ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2008第8節の結果
HFL第8節の結果は以下の通り。

   ・ グランセナ新潟FC 1-11 AC長野パルセイロ
   ・ サウルコス福井 0-4 松本山雅FC
   ・ ヴァリエンテ富山 1-5 JAPANサッカーカレッジ
   ・ フェルヴォローザ石川・白山FC 0-2 ツエーゲン金沢

順位表(勝-分-敗・勝ち点・得失点差)
  1位 (→) AC長野パルセイロ (6勝2分0敗・勝ち点20・+27)
  2位 (→) JAPANサッカーカレッジ (6勝1分1敗・勝ち点19・+16)
  3位 (→) ツエーゲン金沢 (6勝0分2敗・勝ち点18・+22)
  4位 (→) 松本山雅FC (3勝3分2敗・勝ち点12・+4)
  5位 (→) グランセナ新潟FC (2勝2分4敗・勝ち点8・-12)
  6位 (→) ヴァリエンテ富山 (2勝1分5敗・勝ち点7・-12)
  7位 (→) サウルコス福井 (1勝3分4敗・勝ち点6・-9)
  8位 (→) フェルヴォローザ石川・白山FC (0勝0分8敗・勝ち点0・-36)

今節は上位陣が揃って安泰だったので、順位に変動は無し。

石川vs金沢の『石川ダービー』は、0-2と予想外のロースコア。
これは石川が頑張ったのか、それとも金沢が攻め切れなかったのかは分からないが、プレビュー記事でも書いたように、なまじ金沢が前期に10点取ってしまっただけに、両チームの選手やサポは勝敗の結果とは逆の気持ちになっているんじゃないかと邪推してしまう。

金沢は、序盤5節までは絶好調だったものの、ウチに(金沢から見て)ホームで完敗→JSCに破れ2連敗→全社県予選決勝で県リーグのテイヘンズに辛勝→石川戦の予想外のロースコア・・・と、ここのところ調子が下降気味だが、逆の見方をすれば、今は調子の波が底を打っており、リーグ戦終盤にまたピークまで振り戻す可能性も大いにあり、一連の苦戦もかえって不気味に思えてくる。

その他、松本は福井に、JSCは富山にそれぞれ快勝。
特に松本は、メンバーが揃ってまともに自分達のやりたいサッカーができるようになったのは今回が初めてじゃないだろうか。
既にシーズンの半分を消化してからようやく本当のスタートを切った新生・山雅が、果たしてどんな戦いぶりを見せるのか、今後大いに注目したいところ。

パルセイロは、昨日のバカ勝ちで得失点差を一気に伸ばし、2位のJSCと11点差、3位の金沢と5点差となった。
しかし、得失点差はあくまでも二次的なもので、肝心の勝ち点は未だに僅差で、またライバル2チームも下位チームとの対戦でコケる事はまず考えられないので、ウチとしては今後の試合で引き分けも許されない状況である事に変わりは無い。

また、「好事、魔多し」という言葉があるように、大量得点勝ちの次の試合はプレーが大味になって落とし穴にハマってしまうケースも大いにあり得るし、とにかく昨日のお祭り騒ぎはスパッと忘れ、気持ちを切り替えていかなければならない。

とりあえず次節、5月25日のJSC戦以来、実に5週間ぶりの聖地・南長野でのリーグ戦では、これまでアウェイの試合を見に行けなかった地元サポの皆々様に、心技体ともに強くなったパルセイロの姿を存分に披露してもらいたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.