ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
HFL2008 第8節プレビュー
さぁ、いよいよHFLも後半戦突入!
その大事な出だしの対戦カードは以下の通り。
(なお今節から、前期対戦時のスコアを両チーム名の間の〈 〉内に表示します。)

  ・ グランセナ新潟FC 〈1-3〉 AC長野パルセイロ (グランセナ新潟サッカースタジアム・10:30~)
  ・ サウルコス福井 〈0-0〉 松本山雅FC (テクノポート福井スタジアム・13:30~)
  ・ ヴァリエンテ富山 〈1-5〉 JAPANサッカーカレッジ (岩瀬スポーツ公園サッカー場・13:00~)
  ・ フェルヴォローザ石川・白山FC 〈1-10〉 ツエーゲン金沢 (金沢市民サッカー場・15:00~)

他所の対戦のうち、雑誌『J’sサッカー』の最新号にレポが載っていた、石川と金沢の『石川ダービー』は、石川には失礼ながら勝敗の結果はほぼ予想できるが、前期でなまじ金沢が10点取っているだけに、例え勝ったとしてもロースコアだったら逆に不安な気持ちにならないか?・・・と、余計なおせっかいをやいてしまいそうだ。

前期はドローに終った福井vs松本は、今節の結果で松本がどのくらいチーム力を戻してきたかが分かる指標となりそうだが、対する福井は松本に勝てば“Aクラス入り”の芽も出てくるとあり、ホームでの開催で鼻息も荒いだろう。
また、『3強』(←後期は敢えてこう呼ばせてもらいます。)の一角であるJSCのスタートダッシュも気になるところ。

さて、パルセイロであるが、後期開幕戦にして早くも序盤の山場となりそうなこの試合。

4月10日のリーグ開幕戦では、ウチのチーム力がまだまだ上がっていなかった時期だった事もあるが、昇格したて&試合開始早々の退場で1人少ないG新潟に予想外に苦戦した。

開幕戦で見た相手は、決して派手さはないものの守備を中心によくまとまっている好チームとの印象があり、何しろ前期にあのJSCを相手のホームで破っているという実績もある。
慣れないアウェイの人工芝と10時30分とメッチャ早い時間のキックオフという条件も相まって、油断していると足許をすくわれる可能性は大いにあり得る。

しかし、幸い今年は千曲市サッカー場という人工芝グランドで練習できるため、人工芝ピッチに対する感覚もだいぶ掴めるだろうし、ウチのチーム状態も開幕時から比べれば遥かに上がっているので、選手達はしっかりと結果を出してくれるだろう。

この試合のノルマは、点は多いに越した事は無いが、まずは相手の得点をゼロに抑える事。
その上で、しっかりとした攻めで相手の守りを崩し、確実に勝ち点3をゲットする事。

とにかく、4月の開幕戦からどれだけチームとして熟成されたか、その成果をバッチリ見せてほしい。

そしてもう一つ、会場となるグランセナ新潟サッカースタジアムは、住宅街の中にあるという事で鳴り物を使った応援が禁止されているようだ。

去年も新潟経営大学で経験したが、やはり鳴り物無しの応援は非常にやりにくいものがある。
しかし、我々には『声』と『手拍子』というアイテムが残されているので、声だけで周辺住民から苦情が来るくらいの熱い応援を送ってやろうじゃないか!(←イヤ、本当に苦情が出ちゃうとシャレにならないけど、そのくらいの意気込みで・・・)

朝が早くてスケジュール的に大変な面もあるが、新潟の週間天気予報では日曜日の傘マークが外れている事でもあるし、大勢のサポに集まってもらい、リスタートの大事な一歩を踏み出す選手達の背中を押してほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.