ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
この逆境を乗り越えろ!
今日は午後からチャント・コールのミーティングで市内のリハーサルスタジオへ。
(ちなみに、午前のTMは会社に野暮用があり欠席。)

このスタジオでは前に何度かミーティングがあったが、自分はココでの会は初めての参加となる。
恥ずかしながら自分は小学生時代にリコーダーやピアニカが大の苦手で、それ以来楽器とは全く縁がなかっただけに、このようなスタジオはもちろん初体験だったが、さすが専用の施設だけに防音もバッチリで、スタジアムにいる時のように思いっきり声を出したりドラムを鳴らす事ができる。

今日は、これまでのミーティングで決まった新チャントを試したり、去年のドラムとスネアーに加えて今年から導入される“新兵器”の鳴り物を使ってみたりしたが、初めて合わせてみたにしては上々の出来で、特に“新兵器”の効果は絶大! 実際にスタジアムで使う時が楽しみになってきた。

また、今年からドラム担当が替わるという事で、その練習も兼ねて去年までのコールやチャントを一通りおさらいしてみたのだが、アラサー・アラフォーのいい歳コイた男共が、久し振りのバモりに嬉しくなってスタジアムのように飛んだり跳ねたりしながら、なおかつほぼメドレーでやったので、やってる途中から背中や額にジンワリと汗がにじみ、レパートリーが終る頃にはみんなヘロヘロ状態で、シーズンオフで体がナマっている事を思い知らされる。

いかんいかん、選手同様、ウチらも自主トレで体力つけなければ・・・


ところで、オフィシャルHPや今日の信毎朝刊にあるように、去年の得点王にして攻撃の大黒柱である要田勇一選手が、左膝の十字靭帯断裂及び半月板損傷という大怪我をしていた事が明らかになった。

要田選手が負傷したという事は風の噂でチラホラ聞いてはいたが、まさかココまでの重症だとは思っても見なかっただけに、自分も相当ショックである。

これで今季のリーグ戦出場は99%ムリで、地域決勝に間に合うかも微妙な状態だけにチームとしても相当の痛手だが、信毎によると新たに選手を補強する事はしないそうで、残された19名の選手の総力を結集して北信越“戦国”リーグを乗り越えていかねばならない。

しかし今日のTMも、現地組からの報告によると、格下の大原学園相手に勝つには勝ったが、あまり声も出ずピリッとしない内容だったそうで、実際に自分で見た訳じゃないから何とも言えないものの、いくらシーズン前の調整試合とはいえ、メインスポンサー撤退や予算規模縮小など悪いニュースが続いているだけに、コチラもついつい不安になってくる。

まさか北九州での敗退のショックを未だに引きずっている訳ではないのだろうが、「開幕までに仕上げれば・・・」と悠長に構えていないで、今の時期から、いや、むしろ今の時期だからこそ、お互い遠慮なんかせずガンガン声を出し合って、逆境に打ち勝つ強い気持ちを見せてほしい。

そして要田選手は、こんな早い時期からシーズンを棒に振る不本意なかたちとなり、誰より本人が一番辛いとは思うが、ここは焦らずじっくりと怪我を完治させ、キツいリハビリも乗り越えて、また元気な姿で我々の前に戻ってきてほしい。

とにかく、選手もサポも、よーさんが安心して治療に専念できるように、気持ちを一つにして頑張ろうじゃありませんか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
要田の怪我のニュース、先日、mixiで見てショックだったのですが、時間はかかってもとにかく完治することを祈るばかりです。

この経済状況で、チームを取り巻く状況もいろいろ大変だと思いますが、陰ながら応援していますので、試練を乗り越えてよいシーズンになることを願っています。
2009/02/27(金) 00:23:01 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様、どーもです。
本当に要田選手の怪我のニュースを聞いた時は大ショックでしたが、なってしまったものは仕方ないし、後は残りのメンバーで頑張るしかないですね。
幸い、野澤・大橋とMFに優秀な選手が入ったし、エースのいない穴はみんなで埋めて、我々サポも暗くならないよう盛り上げて、何とか去年同様良いシーズンにしたいものです。
2009/02/27(金) 12:23:39 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.