ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
明治安田生命J3リーグ2017第18節 vsFC琉球
早いもので今シーズンのJ3リーグも今日から後半戦に突入。
その初戦の対戦相手となるFC琉球は、アウェイでの前半戦では後半アディショナルタイム1分にウチがゴールし勝利を目前まで引き寄せながら、「その時の喜び方が長すぎたから時間追加しときました」というレフリーの粋な計らい(?)で延長された6分というウソみたいに長い時間の最後の最後に、相手の捨て身の猛攻にうっかり取られてしまった微妙な判定のPKを決められ引き分けに終わるという、信じられないにもホドがあるような展開で手痛い勝ち点を落としてしまった。
それだけに、ホーム開催の今日の試合は絶対に勝ってリベンジを果たすと共に、後半の巻き返しに向けて弾みを付けたいところ。
試合前にはゴール裏で知り合ったというサポーターさん同士の人前結婚式が行われ、パルセイロの象徴・ライオンにあやかった(・・・かどうかは分からないが。。。)篠ノ井大獅子(沖縄のシーサーじゃないよ)の勇壮な舞いも奉納されたお目出たい雰囲気のUスタで、幸先の良いリスタートを切る事はできたのか? その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(1-0・0-0)0 FC琉球
s-DSC_6996.jpg
s-DSC_7075.jpg

マッチデープログラムのプレビュー記事で「ポゼッション主体の攻撃型チーム」と美濃部GMが述べていた通り、立ち上がりからしばらくは、琉球の素早いパス回しとゴール前に人数をかけてくる積極的な攻撃サッカーに手こずり守勢に回っていたが、そのスピードにも徐々に慣れてウチが攻撃する時間も増えてきた前半13分、#35天野貴史のスルーパスを受けた#30萬代宏樹がドリブルでスルスルっとエリア内に切れ込むと、中央をフリーで駆け上がってきた#25有永一生に絶妙なグラウンダーのクロスを送り、それを有永が冷静に決めてパルセイロが先制!
これはゴールした有永もさる事ながら、果敢なドリブルと広い視野でお見事なアシストをやってのけた萬代を褒めるべきだろう。
s-DSC_7030.jpg

J2水戸から期限付きで移籍後初出場にして早くもゴールに絡む活躍をした萬代選手だが、その後も空中戦やポストプレーで大きな存在感を出していたし、ポジショニングや足元のプレーも上手くて、心なしか前線の選手間の動きもこれまでより滑らかに連動しているように感じられた。
もっとも、これは攻撃的で前掛かりにプレーしている琉球だからこそ出来たプレーとも考えられ、J3では主流となっているゴール前をガッチリ固めてくる相手に対しても通用するかはまだ未知数だが、とにかく前半戦は攻撃陣がなかなか噛み合わず極度の得点力不足にあえいでいたトップチームにとって、ポストプレーもアシストもできる高身長FW・萬代選手の加入は、後半戦に向けての明るい材料となりそうだ。
s-DSC_7094.jpg

このゴールの後も一進一退の白熱した攻防が続き、ウチも萬代選手を中心に後半に向けて期待できる戦い振りだったが、琉球のキックオフで始まった後半は、ほとんどウチの陣内で試合が進む“ハーフコートゲーム”の様相になってしまった。
なにしろ琉球というチーム、全員が良く走るし、パス交換も正確だし、何より全てのプレーに迷いが無い。
ウチの場合、ボールを受けるとパスを出す相手を探す一瞬の“間”ができてしまい、その僅かな時間が積もり積もって攻撃のスピードが落ち、相手に守備を固める余裕を与えてしまう傾向があるが、琉球の場合は自分や相手を信じて何の躊躇も無くパスを出し、受け手もボールが飛んでくる位置に正確に走り込んでくるし、トラップも決して大きくならず足元に収まる。

その結果、ウチは琉球の攻撃にいいように振り回されてディフェンスラインもズルズルと下げざるを得ず、何とかクリアしてもセカンドボールをことごとく相手に取られ、また守りに時間を取られるの繰り返し。
ウチだって今でこそ守備力が攻撃力を上回っているとはいえ、一応は『攻撃的サッカー』をウリにして攻め込む時間もそこそこ長い試合をこれまでやってきたが、同一カテゴリーでここまで相手に押し込まれる展開を見せ付けられたのは初めてだ。
s-DSC_7120.jpg

しかし、そんな危機的な状況の中で立ちはだかったのが、我等が守護神・#16阿部伸行。
ディフェンスラインの裏を取られ、「これはヤラれた・・・」と息を呑むようなシュートを、スーパーセーブでことごとく跳ね返してくれた。
まさに『神様・仏様・ノブユキ様』と手を合わせて拝みたくなるような、神降臨の大当たり!
s-DSC_7167.jpg

そういえば今日の試合前のリスペクト宣言の中で、男の子が「あべせんしゅのスーパーセーブで勝ってほしい」なんて健気にコメントしてくれたが、その思いが見事に現実になった格好だ。
ひょっとして、その子の発言に阿部選手が発奮したのかな?
だとしたら、今日の試合のMVPはリスペクト宣言の男の子で決定だ!!

そんな訳で、4-20というシュート数が示す通り、本当なら1-3とか1-4くらいのスコアでボッコボコにされてしまうような試合を辛くも勝利したパルセイロ。
なんだか幸先がいいんだか悪いんだか分からないような不思議な勝ち方だったが、前半戦は守備は完璧なのにとにかく点が取れず、たま~に先制すれば直後に固いはずの守備を破られて勝ち切れないという何ともちぐはぐな流れだっただけに、このラッキーな勝利を無駄にする事なく流れに乗ってもらいたい。
J3リーグはここから1ヶ月弱の中断期間に入るが、新加入の萬代選手も即戦力として活躍できる事も分かったし、この間に課題の得点力不足解消に向けてじっくりとチームを作り直し、来月19日の再開初戦となるアウェイ・鹿児島ユナイテッドFC戦では、一皮むけたプレーで是非とも浅野監督に彼の地での勝利をプレゼントしてやってほしい。
s-DSC_7177.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/07/24(月) 02:41:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.