ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
パルセイロトップ&レディース試合雑感
今日はUスタでトップの試合が行われたが、自分は不覚にも風邪をひいてしまい、大事を取って欠席させていただいた。
ただ、まさに“渡りに船”で地上波生中継があるという事で、テレビを通じて戦況を見守っていたのだが、結果は大変残念なものになってしまった。
という訳で、同じく悔しい結果となってしまったレディースの試合と共に、ざっと感想を述べてみたい。

明治安田生命J3リーグ2017第4節@長野Uスタジアム
AC長野パルセイロ 0(0-0・0-1)1 福島ユナイテッドFC

この試合を一言で表すとしたら、ウチがやりたいサッカーを福島に完全にやられていた感じ。
ウチは試合の入りこそまずまずだったが、すぐに福島の激しいプレスに押されてなかなか決定機を作れず、相変わらずバックパスや横パスばかりだし、ボールを持ってからの判断が遅いし、選手間の連携も悪いしで、ガンガン前へ仕掛けてくる福島に対して完全に受け身になっていた。
また、終盤になっても全く運動量が落ちなかった福島に対し、ウチは最後の方は完全に足が止まっており、後半アディショナルタイムに与えてしまったPKも、相手を倒した#16阿部伸行が悪いのではなく、チーム全体の油断や隙が招いたもので、この敗戦も当然の結果と言えるだろう。

この試合の勝敗を分けたものは『気持ち』以外に無い。
福島は最初から最後まで、選手全員が闘争心を持って常に激しくボールに向かい、前へ前へと向かう姿勢を見せていたのに対し、ウチは首尾よくボールを奪っても相手のプレスに気圧されて安全なプレーを選択し、1・2戦目のようなアグレッシブさは完全に影を潜めて、去年までの煮え切らないチームに逆戻りしてしまった。
こんなんでは、優勝や昇格はおろか、ボトムアップが著しいJ3の波にさらわれて早々に昇格レースから引きずり降ろされるのは目に見えている。

選手達にお願いしたいのは、いい加減に同じ過ちを繰り返すのは止めてほしい。
これ以上、信じて応援し続けているサポをイラつかせ、落胆させないでほしい。
そして何より、失敗を恐れず、もっと勇気と自信を持ってプレーしてほしい。
たとえそれがすぐに結果に繋がらなかったとしても、果敢にチャレンジしてのものなら必ず次のプレーや次の試合に繋がってくるし、最終的に昇格の夢が叶わなかったとしても、応援する者として「相手の方が上だった」と納得できるものがあるが、おっかなびっくり置きにいってのものでは、いくらやっても進歩は望めないし、我々も応援し甲斐が無いというものだ。

幸いにして、他会場では北九州が相模原に、富山が沼津に敗れ、栃木も藤枝と引き分ける等、ゲームの無かった鳥取を除くJ2ライセンスを持つライバルチームも軒並み足踏みしており、まだシーズン序盤という事もあり挽回のチャンスはいくらでもある。
(逆に考えると、昨年下位チームの躍進ぶりは、それはそれでかなりの脅威ではあるのだが・・・)
今日の福島の戦いぶりに上昇のヒントはいくらでも転がっているんだから、しっかり学習してチーム力を高めていってほしい。

来週は去年の北信越リーグ覇者・アルティスタ東御との県選手権決勝戦。
「当たって砕けろ!」で挑んでくる格下相手に逆にやりづらいところもあると思うが、まずはこの試合をしっかりモノにして悪い流れを断ち切る事。
そして2週間後の次節は、未だ勝ち点ゼロで最下位に沈んでいるガンバ大阪U-23とのアウェイ戦だが、去年のウチはU-23チームに対する相性が悪く、更に対戦当時に最下位だったチームに敗れた試合が3つもあるなど、イヤ~な予感がプンプン漂って来るカードだ。
それだけに、「今年のウチは去年とは違う!」という意気込みをプレーと結果で示してもらいたい。

とにかく下を向かずに、アグレッシブに、前進あるのみ!!


そして・・・

プレナスなでしこリーグ2017第2節@神奈川県・相模原ギオンスタジアム
ノジマステラ神奈川相模原 3(1-1・2-1)2 AC長野パルセイロ・レディース

ゴールデンルーキー・ノジマステラとの1部での初対戦という事で注目していた試合だったが、去年の2部得点女王#11南野亜里沙選手の2ゴールを含む3失点で、残念ながら開幕2連勝とはならなかった。
個人的にノジマは、2部時代にしのぎを削っていたライバルだけに「ここにだけは負けてほしくない」と思っていたチームだったので、この敗戦はメッチャ悔しいが、おそらくノジマにしてみれば、逆に「長野にだけは勝ちたい」という強烈な思いがあったのだろう。
試合の内容は現時点では全く分からないが、総シュート数14-13というスタッツが、両者の意地のぶつかり合いを象徴しているように思えた。
開幕戦では浦和を完封して成長をうかがわせた守備陣が3失点してしまったのはちょっとショックだったが、これも相手の意地に免じて、今日は素直に勝ったノジマを称えたいと思う。
ただし、ホームでの試合は絶対にウチが勝たせてもらいますよ!!

レディースの来週はなでしこリーグカップのグループリーグ初戦、アルビレックス新潟レディースとのアウェイ戦となる。
新潟は大型移籍の川村優理選手が公式戦に1試合も出ずに海外移籍が内定するというまさかの人事もあってか、リーグ開幕から1分1敗と未だ勝ち星が無いが、それでも力のあるチームである事に変わりはないし、リーグ戦とは一味違うという事で気持ちの持っていき方も難しい部分があるだろうし、いずれにしても厳しい試合になる事は想像に難くない。
ウチとしては今日3失点してしまった守備を修正しつつ、カップ戦という事で気持ちをリセットして、強豪・新潟相手にチャレンジャー精神を前面に押し出して思いっきりぶつかっていってほしいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/02(日) 20:17:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.