ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
開場前にスタジアムに来よう!
以前、アウェイの試合に遠征に行かれるサポの方々に『ユニを着たまま出かけよう!』という呼びかけをして、けっこう思いがけない反響もいただいた。

そこで今日は、久々のホームゲームが行なわれる次節を前に、僭越ながら第2弾キャンペーンを張らせていただきます。

JリーグでもNPBでも、トップリーグの試合では、平日ナイターを除けば開場前には入口に長い行列ができ、試合開始30分前くらいにはあらかた観客が入り終わっているケースがほとんどだし、自分もサッカーや野球に限らずスポーツ観戦の時には開場時間と同時にスタンド入りしているが、南長野の試合を見てみると、開場時の出足が鈍く、キックオフ5~10分前くらいから急に人数が増えてくる傾向がある。

そんな試合直前に会場入りされる方々に、こう呼びかけさせていただきます。

スタジアムには、開場前に来よう!!

「別に満席になる訳じゃなし、そんな早く来なくたっていいじゃん!」と思われる方もいるだろうが、スポーツ観戦というレジャーは、試合を見るだけが全てではないと思う。

南長野は全席自由なので、早く来て自分の好きな席を確保しておくという実務的な事ももちろん大事だが、それ以外にも、試合開始までの間に売店で飲み物や食べ物を確保したり、グッズを物色したりする楽しみもあるし、サポ有志でフリーマーケットなどのイベントが開かれる時もある。

また、青々としたピッチや選手が練習している姿をボンヤリ眺めながら、これから始まる試合に思いを馳せつつ徐々に気持ちを昂ぶらせていけば、試合自体ももっと熱く、楽しく見られるんじゃないだろうか?
(自分は、この試合前の『ボンヤリ時間』の何ともいえない空気感が大好きだ。)

それに、キックオフ20~30分前に行なわれるスターティングメンバーの発表はサポにとって非常に大事な儀式であり、このスタメン発表から試合が始まっているといっても過言ではない。

映画やドラマでも、いきなりクライマックスシーンを見せられてもなかなか物語の中に入っていけないように、スポーツ観戦でも試合前の『助走区間』があった方が、より試合を楽しめると思う。

せっかくパルセイロというチームを介してサッカー観戦という『非日常的』なイベント(自分にとってはもはや『日常』と化しているが・・・)を体験するんだから、どーせならじっくりと時間をかけて思う存分楽しまなきゃソンでしょう。

今度の試合は13時キックオフだから、1時間前の12時開場。
そして篠ノ井駅からのシャトルバスは、おそらく開場時間の30分前くらいから出ると思います。(未確認情報なのでご注意を)

さぁ、皆さん。
今度の日曜日は、ご家族・恋人・友人・知人から赤の他人までお誘い合わせの上、お昼前に南長野に集まって、『パルセイロ』という名のエンターテーメントを思う存分楽しもう!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうもです。
本当に、お説ごもっともですね!
時間がある限り早めにスタンドに足を運んでおくことで、試合が始まればなかなかできない他のサポの人との交流もしやすいでしょうし、また情報交換もできますしね。
早く行っておいて全く損はないですね。いや本当に。


・・と申しておきながら、今週の福井戦は・・またも自分、午前中に用があって南長野に着くのは多分試合開始ギリギリになってしまうかとorz
その次のホームの富山戦は、早く来れるように致しますです・・。
2008/06/26(木) 19:37:18 | URL | 橙☆ツナギ #-[ 編集]
橙☆ツナギ様、どーもです。
主旨にご賛同いただいて嬉しい限りです。

個人的な考えとして、スポーツ観戦は入場の列に並んで開場を今か今かと待っているところから始まっていると思っているので、キックオフぎりぎりにゾロゾロと入ってくる観客を見て何とももったいない・・・と思ってこの記事を書きました。

今はスポーツ観戦に不慣れな人達も、試合前のあのゆったり流れる空気を楽しむ事ができるようになれば、きっと長野のスポーツ文化も花開くでしょう。

・・・なーんて、ちょっとカッコつけてみました。

とはいえ、事前に用事があれば無理は禁物です。
当日は慌てないで、お気をつけておいでくださいまし!
2008/06/26(木) 20:04:04 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.