ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
背番号発表!
パルセイロからの次なるお知らせは、選手の背番号発表。

オフの間には、「現有選手の中でも背番号を変える選手がいるんじゃないか?」という噂をチラッと聞いた事があったが、結果は去年までと変わらず、今や長野名物となった(?)選手全員分ののぼり旗も去年のものが有効に使え、製作者でもないのにホッとしている。

注目の新入団選手の番号は以下の通り。

DF 鈴木裕輔選手 : 4番(←貞富選手より)
MF 大橋良隆選手 : 10番(←兼子選手より)
MF 野澤健一選手 : 20番(←丸山選手より)
FW 加藤康弘選手 : 21番(←松裏選手より)

先日のアルテ高崎戦では、大橋選手と野澤選手が既に上記の番号を付けていた。
s-写真00123
s-写真00038

やはりまだ見慣れていないせいか少し違和感があったものの、これからどんどん活躍して、早く“自分の番号”として定着させていってほしい。

また背番号と同時に、#2籾谷選手がキャプテンに、#7土橋選手と#22ピント選手が副キャプテンに、それぞれ任命された事が発表された。

明るい性格で経験も豊富な籾谷選手は、若い選手が多いパルセイロのキャプテンとしてはまさに適任じゃないだろうか。
モミやんには、その熱い『だんじり魂』で、チームやサポをグイグイ引っ張っていってほしい。

また、土橋&ピントの副キャプテン“オーバー30コンビ”も、年長者としてキャプテンをしっかりとフォローしていってほしい。

ところで、棗選手の17番や飯田選手の19番の他に、今年も5番が欠番となっているが、ひょっとして去年登録された薩川“選手”は登録解除になっていなかったりして・・・・という考えは深読みし過ぎかな??

そしてもう一つ、チームスタッフの中に、“コーチ兼通訳”として『赤池健吾』なる名前が載っている。

気になったので検索してみたら、FC深谷というクラブチームにヒットした。

経歴を見てみると、選手としては東京農大第一高校から社会人のトステムに入り、その後ドイツのクラブチームを3つほど渡り歩いており、引退後もドイツでユースのコーチやジュニアユースの監督を歴任している。

ドイツといえば、土橋選手も一時期ドイツのクラブでプレーしていたし、バドゥの奥方もドイツ人という事で、何かとつながりがあるもんだ。(後者の方はあまり関係無いかな?)

とにかく、海外でのコーチ経験者が通訳兼任で入ったという事で、バドゥと選手との意思疎通も今まで以上に良くなるんじゃないかと大いに期待している。(さすがにピンちゃんに通訳までやらせるのは荷が重いしね。)

これで選手の背番号も決まったし、後は新体制発表会を経て開幕を待つばかり。

自分は今年オーセンティックユニホームを新調する予定で、背番号もこれまでの12番から選手の番号にしようと思っているが、さて、誰の番号を付けようか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
赤池さんを宜しくお願いします
自分はサッカーではそんなにかかわりがないのですが、同じバイトでよき兄貴分でした。
自分はプロ経験がないから、大人に教えるのが不安と言っていました。
サポーターの方宜しくお願いします。
自分は浦和サポですが、ぜひ応援にいきたいです。
2009/03/06(金) 02:38:54 | URL | 山本 達也 #MsgsgOHU[ 編集]
山本達也様、コメント大変ありがとうございます。

パルセイロは監督がブラジル人(英語ペラペラ)なので、選手との意思疎通が大きな課題でした。
去年までは独学で英語を覚えた若いコーチが頑張っていましたが、彼がジュニアユース専属となり通訳を誰がやるか心配していただけに、赤池コーチの加入は心強い限りです。

コーチングに付いては、監督も中東の代表を歴任して経験豊富だし、薩川コーチという百戦錬磨の『鬼軍曹』もいるので、赤池コーチには山本さんが言われた『よき兄貴分』として、若い選手の相談役になってもらえればと考えています。(自分はチーム関係者じゃないから勝手な思いですが・・・)

今後は長野パルセイロというチームも気にかけてくれれば幸いです。
そして、長野のゴール裏にも浦和サポは結構多いですし、赤池コーチを応援がてら、是非長野に遊びに来てください。
2009/03/06(金) 12:31:01 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.