ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
北京オリンピック開幕を前に
北京オリンピックは、明日の開会式を前にサッカーの予選がスタートし、日本代表も昨日は女子が、今日は男子が登場した。

自分は両日とも残業で帰りが遅くなり、試合は後半30分頃からの観戦となったが、女子はニュージーランド相手に0-2の劣勢を挽回して引き分け、男子はアメリカに0-1と悔しい惜敗。

この両試合共にレフリーのPKに関するジャッジが少なからず影響しており、「えっ、こんなんでもらっちゃっていいの?」という“ごっつぁんPK”で流れに乗った女子に対し、「こりゃ明らかにPKでしょう!」というファールを流されて負けた男子という対照的な結果に、思わずどこぞの4部リーグのレフリーを照らし合わせてしまい、何とも複雑な心境になる。

それにしても、明日が開会式だというのに、自分でもビックリするくらい今回のオリンピックに対する気持ちの盛り上がりが感じられない。

前回のアテネやトリノまでは、テレビの放送スケジュールを食い入るように眺めて観戦スケジュールを立てたりしてワクワクしていたのに、今回は「あ、そうでしたか。明日開幕でしたか。・・・・で?」ってな調子である。

これは、やはり身も心もパルセイロにどっぷり浸かっており、「オリンピックよりもパルセイロ!」という心境であるのが一番の原因だと思うのだが、それと同時に、毒入り餃子問題やチベット問題、更に度重なるテロや一般市民排除の当局の対応など、「この五輪を契機に良い方向に変わってほしい」というコチラの期待を裏切るような中国政府の相変わらずの“中華思想”的傍若無人な対応も、少なからず影響していると思う。

スポーツをこよなく愛し、仕事で中国の人とも交流がある自分としては、同じアジアの国で開催されるこのオリンピックは是非とも成功してほしいし、政治的な色眼鏡はつけず純粋にスポーツの祭典を楽しもうと思ってはいるのだが、さすがの脳天気な自分も、今回ばかりは色々な報道に気分も滅入りがちである。

まぁ、これで本格的に競技が始まってしまえば、きっと選手達の織り成すドラマに一喜一憂しながら熱中していくのだろうが、どうか大会期間中はテロなどの問題が何も起こらず、選手達が競技に専念できるような環境であってほしいと切に願っている。

そして、中国の人達がこのオリンピックやパラリンピックで何かを感じ、少しでも国際的な考え方に変わってほしいと願っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分もぼーさんとほぼ同じ感想とメンタルですね。

日本代表サッカーに関しては、正にレフリーに踊らされている感がありますね。ヤッパリいかに仲間にするか?がH○Lとかぶります。


中国に関しても、福田さんが首相の限り、なあなあで関係は進んでいくだろうと推測できますが、どこぞの国にならないように発展と国際的配慮が北京オリンピックで開花してくれることを切に願う次第ですね。

2008/08/07(木) 23:54:03 | URL | ハレルヤ #-[ 編集]
ハレルヤ様、コメントありがとうございます。

中国に関しては、お隣の国だし、日本人の文化のルーツでもあるし、尊敬し友好的にいきたい気持ちはあるのですが、今回の一連の騒動で、むしろ気持ちが引いてしまう感じがして残念でなりません。

とはいえ、ここは4年に一度のスポーツの祭典だし、大会期間中は大いに楽しみたいし、長野が五輪を契機に色々と変わったように、北京や中国にも良い影響が出るように期待したいです。
2008/08/08(金) 12:20:52 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.