたのを皮切りに、今年は不慣れなポジションでの起用で結果が出せず苦労した選手や、実力はあるのになかなか試合に出してもらえなかった選手が次々と来季の契約を結んでくれた。
小心者の自分としては、「去年の主力級選手が今年の起用法に反発し、活躍場所を求めてライバルチームにゴソッと移籍してしまうのではないか・・・」と心配していただけに、更新ニュースがリリースされるたびに心の底からホッとしている。

あの元日本代表のイブシ銀ファイター・明神智和選手を始め新加入選手も続々発表され、それらの選手のプレーも大いに楽しみではあるが、やっぱり同じ昇格するなら、現在のUスタができる前から在籍し悲喜こもごもを共に分かち合ってきた1人でも多くの選手達と達成したいし、特に地域リーグやJFL時代から頑張っていた選手には、盲腸みたいな余計なヤツが外れた真のJリーグエンブレムが袖に付いたユニを着て、上のカテゴリーでプレーしてもらいたい気持ちが強い。

確かに今年の戦い振りや最終成績には残念なものがあったし、下位チームにあっさり負けてしまう脆さにイラついてしまう事もあったけど、その反面、開幕戦ではスコア以上の完敗を喫した大分トリニータをホームゲームでは気持ちのこもったガチンコ勝負で撃破したり、栃木でのアウェイ戦では優勝を期待して駆け付けたホームのサポーターを沈黙させる劇的勝利を奪ったりと、素晴らしい試合を演ずる実力も大いに持っている。
s-DSC_5605.jpg

さっきは最終盤の連勝を“帳尻合わせ”なんて書いてしまったけど、その結果は決してまぐれなんかじゃない。
そう、ウチの選手達はみんな“やればできる子”なのだ! “YDK”なのだ!!

♪ おお、わぃ~、でぃ~、けぇ~ やれば・できる・子、YDK~~(byM光G塾

・・・と、とにかく、選手達は自信を持って、来年は浅野監督の下で持てる力をフルに発揮して戦い抜いてほしいと願っている。
s-DSC_5587.jpg

来シーズンはリーグのレギュレーションが改訂され、入れ替え戦が廃止となって2位のチームも自動昇格できるという事で、ウチにとってはかなりの朗報ではあるが、それは他のJ2ライセンス所持チームも同じチャンスを得た訳で、今まで以上に2位以内に入る競争が激化するだろうし、この3年間で下位チームの実力もかなり上がってきており、もはや確実に勝ち点3を計算できる相手は存在しないと言ってもいいだろう。
そんな戦国J3リーグを勝ち抜いていくためにも、これまでの事は水に流して、フロントや選手、そして我々サポが一致団結し、今度こそ、今度こそは悲願達成を実現させましょう!
s-DSC_5613.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/12/28(水) 21:27:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.