ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
たまにはBCLにも触れておかないと・・・
本日野暮用により、上田で行なわれたセローズの試合を見に行けなかった。

試合は4-0と、石川ミリオンスターズ相手に#17佐藤が完封勝利を納めたとの事。
なかなか拝めないセローズの勝ち試合(←大変失礼!)を見にいけなかったという事で非常に残念。

今後、日曜日は8月最初までパルセイロで詰まっており、また土曜日はしばらくアウェイが続くという事で、今度セローズの試合が見られるのは7月19日(土)の東京ヤクルトスワローズファームとの交流戦(@上田)まで、公式戦に至っては7月25日(金)の富山戦(@オリスタ)までお預けとなり、この前に見た試合が6月7日だったから、実に1ヶ月半ほどセローズから離れてしまう事になる訳だ。

う゛~、塁には出るけどなかなかタイムリーが出ない打線や、ストライクがなかなか入らない投手陣の姿を見ながら、いつものようにスタンドでイライラしたいよ~。。(←重ね重ね大変失礼!!)

・・・・さて、ここまで読んで猛烈ブーイングを浴びせる善良なセローズファンの怒りをかわしつつ、弊ブログのサブタイトルに『AC長野パルセイロと信濃グランセローズを中心に・・・』と書いてある手前、そろそろBCLネタも書いとかないと・・・という事で、今日は前期も残り10試合を切ろうかというリーグの戦況を見てみたいと思う。

まずは、上信越・北陸両ディビジョンの今日までの順位表から。

【上信越ディビジョン】 (試合数-勝-敗-分・勝率)・首位からのゲーム差
 1位 群馬ダイヤモンドペガサス (25試合-15勝-8敗-2分・.652)
 2位 新潟アルビレックスBC (26試合-15勝-8敗-3分・.652)・0.0差
 3位 信濃グランセローズ (27試合-10勝-14敗-3分・.417)・5.5差

【北陸ディビジョン】 (試合数-勝-敗-分・勝率)・首位からのゲーム差
 1位 富山サンダーバーズ (27試合-14勝-12敗-1分・.538)・M8
 2位 石川ミリオンスターズ (26試合-10勝-12敗-4分・.455)・2.0差
 3位 福井ミラクルエレファンツ (25試合-6勝-16敗-3分・.273)・6.0差

上信越ディビジョンは、新潟と群馬が、熾烈かつハイレベルな首位争いを繰り広げている。
開幕前は、上信越ディビジョンのライバルが去年ダントツ最下位だったチームと今年から新規参入のチームという事で、こりゃセローズの地区優勝は固いかな?・・・と楽観的に予想していたのが、ものの見事に外れた格好だ。
チーム打率は群馬が1位で新潟が3位、チーム防御率は新潟が1位で群馬が2位と、両チームとも攻守の歯車がガッチリ噛み合って各チームからまんべんなく勝ち星を挙げており、両者の直接対決も新潟の3勝2敗とほぼイーブンで、今後の優勝争いが大いに注目される。

一方の北陸ディビジョンは、富山が残り9試合で前期優勝マジック8が点灯した。
ここで注目したいのが各チームの勝率だが、首位の富山は勝率5割を超えているものの、上信越の2チームとはかなりの開きがあり、続く石川と福井は5割以下の借金生活。
4チーム・単地区制の去年は勝率6割台半ばでハイレベルな首位争いをしていた両者だが、自慢の重量クリーンナップ4人のうち2人が抜けた富山と、チームの核弾頭として活躍していた内村がNPB楽天の育成ドラフトで抜けた石川の戦力ダウンが如実に現れており興味深い。

さて、我等がセローズであるが、今年は連敗はあるものの去年のような派手な連勝は無く、同地区のライバル2チームが好調なだけにメチャクチャ弱いような印象を受けるが、確かに勝率は低いものの、去年のように目を覆いたくなるような悲惨な負け方は少なく、悪いなりに健闘している方だと思う。

しかし、前記のような投手の四球禍による自滅や打線の極度なタイムリー欠乏症など、イライラするような負け方が多くてどうしても弱々しく見られてしまう。

そんなセローズだが、最近は好材料がいくつか見られるようになった。

投手陣では開幕から不調だった#17佐藤がようやく結果を出してきたし、去年の3本柱の一角である#48涌島も怪我から復帰した。
そして打線では、即戦力の期待も高く鳴り物入りで入団したもののキャンプ中の怪我が長引いて不調をかこっていた#6清水・#8竜太郎両選手に当たりが出てきており、特に清水は5試合連続長打と本来の実力を発揮し出した。

前期優勝はかなり厳しくなってしまったが、幸いな事に後期はまた全チームがゼロからスタートする事になるだけに、前期の残り試合を実りあるものとして、後期優勝に望みを繋いでほしいものだ。

なお、律儀でお人好しの選手が多いセローズだからといって、くれぐれもチーム状態までゼロに戻さないように!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.