ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
惜別 #19飯田諒選手
『このたび当クラブは下記の選手について、本人の強い意志により来季の契約を「更新しない」ことと致しましたので、お知らせいたします。』という書き出しの下に書かれていた名前を見て、一瞬我が目を疑った。

退団選手 #19飯田諒選手
移籍先等 引退→未定

去年の暮れに、今年のパルセイロを極私的に総括した記事の中で、「個人的に来年最も期待しているのは飯田選手」と書いていたし、本当に今年はメッシが南長野のピッチで大活躍するのを楽しみにしていただけに、ショックも大きい。

今年は応援の時に着るオーセンティック・ユニを新調し、背番号は『19』を入れようと思っていたが、それも叶わぬ夢となってしまった・・・

確かにメッシにとって今年は不本意なシーズンだった。
本当は積極的に攻撃参加したかっただろうに、試合では守備的なボランチを任され、何となくプレーが窮屈そうな、元気が無さそうな印象だったし、リーグ戦も中盤以降は出場機会もめっきり減ってしまい、それに何といっても地域決勝を控えた大事な時に骨折で戦列を離れてしまったのがあまりにも痛かった。

でも、前にも書いたように、2部練習の紅白戦で他の誰よりも素晴しい動きをしていたのはメッシだったし、まだ年齢も若く、絶対に将来のパルセイロの『中核』として君臨できるだけの素材を持っていると今でも固く信じているのに、ここで引退してしまうのは本当に惜しいし、実にもったいない事だ。

ただ、HPにも『本人の強い意志』と書いてあるように、メッシにも何か思うところがあっての退団なのだろう。
本当に悲しいけれど、ここは本人の意思を尊重し、気持ちよく送り出してやりたいと思う。

メッシ、短い間だったけど本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。
これからは、愛する家族を大切にしつつ、それでも好きなサッカーと何らかの形で関わりつつ、真っ直ぐ純粋な“メッシらしさ”を忘れずに、第二の人生を頑張って送ってください。
s-写真00037

それにしても、一昨年の暮れには「来年一番期待しているのは蒲谷選手」と書いたら、翌年はJSCに移籍してしまったし、去年の暮れに「来年の期待は飯田選手」と書いたらこんな結果になってしまった。

なんだか、『自分が大きく期待をかける選手は翌年にチームを離れていく』というイヤなジンクスが出来つつあるようで、当の本人としては心中穏やかではないのである。

え~い、こうなったら『逆説療法』だ。
もうパルセイロの選手なんか、だ~れも期待していないからねっ!!

・・・・・・なんかムナシイ。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
過去の記事ですが気になったのでコメントを。
飯田選手は引退されたあと現在高校教師として活躍しております。
海外の選手とコミュニケーションをもっと取りたかったとの事で、科目は英語。同時にサッカー部の顧問としても活躍しています。
引退は本当に惜しかったですが、良いセカンドキャリアを送れている様ですよ。
2013/11/08(金) 17:40:38 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
匿名希望様
飯田選手に関する情報をお寄せいただき大変ありがとうございます。
もう自分でも忘れていたような過去の記事を読んでくださって筆者としても光栄だし、思いがけずあの頃の事が思い出されてほっこりした気持ちになれました。
メッシが教員になったという話は風の噂で耳にしましたが、科目が英語だとは知りませんでした。
またサッカー部の顧問もしているとの事ですが、きっとメッシの事だからとても良いチームを作っていることでしょうね。
メッシは今夏の南長野球技場改修記念のOB戦で長野に来ていただけましたが、久々に見るプレーは現役当時のようにキレキレだったし、とても生き生きとしたイイ顔をしていていました。
これからも良き教師として、そして良きサッカー部顧問として、充実した人生を歩んでいってほしいと自分も願っています。
2013/11/08(金) 20:40:18 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.