ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
BCL3選手がNPB育成ドラフト指名
今日は久し振りにBCLの話題を。

昨日行なわれたNPBのドラフトで、セローズの#98鈴江彬投手を含めBCLから3名の選手が育成ドラフトに指名された。

発足初年度の去年は石川の内村選手が唯一BCLから楽天イーグルスに入団したが、入団時は#121と3桁の背番号だったのが、シーズン中盤には見事1軍に上がって#98へと変わり、それでも大きな背番号を小柄な身体に背負って石川時代同様の思い切りの良いプレーを見せ、終盤にはショートのレギュラーも獲って、『#98内村』の自家製応援ボードを持つファンも出てくるなど、まさにBCLの出世頭となった。

そんな、内村選手が自らの力で開拓した道筋を、今年は3名もの選手が歩んでいくという事で、あくまでも『育成枠』での指名ではあるが、BCLを応援している者としては非常に喜ばしい限りだ。

しかも我等がセローズの鈴江投手は、NPBで自分が一番好きなチームである千葉ロッテマリーンズに指名されたという事で、喜びも2倍である。
(来年は鈴江投手の背番号とネームの入ったロッテのレプユニ作ろうかな・・・)

不甲斐ない成績に終った今年のチームの中で、中継ぎに先発にとフル回転で頑張り、今年のセローズ投手陣の中で唯一安定した活躍を見せた選手じゃないだろうか。(セローズファン一押しの#18給前投手については、自分は期待も込めて今年は辛い評価です。)

連投でも壊れない丈夫なガタイと、そこから放たれる重い球、そして少しくらいのピンチでも動じないマウンド度胸で、必ずや今年の内村選手のように一軍に上がって活躍してくれるものと期待している。

その他、富山はおろかBCL全体の“名物男”とも言うべき、『富山のおかわり君』ことBCL初代本塁打王・#33野原裕也選手が阪神に、創立1年目の福井からもチームのエース格である#16柳川洋平投手が福岡ソフトバンクに指名された。

確かにチームとしては敵になるが、チームそのものが昇格に向けて食うか食われるかの戦いを演じるHFLと違い、独立リーグという、ある意味脆弱な基盤の中で同じ夢や目標に向かって頑張っている『呉越同舟』のBCLの同士として、鈴江投手以外のこれら2選手も是非とも応援していきたいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
綺麗な景色で、どうぞ、癒されて~♪ BCL3選手がNPB育成ドラフト指名昨日行なわれたNPBのドラフトで、セローズの#98鈴江彬投手を含めBCLから3名の選手が育成ドラフトに指名された。 発足初年度の去年は石川の内村選手が唯一BCLから楽天イーグルスに入団?...
2008/11/03(月) 13:27:23 | オリンピックイヤー うるう年 2月29日
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.