ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
正月吉例 天皇杯&箱根駅伝
今年の正月三が日も、例年通りの寝正月。
ちょっとしたお使い以外は外出せず、元日はサッカー天皇杯、2~3日は箱根駅伝と、正月のスポーツ観戦ゴールデンコースを堪能した。

天皇杯は、薩川コーチなどパルセイロが何かとお世話になっている柏レイソルに頑張ってほしかったが、地力に勝るガンバ大阪の粘り勝ち。

柏としては何度もあった決定的なシュートを全て相手GKの藤ヶ谷に止められたのが痛かった。
逆にガンバは、過密日程でコンディションも万全ではないなりに『勝つサッカー』にこだわり、まるで全ての流れを見抜いていたかのようにドッシリと腰を据えた西野監督の『オトナの采配』に唸らされた。

一方、箱根駅伝の方は、往路は区間タイムやごぼう抜きの新記録ラッシュや、山登りのスーパースター・東洋大の柏原竜二の激走。復路は早稲田と東洋の首位を巡る激しいツバ競り合いや、学連選抜によるシード権争いの大逆転劇など、2日ともスリリングで非常に面白いレースだった。

優勝した東洋大は、前出の柏原を筆頭に出場者のほとんどが1~2年生という事で、来年以降の活躍も楽しみな存在になってきた。

そして、今年も出ました、復路7区・二宮定点名物(?)の、ナゾの『○_○』ゲーフラと、ナゾの『で・ど』ボード。
去年のこのブログでも触れたけど、見逃した方のために、今年は写真を撮っておきました。
s-RIMG0007.jpg
s-RIMG0008.jpg

画面左隅にあるこれらの意味不明メッセージ。
特に『で・ど』ボードは、青い地色に白抜きの文字と長い柄で、国道の看板に同化させるという手の込んだつくりに恐れ入る。

今年は往路の藤沢定点と、復路の蒲田踏切でも見かけたが、アレは全部同一人物の仕業なのか?

彼らが何の目的で、どのようなメッセージを込めてこれらを出しているのかは全く分からないが、アレを見ないと二宮から先のレースに入れなくなってきてしまった自分は、ヤツらの“思うツボ”にハマってしまったか・・・
(それにしても、あのメッセージの意味を、ご本人様達に一度聞いてみたいモンですな)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.