ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
最終節に向けて、皆様へお願い
今朝の信毎朝刊、ロクに読みもしないでサッサと会社へ。
何だかんだ言っても、やっぱり露出度の大きい県選手権決勝で松本に負けた事はメッチャ悔しい。

しかし、ここで留まっている訳にはいかない。
ウチらにはもっと大きな仕事が待っているんである!

という訳で、来週のHFL最終節優勝決定マッチに向けて、選手達を今まで以上にモーレツにバックアップするために、ゴール裏のコアサポだけでなく、メインスタンドとバックスタンドに行かれる皆様にも盛り上げに一役買っていただきたいと、我々サポ有志では次のような企画を考えております。

【 メインスタンドに行かれる皆様へ 】
普段は希望される方に無条件で配っているオレンジボードを、今回はメインスタンドに行かれる皆様限定で配布いたしますので、試合開始前の選手入場時、我々の合図で一斉にボードを頭上高く掲げ、文字通りスタンドをオレンジ色に染めて選手達に気合を入れてください。
ちょうどこんな感じで↓(NPB北海道日本ハムファイターズの例)
http://jp.youtube.com/watch?v=UcpUqZgIhBM&NR=1

選手達はピッチ入場後にメインスタンドに正対するので、その時に一面オレンジ色に染まったスタンドを見れば、こりゃもう頑張らない訳にはいかないでしょう!

今までは個人の意志に任せて、ボードを手にした皆様思い思いのタイミングで使っていましたが、今回は一斉に、揃って掲げたいと思います。
そのため、試合前にボードを出すタイミングなどを説明し簡単に練習してみたいと思っていますので、できれば試合開始ギリギリではなく、30分前くらいには席に着いていただけるとありがたいです。

【 バックスタンドに行かれる皆様へ 】
これまでのパルセイロ応援史上最大のプロジェクトを、バックスタンドの皆様の協力を基に執り行いたいと思います。

この度、バックスタンドの下層椅子席がほぼスッポリ埋まるくらいのビッグフラッグを作成しました。
デザインはオレンジの地色に白い星が一つ付くだけの極めてシンプルなものですが、優勝に向けての我々サポの想いを込めた大作です。

それで、選手入場から記念撮影が終ってピッチに選手が散るまでの間、このビッグフラッグでバックスタンドを覆って、選手達を後押ししようと思っております。

“ビッグフラッグ”といってピンと来ない方のために、度々サッカーじゃなく野球の例で恐縮ですが、NPB千葉ロッテマリーンズの例を示しておくので是非ご一覧ください↓
http://jp.youtube.com/watch?v=nV2SgXHlaZw&feature=related
(ウチのはこんな立派なモンじゃないですが・・・)

「スタンドを覆ってしまうと、ピッチが見えなくなってヤダよ・・・」と思っている方のために、幕の下ではこうなってます・・・という映像もお見せいたします↓(やはりマリーンズのもの)
http://jp.youtube.com/watch?v=hMztXjllShY&feature=related

これを見ると、幕の下に入っているファン達は、嫌がるどころか結構楽しんでいるのが分かると思います。
そう、この『ビッグフラッグの中に入る』という行為も、その場に居る者の特権として、チームを応援するための大きな楽しみの一つなのです。

幕は選手がポジションに散った時点で下げるので、もちろん試合観戦には何の支障もありません。

この、パルセイロ応援史に残るであろう初めての大きな企画を、我々と一緒に成功させてみませんか?
当日バックスタンドに来られる皆様のご理解とご協力を、何卒よろしくお願いいたします!

以上、最終節に向けての告知でした。

リーグ優勝に向けての大事な試合前に、メインもバックもゴール裏も関係なく、スタンド全体で一つになってこの企画を成功させ、パルセイロの勝利&優勝を強力に後押ししようじゃありませんか!

そして、これらの企画が終って試合が始まったら、後は皆さん思い思いのスタンスで熱くパルセイロを応援し、選手を勝利へ導いてください。

改めて、当日南長野に来られる全てのパルセイロを愛する皆様のご協力を、どうかよろしくお願いいたします!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.