ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
トレーニングマッチ vsアルテ高崎
今日から弥生・3月に入り、南長野も日中は陽が射して春の陽気。
そして、自身2試合目となるトレーニングマッチ観戦は、JFL開幕を2週間後に控えたアルテ高崎が相手。

いくらアルテがJFLで下位に低迷しているからといって、あちらはさすが上のカテゴリーで戦っているチームだけに体つきを見ても全体的にウチの選手よりガッチリしているし、なおかつ開幕直前でコンディションも上がっているだろうから、今日はウチもしっかり相手に揉んでもらいましょう。

・・・と思っていたら、試合開始僅か30秒ほどで、何がなんだか分からないうちにウチが得点。

今日は結局45分×2本と30分(20分?)×2本の、多分ウチの鬼軍曹プロデュースの超・ロングバージョンで行なわれたが、その“秒殺”の得点後も、最初の方こそアルテに押されていて失点もあったものの、状況としては6:4~7:3でウチのペースで試合が進む。

特に3本目は、格上相手にウチがほぼ一方的に押し込む展開を見せ、逆にアルテの仕上がり具合を心配してしまうほどだったが、フィジカルの強さやプレーの正確さなど、ところどころで「さすがJFL」と思わされる部分も垣間見られた。

さて、今日は新入団選手4人が全て出場。
背番号は、大橋選手が10番、加藤選手が11番(!)、野澤選手が20番、鈴木選手が21番を付けていたが、加藤選手が恐れ多くもエース・要田選手の背番号を付けていた事からも、おそらくこの番号は暫定的なものだと思う。

そして個人的には、前回観戦の大原学園戦で見られなかった鈴木裕輔選手と加藤康弘選手のプレーに特に注目してみた。

まずはDFの鈴木選手。
s-写真00008

今日は主にセンターバックとして出場した鈴木選手だが、このポジションは前任者が百戦錬磨の超ベテラン・丸山良明選手だっただけに、さすがに彼と比べると印象度は低かった。
しかし、今日はあまり攻め込まれる場面もなかったし、若いだけに運動量は豊富だっただけに、これでDFラインの連携がしっかりしてくれば、大いに力を発揮してくれるものと思う。

次にFWの加藤選手。
s-写真00046

ハッキリ言って、この選手はイイ!!
彼を見たサポから「今までのウチには無いタイプの選手」と聞いていたが、その意味がよく分かった。
格上相手にも臆する事なく積極果敢にドリブルで切れ込み、守備でもサボる事なくフォアチェックを仕掛けていくなど、見ていて本当にワクワクさせる選手だ。
特に、さすがにグダグダになった4本目にあって、サイドで相手にプレスされながらも諦めずにボールをキープしてクロスを上げ、碇野選手のゴールをアシストしたプレーは、本当に目の覚めるような値千金の仕事ぶりだった。
去年の新卒カルテットといい、今年の加藤選手といい、本当にウチのフロントはスゴい原石を発掘してくるもんだと改めて感心した次第。
(オマケに爽やかなイケメンなので、女性ファンの方は要チェックですぞ!)
まだまだ荒削りでミスもあるが、今後もその怖いもの知らずの若さを武器に、ノビノビとプレーしてほしいものだ。

そして、今日は全体的にチームの動きがよかったけど、その中で敢えて個人的MVPを挙げるとしたら、土屋真選手と塚本翔平選手を押したい。

塚本選手は、新加入のボランチ・野澤選手に触発されたように積極的に動き回り、地を這うような素晴しいゴールも1本決めたし、土屋選手は、1本目の相手のゴール前での猛攻も身を挺して何本も決定的なシュートを阻止し、その後も派手さはないが終始落ち着いたプレーを見せていた。
特に土屋選手は、前回観戦の大原学園戦では全く精彩を欠いていただけに心配していたが、今日の動きを見て少し安心した。

逆に『喝っ!』を入れたかったのが、ノグチピント選手と藤田信選手。

ピント選手は、相手クロスのパンチング空振りや中途半端な飛び出しをかわされるなど、いずれもピンちゃんらしからぬイージーミスで3点を献上してしまった。
今日はたまたま調子が悪かったのかもしれないが、ウチのGKのポジション争いは他のどこよりも激しいだけに、うかうかしてると開幕スタメンを海野選手に持ってかれるゾ!

また藤田選手は、全体的にはそんなに悪くはなかったのだが、肝心のゴール前で思い切りに欠けたプレーが目に付いた。
個人的には、去年のアウェイ・金沢戦でのキレキレなプレーぶりが脳裏に焼き付いているだけに、「マコはあんなモンじゃない」と評価が辛くなってしまうが、絶対的なエース・要田選手が今季絶望で藤田選手にかかる期待も大きいだけに、もっともっと貪欲に、思い切ってゴールを狙っていって欲しい。

結局、今日の最終スコアは4-4のドロー。

失点はいずれもDFやGKのミスからによるもので今後に課題が残ったが、怪我で別メニューだった籾谷選手や小田選手も復帰して今いる全メンバーが出揃い、試合内容も失点シーン以外はなかなか良かったんじゃないかと思う。

今日の格上相手の善戦に安心する事なく、今後も実戦練習の中で連携を深め、約1ヶ月半後の開幕までにしっかりとチームを仕上げて欲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.