ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
明治安田生命J3リーグ2017第6節 vsFC東京U-23
今日は事情により、写真なし・文章短めのショートバージョンでお送りいたします。

さて、県選手権や天皇杯1回戦を挟み、久し振りに開催されたUスタでのリーグ戦は、オールドファンには懐かしい『ミニラ』(ゴジラの子供)と呼ばれた現役時代からすっかり貫禄が増して立派にゴジラの風貌となられた(ご本人様大変失礼いたしました。。)中村忠監督率いるFC東京U-23を相手にスコアレスドローとなり、必勝を期したホームゲームで勝ち点2を落とす少々悔しい結果となってしまった。

ウチとしては、相手の大注目である#41久保建英選手や、去年の対戦で決勝ゴールを決められた#21ユ・インス選手といった要注意人物をしっかり抑えて、決定的なシュートがクロスバーに当たるなど多少のラッキーはあったものの無失点で終えたのはよかったが、肝心の攻撃面では、選手間の連携やゴールへの執着心といったところでまだまだ物足りない部分が多く、ここ数年来の大きな課題である決定力不足解消の兆しが未だ見えてこないのは気がかりだ。

もっとも、一時期の日本代表にも見られたように、ひとたび決定力不足という問題に陥ると、強烈な個の力でも出てこない限りなかなか抜け出せない非常に厄介なものであり、監督が変わり新戦力・新戦術がまだ完全に噛み合っていない中にあっては、この課題をすぐに克服するのが難しい事は理解しているつもりだが、とはいえ昇格待ったなしの状況にあってはあまり悠長に構えてもいられず、本当に歯がゆいばかりだ。

ただ、まだまだ物足りない面もあるもののチームとしてやるべき事をやろうという努力や意図は伝わってくるし、個々の選手を見ても、例えばリーグ戦初先発の#19三上陽輔選手は前線で体を張ってしっかりタメを作り大きな存在感を出していたし、途中出場の#28小林秀征選手は若さあふれる思い切ったプレーでゴールへの可能性を感じさせたし、同じく途中出場の#26遠藤元一選手も、DF登録ながら前線でのパワープレーで終盤の猛攻の立役者となったりと、チーム成長に向けて伸びしろを感じさせる要素もあり、結果は出ていても選手間の動きがバラバラで不安ばかりが募っていた去年の今頃に比べれば全然マシである。
確かにここで勝ち点2を失ったのは非常に痛かったが、だからといって「昇格に黄色信号が灯った」と大騒ぎするにはまだまだ早過ぎるし、ここは監督や選手を信じて、焦らず騒がず辛抱強くチームを見守り、応援していきたいと思う。

次節はアウェイでのグルージャ盛岡戦。
例年スロースターターの盛岡も、今年はここまで2勝2分2敗でウチと勝ち点2差の9位という位置につけており、ガツガツ当たってくる厳しいプレスと鋭いカウンターに毎回手こずっているウチとしては、他の昇格候補チームと同じ警戒感を持って戦わなければならない手強い相手だ。
ウチとしては、どんな形でもいいからそんな難敵のゴールを何としてでもこじ開けて勝ち点3を持ち帰り、今年も混戦模様の首位戦線に喰らい付いていってほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.