ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
プレナスなでしこリーグ2017開幕戦 vs浦和レッドダイヤモンズレディース(+トップ試合雑感)
我等がパルセイロ・レディースの1部チャレンジ2年目のシーズンが、本拠地・長野Uスタジアムで遂に開幕!
去年1年間、1部の荒波に揉まれて逞しく成長した選手達が、今年も持ち前の攻撃力で並み居るライバルと堂々渡り合って更なる飛躍を遂げてほしいという期待感と、去年は怖いもの無しだったのが今年は前年度3位として徹底マークされ、『2年目のジンクス』にハマってしまうんじゃないかという不安感が自分の中で激しく交錯する中で迎えた今日の開幕戦は、春まだ遠い寒さと小雨模様の天気に観客の出足も心配されたが、自分が到着した11時ちょっと前には開場を待つ一般観客の長い列ができており、フタを開けてみれば今日も安定の3,000人超えとなる3,064人を記録し、レディースが長野の地に完全に定着した事を実感して、自分も「ヨシ、今年も応援頑張ろう!」と気合が入った。

そんな日本一のサポーターの声援を背に受け、2017年ニューバージョンのレディース戦士達が難敵・浦和レッズレディースを相手にどのような戦いぶりを演じてくれたか、その注目の結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 1(0-0・1-0)0 浦和レッドダイヤモンズレディース
s-P3260017.jpg
s-P3260018.jpg

GKに#31望月ありさ、左サイドバックに#17小泉玲奈、ダブルボランチの一角に#15野口彩佳と3人の新加入選手が先発し、去年までトップ下だった#11斉藤あかねが右サイドハーフに入る4-4-2の新布陣で臨んだこの試合、前半は概ね浦和のペースで進んだ。
ウチは守備の意識を高く持ちボールを奪って前線へ繋げようと果敢にプレスを仕掛けるが、浦和はそんな選手の間隙をぬって素早くパスを繋げ攻め込んでくる。
また、何とかボールを奪って前へ送ってもほとんど相手にカットされて、徹底マークにあった#10横山久美になかなかボールが収まらず、それならばと#14泊志穂が持ち前のスピードで切れ込んで何度かゴールをうかがうものの、これも屈強な相手DFに跳ね返されてなかなかスコアリングチャンスが作れない。

結局、ウチは攻撃面でほとんど見せ場も作れないまま前半が過ぎてしまったが、それでも守備面では、相手のパス回しに翻弄されながらも選手全員が粘り強く喰らい付き、5本対11本と倍以上のシュートを打たれながらスコアレスで前半をしのげたのは大きかった。

そして迎えた後半、ウチのキックオフでスタートすると最初から積極果敢に攻撃を仕掛け、前半は孤立状態だった横山がボールを持つ機会も増えてウチにもグッとチャンスが増えてくる。
一方の浦和も、後半12分に満を持して#9菅澤優衣香、更に20分には#13白木星とストライカーを投入して、アウェイだからと遠慮せず勝ち点3を取りに行く姿勢を見せ、両者が決定的なチャンスを何度も作り出し、更に中盤での白熱した攻防も繰り広げられる非常に見応えのある展開になってきた。

それでも両チームDF陣の踏ん張りでなかなか点が動かず、「この展開なら引き分けでも御の字か・・・」と思い始めた後半41分、横山が敵陣の高い位置で狙いすましたように相手の横パスをインターセプトしてGKと1対1に。
こうなると先のアルガルベカップで代表GKとして活躍した#1池田咲紀子とて“蛇に睨まれた蛙”で、貫禄のゴールを決めて遂に均衡を破り、その後の浦和の猛攻も危なげなく乗り切って、見事に開幕勝利を果たす事ができた。
s-P3260023.jpg

今日の試合のMVPを挙げるとしたら、やはり“真骨頂”ともいえるシビれる決勝ゴールを決めた#10横山久美選手という事になるだろうが、実際スタジアムで試合を見た方々なら、もう一人違う選手が浮かぶ事だろう。
それは、新守護神となった#31望月ありさ選手。
前半のピンチも非常に落ち着いたプレーでゴールマウスを守り抜くと、圧巻は後半の途中、相手の猛攻でウチの守備陣がかなりの受け身状態となり、その中で角度のないところから枠内に飛んだ決定的なシュートを、半身の態勢になりながら片手パンチで防いだ超スーパーウルトラジャイアントビューティフルグレートセーブ!!(←どんだけぇ~)
あそこで決められていたら試合の流れが完全に向こうに行っていただけに、まさに勝敗の分岐点となったスーパープレーだった。
試合後に横山選手が望月選手に抱き着いて喜びを表していたが、あのシーンからも望月選手の貢献度の高さが分かるだろう。

それからもう一つ、相手の強力FW陣を無失点に抑えた守備陣の頑張りも高く評価したい。
前半は相手のパス回しに“走らされる”形となって、後半に入ってスタミナや集中力が持続するかと不安だったが、選手達は最後まで本当に粘り強く相手に喰らい付き、また去年見られたようなバタバタ感も無く終盤になっても落ち着いてボールを処理できており、あのスーパーセーブのシーン以外は攻め込まれても点を取られる感じが起こらず、ある程度安心して見ていられた。

