ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
HFL2008 第12節プレビュー
いよいよ上位チーム同士、下位チーム同士の直接対決となる『ファイナル3』が始まる。
その第1ラウンドとなるHFL第12節の対戦カードは以下の通り。(チーム名の間の〈 〉内は前期の対戦スコア)

 ・ JAPANサッカーカレッジ 〈1-1〉 AC長野パルセイロ (JSCグランド・27日11:00~)
 ・ ツエーゲン金沢 〈3-0〉 松本山雅FC (西部緑地公園陸上競技場・26日17:30~)
 ・ グランセナ新潟FC 〈2-3〉 ヴァリエンテ富山 (グランセナ新潟サッカースタジアム・27日10:30~)
 ・ サウルコス福井 〈3-0〉 フェルヴォローザ石川・白山FC (テクノポート福井スタジアム・27日18:00~)

今年は、下位3チームは入替戦出場となる7位からの脱出の他に、あわよくば4位に食い込めるチャンスもある訳だ。

今年の下位陣、G新潟・富山・福井の3チームは、いずれも2部に落とすにはもったいないくらい頑張っているし、少しずつではあるがチーム力が上がっている石川に今季初勝利があるかも気にかかる。

とにかく、今年は上位の優勝争いの他にも、下位チームのファイナル3にも大いに注目したい。

さて、上位陣であるが、3位の金沢は一足早く土曜日の夜に、Jリーグも開催される西部緑地公園陸上競技場に松本を招いての試合となる。
現在3位からの逆転優勝を狙う金沢としては引き分けも許されないが、金沢にとって“桧舞台”ともいえる西部緑地という大きなスタジアムでの試合が果たして“吉”と出るか、それとも“凶”と出るか?

そして我等がパルセイロ。

これまで耳にタコができるくらい色々な所で書かれていて分かりきっていると思うが、敢えてもう一度確認すると、この試合はウチにとって今季最も重要な試合、いわゆる『天王山』である。

ウチは首位とはいえJSCとの勝ち点は僅か1差で、また当然ながらこの試合がJSCとのラストマッチとなる。

という事は、もし万が一JSCに負けるような事があれば、それはウチの地力優勝が消えてしまう事を意味する訳で、某TV局が粗製乱造したおかげで限りなく軽薄な言葉になり下がってしまったので本当は使いたくないが、ウチにとってこの試合は『絶対に負けられない戦い』なんである。

自分もこの一戦には相当に入れ込んでいるが、前のエントリーで思っている事は書いたし、ここでは多くを語らないでおこうと思う。

ただ、とにかくJSCのアウェイ戦といえば、実際のプレー以外に何かとヤッカイな要素も例年のように絡んでくるため(それが何かはハッキリとは書かないでおくが・・・)、選手達には熱い中にも冷静なハートを持ち、決して最後までキレる事なく戦い抜いて欲しい。

直接優勝が決まる戦いでは無いものの、今年の戦国HFLの雌雄を決する大一番。

選手、監督、コーチ、スタッフ、そしてサポーターからスポンサーまで、AC長野パルセイロにかかわる全ての人達の力を結集して、何としても勝利を納めよう!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.