ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
負け犬の問わず語り~その2・リメンバー“11・24”アイテム~
自分がゲーフラのサオを入れているバットケースの取っ手には、ヨレヨレに色あせた荷札が付いている。
これは、3年前に高知での地域決勝に行った時、飛行機に乗る際にバットケースを手荷物として預けた時に航空会社が付けた『こわれもの注意』の札だ。
そこでの敗退が決まった時、高知まで応援に行った証として、またあの時の悔しさを忘れないために、敢えてその札は付けたままにしておいた。

そして今回、そんなアイテムがまた増えた。

一つは、EDWINの黒いGパン。

最終日の試合は時折強い風も吹きつける雨の中での試合で、レインコートを持っていなかった自分は試合が終る頃にはパンツまでズブ濡れ。
幸い上着の替えはあったものの、さすがに予備のズボンまで持っているはずもなく、かといってビショビショのズボンのまま飛行機に乗って帰るのはあまりにもナンだったので、急遽会場近くのショッピングモールでワゴンセールのGパンを買うハメになった。

予報で降ると分かっていながらレインコートを用意しなかった自分が悪いのだが、それにしても負けた上に全く想定外の出費のダブルパンチとなった訳だ。

しかし、せっかくだからこのGパン、有効に活用しようじゃないか。

このGパンは、普段は身に付けず、来年のパルセイロの試合時限定パンツにしようと思う。
これを試合の時に身に付ける事で、その度にあの雨の日の出来事を思い出し、「リベンジやってやろうじゃないか!」と気合も入る事だろう。

そしてもう一つは、帰りの北九州空港からの搭乗券。

『北九州』の地名と自分の名前、そして終戦記念日の日付が入った搭乗券は、あの日あの時に確かにあの場所にいた何よりの証となる。

来年は、後援会会員証のパスケースの中にこの搭乗券をしのばせ、キツくなったらこれを見て「あの時に比べれば全然平気!」と自分を勇気付けるようなアイテムにしたいと思う。

基本的には、ゲンを担ぐなら縁起の良いものを身に付けるのが普通だが、このような『負の遺産』を持っているのも、逆に「ナニクソ!」という気持ちが働くから、まんざら悪くはないでしょう。
特に今回は長い人生の中でも恐らく1・2を争うであろう壮絶な経験だったから、尚更このようなアイテムを持って自分を奮い立たせたい。

でも、来年以降も同じようなアイテムが増えていくのは困るな~~・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.