ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
『オトナの対応』で半歩前進
いよいよHFL名物(←今季限りで当面終了の予定)信州ダービーの松本ラウンド。
両チームの意地がぶつかり合った死闘の結果は以下の通り。

松本山雅FC 0(0-0・0-0)0 AC長野パルセイロ

前節金沢戦と同じく3-4-3の布陣で臨んだこの試合、パルセイロは序盤からボールも選手もよく動き、積極的に攻撃を仕掛けていく。
一方の松本も、チームの置かれている立場や、ホームでのダービーで無様な格好はできないという想いから、絶対に負けられないとサイドを起点に必死に食い下がる。

ボールの支配率もスコアリングチャンスもウチの方が若干上回っていたが、ダービーにふさわしい緊張感ある立ち上がりだった。

そんな試合に水を差したのが、今日のレフリー。
ミスジャッジが多かったり一方のチームに不利な判定を繰り返すのは『北信越クオリティ』でコチラも慣れっこだが、それにしても、信州ダービーの異様な空気に呑まれたか今日のジャッジのヒドさはハンパではなく、オマケに笛を吹いてからワンテンポどころか3~4テンポ遅れてジャッジが出る煮え切らなさで、こちらのゴール裏でも徐々に不満が溜まってくる。(後で聞いた話では、バックスタンドからは怒号の嵐だったようだ。)

去年のウチなら、そんな判定にイライラして執拗に抗議する選手もいたりして、リズムを崩されたりカードを喰らう場面もあったが、しかし今日の選手達は、どんなにミスジャッジがあっても動揺する事なく常に冷静に対応していたし、そんな選手達の姿を見て、我々ゴール裏も荒れる事なく最後まで応援に集中する事ができた。

また、ダービーという事で前半から飛ばしすぎたのか、後半の途中から運動量が落ちて相手に攻め込まれる場面が多くなったが、それでも最後まで集中力を切らさず守り抜いた。
去年までは相手の連続攻撃にDFラインがバタバタしてしまい失点を喰らうケースがあったが、ここでも選手達の成長が垣間見られた。

結局、最後まで気の抜けなかった白熱の試合は、両者スコアレスのままタイムアップ。

今年の松本はサイド攻撃主体のオーソドックスな形で、去年までのようにDFラインの裏を絶妙に抜ける“イヤラシさ”は無くなり、ハッキリ言って失点の怖さは感じなかったが、守りの固さは相変わらずで、90分間通して走り負けしないタフさもあった。

ウチとしては、後半に高い位置でインターセプトしたボールがゴール前で#11要田にフリーで渡る決定的な場面があったが、強烈なシュートがクロスバーに嫌われる不運もあり、またその他のチャンスも相手GKの#30原が評判通りの好守を見せ、全体的には押していたものの、残念ながら勝ち切る事ができなかった。

今後の優勝争いを優位に進めるためにも、相手が不調な時にキッチリと叩けなかった事は悔やまれるが、しかし、前記の通りレフリーの最悪なジャッジングにも相手の波状攻撃にも常に冷静に対処する、一皮むけた『オトナの対応』で、最後までキレずに戦い抜いた事に対して心から賛辞を送りたい。

群雄割拠の北信越リーグにあって、そう簡単に抜け出せるほど甘くはない。
まずは、苦手の松本にアウェーで勝ち点1をもぎ取って半歩前進した事をポジティブに捉えて、気持ちを切り替えて後半戦に臨んでほしい。

大丈夫。 今日のような強靭な精神力があれば、今後やってくる厳しい戦いもきっと乗り越えて行けるハズだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.