ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
改めて北九州の戦友達へ&お知らせ
【今日の石垣島】
 ホンダロック 2-0 レノファ山口
 V・ファーレン長崎 0(3-PK-5)0 町田ゼルビア

-------

さて、今週は傷心の心のまま敗者の弁をウジウジ・ダラダラと書いてきた訳だが、ここらでひとつ中締めを。

先週北九州で戦ってきた皆さん。
結果的には夢半ばで敗れ去ってしまったけど、あの3日間は本場とんこつラーメンのように本当に中味の濃ぉ~い日々だったと思います。

初日、2点差を追いつかれて薄氷のPK勝ち。
その後にメインスタンドで見守った第2試合、「PKまでもつれ込め~!」と念じていたら試合終了間際に沖縄が追い付き、スタンドでパルサポ全員で小躍りした事。

2日目、相手のしぶとい攻撃に苦しめられながらも、前日の教訓から最後まで気合のこもった応援で掴んだ90分勝ち。

そして3日目、大雨の中で前半幸先よくポンポーンと2点を入れ掴みかけていた石垣島行きのキップが、後半の「あれよあれよ」の大逆転を目の当たりにし、それでも全身ズブ濡れになりながらも全員が諦めずに最後の力を振り絞って応援し、しかし無情のホイッスルで試合終了。
試合後、選手がバックスタンドに来た時に誰からともなく沸き起こり、選手が去った後も何度も何度も叫んだ『AC長野』コール。
全てが終った後の涙・涙・涙・・・・・

本当にもう、こんな出来過ぎた悲劇のストーリーなんて、ベタ過ぎて超一流のシナリオライターでも書けません。

でも別の解釈をすれば、この3日間は、そんじょそこらのサポには経験できなかった、本当に本当に貴重な体験ができたんじゃないでしょうか。
Jリーグの降格争いや入替戦なんかも結構壮絶だけど、敢えて言わせてもらえば「そんなのまだまだ甘い!」と豪語してもいいでしょう。

そう、我々は今年スンナリJFLに昇格するよりもっともっと有意義な体験ができたような気がします。

・・・いや、やっぱり上にあがれるのが一番だけど、いつまでも後ろ向きに考えていないで、全ての結果を前向きに前進するためのエネルギーに変えていきましょうよ。

あの日あの時あの場所にいた皆さんは、今回の経験でおそらく今までよりももっともっとパルセイロが好きになったんじゃないかと思うし、もっともっと強い気持ちで応援していこうと思ったんじゃないでしょうか?

我々は、トップリーグで『常勝チーム』と呼ばれる強いチームや大企業がバックに付いているビッグクラブなど、既に形作られ与えられた環境の中でヌクヌクと応援するより、自分達の手でスタジアムの雰囲気を作り上げ、クラブと喜びや悲しみを共有しながら共に成長していけるという、何ともやりがいのある『特権』を与えられた、本当に幸せなサポだと思います。
これはもう、Jリーグクラブのサポにも堂々と胸を張って自慢してもいいでしょう。

明日はリバフロのクラブハウスでサポミも行なわれるので、北九州に行かれて今までこのような場に参加した事のない方も、この機会に是非とも顔を出してみてください。
そして、あの時に感じた思いのたけをブチまけて、改めてみんなと気持ちを分かち合いましょう。
それが、来年に向けての第一歩になると思います。

今回の悲しい出来事を決して無駄にしないように、また明日からみんなで頑張っていきましょう!

-------

ところで、ここでお知らせを。

ワタクシ、なんとまたしても明日から中国にとばされるハメになってしまいました。

これでもしパルセイロがファイナルに進んでいたら、今日の試合終了後に現地サポに魂を預けて石垣を発ち、那覇空港→羽田空港→東京駅→長野駅と乗り継いで一旦帰宅し、出張の格好に着替えてトンボ返りで深夜の乗合タクシーで成田に向かうというアホ極まりない強行軍を覚悟していたけど、それが無くなった事で少しホッとしているのが今となっての正直な感想。

そんな訳で、明日のリバフロでのサポミも6日のファン感も出席できず残念だけど、まぁ一人海の向こうで頭冷やしてきたいと思います。

それと、実は最近流行りの『ミニPC』なるものを購入いたしまして、向こうの定宿にもLANケーブルがあるので、今回からは中国に居ながらにして日本のニュースも見られるようになり、ブログ更新も可能ではあるのですが、大きなニュースが飛び込んできた時など気が向けばアップするかもしれないけど、基本的には帰国までは更新しない予定でいきます。

そして帰ってきたら、最終的な結果以外は最高に楽しかった北九州遠征のお土産話などを、ぼちぼちとアップしていきたいと考えております。

帰国は7日(日)の予定。 ではまたその時に!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.