ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
北九州の思ひ出~其の四・ニューウェーブ北九州のスゴいブラジル人~
ここまで北九州での楽しい思い出を書いてきたが、食べ物の事ばかりでこのブログの路線から外れすぎてしまったので、ここらで一つくらいサッカーの話題を出して軌道修正しないと・・・

今回の地域決勝の試合会場だった本城陸上競技場は、去年地域決勝を勝ち上がり今年からJFLで戦っているニューウェーブ北九州(以下NW)のホームスタジアムという訳で、会場にも売上の一部がクラブに寄付されるNWのマスコットをあしらった自動販売機(我々も敬意を払ってこの自販機で買わせていただきました)があったり、周辺道路にチームカラーの黄色いのぼり旗があったりと、南長野と似たようなアイテムで地元チームを盛り上げている。
s-TS3E0208.jpg

そんなNWだが、大会2日目の午後に北九州市内の別の会場でJFL公式戦・対横河武蔵野FC戦が行われるという事で、ウチの試合が終わった後、第2試合は見ずに有志数名で長野からのレンタカー組の車に同乗して会場へ向かった。

ダンマクを片付けたり道に迷ったりで思いのほか時間がかかり、会場の鞘ヶ谷(さやがたに)競技場に着いたのは後半が始まって10分後くらい。

このスタジアムは海沿いの市街地から外れた丘陵地の中の、斜面とわずかな平地を利用して作られており、長野市民なら「数年前まで城山公園にあった野球場と同じようなつくり」といえばピンとくるかな?
s-写真00027

入口で入場料1,000円ナリを払ってバックスタンドのややアウェイ寄り最上段の席に落ち着き、朝に折尾駅で買っておいた『かしわめし』でも食べようかと思った矢先、横河が中央からの鮮やかな速攻で先取点を挙げ、その5分後に、NWで唯一知っていた選手である、ヴェルディ川崎黄金期の人気者だった#9藤吉信次選手が交代で退いてしまった。

「え~、せっかく楽しみにしてきたのにもう交代!?」と残念がっていたが、その後でとんでもないお楽しみが待っていたのである。

横河優勢で迎えた後半30分、NWは選手交代で背番号2の長身ブラジル人DFを入れてきた。 彼の名前はタチコ。

そのタチコ、ピッチに入るとそのまま最前線に張り付く。DFなのに。
「???」と思って見ていると、直後にボールがゴール前の彼に渡り、そのままシュートしたボールはゴールの中へ吸い込まれた。

なんと、入ってきて1分足らず、ワンプレー目でゴールを決めるという離れワザを見せ付けると、いつもそうしているのか、バックスタンド側タッチライン上で、満面の笑みで両手でグルッとハートマークを描きスタンドを指差すパフォーマンスを見せ、その後は何事も無かったように本来のポジションであるDFラインへ収まった。
s-写真00032

あまりにも速い展開に呆気にとられていると、それから試合の流れは徐々にNWペースになり、衝撃のゴールから僅か4分後、ワンチャンスからNWが逆転のゴールを上げ、スタンドは大盛り上がり!

そして、あのファーストプレーで我々の心を鷲掴みにしたタチコも、セットプレーになるとスルスルスルッと前に出てきて攻撃参加するなど、とにかく彼一人の動きを見ているだけで十分楽しい。

結局そのまま2-1でNWがホーム最終戦を白星で飾った試合は、相手が企業チームの雄・横河武蔵野だった事もあって試合展開もスリリングだったが、それより何より一人で試合の流れを変え自由奔放に動き回ったタチコの大活躍に、帰りの車内は「タチコ!タチコ!」の大合唱で、無理しても本当に行ってよかったと大満足!
チケットを買う時は「試合も半分以上終わってるのに正規の入場料払うなんて・・・」とこぼしてたクセに、全くもって単純な連中なんである。

さて、冒頭で書いたように、本来は我々が死闘を演じた本城陸上競技場がNWのメイン会場。
今回、この会場に一つ大きな落し物をしてきたので、ウチも来年こそはJFLに昇格し、来るNWとのアウェイ戦で、その落し物を取り返しにこのスタジアムに舞い戻りたいと思う。

その本城陸上競技場の所在地は、北九州市八幡西区御開。“御開”と書いて『おひらき』と読む。
初日に最寄のJR二島駅から路線バスで会場入りする時、目的地の一つ手前で「次は、おひらき、おひらきです」というアナウンスに思わず吹き出してしまった。
s-写真00021

そんな訳で、この『北九州の思ひ出シリーズ』もこのへんで“お開き”にしたいと思う。

自分も、あの大雨の中の悲劇から先パルセイロとはご無沙汰だったが、明日は南長野でトライアルが、明後日はもんぜんぷら座でサポミがあり、ようやく気持ちに踏ん切りができ来年に向けて動き出せそうだ。

まずは明日、果たしてどんな選手が来るのかな? 今からワクワクである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
素晴らしいブログですね!!!頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!そうです、勿論、応援、ポチ、ポチ。
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.