自分は発足当初の弱っちい時期からずっとレディースを追いかけているので、“親心”でどうしても心配や不安の方が先に来てしまい、また先のプレビューで書いたように、冷静に分析しても去年は技術やスピードの面ではまだまだ1部の先輩クラブに劣っていると感じていたので、「1部残留を最低ノルマに・・・」なんて低い目標設定をしてしまったけど、今日のレディースの選手達は自分の想像より遥かに逞しく成長しており、チャレンジャー精神を前面に押し出した“新参者”の戦い方ではなく、立派な『1部のチーム』としての堂々とした戦い振りを見せてくれた。
もちろん、まだまだ課題も沢山あるとは思うが、開幕戦でこのレベルのプレーが出来るのだから、これから試合を重ねる毎に更に力を付けていけるだろう。
s-P3260024.jpg

そんな訳で、選手達には大変失礼な低評価をしてしまった事を深くお詫びすると共に、自分も心の中にあった心配や不安を払拭して、本田監督が掲げる『実力で勝ち取る3位以内』という目標に上方修正し、高い意識を持って今まで以上に力を入れて応援していきたいと思う。

次節はアウェイで、大注目のゴールデンルーキー、ノジマステラ神奈川相模原と対戦する。
ノジマは晴れの1部デビュー戦となった今日はアウェイでINAC神戸に0-3と完敗して1部の洗礼を受けてしまったが、来週のホーム開幕戦では、一昨年の2部での対戦でコテンパンにやっつけられたウチに対して、あの時の借りを返そうと並々ならぬ決意で挑んでくるだろう。
そんな相手の気迫に負けないよう、ウチも昇格に燃えてぶつかっていった一昨年の気持ちを思い出し、決して受け身にならず相手を上回る強い気持ちで戦って、1部の1つ先輩として成長した姿を見せつける勝利を収めてほしい。
s-P3260027.jpg

【 おまけ 】
今日は長野の元気印・#14泊志穂選手の誕生日という事で、レディース勝利の後の恒例儀式・『声の限り』の大合唱の後で、チームメイトからボトルの水をかけられる手荒い祝福を受けた。
誕生日をリーグ開幕戦で、しかもホームのUスタで迎え、更にその試合を勝利で飾るとは、さすが泊選手らしい引きの強さ!
今日は自らのバースデーゴールはならなかったが、今年も我々をワクワクさせる思い切りの良いプレーで、横山選手に負けないくらいゴールを量産してほしい。
そして、すっかり逞しくオトナなサッカーができるようになった選手達だが、変にかしこまらず楽しむときは全力ではっちゃけて楽しむ、レディースらしい底抜けの明るさも健在で、自分としてはそこのところが妙に嬉しかったりするんである。
s-P3260033.jpg


そして・・・
明治安田生命J3リーグ2017第3節@鳥取県・とりぎんバードスタジアム
ガイナーレ鳥取 1(1-0・0-0)0 AC長野パルセイロ

開幕3連勝を目論んで向かった鳥取は、やはりウチにとって“鬼門”だった。
Jリーグ公式HPのテキスト速報を見ると、特に後半はウチのエンブレムの方が圧倒的に目立っていた事から、全体的にはウチの方が押していたと思われるが、それでも鳥取の堅守を突き崩す事はできなかったようだ。
また、この2試合いい形で勝てていた中で、攻撃の精度や時折見せる守備のバタバタが今後の課題と思っていたが、浅野監督のコメントを見ると、やはりその部分で相手に負けていたようで、不安だった部分が結果に繋がってしまい何とも悔しい限り。
ただ、シーズンはまだ始まったばかりだし、今日の敗戦を課題克服の好機と捉え、来週に向けて反省点をしっかり修正してチーム力を高めていってほしい。

その来週は、福島ユナイテッドFCをホームに迎えての戦いとなる。
これまで福島は比較的相性の良いチームだったが、去年はアウェイで何とも無様な内容で初黒星を喫し、また今年は今日も琉球を破って開幕3連勝を飾るなどチーム力を格段にアップさせており、もう勝ち点3を計算できるチームとは言えなくなった。
とはいえ、ここで連敗してしまうようではこれまでの良いムードが台無しになってしまうし、ここは気持ちを切り替えて、相手の連勝をストップさせるべく気合を入れて臨んでほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レディース・不変の法則
① 安定の3000人越え
② 試合が始まると雨が止む
③ 90分間、途切れる事の無いハラハラ・ドキドキ・ワクワク感
④ 終盤まで同点なら、最後必ず1点獲って勝利をもぎ取るの事
⑤ スーパーエース、まぢファンタジスタ
⑥ ゴール裏名物、毎試合必ず見れるGK&DF陣の獅子奮迅
  (安心して下さい。エンドが替っても退屈させません。
   但し、心臓の弱い方には注意が必要です)
今年のレディースも本当に熱くて面白い!!
ちなみに、選手紹介が威圧感ハンパ無くて、「破瑠聖露」レディースな感じ(笑)
2017/03/27(月) 21:12:52 | URL | 長野のおっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.