ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
東京での小ネタ~未来の東京新名所~
本当なら今日は日光でのアジアリーグ観戦記を書くハズだったが、風邪と仕事のダブルパンチで長野の自宅に引き返す羽目になり、今は部屋に貼ってあるバックスの今年のポスターを眺め、霧降アリーナに思いを馳せながら寂しく記事を書いている。

その日光アイスバックスは、残念ながら今日も負けてしまったとの事。
創設10周年の記念すべきシーズンだというのに、ベテランがごっそり抜けた上に怪我人が多く、まともなチーム状態で戦えないまま虚しく黒星を積み重ね、プレーオフにも進めず今季のリーグ戦を終えようかというバックス。
まだリーグ戦は来週もあるし、その後に東京での全日本選手権も控えているが、せめて地元・日光での今季最終戦となる明日は、悔いの残らないよう思い切ってプレーし、地元ファンを喜ばせ、行けなくなった自分を悔しがらせてほしい。

さて、そんなこんなで平日丸々4日間カンヅメ状態となった今週だったが、そんな中でもタダでは転ばない。
今日は、花のお江戸で拾ってきた小ネタをひとつご紹介しましょう。

自分が勤めている会社は、俗に『下町』と呼ばれる足立区の千住に寮があり、平日はその寮に寝泊りしていた関係で、講習会場へは主に東武伊勢崎線を利用していた。

その東武線のターミナルである浅草の1駅手前の業平橋(なりひらばし)駅の横で、“新・東京タワー”こと『東京スカイツリー』の建設が進められており、電車の車窓からも工事現場をバッチリ見る事ができる。
s-RIMG0028.jpg

元は東武鉄道の留置線や建物があった広大な更地に沢山のクレーン車が林立し、その中央にはタワーの基礎となる部分が姿を現していた。

東京も、よく知られる渋谷・新宿などの『山の手』や、銀座・新橋などの昔からの繁華街や、汐留・お台場などの新興地はよく知られているが、上野~浅草界隈はそれらオシャレな雰囲気からガラッと変わって下町情緒がグッと増し、隅田川を渡ると華やかさは全く無くなってごみごみした地味な街となってしまうが、この東京スカイツリーができると、文字通り東京の“新名所”となり、周辺の雰囲気は一気に変わる事だろう。

全ての工事が完成し開業するのは、3年後の2012年春の予定。
その時にこの下町がどのように変わるのか、この工事現場を見た自分としては大いに楽しみである。

また、今後も東京に行って時間があれば、現場に行って工事の進捗状況を見てみたいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.