ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
明治安田生命J3リーグ2017第10節 vsカターレ富山(+レディース試合雑感)
前節はアウェイでブラウブリッツ秋田と対戦し、またしてもスコアレスドローに終わったパルセイロ。
これで早くも今季9戦中5回目の無得点で、相変わらずの得点力不足が悩ましいところだが、首位の秋田を相手に無失点で終えられたのは良かったし、ダイジェスト映像からも選手や監督のコメントからも、去年と違ってプレーの意図やゴールへ向かう意志、そして「勝ち点を1つ取れたのでヨシ」ではなく「勝ち点を2つ失って悔しい」という闘志も見えているので、我々も気持ちを落とさず粘り強く応援していきたいところだ。

そして今日だが、対戦相手のカターレ富山とは、過去のJ3での戦いは1勝2分1敗と五分の星だが、持ち前の堅守にウチの攻撃陣がほとんど機能せず苦戦ばかりしているという印象が強く、現に二つの引き分けはいずれもスコアレスだし、また得点は4試合で1点しか取れていないし、逆に富山はウチから2点を取っており、とにかく自分の中では富山は大の苦手チームという位置づけで、まるで両県境に横たわっている北アルプスのように大きな壁となって立ちはだかっている。
そんなカターレに対し、上級登山者でない一般の人が長野から富山へ直接抜けられる唯一の道である立山黒部アルペンルートのような一筋の風穴を開ける事はできたか?
前半戦最大の山場(相手が北アルプスだけに・・・)ともいえる重要な試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(1-0・0-0)0 カターレ富山
s-DSC_6506_201705282227192dd.jpg

やはり相手は実力者だけあって、立ち上がりからしばらくは富山に押される時間帯が続いたものの、持ち前の守備力で決定的な場面はほとんど作らせず、そうこうしているうちに徐々にウチが攻め込む場面も多くなって、ゴール前いい位置での#7佐藤悠希のヘディングシュートや、#3大島嵩弘の強烈なロングシュートなど、非常に惜しいシュートが出てきてスタンドが盛り上がってくると、前半29分、右サイドで得たフリーキックのチャンスに、#14東浩史が蹴ったボールを走り込んできた#3大島嵩弘がドンピシャ頭で合わせてゴールに突き刺し、パルセイロが先制!
お互い堅守のチームなので、とにかく先に点を取って主導権を握りたいという思いは双方強かったと思うが、そのノドから手が出るほど欲しかった先取点をウチが取れたのは本当に大きかった。
s-DSC_6538.jpg

その後も、ゴールシーンとほぼ同じ位置で得たフリーキックで、ゴール前に蹴ると見せかけて横に待っていた#24新井純平にチョコンとボールを出してクロスバー直撃の強烈なミドルシュートを放つなどアイディアある攻撃を見せる。
確かに45分間を通してのポゼッションとしては富山の方が上回っていたが、ウチの安定した守備力のせいか“有効打”をほとんど打たせず、スコアリングチャンスはウチの方が多くて、浅野監督が掲げる『良い守備からの良い攻撃』を体現した、非常に手応えのあった前半だった。
s-DSC_6577_201705282227224ec.jpg

しかし、後半になると富山の攻め込む時間が長くなってくる。
これは相手の「勝ち点同数で競り合っているライバルに負けられない」という気迫もあるが、ウチも1試合平均0.3失点という守備に対する自信が逆の方に働いてしまったか、虎の子の1点を守って逃げ切るのか、追加点を狙って前掛かりにいくのかがハッキリせず、プレーが前半に比べて中途半端になってしまったようで、クリアボールも相手に拾われるケースが増えてくるなど、流れがかなり悪くなってきた。
また、途中交代で入った2選手があまり機能せず、そのうちの1人はアディショナルタイムに再び代えられてしまうなど、ベンチの采配もあまり冴えなかった。(ご本人の名誉のために名前は書かなかったけど、気持ちを切り替えて次回以降頑張りましょう!)

