ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
全日本アイスホッケー選手権準決勝
東京・東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで行われている、全日本アイスホッケー選手権。

今日は準決勝2試合が行われたが、そのレポを書いてみたい。

【 第1試合 】 SEIBUプリンスラビッツ 5(1-2・2-1・2-1)4 日光アイスバックス

これまではSEIBUに対して全くいいところが無かったバックスだったが、今日は1P5分に先制点を奪うと、その後は相手に同点や逆転を許しても諦めずに喰らい付き、2P終了時点で3-3と、全く互角の戦いを演じる。

しかし、3Pの立ち上がり1分に、ゴール裏から相手が流したパックが、GKのレガースに当たってゴールに入ってしまうアンラッキーな得点であっさり逆転さfれると、その後は相手の堅い守りをなかなか切り崩せない。

そんなジリジリした中、15分過ぎに相手のペナルティで得たパワープレーのチャンスに、バックスはGKをベンチに上げて6人攻撃を仕掛けたが、相手にパスカットされ、無常にもガラ空きのゴールに押し込まれるエンプティーネットゴールで痛恨の2点差。

ここでバックスも力尽きてズルズル突き放されるかと思ったが、今日のバックスは最後まで諦めず攻め続け、終了3分前にゴールを挙げ、1点差まで詰め寄る。

結局そのままタイムアップとなり、あと一歩のところでまたしてもSEIBUに勝つ事ができなかった。

この試合、3P15分と早い時間帯で6人攻撃を仕掛けて逆に失点を許した事について、自分の周りからは「仕掛けるのは早過ぎる」とか采配に批判が出ていたが、それらはあくまで結果論であり、自分はそうは思わない。
負ければ終わりのトーナメント戦では、リードを許しているチームはとにかく貪欲に得点を狙わなければならず、あの時間帯で得たパワープレーのチャンスを利用して6人対4人の数的優位を作り出す事は、指揮官としては間違った選択ではないだろう。
特に、就任以来『超・攻撃的ホッケー』を掲げる伊勢泰監督なら、あそこでGKを上げる事に何の迷いも無かっただろう。

それよりも、あそこで失点した後も気持ちを切らさず1点返したバックスの選手達を誉めてやりたい。

ところで、昨日のブログで「SEIBUの連中はすぐに乱闘を仕掛ける」と書いたが、今日は特に目立った乱闘もなく、終始クリーンな感じのゲームだった。

「なんだ、SEIBUの連中もやればできるじゃん・・・」と感心していたが、ゲーム後にある人から聞いた話によると、ある理由で西武のお偉いさんから選手達に乱闘禁止令が出ていたらしい。
その理由が何であるのかは、話の裏が取れないためここでは書かないが、話を聞いて妙に納得してしまった。
そして、SEIBUから『乱闘』という武器を取り上げれば、バックスだって互角の戦いができるのだという事を、今日の試合で証明した格好となった訳だ。

【 第2試合 】 日本製紙クレインズ 4(0-1・2-0・2-1)2 王子イーグルス

第1試合の白熱したシーソーゲームから一転、第2試合の立ち上がりは特に見せ場も無く淡々と試合が進む。

そんな中、クレインズのGKがゴール横に大きく逸れたルーズパックをクリアーしたのが相手FWへの見事なパスとなり、慌ててGKがゴールマウスに戻るも、そのまま撃ったシュートがゴールに入り、滞氷人数は全くイーブンなのにエンプティーネットゴールが決まるという、滅多にお目にかかれない珍プレーが飛び出す。

結局そのまま1Pが終わり、2Pも立ち上がりは全く得点が入る雰囲気が無かったので、「このままのスコアで試合が終われば、クレインズのGKは泣くに泣けないな・・・」と不謹慎な事を考えていたら、その後はSEIBUから移籍の大ベテラン日系帰化選手、ユール・クリスの連続ゴールを皮切りに、クレインズの動きが王子を圧倒。

この流れは3Pに入っても変わらず、王子は最後に1点返すのが関の山の、先日長野でSEIBUを圧倒したアジアリーグの試合とは程遠い負けっぷりとなった。

王子の敗因は、チームの大黒柱である助っ人外国人のエンディコット選手が出ていなかったのが一番だろう。
あの選手が居ると居ないのとでは、王子の戦いぶりに大きな差がある。

そんな訳で、明日の最終日は、3位決定戦が日光アイスバックスvs王子イーグルス、決勝戦がSEIBUプリンスラビッツvs日本製紙クレインズという、去年と全く同じ組み合わせとなった。

バックスは王子との対戦となった訳だが、今日のSEIBU戦のような戦いぶりで、なおかつエンディコット選手が出ない王子が相手となれば、勝つチャンスは十分にあると思う。
(これで明日だけエンディコットが出てきたら、怒るよ!)

また、決勝戦はNHK教育テレビで15時から録画中継されるので、このブログを読んで興味を持たれた方は、是非見てみてくださいませ。

さて、明日の3決は9:30開始というアホみたいに早いスケジュールだし、早起きしなくちゃならないから、今日はとっとと寝るとするか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.