ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
強豪撃破!決勝進出!!
す、す、すごい! すご過ぎる!!

新潟市陸上競技場で行なわれた全社全国大会準決勝第1試合で、我等がパルセイロが、なんともドえらい仕事をやってくれた!

AC長野パルセイロ 4(1-0・3-0)0 ホンダロックサッカー部

地域リーグNo.1の実力を誇る九州リーグで例年優勝争いを繰り広げている強豪・ホンダロックを完封&大勝の快挙!!

お昼前、仕事しているフリして覗き込んでいた某掲示板の実況スレで『前半終了・1-0』の報を受けた時も心臓バクバクだったが、昼休み中にパソコンにカジり付いて戦況を知る度に興奮していき、試合終了を確認した時には思わず声にならない雄叫びと共に大きくガッツポーズをして、周りの社員から白い目で見られてしまった。。。

九州リーグといえば、他のリーグが羨むほど活気があり、地域決勝でも毎年決勝ラウンドにチームが残り、JリーグやJFLに多くのチームを輩出している、我々にとって憧れのリーグ。
そのリーグで毎年のように優勝争いを繰り広げ、4年前は天皇杯で当時の長野エルザをボコボコにした実力派・ホンダロックに大勝したなんて、本当に夢のようだ。

しかし、まだ全て終ったわけじゃない。
ビッグスワンの大舞台で行なわれる明日の決勝もしっかり勝って『全社全国大会チャンピオン』の称号を受け、その勢いで来るべき地域決勝で今年最大の目標を達成し、本当の夢を掴まなければ。

そして、決勝の相手を決める準決勝第2試合・松本山雅FCvsNECトーキンは、延長戦までもつれ込む死闘の末、延長終了間際にNECトーキンが決勝弾を叩き込み、2-1の逆転勝ちで決勝進出。
既に地域決勝出場権を得ているパルセイロが決勝戦に残ったため、今日の勝利でNECトーキンの地域決勝進出が確定となった。

この試合も、仕事しているフリして実況掲示板を盗み見ていたのだが(←コラコラ)、文字情報だけでも十分手に汗握るスリリングな展開だった。

この結果を受けて明日のカードだが、まず10時からの3位決定戦は、北信越リーグ4位・ご存知松本山雅FCvs九州リーグ3位・強豪ホンダロック。

何しろこの試合に勝てば地域決勝の出場権が得られ、逆に負ければ今年の昇格の望みが断たれてしまうという壮絶な『イス取りゲーム』は、両チームの意地と意地がぶつかり合う激しい試合となる事は間違いないだろう。

そして13時からの決勝戦は、北信越リーグ王者・我等がAC長野パルセイロvs東北リーグ2位・NECトーキンという、俗に“ハイレベル”と言われている九州・関西・東海といったリーグのチームが出てこない、およそ大方の戦前の予想とは大きくかけ離れた対戦となった。

パルセイロの選手達にとって、普段より少し短い40分ハーフとはいえ、全く体験した事が無いであろう5連戦となり、心身ともに疲れも限界に達しているだろうが、それは相手だって同じだし、ここまで来たらもうやるっきゃないでしょう。

来月に向けて大きな怪我には注意しつつも、最後の気力を振り絞って全力で戦い、優勝の栄冠を掴み取ってきてほしい。

栄光の全社優勝まで、あと1勝!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.