ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
MVPの行方は?
さて、昨日書いたように要田選手が得点王のタイトルを獲った訳だが、こうなってくると気になるのが、年間最優秀選手(MVP)の行方である。

もちろん、前記の要田選手や、キャプテンとしてチームをまとめ、欲しい所で効果的なゴールを決め信頼感バツグンだった#4貞富選手なども候補に上がるが、1年間じっくりとパルセイロを見てきた人にとっては、最有力候補は以下の2人に絞られるだろう。

エントリーNo.1、リーグ最多55得点の立役者、#9 FW 佐藤大典選手!

エントリーNo.2、リーグ最少11失点の立役者、#20 DF 丸山良明選手!

どちらも今年のパルセイロに無くてはならない選手だが、自分の周囲では「MVPは大典で決まりだろう。」という意見が大勢を占めており、これについては自分も異論は無い。

大典選手といえば、今年は持ち前のキレ味鋭いドリブルとスピード、豊富な運動量を武器に、1.5列目からの攻撃の『核』として大活躍しており、その活躍には非の打ち所がない。
(敢えて難を挙げるとすれば、顔写真を撮る時にどうしても『ヘン顔』になってしまうところくらいか・・・)

しかし個人的には、去年は試合を重ねるにつれディフェンスラインがボロボロに崩壊してく様を目の当たりにしてきただけに、そんなDFラインを建て直し優勝に大きく貢献した丸山選手を、ここは強力にプッシュしたい。
s-写真00128

やはりJリーグ通算199試合出場のキャリアはダテではなく、絶えず周囲を見渡して正確なコーチングをし、相手が攻めてくるとどこからともなくスッと現れ、サクッとボールを奪って涼しい顔でクリアーしていく、まさに『百戦錬磨』の上を行く『二百戦弱錬磨』のそのプレーは、思わず「もーどーにでもして!」としな垂れかかってしまうくらい安心感がある。

また、思わず目を覆いたくなってしまうような絶体絶命のシュートを、今まで見た事もないような“超・スーパー・ウルトラ・マーベラス・アンビリーバボー・鬼クリアー”で防いだ場面は1度や2度ではなく、マルさんがいなければ失点は確実に5~6点は増えていたし、勝ち点もかなり落としていただろう。

地域リーグクラスで、守備だけでこれだけ魅せてくれる選手は滅多にお目にかかれず、自分の目にはマルさんの背中に後光が射しているように見える。

また、テレビのインタビューでも常にハッキリと落ち着いた口調で話し、事ある毎に「パルセイロは近い将来、長野県民の誇りとなるクラブになります!」と嬉しい事を言ってくれる。

「なると思います。」ではなく、「なります!」と断言してくれるあたりが泣かせるじゃありませんか!

それに、マルさんがそう言うと、「本当にそうなるんじゃないか」と思わせる妙な説得力がある。

そんな訳で、自分的には大典選手とハナの差で丸山選手がMVP争いを差し切ると予想するが、さて、皆さんは誰がMVPを獲ると思いますか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに、大典が今年はキレキレで候補no,1でしょう!

しかし、自分もぼーさんと同じ、丸山を推したいね。彼の献身的なゴール前での存在価値はでかかった。


ピントも、もしリーグ開始からいれば、わからなかったかも!

2008/09/12(金) 22:42:08 | URL | ハレルヤ #-[ 編集]
ハレルヤ様、マルさんに1票ありがとうございます。

あー、そうですね。
ピントも2試合だけの出場ながら強烈に印象に残るプレーぶりでしたね。

それにしても、ピンちゃん入団の報に「今更GK?」と思っていたけど、終ってみれば「獲っといてよかった!」と思わせる的確な補強で、#14・#15・#23・#24の“若手四人衆”といい薩川コーチといい、今年の影のMVPはウチのフロント陣かもしれませんね。
2008/09/13(土) 09:27:14 | URL | ぼー #-[ 編集]
本来のストッパーで大活躍した籾谷にも権利はあると思います。
あと過去にMVPを取った土橋と藤田もさすがというべき活躍を見せました。
けど今年はケガ人らしいケガ人を出さなかったことが大きかったかな。大社トレーナー&藤森君に一票。
2008/09/13(土) 19:52:10 | URL | びりけん #-[ 編集]
じはくちゃんMVPは薩川コーチだお。
…表彰してもらえないからね。
マジレスすると貞富かな~。
佐藤はアウェイ金沢戦のゴールが巧です。
2008/09/13(土) 22:45:51 | URL | じはくちゃん #-[ 編集]
びりけん様、じはくちゃん、貴重なご意見ありがとうございます。
さすが、ご両人とも目の付け所が違いますね!

今年は主力にベテランが多かった中、ケガによる脱落者を一人も出さなかった大社&藤森のトレーナー陣には頭が下がるし、薩川コーチに関してはネームバリュー以上の存在感がありました。

選手達ももちろん最高だけど、スタッフ陣の支えがあったからこその優勝は、まさに『チーム全体で獲った』と言えますね。

本当に、こんな素晴しいチームを応援してきてよかった・・・(涙)
2008/09/13(土) 23:35:39 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.