それでも、選手達は最後まで集中力を切らさず、この難局を凌ぎ切った。
Uスタ名物の強風の影響もあったのか、相手のシュート精度が低かった事に救われたところもあったとはいえ、本当に肝を冷やすようなピンチは後半45分の中で1回か2回だけで、ほぼ一方的に押されてはいたけど不思議と失点される予感は起こらなかった。
s-DSC_6522.jpg

今日は体調不良からなのか、守備の屋台骨であるセンターバックにしてロングスローで攻撃の起点にもなる#2松原優吉が欠場で、スタメン発表が終わった後は少し不安な面もあったが、代わりにスタメンとなった#26遠藤元一を始め、今日もDF陣は安定したプレーで相手の攻撃を断ち、また去年まで富山に在籍し青く染まったゴール裏から愛のあふれる(?)ブーイングをもらった#19三上陽輔を始めとした前線の選手も高い位置から体を張ってプレスを仕掛け、ウチの持ち味をフルに発揮して宿敵・富山に競り勝ったのは素直に嬉しい。
後半の戦い方は今後に向けての大きな課題として残ったが、試合を通して選手達からは「勝ちたい!」という気持ちがひしひしと伝わってきたし、百戦錬磨な#17明神智和キャプテンが試合後に見せた、この気合と喜びに満ちた表情からも、選手達のこの試合に賭ける思いの強さが感じられた。
s-DSC_6601.jpg

今年のJ3はチーム数が奇数という事で次節はお休みとなり、トップチームの次の試合は再来週に、FC琉球とのアウェイ戦となる。
今季ここまでの琉球はウチと勝ち点5差の9位と少々苦戦しており、失点数が13でワースト5位という成績に付け込む隙があるかもしれないが、これまで負け無しだった対戦成績も去年のアウェイ戦で相手に初勝利を献上し、向こうとしてもこれまでのような苦手意識は薄らいでいると思われるし、加えて爽やかな信州とは正反対な沖縄の蒸し暑い気候とも戦わなければならない厳しさがあるが、今日の勝利で得た良い雰囲気を2週間持続させ、アグレッシブな攻撃で是非とも勝ち点3を持ち帰ってきてほしい。
s-DSC_6585.jpg

そして・・・
プレナスなでしこリーグ2017第10節@宮城県・ユアテックスタジアム仙台
マイナビベガルタ仙台レディース 1(0-0・1-1)1 AC長野パルセイロ・レディース

昨日アウェイで行われたレディースの試合は、勝って4連勝・・・とはならなかったが、後半開始早々に失点するという嫌な流れながら、タレント揃いでフィジカルが強い仙台に対して追加点を許さず、アディショナルタイムに入って相手ゴール前の混戦から同点弾を押し込むという劇的な展開で勝ち点1をもぎ取れたのは非常に大きい。
去年はアウェイ戦に弱くて“内弁慶”と呼ばれていたが、守備力向上で安定した戦いができるようになって、選手達にも「敵地でも十分に戦える」という自信と勇気がが付いたのだろう。
ダイジェスト映像は見ていないが、公式記録の得点経過や今朝の信毎朝刊の記事を見ていると、最後の最後まで勝負を諦めず泥臭くゴールへと向かっていく選手達のプレーが見えてくるようだ。

これでリーグ戦は8月中旬までお休みとなり、2週間後からはカップ戦に本格突入となるが、次回はレディースが未だ勝ち点を1つも取れていない唯一のチーム・ジェフ千葉レディースとのアウェイ戦となる。
この週はなでしこJAPANがオランダ・ベルギーに遠征して国際親善試合を行うという事で、代表メンバー発表は明日だが横山選手もおそらく選出されるだろうから、エースを欠いた状態で大の苦手チームに挑まなければならない(千葉も若手有望株の#28成宮唯選手あたり代表に選ばれてくれないかしら・・・)が、逆にここで結果を出せればチームとしても大きな自信になるだろうし、横山選手がドイツ移籍で長野を離れる7月以降を見据え、残ったメンバーが今季ここまでの戦いで得た自信と勇気を持って、千葉からの初の勝ち点ゲットに向けて果敢にチャレンジしてきてほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/29(月) 00:58:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.