ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
北九州の思ひ出~其の二・九州の象徴、『ど』トンコツラーメン~
北九州のご当地グルメ第2弾は、やっぱり九州といえば『トンコツラーメン』!

ちなみに、長野を始め全国的には「ラーメン」といえば醤油味だが、九州でただ「ラーメン」と注文すると普通にトンコツ味が出てくるというくらい、九州ではポピュラーなものなのだ。

一言でトンコツラーメンといっても色々な店があるが、同じホテルに泊まった同士が調べてくれた店の名前に激しく心惹かれた。

その名も『どトンコツラーメン 魁龍(かいりゅう)』!!

何しろ、ただでさえコッテリ味のトンコツラーメンの頭に『ど』が付くんだから、「も~、どんだけトンコツやねん!」と思わずツっ込みたくなるくらいで、ソッチ系が大好きな自分としては否が応にも期待が高まる。

ホテルから程近い繁華街の中にある小倉魚町店は、外観も店内も“昭和レトロ”な雰囲気。
s-写真00056

そういえば、長野でも同じような造りのトンコツラーメンの人気店があったような・・・
但し、中に入った途端に鼻を刺激する、長野の店の何倍も強烈なトンコツスープ特有の“獣系”の香しい匂いに“本場”を感じ心躍る。

色々なメニューの中から、本来のスープの味を味わうため敢えてシンプルなトッピングのノーマルなラーメンを注文し待つ事しばし、念願の『ど』トンコツラーメン来たる。
s-TS3E0211.jpg
スープに浮かぶキラキラと星のように輝く油にウキウキしながら口に運ぶと、期待を裏切らない『超・コッテリ』な味に、「あー、本当に九州に来たんだな~・・・」としみじみ実感する。

長野にも本場の味に近いトンコツラーメンを出す店が増えてきたが、ここまで濃厚な味にはお目にかかれない。・・・っつーか、これだけのコッテリ味じゃ信州人には受け入れられないか。。。

この日はこの後に居酒屋でガッツリいく予定だったので、替え玉を注文したい気持ちをグッと堪え、その代わりスープを一滴残さず飲み干して、昨日の『かしわめし』と並んで北九州遠征のもう一つの食の楽しみだった本場トンコツラーメンを思う存分堪能したのであった。

ところで、トンコツラーメンに付き物なのが、白いスープと絶妙なコントラストの紅しょうが。
色合い以外にギトギトの油分を中和し食べやすくする働きを持つスグレモノだが、それにしてもこの組み合わせを考えた人って、本当に天才ですよね~・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.